残り10日間につき再掲。イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。5月8日(日)まで。GW時期の恒例企画。今年も新柄&新型あり。

残り10日間となりました。
ご案内記事を再掲します。

(以下再掲)—————————

今年はいつもより少し早めの開催です。
Nickdm2016
アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。
スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
おそらく日本で唯一の機会です。

期間は4/9(土)から5/8(日)までです。(納品は6月下旬の予定です。)

15ss_nick_sample

続きを読む →


入荷速報。テスト販売を継続します。リバティプリント(布帛)のワンピースやシャツ、追加しました。

リバティプリント、追加しました。

Img_6668Img_6669
半袖シャツ 17,064円(税込)。

Img_6670Img_6671Img_6672
半袖シャツ衿ワンピース。25,704円(税込)。

Img_6674Img_6675Img_6676
七分袖衿付きワンピース 32,184円(税込)

Img_6681Img_6682Img_6678Img_6684_2
七分袖丸首ワンピース 36,504円(税込)
白い衿(ラウンドカラー)が取付できます。
Img_6677Img_6685_2

—————————————————–

すべての製品は、(株)リバティジャパン提供による布帛の生地(70/1×100/1)を使用し、
兵庫県で縫製しています。


入荷速報。リネンのハンカチ、入りました。ハンカチはリネンに限る、が当店の主義です。

品切れしていたリネン(亜麻)のハンカチを揃え直しました。

☆白無地の3種。
Img_6686
左から、3000円、2000円、1500円。
写真だと何が違うか分かんないですが、もちろんすべてリネン100%。
価格の違いは、糸質(番手)、大きさ、仕上げ方、などの差によります。
さらにこの上のランクで、5000円、10000円、とありますが、
さすがになかなか動かないので常時揃えてはいません。
もちろんご要望があれば取り寄せいたします。

☆色無地シリーズ。今回から生地の風合いと色合いがリニュアルになりました。
つまり新製品です。
Img_6688
左から、ライトグレー、ブルー、ライトネイビー。2000円。リネン100%。
時々、色落ちしませんか、という声がありますが、
ハンカチが色落ちしたんじゃハンカチにならないでしょ、というのがハンカチ専門会社の矜持、
ですので、決して色落ちしません、大丈夫です。

☆ポケットチーフ専用。
Img_6690
普通のハンカチを畳んでもポケットにうまく納めるのが難しいので、
ポケットチーフ用に小さいサイズを用意しています。
スリーピークとTVフォルド、折り方を変えているだけで二つとも同じ商品です。
1500円。リネン100%。


今年も予約注文を受け付けます。岡山・石田製帽の絶品・麦わら帽子。メンズもレディスもあります。5/8(日)で締め切ります。

今年も予約注文を受け付けます。
ニッポンのイッピン、石田製帽のストローハット。

15ss_ishidahat1

5/8に締め切って6月中旬のお渡しを予定しています。

内容は昨年と同様ですので、以下は昨年の記事を転載します。

———2015.4.13.記事転載———————-
13ssishidastrowhat2メンズ30,240円(税込)

昨年7月にNHK-BSの「イッピン」でここ石田製帽さん、大特集されまして、
問い合わせも多く入っているらしいです。
番組中で紹介された12万円の逸品にも注文がついたそうで、
私たちとの取り組みももしこの放送の後だったら実現しなかったかもしれません。

さて、今年は新たにレディスが加わりました。
石田さんがコレクションしている既成のレディス品番ではなくて、
当店のやるメンズの中折れ帽をレディスっぽくアレンジしてもらいました。
15ss_ishidahatw1
レディスは21,600円(税込)です。
15ss_ishidahatw2

15ss_ishidahatw4 15ss_ishidahatw5
メンズ同様、脱いでも持て余さない、楽ちん軽量仕様です。

15ss_ishidahatw3
マニラ麻は4色、リボンは5色あります。
お好みで指定してください。

メンズについては、昨年の記事、一昨年の記事を以下に転載しますので、
ご参照ください。

以下は昨年記事の転載です。

続きを読む →


入荷速報。ハワイアン・トラディショナル・シャツ「レイン・スプーナー」のラハイナ・セーラー。まだちょっと早いんだけど、届いたので載せちゃいます。

今年もハワイから届きました、夏の定番、
レイン・スプーナーのラハイナ・セーラー(おなじみのバンダナ柄のこと)、
ハワイ縫製、綿ポリ半々の裏見せ使い、ボタンダウンのプルオーバー、
価格改訂で、19,224円(税込)です。

