2ヶ月遅れの納品、ファアアイルセーターと言えば、の英ジェイミーソンJaimieson’s、ようやく到着です

やっと届きました。

パーカーやベースボールジャケットなどの
コンテンポラリーアイテムを仕掛けた昨年一昨年とは打って変わって、
原点回帰がテーマの今年は、
ベリークラシカルに、前開きVベストとVカーディガンを発注しました。

★メンズ

※Vベスト \23,730
10fwjamiesonsvest1 10fwjamiesonsvest2
リブ部分のベースカラーだけいっておきます。
左写真、左から、ライトグレー、クリームメランジ、モスグリーン、
右写真、左から、ネイビー、リネンカラー、モカベージュ。

※Vカーディガン \28,770
10fwjamiesonsvjacket1_2 10fwjamiesonsvjacket2_2
左写真、左から、ライトグレー(赤入り)、ライトグレー(パープル入り)、
右写真、左から、これもライトグレー(セピアトーン)、モカベージュ。

★レディス

※Uネックベスト \21,840
10fwjamiesonswomen1 10fwjamiesonswomen2_2
左、ブラウン。右、チャコール。

※Vネック前開きベスト \22,050
10fwjamiesonswomen4
ライトグレー。

※Vネックベスト \19,950
10fwjamiesonswomen3
レッド。

ずいぶん遅れて到着したので、
この記事のアップを待ちかねていた人も多いのではないでしょうか。
その分、週末の問い合わせも多いものと思われます。

脅かすわけではないのですが、お早めのアクションをお薦めいたします。

 


クリスマスが近づくと毎年出てくるホワイトハウス・コックスのHoliday Line(限定ツートン配色)、2010版が入荷しました

いつの間に有名ブランドの仲間入りをしたのか、と思わせるのが、
英のレザーグッズ、「ホワイトハウス・コックス」であります。

当店がココの仕入れを始めたのは、もう20年以上も前のこと。
当時その名を知っている人は100人に一人も居ないぐらい、
千人集めてもゼロだったかも、
の極めてマイナーなファクトリーブランドだったんですけどね。
今じゃ「憧れのブランド」じゃないですか、大したもんです。

さて、年間を通して定番の強いココが、毎年クリスマスシーズンに向けて仕掛けている、
限定ツートンシリーズがあります。
ホリディラインと呼んでいますが、その2010年版が入荷しました。

★三つ折りウォレット
10fwwhcholidayline2 10fwwhcholidayline1
↑左:Navy×Ecru 右:Black×Yellow \31,500
もう一色Havana X Redがあるのですが、まだ届いてません。

★ロングウォレット(左)とマルチパーパスウォレット(右)
10fwwhcholidayline4 10fwwhcholidayline3
↑どちらも Navy×Ecru
左:\36,750 右:\37,800

毎年のことですが、このシリーズ、限定生産モノなのに、価格のアップは全くないのです。
こういう姿勢はとても良心的です。


タガミTagamiのハンティングシャツやハンティングジャケット、仕入れました。岡山のデニム製なんかも…

能書きは後にして、まず商品紹介から。

※デニムハンティングジャケット \31,500
岡山のデニム工場で作っています。
10fwtagamidenimjacket1_2  10fwtagamidenimjacket2
衿と袖口裏は焦げ茶の細うねコーデュロイ、
右肩のパッチは合皮スウェード、
腰ポケ部に見える茶色の部分は伸縮素材でできた薬莢(カートリッヂ)入れです。

内側はこんな感じで、獲物入れが付いています。
10fwtagamidenimjacket3 10fwtagamidenimjacket4
中はナイロン貼りでサイドファスナーもあるので、汚れがふき取りやすくなってます。
全部外すとお尻敷きにもなります。
主なステッチが赤糸の巻き縫い、というのがチョイとオシャレです。

※デニムハンティングシャツ \15,750
同様のコンセプトで、岡山のライトオンスデニムを使用。
10fwtagamidenimshirt1 10fwtagamidenimshirt2
右肩のガンパッチが特徴的で、袖にもエルボーパッチ上の切り替えステッチが入ります。
前立て裏のステッチはオレンジ色。

※コットンハンティングシャツ \10,290
デニムシャツとおんなじデザインなんですが、
ふたつの色柄をコンビネーションにして作るとこうなります。
10fwtagamishirt11_2 10fwtagamishirt12
↑ネイビー×ベージュ

