入荷速報。フィルメランジェでなければ作れないでしょ、トレーナー型のカシミア混セーター?

編み地はメリノウール90%カシミア10%の糸を
ふんわりとゆっくり編み立てた極上のニット生地。

15fw_fm_frits1

これをタックステッチを使い、トレーナー(スウェットシャツ)スタイルに縫い付けました。
首元のV型のガゼットも前後にしっかりと付いてます。
ニット生地をカット&ソゥしているので、こういうのをニット・ソゥと呼ぶらしいです。
見た目はカットソーですが着心地はニット(セーター)です。

15fw_fm_fritsnvy 15fw_fm_fritsml

色はネイビーとメランジェ(杢グレー)の2色。
この糸ですから価格もそれなりで34,560円(税込)。

最上級の素材をそうとは見えないアイテムに落とし込む、という、
フィルメランジェらしい、アイロニカルな一品です。


入荷速報。フィルメランジェ、パーカーの看板品番。かぶりのParkerと前開きのJeffrey。改良に改良を重ねて第3世代の登場です。

フィルメランジェの品番は、大体人の名前が付くのですが、
Parkerという品番の付いたパーカー(parka)ですから、その自信のほどがうかがわれます。

15fw_fm_pj

私はその前開きバージョンであるJeffreyをデビューのときに買い求めて、
いまだに愛用していますが、
裏毛のスウェット素材とは思えない、
そのトロトロふわふわの感触には驚きを隠せませんでした。

その後、糸の背景や製造現場の変化などに対応し、
改良版の第2世代を発売、
そして今シーズン、さらに改良を重ねた第3世代を発売しました。

区別するために、今回入荷品はParker3とJeffrey3と後ろに3が付きます。
ポケットのカタチやジッパーの色合いなどが従前と異なりますが、
一番の変化は吊り編み機を変えて杢の色目の出方が斜めになるようにしたこと。
グレーの見え方が変わりました。
その斜めの感じが一番よく表れていたBlackMelangeという色目をチョイスしました。

Parker3 21,600円(税込)
15fw_fm_parker1 15fw_fm_parker21
15fw_fm_parker22

Jeffrey3 25,920円(税込)

15fw_fm_jeffrey1 15fw_fm_jeffrey21
15fw_fm_jeffrey22

レディスもあります。
15fw_fm_jeffreyw

なお第2世代もまだ在庫があります。どっちがいいかはお好みで。
解説はこちら。価格はお問い合わせください。


入荷速報。ガレリアントのレザーバッグ、後編。見た目が老けない、が最重要課題の、スモールポーチとA4クラッチバッグ。

ガレリアント新作紹介の後編。
見た目が老けない、が一番大切なテーマになるアイテムです。

☆GAX3660 W260 H145 D50  20,520円(税込)

15fw_ga_gax36602 15fw_ga_gax36601_2

スモールポーチです。
財布と携帯とカギとベンと、そんなものがちょっとだけ入ればいい、
ランチタイムポーチとも呼べるバッグです。
やや硬めの型押し革はドイツ「リチャード・ホフマン」社製の牛シュリンクカーフです。

15fw_ga_gax36603

展示色はネイビー。やや明るめの紺です。
他に、クロ、チョコ、や、当店でも以前サイフで仕掛けたブルーやオレンジなど、
ブライトな色も展開しています。

☆GAX3661 W360 H240 D35  27,000円(税込)

15fw_ga_gax36612 15fw_ga_gax36611

A4のクリアケースが適度なゆとりで入るクラッチバッグです。
大事な書類をかっこよく運ぶ、というシーンを演じたいですね。
中身は週刊誌でもいいんですけどね、見た感じがカッコつけば。

15fw_ga_gax36613

また、バッグインバッグ、という用途にも最適です。
革素材や色展開はスモールポーチと同様です。


入荷速報。ガレリアントのレザーバッグ、前編。ビジネスにもいける新作トート&おとなのOFF的なショルダー大小2モデル。

ガレリアントの新作、前編後編の2回に分けて紹介します。

☆GEC3711 W400 H300 D140 45,360円(税込)
一番大きなものから。ガレリアントではおなじみの山羊革を使った新型のトートバッグ、
ビジネスでもカジュアルでも合うモデルです。

15fw_ga_gec37113

トップ部分がどちら側にも折れるようになっていて、
また万一荷物のカサが高い場合には折らなくても使えます。
ストラップはシンプルなダブルストラップで、提げて良し・肩掛けて良し、
のいわゆるワンショルダー型。

