入荷速報。英デンツのレザーグローブ。レディス編。

デンツの紹介。
次はレディスです。

★羊革(ヘアシープ) シルクライニング 機械縫い 英国製 24,840円(税込)
これも毎年のお馴染みです。
シルクのビビッドな色合いがアクセントになります。
14fw_dentsw_s1 14fw_dentsw_s2
ブラック(裏:ピンク)、ネイビー(裏:ピンク)、モカ(裏:ブルー)

★羊革(ヘアシープ) ウールライニング 機械縫い 英国製 22,680円(税込)
やっぱり手袋はまず温かいこと、という方には、この定番です。
14fw_dentsw_w1 14fw_dentsw_w2_2
ブラック(裏:ピンク)、モカ(裏:オレンジ)

余談。
仲間の店での話です。
女性客がサイズも見ないでいきなり革手袋を試着、
ピシッと音がして、縫製糸が切れてしまった、
とさ。

手袋のご試着はくれぐれも丁寧に。

 


入荷速報。英デンツの革手袋。メンズ編。革素材、ライニング、製法、製造国、この4つの要素で決まってきます。

英国で手袋といえば、デンツ。
ウースターソースのあのウースターが創業地です。

タイトルにも書いたように、手袋を決める、4つの要素、
革素材、ライニング、製法、製造国、
この順番に述べます。

☆鹿革(ディアスキン) カシミアライニング(取り外し可) 手縫い 英国製 42,120円(税込)

毎年続けている当店では一番なじみのあるモデルです。
(わかりやすいようにカシミアニットのライニングを外して写真に撮っていますが、
これ単独では使用できませんので、念のため)
14fw_dentsm_deer1_2 14fw_dentsm_deer2
ブラックとバーク(こげ茶)

14fw_dentsm_deer3
ご存じ「指の股のひし形パーツ」、
英国製デンツの手縫いグローブだけに見られる特徴です。

☆羊革(ヘアシープ) 裏無し 機械縫い 英国製 22,680円(税込)
ドレッシーなイメージです。
裏地がないので、最初は手を入れるのがちょっと大変ですが、
だんだん馴染んできますから、サイズはキツキツのモノを選んでください。
14fw_dentsm_hs21 14fw_dentsm_hs22
ブラックとイングリッシュタン

☆羊革(ヘアシープ) カシミアライニング 機械縫い チェコ製 20,520円(税込)
カシミアの裏地付きなのにどうして裏無しよりも安いんだ、
との疑問はごもっとも。
答えは生産地の違いです。比べるとチェコ縫製の方が少し縫い方が雑です。
それを裏地で隠しているということなんです。
14fw_dentsm_hs11 14fw_dentsm_hs12
ブラックとブラウン


入荷速報。英グローヴァオールのダッフルコートとPコート。メンズ編です。

グローヴァオールというと、イコール、ダッフルコート、ですが、
実はクラシックなモデルを長々と継続しているだけではなくて、
時代の要請で新モデルも適宜に開発しているのです。

今回の入荷品も、定番のダッフルのように見えて、実は新品番。
特に腕周りは従来品と比べてもかなりすっきりとしています。

※920C ウール80%ナイロン20%、英国製 60,480円(税込)

14fw_gam_920cha1_2 14fw_gam_920cha2
↑チャコール(Charcoal)。裏はモノトーンのグレンブレイド。

14fw_gam_920nvy1 14fw_gam_920nvy2
↑ネイビー(Navy)。裏は紺系に白線入りのグレンブレイド。

14fw_gam_920blk1 14fw_gam_920blk2
↑ブラック Black。裏は伝統的タータンチェックのドレスゴードン(DressGordon)
「永遠の少年」という感じで、個人的には一番気に入っています。

続いての紹介は、Pコート。
昨年初登場したモデルです。
今までのグローヴァオールのPコートは
着丈が長かったりシルエットがルーズだったり、と
もうひとつピンとこなかったので、
昨年このモデルが出た時には、事前予約でも一番注文が付いた品番でした。
で、本国でも定番化したようで、今年も引き続きの継続展開です。

※Pコート ウール80%ナイロン20%、英国製 68,040円(税込)

13fw_ga_3218mm1 13fw_ga_3218mm2
色はネイビーのみ。
13fw_ga_3218mm3
身頃の裏地はコットンですが、袖裏は滑りを考慮してポリエステルにしています。


入荷速報。英グローヴァオールのダッフルコート。まずはレディス編。

グローヴァオールからダッフルコートが入荷です。

まずレディスから。

昨年から始めた新型です。

※433FC ウール80%ナイロン20%、英国製、68,040円(税込)

細身にすっきりとしたモデルというと、従来は子供用の型紙をベースに、
袖丈着丈を伸ばしたアレンジをして対応していたのですが、
それだとどうしても、子供っぽい。(そりゃもともと子供用だから仕方ないのですが)
で、ちゃんと女性用に美しいシルエットを作ろうよ、と英国本国サイドでも考えまして、
昨年出来上がったのがこのモデルであります。

