初めての試み。11/16(土)&17(日)、すべての在庫を陳列して「冷やかし大会」です。二日間だけ「みせ」を作ります。

普段は出したり入れたりしている5階の接客ラウンジを二日間貸し切りまして、全部の在庫(注1 )を並べます。
で、冷やかし大歓迎の「みせ」を作ります。

(2017年秋冬の店内記録より)

 

何がどのくらいあるのか、この目で見たいんだよ、という方、多いはずです、ぜひこの2日間にお越しください。
(事前のメールや電話での取り置きもいたしますが、当日のご来店が条件となります)

またスーツ生地、ジャケット生地など価格応談の放出品ありです。


このスペースを商品で埋めます

「みせ」を諦めてまもなく2年、「並べたい」という思いは常にありましたが、
商品いっぱいの今なら「みせ」られる、堂々の「冷やかし大会」です。
「冷やかし大歓迎」ですので、アポは不要です。どんどんいらしてください。


今度は2階ではなく5階です

場所がまだはっきりわからない、という方、
こちら「ご来店に際して」を参考にしてください。

今何があるのかよくわからない方、
商品内容の事前の予習は、webshopをご一覧ください。

 

(注1 ) アランセーターは全品を持ち込みません。見たいよ、という方はご来店前日までにご希望の品番をメールにてご連絡ください。
在庫リストはこちら(オモーリャアランレジェンド)から。

(注2 ) スーツ、ジャケット、シャツ、靴のオーダーは、リピートの方のご注文のみ承ります。採寸見本をしまってしまうためです。
また混雑状況によっては、後日に再来店をお願いする場合もありますので、ご了承ください。


入荷速報。ケン・コレクション・クラシック。19年秋冬の新作。スイングトップにトレーナー、アーガイルにネルシャツ、などなど。

ケン・コレクション・クラシック。

ケンは、石津謙介氏のこと。なんでこれをわざわざ言うのか、というと…

☆スイングトップ  39,800円(税別)

ベージュ、グリーン、ネイビー、ブラック。

ドッグイヤーのスイングトップ、生地はシェラ・マウンパのロクヨン、
と言って、わかってくれる人がどれだけいるんだろう。

ドッグイヤーはyearじゃなくて、ear=耳のこと。襟の形が犬の垂れた耳のように見えることから。
スイングトップは、ゴルファーの着るジャンパーのことですが、
これが石津先生が名付けた造語であることはつとに有名な話。
英バラクータのG9モデルが原型と言われています。
生地の組成は、綿60%ナイロン40%。かつて米シェラ・デザインのマウンテン・パーカーで使われていた防水素材で
その生地マークが大きな数字で「60/40」と書かれていたことから、ロクヨン・クロスと呼ばれていました。

もうこれだけでケン・コレらしい一品、ということでしょう、
このブランドにしては「珍しく」アイリッシュセッターの犬の刺繍がどこにもない、のであります。

ベージュとネイビーはわかるのですが、グリーンとブラックはちょっとめずらしいかも。サイズは、M,L,LL。私の着用はMです。

☆トレーナー地のカーディガン 18,000円(税別)

グレーとネイビー。

スウェットシャツをトレーナーと名付けたのも石津先生でした。
そのトレーナーの裏毛素材でカーディガンを作りました。
和歌山の吊り編み生地なので空気をいっぱい含んだ膨らみのある柔らかい仕上がりです。

リブがないので、襟なしVのニットジャケット、とも言えます。
季節を問わず使えるので重宝しそうです。
サイズは、M,L,LL。私の着用はMです。

☆アーガイル柄入りジップカーディガン 36,000円(税別)

今ケン・コレを担っているのは東京ボントンというアパレル企業なんですが、
ここはもともと墨田区でシニア向けのニット、カット、シャツなどの製品を得意にしている会社。
そんな「墨田ニット」お得意のジップカーディガンです。