10fwtagamishirt21 10fwtagamishirt22
↑ベージュ×アドバンテージ(迷彩柄)

ちょっと従来にはない品だと思いません?
タガミTagamiは、ハンディング&シューティングのウェアとギアを専門に扱う日本でただ一社の会社。日本発信のモノですので、もちろんすべて日本製です。
ここのウェブサイトには、見たこともない商品が並んでますし、
主な取引先は全国の銃砲店、
と、当店からすると変わり種の仕入先になります。

ここの存在自体は数年前から知っていて、興味は持っていたのですが、
近頃になって、偶然にもツイッターが縁で、こういう新製品を作り始めたことや
今後は欧州輸出を目指した企画を検討していることなどを聞き、
こりゃ面白いじゃない、ということで、
将来性にも期待して、取引を始めました。

現在の難点はひとつ、サイズ取りです。
猟をやる人というのは、体が大きいわけです、一般的に。
なので、あんまり小さいサイズはやってないんですね。これは今後の課題です。


きれい目ドレカジシャツ、コンブリオConbrioとスキャッティSCHIATTIのブランドから

スキャッティ・オークから久しぶりに仕入れました、カジュアルシャツ4種。
細身ではあるけれど、「細過ぎてない」というのがミソです。
それと生地がとても上質なのがいいですね。

※コンブリオ、タータンチェック \13,965
10fwschiatticombrio11 10fwschiatticombrio12
衿は近頃増えてきたカッタウェイ型。だってボタンダウンじゃ普通すぎでしょ。

※同じく、コンブリオで、シンプルなダブルチェック
(ブルー系) \13,965
10fwschiatticombrio31 10fwschiatticombrio32

(パープル系) \13,965
10fwschiatticombrio21 10fwschiatticombrio22
こちらは衿腰高めのボタンダウンで、年間万能な用途で使えます。

※これはスキャッティのブランドで、インディゴ糸のシャンブレー織り。\8,925
10fwschiattiindigo11 10fwschiattiindigo12
台衿裏にチェック生地を施しています。
通常のシャンブレーよりも濃淡があり色落ちも早いという生地です。
昔ながら、という感じの低めのボタンダウンなのが、帰ってレトロ感かも。


カムコCAMCOのネルシャツ&シャンブレーシャツ

カムコのシャツ2種。徹底してアメリカンです。(製造はインドですけど)

※シャンブレーシャツ \7,875
10fwcamcochambray1_2 10fwcamcochambray2
往年の名品BigMac(写真は私物です)をリスペクトしたシャンプレー素材のシャツ。
一年中便利、の一枚。
Bigmac (写真は私物です)

※綿ネルシャツ \8,190
かなり入荷が遅れました。
昨年同様、縦線の強調されたチェックが特徴です。どの柄も今年初めての新柄です。
10fwcamcoflannel3 10fwcamcoflannel32
オフ白ベース

10fwcamcoflannel2 10fwcamcoflannel21
ブルーベース

10fwcamcoflannel1 10fwcamcoflannel12
赤ベース

遅れてしまって、どうもすいませんでした。


大阪のシャツメイカーweac.のシャツ2種を紹介します

大阪のシャツ屋さんweac.から、予定納期より遅れに遅れて届きました。

※TEX PLAY-C \16,380
10fwweactexplayc1 10fwweactexplayc3
紺無地とブラックウォッチタータンストライプとをコンビにしたシャツです。

素材は 身頃の紺無地がコットン94%ウール6%、袖のストライプはコットン100%。
胸ポケットは、表から見ると玉縁仕様、なんと裏側はパチポケ(貼りつけ形状)で、
内ポケット付きになってます。
10fwweactexplayc2
シャツになんで内ポケットが必要なの、なんて聞かないで、ね。
写真の色のみ。

※WILHELM’S \16,800
10fwweacwilhelms1 10fwweacwilhelms2
バッファロー調の赤黒チェック、
ワークシャツ調のコーデュロイの衿とカフス裏、
ウェスタンシャツ調のクレッセントポケット、
右下にオマケのように付いたジッポポケット、
と、アメリカンモチーフたっぷりの一枚です。

