アランセーターの新入荷品、サイトにアップしました

ホームページをいろいろいじっていて、まだ完全に移行しきれていませんが、
とり急ぎ、アランセーターの最新在庫だけは早く更新しないと、ということで、
何とかご覧いただけるように状態になりました。

バイニン(ナチュラルホワイト)、オートミール(ライトグレー)、に秀作ありです。

こちらからご覧ください。


アランセーター到着。まずO’Mailleオモーリャのプルオーバーが入荷です。

日本中お盆休みですが、
航空便も空港も税関もやってますので、
アランセーター(プルオーバー)の第一弾が到着しました。

アイルランド西岸の街ゴルウェイのオモーリャから。

これから検品計測撮影アップロード、という手順を踏んで、今月末にはホームページでも販売開始となります。
それまで待てない、という方は店の方までお越しください。
お相手します。


7月に入ったので、季節ものは価格の見直し(値下げ)です。

7月になりましたので、写真の品々、値下げしました。


タイ30%off


カラー綿パン、サイズばらけで、42~50、各1-2本ずつ、40%off


ギネスのTシャツ類とレインスプーナーのシャツ、30-40%off


レディス、少しですが、ジョン・スメドレーのシーアイランドコットン2点と
リバティプリントのチュニック。20–30%off。

7月は当社決算月です。
在庫の換金化にご協力いただけるととてもありがたいです。
よろしくお願いします。


入荷速報。ボートネックのボーダーTシャツ。ですがとろふわ超薄手の裏毛スウェット素材というのがミソ。Factelier by HAAG。男女あり。

よくあるボートネックのボーダーTシャツのようですが、
触ってみるとまるで違うのです。
2ボーダースウェットボーダースウェット3
裏毛、つまりスウェット生地、
それもとっても薄手で風合いもとろふわ、という、
いわば超薄手のトレーナーみたいな仕上がりです。
ボーダースウェット
確かにTシャツよりもやや厚手ですが、フルシーズンふんわりとした着心地を楽しめます。
ボーダースウェット4ボーダースウェット5
ネイビーとグレーの2色。15,000円(税別)。
5サイズあって、XS,S,は女性向。M.L,LL、は男性向、となります。
Factelier by HAAG。三重県で作っています。


入荷速報。カノコのポロシャツ。はっきり分かる他社との違いがありました。ノーマルとボタンダウンの2モデルあり。ファクトリエから。

この業界に入って30数年、カノコのポロシャツ、一体何社何ブランドの何十種を売ってきたんだろう。
その都度その都度、前言を忘れたふりして、このポロシャツが一番です、と言ってきたのだから、ある意味、私はホント大ウソつきですよね。
もちろんウソをつくつもりは全くなかったのですけれど…

ポロシャツ (2)

で、今度はファクトリエのカノコポロであります。
製造は、ニッポンのカットソーを代表する産地、東京都墨田区で、
長い歴史を持つ精巧(株)(現在の工場は千葉の九十九里にあります)。
数々の著名ブランドのポロシャツを手掛けてきた豊富な経験から、
綿(わた)、糸、編み生地、デザイン、縫製、とすべてにベストなポロシャツを作りました。
ポロシャツ (3)
二つだけ例を挙げます。と、ポロシャツを裏返しにしまして、
まず各パーツを剥ぎあわせるロックミシンですが、よく見ると3種類の異なるロックミシンを使っていることが分かります。
胴の脇は動きやすいように浅目に、
袖の付けには、強度を重視して深いかがりを入れ、
裾にはダブルステッチ付きを、と
使い分けています。
ポロシャツ2
それと肩線を見ますと、ここにはグログランの綿テープを施して補強しています。
カノコBD (2)
自宅の洋服棚にはそれこそ10何枚のカノコポロがありまして、
ラコステ、ラルフローレン、アイゾッド、ユニクロ、無印、ブルックスB、フレッドペリー、………、
今朝、全部のポロシャツを改めて時間をかけてひっくり返してみてみました。
で、その調査結果ですが、
3種のロックミシンと肩線のグログラン綿テープの補強、この二つを両方ともやっているブランドは一つもなかったのです。

カノコBD (3)
それだけでもこのポロシャツが他社のものとはちょっと違うぞ、って感じていただけるのではないかと思います。
ポロシャツ
リブ衿&ちょうちん袖のノーマルタイプ(8,500円)と、
クールビズにも使いやすい、ボタンダウン衿&切り袖(9,000円)の2タイプ。
白、黒、紺、サックスブルー、の4色。
カノコBD

 


入荷速報。無地のTシャツ、ファクトリエから。能書きは後回しにしても、ともかく一番のTシャツでしょう。

プリントのない無地のTシャツっていうのは、
こういう時の解説が最も難しいアイテムの一つです。
ホントは「ともかく最高のTシャツですから着てみて下さい」の一言でいいのかもしれないのに、
素材は、デザインは、カタチは、などなど、くどくどと能書き垂れられると、
軽い気持ちで買おうと思ったのに、何だか頭でっかちな解説でかえって買う気が失せちゃうなぁ、となってしまう、
そういう意味で、説明の難しい商品なんですね。
Tシャツ
でも、店としてはそれを承知で、でも言っとかなきゃいけないことはあるわけでして、
なるべく短く書きますので、まあ、以下、軽ーく読み進めていただければ、と思います。
Tシャツ丸
※綿(わた)はオーガニックコットン。それも米ニューメキシコ州「アルバレス・ファーム」で、シーアイランドコットン(海島綿)に由来する種から栽培された超長綿。
Tシャツ丸ポケ付
※その綿(わた)を大正紡績(オーガニックコットンの世界的第一人者、近藤健一氏が所属)が国内で糸(二本撚糸)にします。
TシャツV
※その糸を、愛知県一宮市の今枝メリヤスが生地にします。
吊り編み機同様に自然な重力の力だけで編み下げられる小口径の編み機で
ゆっりゆっくりたっぷりの空気を含みながら編まれていきます。
Tシャツ裏
※首は伸びにくく、ボディもねじれにくく、そしてデザインはかっこよく、と配慮されて組み立てられます。
特にボディ脇の縫製はロックミシンではなく袋状に本縫いされていまして、こんな仕様はなかなかお目にかかりません。
ファクトリエからの供給です。