10ゲージですからそれほど厚手ではないです。
胸のアーガイル模様はインターシャ編みで入れられています。
ジッパーをどこまで開けるか閉めるか、襟を立てるか寝かすか、で、表情がさまざまに変化する、
それでジップカーデの魅力でしょう。
サイズは、M,L,LL。私の着用はMです。

☆無地コーデュロイと綿ネル・チェックのシャツ 13,000円(税別)

細畝のコーデュロイ、綿100%。グレーとネイビー。
起毛の綿ネルは、グレーベースとネイビーベース。

サイズは、M,L,LL。

☆綿ネル・柄プリントのシャツ 15,000円(税別)

パッチワーク調の複雑な柄です。
ネイビー&グレー・ベースの柄とレッド&ブラウン・ベースの柄の2柄。
サイズは、M,L,LL。
サイズ表です。
決してぶかぶかのサイズ取りではないです。


開催。シャツを作ろう!!~オプションフェア(3つまで無料で)。10/19(土)~11/10(日)。レティスもビッグサイズも対象です。

オーダーシャツのイベントが続きます。
これもおなじみになりました「オプションフェア」の開催です。
期間は、10/19(土)から11/10(日)の週末4回を含む日程です。

(以下は昨年の記事を転用しています)

今回は対象品番の限定がありません。すべての生地(チャイナ・エコノミーを含む)が対象となります。
レディスも対象(ワンピースを除く)です。

毎回、どんなオプションがあるの、と聞かれるので、
資料を掲示します。内部資料なのでわかりにくいかもしれませんし、
また、当店で受けていないものは、抹消線をつけていますので、ご了承ください。

と、まあ、たくさんのオプションがあります。
金額的にいうと、最大で5,500円分のお得額となります。

統計を取ったわけではないのですが、ご注文の多いオプションとしては、
ネーム刺繍、貝ボタン、釦ホール&釦付け糸の色指定、クレリック、スプリットヨーク、あたりでしょうか。

それから、首周り46cm以上または裄丈90cm以上、は通常2,000円の割増が掛かりますが、それもひとつのオプションなので、無料になります。
なので体の大きい人や腕の長い方には、いいチャンスであります。

なお、ご来店にあたりまして、
初めての方には、試着見本を着用していただきますので、試着のしやすい格好でお越しください。
また、リピータの方、過去のデータを検索するのに多少お時間をいただきますので、ご来店のちょっと前でいいですから、電話一本いただけると事前にご用意ができるので、助かります。ご協力ください。

週末4回を含む3週間強の長いイベントです。
是非期間中にご用命ください。

 

 


イベント。シャツを作ろう!~いい生地だけを3,000円off!。いよいよ開催。9月21日(土)より10月14日(月)まで。同時開催でオーダースラックスも3,000円offに。

すでに予告済みですが、ここでもう一度。
本日より仮予約受け付けます。

人気定番のカリビアンコットンのシリーズや
トーマス・メイソン、カンクリーニ、アルビニなどのイタリアもの、
これから活躍の綿ネル素材など、
原則15,000円以上のアッパークラスの生地だけを対象に、
すべて3,000円offにて承ります。
(レディスは+2,000円)

オーダーシャツのイベントは年間に何度かありますが、
近頃は年二回のこの企画が一番人気です。

ご来店アポは必ずしも必要としませんが、
たとえ直前にでもご来店前にご一報いただけますと、
準備ができますので助かります。ご協力ください。
info@savilerowclub.com
0542520231

もひとつ、朗報。エミネントのオーダースラックスは、オーダーシャツのドゥワンソーイングが営業窓口になっていまして、そのお付き合いから、
今回は、オーダースラックスも3,000円offします、ということになりました。


こんな新しい生地が入ってます。
こちらもぜひ。

 