15fw_ga_gec37111 15fw_ga_gec37114_2
この革は使い始めると割と早くクタリと柔らかくなるので、
革のしわ感が自然に味になるように計算された設計となっています。
この山羊革のハンドリングに手慣れたガレリアントの長年の経験が生かされた新作。

「脱いだ上着をさらっと収納できることを考えました」とはデザイナー千田さんの弁。
15fw_ga_gec37112

店頭の展示として採用した色は新色のグレー。
もちろんおなじみのネイビー、クロ、も生産しています。

☆GEI3701 W250 H300 D100  30,240円(税込)
☆GEI3700 W250 H250 D50   25,920円(税込)

ショルダー、大小2型です。

15fw_ga_gei37011_2 15fw_ga_gei37018
ボディバッグの流行が一巡して、リュックに続いて、再びショルダーが復権しています。
それも、以前ならちょっと野暮ったいと感じられてきた
「おとなのOFF」的なレザーのショルダーに注目です。

15fw_ga_gei37003 15fw_ga_gei37002

どちらも、コンパクトなボディの中にこれでもかというほどたくさんの収納スペースがあり、
どこに何を入れようか迷うほど。

15fw_ga_gei37001

さらに大きな方には、小さなペットボトルや折りたたみ傘、レインハットなどを
独立して入れられる(他のものを濡らさない)サイドポケットが備わっています。

15fw_ga_gei37014 15fw_ga_gei37015
15fw_ga_gei37016_2

革は牛革の型押しステアで、タフな革を使っています。
展開色は、クロ、チョコ、ネイビー。

続いて後編を別項で。


入荷速報。シェットランドツイードのネクタイ。ちょうどの理想モノがどこを探してもないのでアイルランドで作ってもらいました。

ダブリンのジョナサン・リチャードに別注したオリジナルのタイです。
ツイードの扱いに手慣れたココなら、と信頼してオーダーしました。

15fw_jr_tweedtie3

もともとはアイルランドのドネガルツイードを使いたいと計画したのですが、
それではハードすぎてきれいな結び目が作れそうもないこと、
さらに粒々の色ネップがかえってコーディネートの邪魔になりそう、
ということで計画を却下。

代わりに彼らが提案してきたのがスコットランドのシェットランドツイードでした。
この選択が大成功で、固すぎない適度なクタリ感を出すことができました。

7.5㎝と細めのタイ幅、長さも日本人サイズに調整しました。

15fw_jr_tweedtie1

日曜日の昼下がり、英国の公園のベンチ、
教会帰りのおじさんが古ぼけたジャケットの下にてれんと締めている
くたびれた感じの味わいある細いツイードのネクタイ、
そんな感じが欲しかったんです。

15fw_jr_tweedtie2

15fw_jr_tweedtie4

で、どっかにありそうでどこにもないタイ、出来上がりました。
8,424円(税込)。


入荷速報。ドレイクスのタイ、第二弾の追加入荷です。

追加入荷です。4柄。

15fw_drakes2
英国製(一部イタリア製)シルク100%生地、日本国内にて縫製。
大剣幅8㎝、14,040円(税込)。

なお、前回の入荷はこちらの記事をご覧ください。

番号は前回から通しで続けて振っています。

⑦杢グレーツートンストライプ

15fw_drakes2_31 15fw_drakes2_32_2
前回入荷分とよく似ていますが、ストライプの幅違いです。
杢グレー使いは今シーズンのドレイクスのトレンドですね。

⑧ストライプ。

15fw_drakes2_4115fw_drakes2_42
織りの組織も地と線で変化させています。

⑨小紋柄。

15fw_drakes2_21_215fw_drakes2_22_2
秋冬物の割にはブライトなカラーリングです。

⑩マットな無地。

15fw_drakes2_11 15fw_drakes2_12_2
隠し色も入れていないシンプルな単色モノで、
ここまでの無地は当店では珍しいかも。

———————————————

シルク100%のレギュラーコレクションはここまで。

次回の入荷(10月中旬)からは
ウールやカシミアを使ったウィンターバージョンが届く予定です。


入荷速報。ジャケットを作ろう! 英国のジャケット生地、サンプルブックが揃いました。ご存じハリスツイードと新星W.BILLを紹介します。

英国らしいジャケット生地、いつものと新しいの、両方紹介です。

————————————————

☆ハリスツイード
まずはご存じ、ハリスツイードです。スコットランド西方の島で織られます。
毎年変わらないんでしょ、と思われがちですが、
今年の大きな変化は、重たくなったことです。
昨年までは400gのスーパーファインウェイトが主力でしたが、
今年はちょっと重たくなって、ほとんどの柄が490gのフェザーウェイトに置き換わりました。
世の中の声が、やっぱりハリスはこのくらい重たくなくっちゃ、というところなんでしょうね。

