始めます。「ジーンズを作ろう!」8月はスタート・キャンペーン実施。

準備を進めていました「オーダー・ジーンズ」、ようやく受注の用意が整いました。
(まずはメンズだけでスタートします。)

8月中は、「スタート・キャンペーン」と銘打ち、特典を増やしてお薦め販売をいたします。

Jeans4
Jeans2
「生地を選ぶ」→「サイズを決める」→「細部のディテールやオプションを選択」、といった手順は、スーツやシャツなどのオーダーと同じですが、
他にないジーンズならでは、というのが、「加工」という過程が加わることです。洗い加工や中古加工、をどこまでやるのか、で、仕上がる顔つきはかなり変わってきます。

製造は岡山県倉敷市児島のベティスミス。児島は国産ジーンズ発祥の地として知る人ぞ知るのジーンズの聖地。今や世界で一番いいデニム生地を作るのはOKAYAMA.KOJIMAというのは「国際的な当たり前」で、インターナショナルな著名ブランドはこぞってOKAYAMAのデニムを使いますし、また、最近ではインディーズ的な国内ブランドもこのエリアから個性的なジーンズをいろいろと登場させています。

Jeans1 代表的な生地と価格をご紹介しておきます。
★14oz縦ムラ糸使いの定番デニム\29,400
★14oz旧式シャトル織機で織った赤耳(セルビッチ)付きデニム\32,550
★本藍染め14ozデニム\36,750
★ベージュ色の倉敷帆布(赤耳付き)\34,650
その他、いろいろ、西陣織なんかまであります。どれも納期は約4週間です。

で、この「倉敷オーダージーンズ」、ちょっと調べてもらえば分かるように、何も当店だけがやっているわけではなく、大手の百貨店や有力セレクト・チェーンストアなんかでも採用しています。その中で、当店らしい独自性は何か、と言うことですね。

Jeans9_2  ①最も視認性が高いのが、レザーパッチです。実はコレ、靴に使っている金型を流用して作りました。
Jeans8 ②裏に、オーダージーンズ専用に新たに作ったステンシル調のスタンプを押します。
Jeans7 ③リベットとステッチがお揃いのペルトループ型の特製携帯ストラップがオマケに付きます。
……さらに、ですね、
Jeans6 ④右の前ポケットにネクタイの生地を施します。使えなくなったお気に入りのネクタイをご持参下さい。当店らしいアイデアでしょ、(と自画自賛?)
Jeans3 ⑤最後に「塩」。何で塩なのって? ジーンズと並ぶ倉敷市児島の名産品、それが塩なんです。大相撲に使われている塩も昔からずっとここ児島のお塩なんだそう…。その塩を使った塩羊羹と塩饅頭、そしてお塩、のセットをプレゼントします。近頃は塩キャラメルや塩プリン、塩チョコ、など「塩スイーツ」、流行りですから…。この塩羊羹とオーダージーンズ、どちらも倉敷市より正規に認定を受けている「倉敷ブランド」という共通点があります。(住所もすぐ近くです) 取り寄せて食してみましたが、夏バテで疲れた体にこの塩味は美味でありますよ。

④と⑤は、8月の「スタート・キャンペーン」時期だけの特典としています。

当店には「誂える」の分野がいろいろとありますが、その中でも、ジーンズは今までで最も異色なジャンルかもしれません。私自身、どのくらいの注文が入るものなのか、一番予想がつきません。まあ、とにかく始めてみようよ、というのが今の気持ちです。
あとはいろいろ、店内で悩んでご相談下さい。

「ジーンズを作ろう!」8月いっぱいは「スタート・キャンペーン」、実施します。
暑いけど、ホントに暑いけど、どうか来て下さい。


入荷速報。インコテックスの綿パンに追加色(メンズ)

チノパンで、入荷が遅れていた一色が追加で届きました。
08ssincochino_2
左が前回入った色で、グレーベージュのような色。
そして、右が新入荷の色です。
カフェラテっぽいとも言えますが、
私のイメージで一番近いのが、「あずきバー」(井村屋)の色です。
夏によくコンビニで買って、いつも妙にカチカチになっているのをかじる、そうアレです。