なるべく短く書いたつもりですが、それでもやっぱり頭でっかちに聞こえるでしょうね。
ま、ともかくいいTシャツであります。
半袖丸首(ポケットなし6,000円とポケット付6,300円があり)と
半袖Vネック(ポケットなし6,400円)。
長袖丸首7,200円もあります。
色は、白、黒、紺、グレー。

Tシャツ杢グレー丸
と、書いているところに、新品番ができたという連絡が入りました。
杢糸の感じをより強く横方向に出したプレミアム杢、で、
半袖丸首6,000円と半袖Vネック6,400円。
この脇縫製は袋縫いではなくフラットロックだということです。
Tシャツ杢グレーV

 


入荷情報。とろふわなのにコシがある、こんなパーカー見たことない。HAAGからかぶりと前開きの2モデル、男女兼用です。

三重県の川越町(桑名と四日市の間)にあるスマイルコットン社が開発した
独特の糸からなるHAAGブランドのコレクションに
フェクトリエが別注を掛けたパーカーです。
パーカーPOオートミール
詳しい技術的なことはよくわからないのですが、
何でもわたの繊維をひねった糸を再びひねりを戻すことで
コットン本来のふんわり感を醸し出したものなんだそうで、
パーカーPOグレー
オーガニックコットンでも吊り編み機でもないのに、
このふわとろ感でしかもそれでいてしっかりとコシがある、
という生地を実現させています。
パーカー細腹
しかも縫製も手が込んでいます。
組み立ては4本針のフラットロックのようですが、
まず、前身頃と後ろ身頃の間に「細腹(さいばら)」のパーツがありまして、
これ、リバースウィーブでは見かける仕掛けですが、
このおかげで胴回りがすっきりとフィットするようになっています。
パーカーダーツステッチ
また、ラグランスリーブの肩の頂点のところから袖にかけて
途中で消えてしまう不思議なステッチが一本施されていまして、
これ肩廻りをすっきりと見せるためにダーツを取ったものなんですね。
これは私、初めて見ました。
パーカー前開きネイビー
プルオーバー(かぶり)と前全開の2モデルですが、
それぞれ生地の厚さが異なっていまして、
かぶりの方が厚手で、前開きの方が薄手、となっています。
これも理にかなった違いだと感心します。
(ちなみに前開きに使うジッパーはWALDESで、これも三重県ですね)
パーカー前開きオートミール
で、分かりやすく2モデルとも同じ価格にしています。
18,000円(税別)は決して安くないですが、
試着すれば分かってもらえるはずです。
パーカー前開きグレー
厚手のプルオーバーは、オートミール、杢グレー、ネイビー。
薄手の前開きは、オートミールと杢グレー。

サイズ構成は、XS,S,がレディス向き。
M.L.LL.がメンズ向きです。


入荷速報。レディスの春ニットは、テンセル+カシミアのとろとろ素材。ファクトリエより。

レディスのニットです。正確に言うと、ニット生地のカット&ソーですが、
ロックミシンの後にさらに縫製を掛けるという細かい技で、
新潟・五泉のフォルツ・ニットの製作です。
IMG_7573
複雑な組成で、テンセル80%カシミア9%ナイロン8%ポリウレタン3%。
テンセルというと、何だか石油などからの化学繊維のように誤解されていますが、原料は木材パルプ。だから天然から出来た糸です。
02151731_58a411c5aa749 02231439_58ae7590826d8
そこに艶やかなカシミア、ストレッチ性のあるポリウレタンなどを混紡していて、
メンズではここまでとろとろふわふわした素材感は使いにくく、
レディス向きの素材でしょう。
IMG_7575
Vネックが11,000円、カーディガンが12,000円(ともに税別)と、
何とも手頃な価格に収まっています。
02151720_58a40f48e7b61 06110247_55787835cd094

ブラック、ネイビー、グレー、の定番色に加え、
サンド、ロイヤルブルーも個性的です。
ファクトリエのサイトでの解説はこちら

サンプルが届いてますので、ぜひご試着を。


入荷速報。アランセーター、緊急追加しました。オモーリャO’Mailleのプルオーバー、大きめサイズ中心に10枚ほど。

アランセーターの緊急追加です。
img_7221
特に、バイニン(白)とオートミール(グレー)が足りなくなってきたので、
現地アイルランドのショップで販売中の商品を少し分けてもらいました。
ですので、普段の商品は日本人向けにサイズの調整をして編んでもらっているものですが、
今回に関しては現地サイズのままのものですので、
着丈や袖丈が長めのものが多いです。
特に、大柄の人や長身の人にはいいでしょうね。

入荷は約10枚。
急いでホームページの在庫リストに加えましたので、
こちらから色とサイズをご確認下さい。