出来上がり紹介。スーツとトラウザーズ。

スーツが2着出来上がりました。
どちらも、9月に紹介しました、バラけ生地の中から選んだモノです。
(紹介記事はこちらです)

先に届いたのがSさんのスーツ。



伊ゼニアのミディアムプルーグレーのヘリンボーンストライプ。
グレー系と言えますが、かなり青みがかった色合いです。
Sさんは必ず本切羽のオプションを加えます。

数日遅れて届いたのが、Kさんののスーツ、こちらはスリーピースです。

伊ロロピアーナのダークグレーストライプ。
生地価格がかなり手頃なところに下がっていたので、
この機会にスリーピースを、というご希望でした。

そして、Aさんのトラウザーズ、2本。

こちらはオーダー品ではなくて、
鎌倉シャツのオリジナル「TexTeq」からの取り寄せです。
(商品紹介はこちらです)
伊カノニコの薄手なキャバリーツイル、色違い2色ともご購入です。
昨年もあった生地ですが、昨年はノータック、今年はワンタック、です。

——————
ご用命ありがとうございました。


出来上がり紹介。スーツやジャケットの出来上がり。

W.Billのフェニックスという生地で作ったFさんのジャケットです。
秋冬のジャケット生地の中ではかなり薄手で、スーツと同じぐらいのウェイトしかないのですが、その薄さ軽さが他にない特徴で、
真冬ものへいくまで、または春物へ移行する前、こういう時期に着るには最適のジャケット生地です。

フラノといえばFOX,FOXといえばフラノ、というくらい、
フランネルの代名詞、FOX BROTHERS のチョークストライプのミディアムグレーのスーツ、Iさんからのオーダーです。風格あるなぁ。


ハリスツイードの今年の新柄で、Yさん(女性)から、ジャケットとベストのオーダー、
メンズ仕立てで女性合わせに作りました。
重ねて着ることはしないでそれぞれ別に着たいということでしたので、
ジャケットには4つ穴の革ボタンを使い、またベストは背中にも共のツイードを使いました。

そのYさんのお嬢様に選んだ生地は、オーストリアのローデンクロス、
ボルドー色です。チロリアンジャケットの生地ですね。
こちらはレディスの型紙でレディスのファクトリーに入れています。
(レディスはゲージサンプルを処分してしまったので、以前からのデータのある方にのみご対応しています。新規のご注文は受け付けていませんのでご了承ください)


入荷速報。英フォックスのフランネル、始めます。

フランネルと言えばフォックス、
英国ウェリントンのFox Brothers・クラシック・フランネルのバンチが届きました。
ライトウェイト(スーツ向き)、ミディアム(ジャケット向き)、ヘビー(コート向き)、
の3種類あります。
中でもさすがFoxだなぁ、と思わせるのは、杢グレーの色合いです。
杢の混ざり具合がなんともいい、
そして、ルーペで拡大してもグレー以外の色は混ざっていないんですが、
全体を俯瞰すると、無機質でなく、実にミネラルっぽい、
この色合は、他社との圧倒的な違いですね。
続きを読む →


入荷速報。ハリスツイード(英スコットランド)、新しい生地見本が届きました。

もう多くを語ることもないでしょう。
ハリスツイード、今年の生地見本が到着です。


柄物と、



無地。

ジャケットで作るのが一般的ですが、
トラウザーズと合わせて上下で作ったり、
ベストも一緒に上中でオーダーしたり、
いろんな組み合わせで頼む方も多いです。

参考価格。ジャケットで66,000円より。


入荷速報。スーツ&ジャケットを作ろう!~バラケの舶来服地、秋冬物の放出が出ました。

欧州の素晴らしい服地ですが、色や柄の揃えがバラけてしまった生地が
毎年生地問屋さんから放出されます。

まずスーツ。

伊ゼニア(8柄)¥84,000~、ロロピアナ(15柄)¥78,000~、英ドーメル(1柄)¥78,000~、など、
名の通ったところばかり、色や柄にクセはありますが、
ファブリックは最高品質です。

ジャケット、

伊カノニコの9柄、¥47,000~。

続きを読む →


今週の出来上がり。フォーマル、ジャケット、綿パン、リネンシャツ。

今週の出来上がりです。


Kさんから略礼服のご注文です。
葛利毛織のカシミア混ウールのフォーマル用の素材で、
秋から春まで、無理すれば夏でも、と、一番使える生地。
もう何人の人に勧めたことか、もちろん自分の礼服もこの生地で作ってます。
ピークドラペル、1つボタン、ノーベントの、礼服のルールを踏まえ、
祝儀のときには華やかさが出せるように、拝み合わせができるような仕様にしました。


寒い春や暑い秋にも、使い勝手の良いジャケットを、というYさんのご要望に、
提案したのは、スーツ生地を使ってジャケットを作るというアイデア。
というのは、ジャケット生地というのは、季節感を強調するものが多く、
春はより春らしく、秋はより秋らしく、となりがちで、
寒い春や暑い秋、という要望に合致しにくくなるからなんです。
で、英ハリソンズのカシミア混super100’s(330g)のPremierCruからジャケットにも向く色柄をチョイスしました。