15fw_tweed1

チェックから無地まで、約40柄ありますが、すでに品薄品番が出始めています。
製作はまだ先でもいいのですが、生地の押さえだけでも早い方がいいと思います。
ジャケット仕立て上がり参考価格62,000円~(税別)。

———————————————–

で、今年初登場は、W.BILLです。
実は私も卸元から紹介されるまで全く知らないところでした。

1846年に北ウェールズのモールドで小さな店を開業。
日本でいうと江戸時代後期、黒船来航の直前です。
ツイードやブランケット、カシミア生地などの独自の生地ぞろえで繁盛し、
1892年にロンドン進出を果たしました。

英米ではユニークなジャケット生地を扱うマイナーな服地卸として
貴重な存在だったようですが、日本ではそれほどには知られていませんでした。
それがこの度、ハリソンズを扱う英国最大の服地マーチャントLBDグループが
ここを買収したことで、一気に日本にも紹介されることになったという経緯です。

☆フェニックス made in Scotland
300g弱という、こういう薄手のジャケット生地が意外に今までなかったんですね。
秋口から春先まで(うんと寒い真冬だけはちょっと寒いかも)
長―く使ってもらえる服地です。
15fw_phoenix
24柄の見本が揃いました。
ジャケット仕立て上がり参考価格71,000円~(税別)。

☆シェットランドツイード made in Scotland
英国らしいツイードが欲しい、だけどハリスではかたくて重たすぎる、
もう少し肩の凝らない、ソフトで軽くて、だけど風合いのいいツイードはないものか、
という声、今までもありました。その答えがコレです。
15fw_shetlandtweed
400g弱というウェイト、スコットランドらしい色合い、24柄がお目見えです。
ジャケット仕立て上がり参考価格68,000円~(税別)。

☆タッタソールのベスト生地 made in England
15fw_tattersall
こういう生地がちゃんとそろっている、というのもW.BILLの魅力です。
12柄もあります。ベスト仕立て参考価格29,600円~(税別)。

☆クラシックなウールコート Ireland and Austria
15fw_coat
コート生地もちゃんと用意してくれてるんです。
上4柄、アイルランドのドネガルツイード、ヘリンボーン柄。650gというヘビーウェイトです。
下4柄はオーストリア・チロル地方ののローデンクロス。520g。
どちらも、コートで115,000円~、ジャケットで81,000円~(税別)。

——————————————-

ジャケットのオーダーは、生地取寄せに一週間ほど掛かるものもありまして、
全部で4-5週間ほどを要します。
5週間後というともうだいぶ涼しくなりますから、
今年はジャケット作ろうかな、というつもりの方は、もうそろそろ動き始めてください。

考えることはみなさん同じでして、生地の品切れはあるとき一気にやってきます。
どうか後れをとることのないよう、早めのアクションをお勧めします。


入荷速報。スコットランド代表ホーウィック・ニットウェアから、ラムズウールやメリノウールのセーター、男女とも。その2、レディス編。

ホーウィック・ニットウェア、続きます。

レディスは、メリノ1型、ラムズウール2型です。

☆メリノウール・総リブ・タートルネック。24,840円(税込)

15fw_hw_w_merinocable1
全部が細畝のリブ編みなんですが、
フロントの6か所だけ、二つのリブをツイストさせてケーブル編みに変化させています。
今更クロでもないだろうし、スキンカラートーンのトレンドを意識して、2色だけ。

15fw_hw_w_merinocable2
Arctic White(オフ白)とオートミール(というよりミルクティーっぽい)。

☆ラムズウール・オフロールタートルネック 24,840円(税込)

15fw_hw_w_rnpo1

クシャッとロールしたしたボリューム感が絶妙にうまいタートルです。

15fw_hw_w_rnpo2

Regatta(ミックスネイビー)、Pearl Grey(ライトグレー)、Oatmeal(ライトベージュ)、Nougat(ミックスピンク)。
お菓子のヌガーはブラウン系のような気がするのだが
どうしてピンクにこの名前なのか、これもよく分かりません。