入荷速報。オーダーシャツに新しい生地が追加になりました。

秋シーズンに入りまして、
オーダーシャツの生地に、新品番が追加されました。

まずはアッパーレンジの方で、
左上、カリビアンコットン100/2Gシリーズ、ドビー柄無地調。
左下、カリビアンコットン1320/2Gシリーズ。シャンブレーサテン、シルク的な光沢。
中央、英ブランド「トーマス・メイソン」から新提案のトラベラー(シワになりにくい)が6柄で登場。
右上、伊アルビニの柄物。
右下、伊モンティの柄物。
15,000円~22,000円で、これらはすべて9/21からの3,000円offイベントの対象となります。

ローウァーレンジです。
左、定番品番の追加6柄。
中央、ナチュラルストレッチ&イージーケアの白ドビー無地調。若年層向けかな。
右、綿ネル(コットンフランネル)。実は結構オススメ。私はこれにツイードタッチの細いタイをしてみたい。10月下旬からののオプションフェアが作りどきかな。
13,000円~15,000円。


予告。イベント。シャツを作ろう!~いい生地だけを3,000円off!。日程決定。9月21日(土)から10月14日(月・祝)まで。

原則15,000円以上のいい生地だけを3,000円offする、
年二回、ファクトリー太っ腹の恒例イベント、
秋の開催日程が決まりました。

2019年9月21日(土)から10月14日(月・祝)まで、の、週末4回の日程です。

仮予約は9月12日(木)より受付を始めます。

春実施時のイベント案内はこちらです。ご参考までに。


予告。金谷「And Wool」への移動ショップ、次回日程が決定しました。11/9(土)です。

6月に第一回を実施しました、金谷の「And Wool」への移動ショップ、
次回の日程が決定しました。

2019年11月9日(土)、です。

やはりレディスのニットや布帛ものが中心になりますが、
今回はメンズも用意したいと村松氏と打ち合わせしています。

二度目の人も初めての人も、
女性だけでなく男性も、

今からカレンダーに記入してご予定ください。

ちゃんとした出欠は10月から受け付ける予定です。

第一回のレポートはこちらをご覧ください。


イベントご案内。「シャツを作ろう!~エコノミーサービス」。年に一度の好評催事が今年も。8/2(金)~19(月)。オーダーシャツの楽しみをぜひご体験ください。

お待たせしました。
年一度の名物イベント、今年も8月の開催です。
期間は、8月2日(金)より19日(月)までです。

パターンオーダーシャツ、2枚で16,600円のエコノミーサービスです。

生地の概要です。

ストライプ。左の山がオックスフォード素材。右の山がブロードや麻混など。

チェック柄です。ドレス向きとカジュアル向きが混ざってます。

毎年の主戦力、ホワイトの一群です。
左の山(上下とも)が細かいドビー柄、中央の山がドビー織りのストライプ柄、
右の山が、まったくの、もしくは、ほとんどの、無地モノです。
よーく見ないと違いがわかりません。

無地、または無地っぽいもの。今年は特にブルー系が多くて、
このグループの充実度がひときわです。狙い目かも。

最後に、忘れちゃいけない、ファクトリーに巻きで置いてある在庫リストです。
多すぎて何選んだらいいのか決められないよ、という方は、ここから選べばイージーです。

どれを選んでも2枚で16,600円(税別)の均一価格、
ただし、納期は通常よりも長く掛かりまして、
8/2(金)~8(木)の受注が9月20日(金)午後の到着、
9/9(金)~19(月)の受注が10月2日(水)午前の到着、という予定です。

一年分まとめて作っとこ、という方もいらっしゃる人気イベント、
暑い時期ですが、8月はこのイベントの売上が頼りです、
お得意様全員参加、のつもりで、ぜひご用命をお願いいたします。

以下、ご注意とお願いです。
☆一人2枚以上のご注文をお願いします。
☆レディスは800円増(一枚当たり)です。
☆価格実現を第一義としていますので、釦付の仕様のごく一部を簡略化(台衿と袖口の根巻なし)しています。
☆初めての方や再採寸の方はサイズ見本試着のしやすい恰好でご来店ください。
☆混雑時は先客優先を原則として対応しますが、やむを得ず、掛け持ち接客となることもあります。また、お待ちいただいたり再来店をお願いする場合もあります。どうかご理解ください。