確かに二色とも「何色」と表現しにくい色です。
なんでそうなるかというと、皆さんが手持ちのパンツに持ってない色を提案しないと需要を喚起できませんから、
持ってなさそうな色、と考えると、
どうしても単純に何色と言い難い色になってしまうのですね。
でも、ここが店頭販売の強みでして、
実際に現物を太陽光や室内光などの下で見てもらうことができますから、
こういう写真では分かりにくい色も展開できるというものです。

\34,650。


詳細再報。メンズのパンツ(インコテックス、バイブリーコート)

スラックスが大体揃ってきました。

インコテックスの春夏、ウールのドレスパンツからご紹介します。
Inco3

左の三つは色違いです。定番的なトロピカルウールの杢無地で、
左から、ライトグレー、ダークブラウン、ダークグレー。\33,600
右端は細いストライプもので、色はチャコールグレーです。\38,850

カタチは、すべて長年定評のノータックモデルで036型と呼ばれているスタイル。
サイズは42(約73cm)から52(約95cm)までの6サイズです。

次はコットンパンツですが…
08ssincotexm3
左から順に、
◎インコテックス、春夏定番のチノ素材(綿100%)で、グレーっぽいベージュ。
この色、持ってそうで持ってない色、じゃないですか? 036型で、\34,650。
◎バイブリー・コート、フィッシングパンツ。綿麻素材で、いろんなポケットが付いています。
でもカーゴではなくてほっそりしたシルエットです。\19,950。

右の二つは、早くも短パン入荷、です。
◎ブルーの細いヒッコリーストライプは、バイブリーコートの短パンで、綿麻モノ。\15,750。
◎右端のネイビー無地は、インコテックスのシンプルなショートパンツで、これも綿麻です。\26,250。


入荷速報。インコテックスの最終納品。

ひとつだけ遅れていたメンズのウールパンツが届きました。

Incozw 細か~いチェック織りで、紺系です。紺無地のジャケットと合わせるとトーンの濃淡でのうまいコーディネートができます。

これで今シーズンのインコテックスは、男女とも発注分が完納です。


入荷速報。インコテックス、メンズの追加色。

Inco07fwmzw
Inco07fwmzc
Inco07fwmzj

ウールとコットンに、それぞれ一色ずつが追加になり、今シーズンの全容がほぼ見えてきましたので、ざっと一覧の写真を撮ってみました。(でもあんまりよく分かんないと思います、すいません。)

左、ウールパンツ…どれもsuper100’s wool。上は細か~いストライプ柄でカシミアタッチの柔らかい素材のチャコール色。下二つは、シャークスキン調の毛羽立ちのない無地(ハレーションしてますけど無地です)。チャコールとグレーっぽいブラウン。

次がコットンパンツ。上二つはカルゼ織りで、織りのウネが斜めに入ります。ミンクっぽい茶がかったグレーとうっすら灰色の入ったオフホワイトの二色。下は、平織りでツルンとした表面感のオリーブ色。チノパンとは違うタッチの綿パンです。

最後がデニム。ブラウン系のカラーデニムの上からインディゴ色を重ねているので、濃くて深みのある色になっています。ボタンフロントになっているのは、他に選択肢がなかったからで、特に私がそれに主張を込めたわけではありません。


追加あり。インコテックス(メンズ)

インコテックスのメンズ、コットンのツイル織りパンツ、ベージュ色、入荷。

今年の綿パンは、従来のように洗ったり叩いたりの生地いじめをしないで、

コットンだけどウールパンツのようにドレスっぽく履いてもらいたい、という仕上がりにしています。

だから靴もキャンバスのスニーカーじゃなくてレザーシューズで合わせて欲しいし、ジャケットやニットなどとも、ウールパンツと同様のニートさで合わせたいという意図なんです。

もうすぐ、今シーズン発注した全部のモノが揃うはずですので、そうしたらまとめて写真を撮って載せるつもりです。


入荷速報。インコテックスのパンツ(男女とも)

インコテックスの秋冬物、一回目の入荷です。

※メンズ…ウールパンツは、チャコールグレーの無地調のもので、3素材、という、品揃え。

コットンの方は、洗いをかけず上品な仕上がりにしたオリーブグリーンの無地。そして、デニムはぐっと濃いめのジーンズを仕入れました。

※レディス…ウール素材で2モデル。どちらも定評のブーツカットです。