☆ラムズウール・フェアアイル柄 30,240円(税込)

15fw_hw_w_fairisle1_2

写真で伝わるかどうか、
15fw_hw_w_fairisle2n
コレところどころをわざと裏編みにしているんです。
なのでとても立体感があるわけです。

15fw_hw_w_fairisle2o

正確に数えてませんが、多分一枚あたり10色以上は色数を使っているでしょうね。

15fw_hw_w_fairisle2r

色名はベース色(衿、袖、裾のリブの色)で紹介します。
Regatta(紺系)、Camel(キャメル)、Rouge(赤系)。

——————————————————-
ホーウィックは英国セーターの聖地ではありますが、
何もセーターの店があちこちにあふれている華やかなところではなくて、
観光名所もほとんどない、ホントに小さなスコットランドの田舎町です。

まともなホテルやレストランもほとんどなく、
ニット産業に用のある人しか来ないところですので、
逆に普段の生活の様子がよく分かり、
私にとってはとてもこじんまりとして落ち着いたいい町に感じました。

15fw_hw_haggis

そうそう、ハギスで有名な肉屋さんが何軒かあって
それぞれが自慢のレシピを競っています。
ホーウィックのハギスはまた食べに行きたいですね。


入荷速報。スコットランド代表ホーウィック・ニットウェアから、ラムズウールやメリノウールのセーター、男女とも。クラシックな様でそうじゃない、定番の様でそうじゃない、適応力のあるセーターたちです。

スコットランドポーター地方のホーウィックはセーターの町。

15fw_hw_town1 15fw_hw_town2

いくつものファクトリーやブランドが混在していますが、
その中のひとつがホーウィック・ニットウェアです。

会社自身は比較的新しいのですが、そのファクトリーの歴史は古く、1874年にまで遡ります。
140年前、明治維新の頃です。
旧態依然とした企業姿勢から衰退していくファクトリーが多い中、
ココはなかなかに小回りが利く鋭い対応をしてくれて、
昨年の取引開始以来、当初の期待以上の成果を挙げています。

久しぶりにラムズウールやメリノウールの無地セーターの一群が店に並びました。

まずはメンズから。

☆メリノウール・Vネック長袖プルオーバー20,520円(税込)

15fw_hw_m_vpo3 15fw_hw_m_vpo1

深すぎず浅すぎずのVネックで、腕周りは細身です。
クリアトーンのHeliotrope(ムラサキ系),Diesel(軽油に着色される青色),Peacock(クジャクのアオ),
メランジトーンのMahler(ロイヤルブルー系),Tabacco(茶系),Rouge(赤系)

15fw_hw_m_vpo4_2 15fw_hw_m_vpo2_2

何で大作曲家マーラーがこういう青い色になるのかは全く分かりません。
故郷ボヘミアの空の色なのか、どなたか思い当たる節のある方、教えて欲しいです。

☆メリノウール・Vネック・かぶりベスト 19,440円(税込)

15fw_hw_m_waistcoatso1_3 15fw_hw_m_waistcoatso2

欠品が発生し、2色だけの入荷。
DieselとPeacock。

余談。dieselは、英国ではよくpetrol(ガソリンなどの車の燃料)とも言われる色です。
ちなみにガソリンスタンドはpetrol stationです。
で、間違わないように、ガソリンはオレンジ色に、軽油は青色に着色されています。
欧州ではディーゼルエンジンが主力なので色名Petrolでいいのでしょうが、
正確にはココみたいにDieselという色名で呼ぶべきでしょうね。

☆ラムズウール・前開きベスト 24,840円(税込)

15fw_hw_m_waistcoat1

5つボタンのラムベスト。スコットランドらしい微妙に色を混ぜ込んだ落ち着きのある色合いです。
同じ色のボタンを用意するだけでも大変だろう、と思います。

15fw_hw_m_waistcoat2

Dove Grey(鳩のグレー)、Rhapsody(狂詩曲)、Landscape(草地の風景)、Driftwood(流木)、Ember(炭火の炎)。

またしても、クラシック音楽から謎の色名、ラプソディ。何故に青い色なのか。
ん、ラプソディ・イン・ブルー?ジョージ・ガージュインか。アメリカンだな。

☆ラムズウール・Vカーディガン(ポケット付き) 27,000円(税込)