実施期間は店休日を除くと13日間、
お盆休みを中心に3回の週末を含んでいますので、
どうぞご都合の良い日時をご予定下さい。

ご来店のアポは必ずしも必要ではありませんが、
リピーターの方については前寸データの準備と下調べができるので、
予めご来店のご連絡をいただいておくと助かります。
10分前でもいいのでお電話かメールをお待ちしています。

 


オーダーシャツの新着生地です

オーダーシャツの新着生地です。

左上から、
ダンガリーの定番生地です。これ待ってたんです。
そして、シアサッカーの紺と白のストライプ、これも定番に加わりました。
どれも13,000円。

その下、伊製レジューノのリネン混生地に追加色。コバルトブルーが麻らしくていいです。21,000円。

中央の列。モンティなど伊製の生地、綿100% 19,000円~。

右列。伊製カンクリーニにしては英国的なストライプ。綿100%。20,000円。


入荷速報。恋の季節の青いシャツ。ってどんな青だったんでしょうね。

1968年(昭和43年)第10回日本レコード大賞・新人賞。
ピンキーとキラーズ「恋の季節」。私11歳でした。

♪忘れられないの~ あの人が好きよ~ 青いシャツ着てさ~ 海を見てたわ~♪

この青いシャツは、きっと長袖のリネンのシャツだと思うんです。
作詞の岩谷時子さんはすでに亡くなっているので確認のしようもないですが、
このシャツがコットンやレーヨンでは海辺を裸足の彼女と並んで歩くイメージが湧きませんもの、絶対にリネンに違いないです。

じゃあ、どんな青だったのでしょうか。日本語ではグリーン系も青いということがありますね、次の6色の中から選んでください。


Aqua    PaleBlue       MidBlue



Cobalt    AirForce     Navy     White

あ、白も入れたから7色ですね。

英国のオックスフォード・シャツ・カンパニーから届いた、
チビ衿の隠しボタンダウンのリネンシャツです。
この一ヶ月ほど予約受付をしていたシャツですが、
ご予約の分以外に店で売るものの色をどれにしようか、散々悩んだのです。
特にブルー系をどれに絞ろうか、悩みすぎて収集がつかなくなっていたところに、浮かんだのが「恋の季節」なのでした。
いっそ、他の色を捨てて、ブルーだけを並べてみよう、ということでこういう事になりました。

英国のシャツにしては割とスリムにできていますが、それでも日本のものに比べてハーフサイズ強ばかり大きめで、また、どうしても袖は長めです。
展開は、S, M,  L,の3サイズ。(ただ、すべての色にその3サイズを取っているわけではありません。色とサイズの在庫状況はお問い合わせください)

私(身長165cm、体重69kg,胸囲96cm,ウェスト85cm)がMを着ると、
首・肩、胸は、ちょうどですが、ウェストがゆとりなくぴったりで、
袖はとても長いです。
なので、Mが日本のMとLの中間ぐらい、と思ってください。
そして、袖丈の詰めは無料でお受けすることにします。

素材はトルコ製のリネン100%、ワンウォッシュしてあり、いい具合に当たりが出ていて、くたったが出ています。
縫製はポルトガルらしいです。あちこちひっくり返してチェックしましたが、丁寧な縫いをしていて安心できます。
小さめの衿で隠しボタンダウンです。この衿、うまいです。
価格は11,000円(税別)。英国物でこの仕上がりとしては、リーズナブルプライスで収まりました。

余談。通関の通知書です。

今年の2月から発効になった、EUとのEPA(経済連携協定)の適用になって、
関税がゼロになってました。
で、原産国は英国、でしょ。
これ、もし、ブレクジット後だったら、いったいいくら関税を取られたんでしょう。
ブレクジットの影響、なんて、円高ぐらいしか考えてなかったけど、
いやいや、予想がつきません。