素材…身頃のチェックがコットン100%、
衿などのコーデュロイ部分はコットン70%ヘンプ(麻)30%。
写真の色のみ。


冬のヘッドギア、ウールのニットキャップ届きました。

ニットキャップ2種の紹介。

①まずは英ブラック・シープBlack Sheepのワッチキャップ

ウール100%、\3,360
10fwblacksheepcap2 10fwblacksheepcap1
全部で7色。
左から、Black Sheep(Dark Brownのこと)、Dark Grey、Twist(DkGrey x LtGray)、Light Grey、と、ここまでが未染色カラー。
もう一枚の方が、Green、Blackwatch(Green x Navy)、Navy、とこちらは染め毛です。

10fwblacksheepcap3_2
私・野沢が永年愛用しているのがここのニットキャップ。もう色違いで何枚も持っています。
最初はちょっときつめですが、このタイトさがしばらくすると少しゆるんできて、
頭にちょうど暖かくフィットするんですね。
折り返しの幅をどのくらい取るかで深さを調整します。

②英スコットランド、RobertSimmのつば付きニットキャップ \5,250。
10fwknitcap3
GreyとNavyの2色。 ウール75%、アンゴラ25%。
10fwknitcap2_4  10fwknitcap1_2
つば付きのニットキャップ、というだけでも珍しいのですが、
こいつのスグレポイントは、耳をおおえる、というところ。
早速私は買って、毎朝の犬の散歩に重宝してます。
アンゴラの直毛感が心地いいです。


久々に仕入れました。英ブラックシープBlack Sheepのショール衿カーディガン

英「ブラックシープBlack Sheep」のショールカラー(へちま衿)カーディガン。
ニットジャケットの感覚ですね。
10fwblacksheepjacket1
ブラックシープが永年変わることなく続けてやっている定番モノですが、
ひと頃は(肩はラグランで狭く見えるし、着丈は長いし、売れそうもないよね)と言われて、
全くお呼びが掛からない時期もありましたが、
巡り巡るのがファッションの面白いところ、
「リブ編みで細身だし、クラシカルでいいんじゃないの」と10何年か振りに仕入れました。
「おじ様」風で、なかなかでしょ。

メンズのSサイズのみ。\33,600。
10fwblacksheepjacket2
左から、Dark Grey、Twist(Dk.GreyとLt.Grayの掛け合わせ)、Light Grey。
どれもウェルシュ・シープの未染色な羊の毛です。


フィッシャーマンFishermanという名のレディス・ニットです、アイルランドから。あ、メンズもあります。

アイルランドのマシンニットブランド
「フィッシャーマン・アウト・オブ・アイルランド Fisherman out of Ireland」です。

フィッシャーマン、というブランドなのに、レディスの方が多い、と、チョイややこしや、であります。

ですので、レディスの商品のラベルには"fiSHErman"と書かれていまして、
SHEなのでレディス、と言いたげです。

で、まずレディスからご紹介。 4スタイル、アウター的なニットばかりを発注しました。

①ニットのダッフルコート \26,880
10fwfishermanwomen4_3 10fwfishermanwomen42_2
毎年一番人気のある、ニットのダッフルコートです。
フードは外せます。ま、外すことはあんまりないとは思いますが、例えばパーカーなんかと重ね着するとフードがダブってしまうでしょ、そんなときはいいのかもしれませんね。
着丈 約78cm。
ラムウール100%。
10fwfishermanwomen43_2
左:チャコールグレー(フードの内側だけは二重になっていて、色は「リス」色、はいクルミかじってるあのリスです、そう書いてあるんです)

右:パールグレー(フード内側だけはオフホワイト付)、の2色。

②ダッフルトグルのカーディガン \35,910
10fwfishermanwomen1_2 10fwfishermanwoman12
少しだけ厚手になっているニットジャケット。
脇と袖に三角形の切り替えパーツが入り、ウェストシェイブ感を出しています。
Super Extrafine Wool 100%。
10fwfisnermanwoman13
左:チリレッド、 右:パールグレー、の2色。

10fwfishermanwomen15
衿のボタンを留めると変形ロールネックの別表情が作れます。

③ケーブル柄ロングカーディガン \39,900
10fwfishermanwomen2_2 10fwfishermanwoman22_2
ウエストが勝手にシェイプしてくれて、細身に見えるカーディガンです。
着丈 約87cm。
メリノウール100%。
10fwfishermanwoman23
左:グレージュ、右:インクブルー、の2色。
リブ編み、ケーブル柄編み、平編み、をうまく組み合わせた修作ですね。