今年の在庫は3色です。
Img_6658

Img_6663
royal(ロイヤル・ブルー)、
柄がはっきりとわからない、というのが、いい意味で、特徴的な配色です。

Img_6664
natural(オフホワイト)、
他のカラーでは「抜き柄」であるのに対して、
これだけが柄の方が濃い色、ということになります。

Img_6662
army(アーミー・グリーン)
レインにしては意表を突いたカラーです。

————————————

ちょっと早いのですが、GW前に見せたかったので、並べました。


入荷速報。日本一の靴ひも「紗乃織靴紐(さのはたくつひも)」再入荷。新たに平紐も入れました。

日本の職人の手作業で作られる、
「紗乃織靴紐(さのはたくつひも)」。
組みひもにたっぷりと蜜蝋を染み込ませた靴ひもは、
多分、日本一、と言っていいでしょう。

ゆるまない、ほつれない、切れない、壊れない、
なにしろ丈夫で長持ち、
普及品の5-10倍もする価格ですが、
でも、1000円で買える日本一です。

ずっと続けている定番品なのですが、サイズ切れが目立ってきたので、揃え直して、
今日入荷しました。

☆組紐蝋丸(1,000円+税)
クロとチャ
Img_6654

☆組紐蝋平(1,200+税)
クロとチャ
今回から、平ヒモも仕入れました。
Img_6655
丸よりも大人っぽいイメージになります。
ロウ引きヒモの平タイプはあんまり見ないですよね。
平紐は、ヒモがねじれていると見栄えが悪くなるので、
ヒモを通す時にねじれないようにちょっと慎重に穴へ通してください。

Img_6657
アップで撮ってみました。
左が丸紐、右が平紐です。
先端は割れない金属チップで、
クロとチャでは色も変えています。

5倍高いだけじゃなくて、5倍長持ちしてしまうので、
手持ちの靴ヒモを全部「さのはた」に変えてしまう方もいます。

まずは一足分から、ぜひお試しください。


入荷速報。旧知の雑貨卸と20年ぶりに取引再開。ピンズやらベルトやらポケチやら、いろいろと並びました。

呉服町にあったジャックノザワヤ当時からの仕入れ先ですから、
恐らく40年前から取引口座のあった雑貨卸さんですが、
この20年はお付き合いがなかったのです。
「お互い生き残っててよかったね」と、久しぶりの取引再開となりました。

いろいろ入ったのでざあっと紹介します。(価格は税別)

Img_6635
ピンズ。
フェルトとリザード革のブートニエール、4,500円
リボンタイ風、3,900円、ローズバッド、4,500円。
Img_6634
ピンズ。プードル、テリア、ダックス。3,900円。
ラペルピン。帽子、クルマ、サクスフォン、七宝紋章(赤と青)、3,900円。

Img_6639
ジャーマンボックスカーフのベルト、茶と黒、16,000円。
(革はドイツ製の最高品質。私はコードバンよりボックスカーフの方が好きです)
Img_6638
ブライドルレザー、レッド、グリーン、ブラウン、ブラック。14,000円。
白く噴いているのはブルーム(天然の蜜蝋)、お好みで磨き上げてお渡しします。
Img_6641
メッシュベルト、ブラウン、ネイビー、ブラック、8,900円。
中央ラインにピン通しの穴を連続して開けて編み上げるという、
ちょっと変わった編み方です。
Img_6643
ダブルリングベルト。ブラウンとブラック。7,900円。
コードバンで名高いホーウィン社のオイルド牛革の一枚使い。
元祖無段階調整ベルトです。
Img_6644
コットン・レジメンタルストライプ・ダブルリングベルト。3,900円。
プレッピーですなぁ。
大学の時、このベルトで教科書巻いてた奴がいました。

Img_6645Img_6646
シルクのポケットチーフ。どちらも白もあります。2,500円。
Img_6648Img_6647
こちらは少し大判です。2,900円。

Img_6637
ブレイシス(サスペンダー)、10,000円。
どれも2way(ボタン式とクリップ式の両用)です。

これからも機会あるごとにいろいろ増やしていきます。


イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。4月9日(土)から5月8日(日)まで。10年以上続くGW時期の恒例企画。今年も新柄&新型あり。

今年はいつもより少し早めの開催です。
Nickdm2016
アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。
スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
おそらく日本で唯一の機会です。

期間は4/9(土)から5/8(日)までです。(納品は6月下旬の予定です。)