14fw_gaw_sky1_2 14fw_gaw_sky2_2
↑スカイ(Sky)

14fw_gaw_sky3_2
前身頃と後身頃の間にもう一つのパーツ(細腹(さいばら))を入れて、
ウェストの絞りを作り出しています。
つまりボディが5枚の剥ぎ合わせでできています。
これ、グローヴァオールでは今までなかった手法であります。

14fw_gaw_camel1 14fw_gaw_camel2
↑キャメル(Camel)

ウェストのシェイプ、十分な着丈、
女らしい、です。

14fw_gaw_navy1 14fw_gaw_navy2
↑ネイビー(Navy)

裏側のチェック柄も単純なタータンではなく、
グレンチェック系の大人しい柄に変更になり、
これもまた子供っぽく見せないことに寄与しています。


入荷速報。アイルランドのスタジオ・ドネゴールから今年もひざ掛け到着。見た目はゴツいのに触るとふんわり、は手織りならではのタッチ。

アイルランド・ドニゴールの海辺の村キルカーの
スタジオ・ドニゴール(Studo Donegal)から、
今年もひざ掛けが届きました。3柄あります。

①TORIPORI  CitrusPear
14fw_studiodonegal_citruspear1 14fw_studiodonegal_citruspear2

このひざ掛け(英語ではスロー throwといいます)、
見ると触るとでは大違いで、
ツイードっぽいから、きっとごわごわチクチクなのかも、という見た目に反して、
とてもふんわりとしています。

②SHANNON Amber
14fw_studiodonegal_amber1 14fw_studiodonegal_amber2
糸はアランセーターに使うような剛毛でなくソフトなメリノ糸だし、
織りも、手織り機でゆっくりと編むので、空気を含んでふっくらと軽く織られている。
つまり、見た目とは大違いのハイクオリティでラグジュアリーなスローなのです。

14fw_studiodonegal_amber3

ニンジン色などカラフルな色は糸の段階から自社で染めていまして、
それをバッタンバッタンと手織りするわけです。
写真から音が聞こえてきそうです。
14fw_studiodonegal114fw_studiodonegal2

③SHANNON Mint
14fw_studiodonegal_mint114fw_studiodonegal_mint2

14fw_studiodonegal_mint3

ひざに掛けて良し、肩に掛けて良し、の110 x 155cm。25,920円(税込)。


入荷速報。英ブラックシープ社のお馴染み定番ニットキャップ、今年も到着です。

大道芸の声が聞こえてくると急に売れ始める、
という、毎年お馴染みの、英ブラックシープ社のニットキャップです。

☆リブキャップ 
いつもの定番です。
色数を増やしました。4,104円(税込)。

14fw_bs_cap1 14fw_bs_cap1_col_2

0時から時計回りに(アップ画像は上から)

①Twist (ライトグレーのミックス)
②DarkGrey(こげ茶のミックス)
③Green (グリーン)
④Derby Tweed(ライトグレーに茶とグリーンのミックス)
⑤Denim Mix (インディゴのミックス)
⑥Navy (ネイビー)
⑦Charcoal (チャコールグレー)

の7色あります。

14fw_bs_cap12
最初はややきつめですが、次第にちょっと緩みます。

☆ツイード糸のニットキャップ
太めの糸でざっくり感があります。4,320円(税込)。

14fw_bs_cap2 14fw_bs_cap22_2
2時から時計回りに(アップは上から)
①Saddleworth Mist (グレーベージュ)
②Grey Twist ( ブラック主体のモノトーン)
③Blackstone Nep (ブラックツイードにカラフルカラーのネップ入り)

14fw_bs_cap23
編み柄がぼやけたストライプ模様になります。

☆ブクレキャップ 
最初からまだら模様になっている一本の毛糸をぐるぐると編んでいくとこうなります。
セピア色のトーン・グラデーションを楽しんでください。
4,320円(税込)。

14fw_bs_cap31_2

14fw_bs_cap32
スーツ着て被るとなんか変だな…


入荷速報。英グレンフェル、その躍進の契機となった防水防風の綿生地グレンフェルクロスを使ったオールシーズンタイプのコート、今年も入荷しました。

登録商標「グレンフェルクロス」使った、オールシーズン対応のコートです。

14fw_grenfell_farringdonbg41

さて、グレンフェルクロスとは…

所はイングランド。
ヘイソンウェイトさんという綿織物工場のおやじさんが、
医師グレンフェル卿のエスキモー探検話の講演を聞いて大感動。
卿の「軽くて柔らかくて防水防風のコットン生地がないのだろうか」という要望に、一念発起、
苦心の上、細番手の綿糸を高密度に織り上げた特殊生地を開発し、
これをグレンフェル卿に「どうぞお使いください」と提供したところ、
卿は大満足の大喜び。