15fw_hw_m_vcardigan1_2

これも色欠けがあり、3色のみ。

15fw_hw_m_vcardigan2
Rhapsody、Magma(マグマの赤)、Ember。
火山噴火の炎の色と炭火の炎の色は違うんだね。
そもそも英国には活火山はないはずなんだけど。

☆ラムズウール・ワッフル編み・丸首プルオーバー 25,920円(税込)

15fw_hw_m_wafflepo1 15fw_hw_m_wafflepo2

二つの色をワッフル状に編み上げています。
レガッタブルー(紺)のベースとパールグレーのベース。

細かいところですが、見てほしいのは袖の付け方。
身頃も袖も接続部分を90度に合わせるためにちゃんと編み地を
軌道修正してからくっ付けています。
これ、フルファッションド(FF)といわれる編み機ならではの真骨頂
FFニットのメッカ、ホーウィックの気概が感じ取れます。

続いて、レディス。
ですが、長くなったので、別項に改めます。


入荷速報。イングランドを代表するセーター、ジョン・スメドレー。細番手メリノウールの秀作。男女とも。

明日からラグビーW杯が開催されるイングランド。

英国ブランドのセーターは数々ありますが、
生産を英国外(イタリア、中国、マダガスカルなど)に移してしまったところも多く、
英国内の生産でもそのほとんどがスコットランドです。

そんな中で、イングランド製のセーターの代表選手と言えばジョン・スメドレーです。
春夏はカリブ海のシーアイランドコットン、秋冬はニュージーランドのメリノウール、で、
快適な薄手のニットを提供しています。

残念なことに、ここも最近は価格の高騰が著しく、
当店でも以前のようにあれこれと買い付けられなくなりまして、
同じメリノウールを手掛けているスコットランドのホーウィックニットウェアと
互いに補完しあいながら、
スメドレーじゃなきゃ、といえるものだけに絞りに絞って発注しています。

まずメンズ。1モデルだけです。

※メンズ 24G タートルネックプルオーバー A3742  36,720円(税込)

15fw_js_m_rnpo12 15fw_js_m_rnpo11
やや肉厚の24ゲージでのタートルネックです。
変わらない定番の様に見えますが、そうではなくて、
実は細かいところをかなりいろいろ工夫しています。
首や裾のリブは従来より太幅にして存在感を出し、
袖付け方も減らし目を駆使して丁寧に付けています。

着丈短めのすっきりシルエットで、
ジャケットのインに着ることはもちろんですが、
単独で着てもペタンと纏わり着いたような感なく適度な空間的ゆとりが生まれます。

15fw_js_m_rnpo_21r←DeepClaret

15fw_js_m_rnpo22i←Indigo

15fw_js_m_rnpo25mn←Midnight

15fw_js_m_rnpo24c←Charcoal

15fw_js_m_rnpo23s←Silver

15fw_js_m_rnpo26g←RacingGreen

続いてレディス。すべて最も薄手の30ゲージモノです。
3モデルとも昨年と同じ継続品番ですが、色は新色です。

※レディス 30G 丸首カーディガン Pansy 36,720円(税込)

15fw_js_w_cardigan1
このタイプのカーディガンというのは不思議な力がありますね。
羽織るだけで「優しさ満点」になっちゃう魔力があります。
15fw_js_w_cardigan22←RoseQuartz

15fw_js_w_cardigan23←SandStone

15fw_js_w_cardigan21←Indigo

※レディス 30G Vネックプルオーバー Orchid 32,400円(税込)

15fw_js_w_vnpo1_2
やや深めのVで、Vネック周りは減らし目の処理が入ります。
今年は寒色系に集中したチョイスになりました。

15fw_js_w_vnpo23p←IolitePurple

15fw_js_w_vnpo22b←BlueJohn

15fw_js_w_vnpo21←Indigo

※レディス 30Gタートルネックプルオーバー Catkin 33,480円(税込)

15fw_js_w_rnpo1
女性らしいシルエットで、安心できるモデルです。

15fw_js_w_rnpo21←Chesnut

15fw_js_w_rnpo22←SandStone

15fw_js_w_rnpo24←IolitePurple

15fw_js_w_rnpo23←BlueJohn

ひところは、スメドレーというと、黒、紺、チャコール、を揃えておけば無敵、
という時代もありましたが、
今はそうはいきません。この3色はもう行き渡ったんでしょうか。
この頃は置いておいても最後まで残るようになってきました。
なので、レディスはこの3色を外して選択しました。

続きを読む →