④ショールカラーのリブ編みジャケット \22,890。
10fwfishermanwomen3 10fwfishermanwomen32
肩のエポレットとメタル風丸ボタンがアクセント。
腰のフラップは、ちゃんとポケットになってます。
Lightweight Donegal Fleck Lambswool 100%。
10fwfishermanwomen33
左:ベリー、右:クラウド(青みのあるグレー)、の2色。
フレック(そばかす)入りのツイーディタッチなニットです。でも重たいわけではないのです、ソコがうまいところ。
袖先はわざと長めになっていて、クシャクシャとシワシワにして着ます。

さてさて、メンズです。メンズのラベルタグは、はい、シンプルにFishermanです。
今年はピンと来る品番が少なくて、この1スタイルだけのチョイスとなりました。

①フルジップジャケット \26,880
10fwfishermanman1 10fwfishermanman3
カシミア5%、メリノウール95%。
無地なんですが、平編み、バスケット編み、リブ編み、の3つの編み方を効果的に使って、無地セーターにありがちなベタな感じを消しています。

衿の内側だけ別色を配しています。この一ヶ所だけ別色、というのがいいです。
どうしても欲をかいてしまい、他のところも色替えしちゃったりするのが普通なんですが、
一ヶ所だけというのが実にいさぎよいです。
10fwfishermanman4_2
左上から時計回りに、
グレー(衿内側:ボルドー)、
ダークインディゴ(衿内側:グレー)、
チャコールグレー(衿内側:アップル(青リンゴっぽい黄色です)、
モールブラウン(モグラの色)(衿内側:チャコールグレー)、
の4色。

ダブルジップでなくて、グレーの高級感あるジッパー、というのも、
コレマタいさぎよくて○です。

 


英国の革手袋と言えば、のデンツ、メンズ・レディスとも入荷してます

英・デンツのグローブが入荷。
ちょっと前に届いていたのですが、写真撮りがやっと出来て、ようやくの紹介です。

※メンズ・ペッカリー/手縫い/裏なし/スナップ釦付/英国製
10fwdentspeccary
希少動物保護の観点から、ペッカリーに関しては、
ペッカリーでなければ出せない色、つまり、コルク色だけに限定して展開いたします。
ご理解下さい。
\40,950。

※メンズ・ディアスキン/手縫い/カシミアの裏(ライナー)取り外し可/スナップ釦付/英国製
10fwdentsdeertbc1 10fwdentsdeercol1_2

ディアスキン、つまり鹿ですね。
手縫いモノでは英国でも最もポピュラーなのがコレです。

\39,900。右写真左から、バーク(焦げ茶)、ブラック、タバコ(茶)。
カシミアのライニングは取り外し可です。
これには、寒暖調整機能のほか、縫い目がほつれたときのリペアが簡単、
というメリットもあります。
10fwdentsdeer1_2

※レディス・ヘアシープ/裏シルク/機械縫い/英国製
10fwdentssheepsilk1 10fwdentssheepsilk2
\22,050。サイズ7のみ。
ヘアシープ、つまり羊の皮であります。裏に色のきれいなシルクを貼っています。
右写真左から、ネイビー(裏:ピンク)、モカ(焦げ茶)(裏:ロイヤルブルー)、
コニャック(茶)(裏:グリーン)、ブラック(裏:ピンク)の4色。

手に吸い付くような密着感、手入れのスムースさ、がウリです。

※レディス・ヘアシープ/裏ウール/機械縫い/英国製
10fwdentssheepwool1 10fwdentssheepwool2
\19,950。サイズ7のみ。
同じくヘアシープのマシンソーイングですが、こちらはウールを貼りました。
右写真左から、ネイビー(裏:アクアブルー)、モカ(焦げ茶)(裏:オレンジ)、
ブラック(裏:ピンク)

「とにかく寒いのはイヤっ」と、防寒機能を優先するならこっちです。

※レディス・ムートン(羊革)/手縫い/ポルトガル製
10fwdentsmouton
\17,850。サイズ7のみ。
写真のマホガニー(焦げ茶)のみ。

ムートンの手縫い、カジュアルなテーストです。