女性のJさんですが、いつもメンズ仕立てのリネンの白シャツをオーダーされます。
ハードマンのリネン100%で、今回は2つボタンで衿越しの高いスタンドカラー、という初めての衿型に挑戦です。


綿パンのオーダーもメンズ仕立てですが、女性のCさんからのご注文。
伊Mianiのストレッチコットンで、膝裏を付けず、裾もミシンの三ツ巻にして、
水洗いのできる仕様にしました。レディスらしく、尻ポケットなし、です。
色違いで2本。何色、と言いにくい色ですが、あえて言うと、
右が薄キャメル、左は利休鼠、とオーダーシートに書き留めました。
利休色は、英語ならライトグレーベージュでしょうか。
そう、城ヶ島の雨の利休鼠ですね。城ヶ島は中学の遠足で行った懐かしい場所。北原白秋は、私の高校の校歌も作詞してます。
蛇足でした。

ご注文ありがとうございます。
どうぞご愛用ください。


出来上がり紹介。オーダーシャツとスーツ、本日到着です。

午後便でシャツが届きました。

左、東京都のMさんからのリピートオーダー。リバティプリントでクレリックのラウンドのカッタウェイの衿。あ、メンズです。
中、山梨県のMさんから。なんの変哲もないような青いシャツに見えますが、さにあらず。ブロードでこの青はなかなかないんです、トーマス・メイソンならではの英国的なブルーです。
右の二枚は、静岡市のFさん、レディスです。ハードマンのアイリッシュリネンらしい、亜麻色とメランジのネイビーの色違い2枚。ネイビーの方は釦も同色にしました。

午前のハンガー便でアルデックスから届いたのは、
静岡市のYさんのスーツ。
英ハリソンズの夏の代表素材ミスティークで、グレンチェックにグレーのオーバーペイン入り。
柄合わせがピッタリです、さすがアルデックス。


出来上がり紹介が続きます。ジャケット、スーツ、トラウザーズ。

自分のジャケットが仕上がりました。

英ハリソンズの夏のスーツ生地「ミスティーク」で作りました。
生地の紹介はこちらです。
スーツの生地バンチなんですが、ジャケットでも行ける色柄もかなりありまして、
ちょうど前に作った同じようなジャケットがかなり傷んできたので、
世代交代です。
衿のカタチを見て、どこのファクトリーで作ったものかを言い当てられる方、いらっしゃるでしょうか。
はい、これは、那須夢工房でお願いしました。下腕の細さでもわかったかも。

ハリソンズ「ミスティーク」参考価格、ジャケット73,000円~、スーツ105,000円~。
早くこれを来て街に出たいんですけれど。
デビューはモチョット先になるのかなぁ。

さて、このジャケットだけを載せようかなぁ、と思っていたところ、
静岡のY様のスーツとトラウザーズが届いたので、簡単に写真撮りしました。

スーツの上着だけ撮っても、実にサマにならないのですが、
ご容赦ください。
普通のスーツに見えますが、この生地、かなり特別です。
組成が、モヘア100%という珍しいモノ、葛利毛織さんの自慢の逸品です。
色も単なるチャコールではなくて、緑がかった糸の混じった一言で言えない複雑なカラーです。
価格もそれなりでして、葛利さんの生地コレクションの中でも一番高いものになります。
私、袖を通させていただきましたが、モヘア特有の光沢感シャリ感こそありますが、ションヘル織機のせいなのでしょう、硬いという感覚が全くありませんでした。すごいです。
葛利毛織「モヘア100%」参考価格143,000円~。

同時にY様から注文いただいたのが、綿パンでした。

伊のストレッチコットン30色から選びました。
ゴルフにも使いたい、ということでしたので、
水洗いのできるように膝裏地は付けずに仕上げました。
綿98%ポリウレタン2%。伊Miani製。参考価格23,500円~。

こんな感じで、今後はチョット積極的に出来上がり紹介をやつていこうかな、と思ってます。


入荷速報。スーツ&ジャケットを作ろう!~バラケの舶来服地、春夏物の放出が出ました。

ムカシの言い方をすると、
神田土手通りの舶来もんの羅紗屋(らしゃや)さん、
かっこよく言うと、
Tokyoのインポートファブリック・マーチャント、
ですね、
そこから、欧州の名品で色柄揃えがバラけてしまったもの、
が毎シーズン放出されます。
そのカードサンプルが今日届きました。

スーツ (71,000円~)

ジャケット(47,000円~)

伊ゼニア、ロロピアナ、英ドーメル、など、名の通ったところばかり、
色や柄にクセはありますが、ファブリックは最高品質です。
品切れ必至ですので、生地抑えだけでもお早めに。

で、神田土手通りの舶来もんの羅紗屋(らしゃや)さん、
私の父は、昭和30年台・30代の頃ですが、そういうところの店長として勤めていたのでした。その後に静岡の実家の手伝いに戻りました。
私が東京杉並区の小学校を出てるのはそういうせいなんです。