スーツを作ろう!!期間限定、ジャックノザワヤ+葛利毛織+ファクトリエ+ナス夢工房、この4つが組むとどんなスーツができるのか、実験的な半月間。明日9/15(金)から10/1(日)まで。


何やら挑発的なタイトルですが、
やろうとしていることは、きわめてノーマルでして、
今考えられる一番お薦めのスーツをうちの顧客に提案したい、ということであります。
明日9/15(金)より始めます。

生地は、長ーい付き合いのある葛利毛織
(紹介記事、こちら)
この生地をファクトリエの引いたパターンで
(紹介記事こちら)
飛び抜けて優れた技術を誇るナス夢工房で仕立てる、
(紹介記事はこちら)
売るのは、ジャックノザワヤ、
着るのは、あなた。

ファクトリエから試着見本(手前に見える6着です)を預かれるのが、
10/1(日)までという約束なので、開催期間もそこまでとします。

価格は10万円が基本プライスとなります。

奮ってご参加ください。


入荷速報。夏物のスーツとジャケットの生地、問屋から旧品番の放出リストが届きました。広い心で選べる人には朗報です。

舶来服地の問屋から、春夏物の放出品リストが届きました。
IMG_7663
スーツは、テイラー・ロッジやウッドハウスなど、英国とイタリアもの、
約40色柄。スーツ仕立て上がり57,000円(税別)~。生地だけなら18,000円~。

IMG_7662
ジャケットは、カノニコ、ジノーネ、など、こちらも英伊の生地で、
約20色柄。ジャケット仕立て上がり43,000円~。生地のみ12,000円~。

放出モノだけあって、ストライプがきつかったり、色合いが強かったり、
そりゃクセはありますが、クオリティは確かです。

広い目と広い心で選べる方にはいいお知らせでしょう。


スーツ生地の新提案。これさえあれば365日着られます。勝手に「ションヘル365」と名付けました

顧客との会話から新たな着想に至るということはよくあることでして…

ドーメルの新作「アマデウス365」のバンチを見ていたお客様からの話
「365日という考え方、は今までにないコンセプトで良し。
そのコンセプトから9オンスの綾織り、という生地が生まれてくるというのは面白い。
ドーメルだからこの価格になるのは理解できるが、そんなに変わった色柄じゃなくてもいいので、もう少し手頃な価格での提案はできないものだろうか」

ということで、葛利毛織のションヘル織りの生地のコレクション約500柄を
「9オンスの綾織り」という切り口で片っ端から探しなおしてみたら……

あったあった、アマデウスと同じsuper100″sの糸で9オンス強の綾織り、しかもどベーシックな色柄が。
これなら365でいけますね、
「これさえあれば365」
ということで、勝手に「ションヘル365」と名付けて、ここで新提案することにしました。

☆無地。ネイビー、チャコール、グレー、の3色。
IMG_7567
IMG_7572

☆細いヘリンボーン柄。遠目からはほとんど無地。同じくネイビー、チャコール、グレー、の3色。
IMG_7569
IMG_7570

参考価格(シングル上下)は、
バジェットラインで69,000円(税別)、
クオリティラインで83,000円(税別)、
レディス82,000円(税別)です。


入荷速報。スーツ生地、葛利毛織(くずりけおり)の春夏物新作、当店独自のパタパタ展示ができました。

当店のスーツ生地、英国素材はドーメルとハリソンズから取りますが、
国内モノの調達はもっぱら一宮の葛利毛織からの一本やりです。
旧式のションヘル織機でスローに織られる膨らみのある服地、
ファクトリー直販のリーズナブルでスピーディな仕入れ、
と、葛利さんには感謝しっぱなしです。
IMG_7556
この春夏物も約100種類の色柄が生地見本として届きましたが、
ドーメルやハリソンズよりもずっとずっと小規模ゆえの多品種少量生産ゆえ、
パンチと呼ばれる見本帳にドサンとまとまっていては、なかなかその詳細が分かりにくい。
ということで、当店30年の経験から、いったんこのバンチを分解して、
たくさんに生地見本を、価格帯や生地の種類、無地、ストライプ、チェック、などに分けて自分なりに編集し直して、
こういった生地見本の一覧を作ります。
自分では勝手にこれをパタパタと呼んでいますが、
100枚の生地見本をこのような形にするのに、丸2日かかりまして、
昨日夜にやっと出来上がりました。
IMG_7555
手間は掛かりますが、こうやって丸二日間服地に触れながら、
どのお客様にどういう生地を勧めていこうか、あれこれと考えることもできて、実は絶好の予習タイムになってるのです。

ということで、春夏物のスーツ、受注の準備がこれで整いました。
どーめる、はり
ファクトリーの納期がかなり掛かるようになっていますので、
どうか早め早めにご検討下さい。
お待ちしてます。

 