14fw_grenfell_farringdonbg42

「この素晴らしい生地に私の名前を付けることを認めましょう」との
ありがたいお言葉をいただいたのでした。      

14fw_grenfell_label_2

これが防水、防風、透湿、強靭、高級感、の登録商標「グレンフェルクロス」でして、
1923年の話です。

14fw_grenfell_farringdonnvy31 14fw_grenfell_farringdonnvy32_3

この「グレンフェルクロス」は、その後エベレスト探検のテントや
F1レースのレーシングスーツなどにも使われ、

次第にこの会社の代名詞となったので、
作る製品名までグレンフェルというブランドになっていったのです。

14fw_grenfell_farringdonbg2 14fw_grenfell_farringdonnvy2

品名「ファリントン」Farrington。
細身の作りで、裏地はボディにも袖にも全く付けていません。
生地の滑りがいいのでなまじ裏地を付けるよりも着心地がいいのです。
(ちなみに、裏地を付けない方が縫製は面倒なのです)

セットインスリーブの袖付けで、短めの着丈、
ウェストは少しだけシェイプが効いています。

14fw_grenfell_farringdonbg1 14fw_grenfell_farringdonnvy1

ベージュとネイビーの2色。
サイズ表記は40と42で、つくりが小さめなので、MとL、に相当します。
135,000円(税込)。


入荷速報。英グレンフェルから、これぞステンカラーという、王道を行く典型的なステンカラーコート、入荷です。

グレンフェルのクラシックなステンカラーコートです。

14fw_grenfell_euston3

今でいうところの国境なき医師団のような活動を極北のカナダで行ったグレンフェル卿。

そのグレンフェル卿の崇高な精神に心打たれて付けられたのがこのブランド名です。
その歴史は1918年に英国で始まりました。あと4年で100年です。

14fw_grenfell_euston6

そのグレンフェルから、これぞステンカラー、と言えるコートが届きました。

まさにステンカラーの王道、いかにも定番辞典に登場するようなコート、
古着屋に「新品同様」の札が付いて並んでいてもおかしくない、というコートであります。

品名「ユーストン」Euston。ロンドンの駅名ですね。

ゆとりのある着心地、長めの着丈、はもちろんですが、
何よりうれしいのが、この肩付け。
14fw_grenfell_euston4

前側はセットインスリーブ、背側がラグランスリーブという、
見栄えと着心地を両立させたこのショルダー、
そしてこのショルダーの場合、縫製上袖の筒は3枚ハギという面倒な手法が採られます。

トレンチコートにはよく見られるこのショルダーですが、ステンカラーコートでは稀です。

14fw_grenfell_euston5_2

素材も典型的なコットンギャバジン。世間で言うところのいわゆるバーバリークロスです。
淡いオリーブ色の単色のようですが、ルーペで見るとベースに山吹色を潜り込ませて織られているのがわかります。
ですので、少し玉虫効果が出て、これが何ともクラシックでいいです。

14fw_grenfell_euston1

サイズ表記は、38.40.42.の3サイズです。
大きめの作りなので、これで、M.L.XL.に相当します。
価格145,800円(税込)。

14fw_grenfell_euston2

かつては、Bーバリー、Aqアスキュータム、とともに三大コートブランド、と
並び称されたグレンフェル。

他の二つとはビジネスの規模では大きく引き離されましたが、
いまだその真骨頂を見せてくれる、うれしい逸品です。


入荷速報。英スコットランドのジョンストンズからレディスのカシミアリブニットとレース柄マフラー、到着です

スコットランドのカシミアニットブランドは、いろいろとありますが、
恐らく今一番勢いのあるのが、ジョンストンズでしょう。
発祥地のハイランド・エルギンと買収進出したボーダーズ地方のホーウィック、
2か所の生産地をうまく使い分けているみたいです。

※レディスニット 66,960円(税込)
リブ編みのプルオーバーです。
ヘンリーネックのように胸元にスリットが入ります。
VネックほどV字には開かないので、I(アイ)ネックとでも呼んだらいいのでしょうか。

14fw_johnstonsknit1_2 14fw_johnstonsknit2
適度な首回りの解放感、ラグランスリーブのタイトな袖付け、
ナチュラルにフィットするシルエット、
カシミアニットならではの完成度の高いスタイリングです。

14fw_johnstonsknit4

14fw_johnstonsknit31 ←バイソンブラウン

14fw_johnstonsknit32 ←プティー(しっくい)

14fw_johnstonsknit33 ←グレーベージュ

※ニットのロングマフラー 20,520円(税込)

エッジ側にシェットランドレースの編み模様が入っています。

14fw_johnstonsscarfb1 14fw_johnstonsscarfb3

14fw_johnstonsscarfg1 14fw_johnstonsscarfg3

14fw_johnstonsscarfb2 14fw_johnstonsscarfg2

ナチュラル(ライトベージュ)とライトグレーの2色

————————————

すべて、英国スコットランド製、カシミア100%です。