入荷速報。今イチオシのスーツ生地、ドーメルの「アマデウス365」。新作バンチが届きました。365日着られる、がウリ。

フランス企画の英国服地、ドーメルのドル箱服地がアマデウス・シリーズ。
秋冬物のオリジナル「アマデウス」(綾織りの310g)、
春夏物の「トロピカル・アマデウス」(平織りの240g)、
当店ではこの二つをすでに展開していますが、今回はその中間として、
IMG_7546
通年物の「アマデウス365」(綾織りの260g)というコレクションが加わりました。
文字通り「365日着ていいですよ」という意味で付けられたネーミングです。
IMG_7543
約100柄あります。
世界共通バンチなので、正直、日本人にはきつい色柄も入ってますが、
ドーメルお得意のマッターホルン的ブルー系も多くあり、
やはりフランス企画らしい色気を感じます。
アマデウスのウリの光沢感も少し抑え気味で、
これもうれしい傾向かもしれません。
IMG_7545
スーツ参考価格119,000円(税別)~。

ご注文を受けてからフランスから空輸しますので届くのに5-7日かかります。
また、スーツのファクトリーがかなり渋滞していて納期が掛かっています。
ですので、ご用命の節はどうかお早めにお願いいたします。


スーツを作ろう!2016~スーツ生誕350周年記念キャンペーン~三つ揃えを作ろう!

本日更新しました「俱樂部余話【335】スーツ生誕350周年」を受けて、
この秋冬は、三つ揃え(スリーピース)を作りましょう、というキャンペーンです。
スーツ生誕350周年
先日この企画の打ち合わせを兼ねて、久しぶりに一宮の葛利毛織さんを訪ねまして、
均一価格のベーシックゾーン(もちろんションヘル織機のビンテージ風)の生地を、いつもの倍の約100柄、扱うことができるようになりました。
img_6942 IMG_6943 IMG_6944
これらすべて、スーツ(シングル上下)で67,000円(税別)~の手頃な価格の優れ生地で、
三つ揃え(スリーピース)にすると通常は84,000円~になりますが、
ここは350周年で、店側で5,000円を持ちまして、
79,000円~、で承ります。

この生地以外でも、三つ揃えのご注文はどれも5,000円を店側で負担いたします。
img_6939 img_6941
(衿付ベストやダブルベストは別途有料オプションです)

三つ揃えは、ベストの工程が増えるので工場からは長めの納期を言われます。
4-5週間はみたいところで、すぐに頼んでも仕上る頃はすっかり秋です。
どうかそれを見越して早め早めのご用命をお願いいたします。

スーツが生まれて350年の記念の年を三つ揃えで祝いましょう。

 

 


秋冬のスーツ・ジャケット生地、新作のご紹介~その3. 葛利毛織。欧州のメゾンブランドも注目する旧式ションヘル織機のビンテージテイストはニッポンの矜持

お盆休みの直前に、久しぶりに一宮の葛利毛織さんを訪れ、
この秋冬から、取扱い生地の品番数を倍近くに増やしてもらえるようになりました。
英国でもイタリアでも織れないようなションヘル織機のビンテージな味わいのある生地を、
しかも問屋を通さずにファクトリーから店に直接販売してくれる、
ホントに葛利さんには感謝しています。

☆BASIC RANGE
IMG_6900
今年は特にボリュームゾーンの価格帯が非常に充実しています。
いつものようにバンチをバラしてボードに貼り付けましたら、
ご覧のとおり、3つになってしまいました。
ド定番の無地モノから、意欲的なストライプ、抑え気味のチェック柄、と豊富なバリエーション、
約100柄ありますが、これすべて均一価格です。
スーツ67,000円(税別)~。

☆☆UPPER RANGE
IMG_6902
二つ星のUPPER RANGEは、
super100’s, 120’s, 140’s、のコレクション(右側)と、
ダブルクロス、モヘアツイル、シルクウール(左側)。
どれも、高速織機では不可能なほどの経糸の密度で、
重厚感ある葛利ならではの風合いです。
スーツ69,000円(税別)~。

☆ジャケット、コート、ベスト、スラックス
IMG_6903
ネップ入りのスポーテックスタッチ、
ウールコーデュロイ、
ダブルフェイス(リバーシブル)のコート生地、
極小千鳥格子のスラックス用、など、
うまいコレクションが揃いました。
特にリバーシブルのコート生地は、
昨年自分でサンプルまで作って皆様に勧めようとしたら、
その時にはもう生地がなくなってしまい、本望を果たせなかったので、
昨年私のコートを見て、いいな、と思った方、ぜひ早めに生地だけでも押さえて下さい。
またウールコーデュロイは綿物よりも着心地が良く、色あせも少ないので、
お薦めです。
価格は写真の中の価格表をご覧ください。

 


秋冬のスーツ・ジャケット生地、新作のご紹介~その2. ハリソンズの英国製スーツ2バンチとW.Billからアイリッシュ・ドネガル・ツイード。

2016年、秋冬生地のその2は、
英国最大のマーチャント、LBDグループの2ブランドです。

まずは、赤いバンチでおなじみのハリソンズ。

☆ハリソンズ / プルミエ・クリュ(11oz/330g,super100’s & cashmere)
IMG_6905IMG_6904
当店の秋冬ハリソンズのバンチの中で一番売れているのが、
このプルミエ・クリュ。
仏語というのは意外ですが、英国らしさの中にコンテンポラリー性を採りこんでいるという思い入れなんでしょうか。
ドーメル・アマデウスの好敵手ともいえまして、
アマデウスの光沢感を苦手にする方には最適でしょう。
74色柄。
スーツ103,000円(税別)~。

☆ハリソンズ / リージェンシー(9.5–10oz/280-300g)
IMG_6906IMG_6907
3シーズン着られて適度な価格、というと、うちではフロンティアという生地コレクションを紹介してきました。
このリージェンシーはそのフロンティアの綾織り版、と言ったらいいでしょうか。
※フロンティア…280gの平織で、どちらかというと春物寄り
※リージェンシー…280gの綾織りで、どちらかというと秋物寄り。
という区別です。
今までフロンティアだけでは物足りなかった部分を
このリージェンシーで補完したいと考えています。
50色柄。
84,000円(税別)~。

次は個性的なジャケット生地を得意とするW.Billから。
☆W.Bill / IRISH DONEGALS (16oz/440g)
IMG_6911
今年はドネガルツイードの仕入れができなくなるかと危惧していたのですが、
救世主現る、助かったという思いのこの一群です。
ごついアイリッシュ感もさることながら、
なかなか特徴あるクセ目の色柄が入っているのがうれしいです。
24色柄。
ジャケット71,000円(税別)~。

 


秋冬のスーツ・ジャケット生地、新作のご紹介~その1. ドーメル(英国製)

2016年秋冬物の生地、新作パンチが届きました。

まずは、仏のドーメル。仏の会社ですがほとんどの生地が英国製です。
つまり英国製の品質を持ちながら、仏っぽい色気のある色柄、
というのがドーメルのウリです。
IMG_6908
☆アマデウス(10.5oz/310g)
IMG_6909
ドーメルのベストロングセラー、アマデウス約80柄。
定番の他に多くの新柄も加わりました。
仏の色気ある色柄、光沢にあふれた独特な仕上げが魅力です。
スーツ122,000円(税別)~。

☆アマデウス・ジャケッティング(9.5oz/290g)
IMG_6910
アマデウスの魅力を生かして、
ジャケット専用の生地コレクションを作りました。
約50柄。
秋冬品番ですが、これだけの重さ(軽さ)は珍しく、
こういう中間的な素材は、残暑や早春に使えるので、
持ってるとホントに重宝します。
ジャケット78,000円(税別)~。


スーツ生地、掘り出し物が出ました。英ハダースフィールドの雄、テイラー&ロッヂの9ozミッドナイトブラック、シャドーマイクロストライプ柄、5着分確保しました。

輸入生地卸の営業Yクンから電話が入りまして、
「野沢さん、倉庫の整理をしていたら、すごい生地が出てきました。
春物のテイラー&ロッヂなんですが、
どっかの大手が生地押さえをしたままでそのままずっと眠っていたものみたいなんです。
デッドストックですので、処分の値段でお分けできますよ」

ティラー&ロッヂと言えば、英国ハダースフィールドの名門ミル(機織り工場)。
私も9年前に工場見学に訪れたことがあり、
英国生地のスピリットにいたく感動したところです。
(詳しくは、【倶樂部余話】 No.217 伊愛英、出張報告です (2007.2.7)をご覧下さい)

Taylorlodge
ミルはないのに名前だけ残っている生地ブランドが多い中で、
ティラー&ロッヂは、ハダースフィールドの街なか、川沿いの古いミルがそのまま未だに稼働していて、一貫生産を残している貴重なミル・ブランド。
他の英国生地ブランドとはその重みが違います。

生地のブランドだけで判断するのは軽率と言われるかもしれませんが、
でも、ティラー&ロッヂ、であれば話は別、早速一着分、自分用に取り寄せました。

こりゃいいわ…

Img_6627

分類としては春物に属するのでしょうが、
9オンス(270g)梳毛ウール100%ですので、
真冬以外はほとんどの季節でいけます。

色なんですが、見れば見るほど、黒か紺かが判断が難しい。
かなり青味のある黒なので、いわばミッドナイトブラック、とでも言いましょうか。

パターンは、無地ではなくて、細かいストライプの織り柄です。

つまり、紺無地でもなく、黒の略礼服でもなく、
しかも長いシーズンに使える、という、
多くの人のタンス在庫にはない、イケる生地ではないかと思い、
5着分程度の生地を早速押さえました。

Img_6625

さて、価格です。

シングルスーツ上下の場合の価格で、
バジェットラインの仕立てで、65,000円~、
クオリティラインで、79,000円~、です。(ともに税別)。

おとなしい色柄ですので、
ダブルブレストやスリーピース、スペアパンツ付き、も、おススメです。
(私もどう作ろうか思案中です)

おいしい話です、是非。