15ss_nick_sample

昨年デビューの新柄「ローン」、芝生、
紺、空、赤、緑、の4色、大変好評でした。
15ss_nick_lawn_set12
コレ、よーく見ていただくとお判りでしょうが、
小さな柄を重ねながら全面に100回以上も押しています。
そしてその上からもう一度違う色の柄を押して立体感を付けている、という、
とても根気のいる仕事をしているのです。
15ss_nick_lawn_lightblue102

Lawn_set

それに加えて、今年は、待望の白が追加になりました。
Lawn_white1

白という色を思った通りに正確に出すのは、他の色に比べると何倍も面倒なこと。
失敗作の連続だったとニックが振り返っていました。

そもそもなんでローン・シリーズを企画したのかというと、
ニックがあるお客様から「ここは柄物ばかりなのね。無地はないの?」と
聞かれたことがきっかけだったとか。
『ニコラス・モス』に無地なんかあり得ないだろ、と思うのが普通の人ですが、
ニックはここで一念発起、ニコラス・モスが提案する無地はこれだよ、
と、出来上がったのが、このローンだったのであります。
最高に贅沢な究極な無地、なんですね。

ローンシリーズばっかりだけで食卓を飾ることはあまり考えてなくて、
手持ちの従来の柄物と組み合わせて買い足して欲しい、というのがニックからの希望です。

このローン・シリーズは、従来柄よりも手間が掛かりますので、
すべてのシェイプ(カタチ)が作れるわけではなく、できるシェイプは限られます。
また価格も別体系となりますので、ご留意ください。

————————————————–
また、今年は動物柄のシリーズが復活しました。これ、うれしいですね。
Small_mug_landscape1

なお、チューリップ柄が休止となりました。

—————————————————

新シェイプ(カタチ)を紹介します。

☆エブリディプレート
Everydayplate3
☆トールマグ
Tallmug1

Everydayplate1
エブリディプレート、文字通り、毎日どのようにも使ってもらいたい、という
万能を考慮したプレートで、
同サイズの従来品と比べて、買いやすい価格設定になっています。

トールマグは、ビアマグのようですが、
アシスタントのスージーは「私、ホットチョコレートを飲むわ」と笑ってました。

☆カフェテリア・コーヒーポット
Cafatierecoffeepot2
ニコラス・モスのファクトリーは、かつて水車を利用したので、
川の河川敷のほとりに建っています。
昨年暮れは洪水で浸かってしまい、大変だったのですが、
景色のいいところなので、併設されたカフェは人気でいつも人が絶えません。
もちろんカフェではニックの食器が使われるのですが、
そこに新たなアイテムが加わりました。コーヒーポットです。
金属のストレーナーと窯からの焼き上がりの内径をピッタリと合わせないといけないので、
正確な寸法出しに大変苦労したようです。

————————————–

最後に、コレ。
Mtfujiorange_smbowl
2007年に静岡モチーフ(富士山、ミカン、茶葉、駿河湾)を入れ込んで、
限定発売したスモールボウル、
その後、2013年の富士山世界遺産登録を記念して、
富士山ボウルとして再販売したものです。

昨年末のファクトリーの洪水時に倉庫整理をしていたら、
何と20数個のデッドストックが発見されました。
当時の柄付け担当者が作る数を勘違いして多く作ってしまったようです。

なので、3年ぶりに復活販売します。
3年前は消費税5%の時代に、富士山だから標高プライス3,776円(税込)、で販売しました。
今は8%ですが、やっぱり変えることはできないでしょ、
ということで、これだけは価格を変えず、やはり3,776円(税込)で販売します。

—————————————

期間中は、1月にアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた
最新サンプルをはじめ、多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。
15ss_nick_cupbord1

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文が届いたらすぐに生産に掛かることができ、
6月下旬の到着を予定しています。

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

2016_nickjack2

—————————————–
最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。


入荷速報。今年も入ってきました、ドイツ製の秀逸ニットタイ。締めるとキュキュと音がします、鳴き砂のようなウグイス張りのような…、ホントです。

もう何年目かもわからなくなりましたが、
そのくらい毎年続けているのが、このニットタイ。

ドイツのアスコットというところのものなのですが、
こんなにしっかりしたニットタイは他にはなかなか見当たりません。

Img_6628
ブラウン、ピンク、レッド、若草色、フォレストグリーン、
Img_6630
サックス、スカイ、マリン、ネイビー、グレー、ブラック。

結び目を締めるときにはホントに、キュッと音がします。
ウグイス張り、というか、鳴き砂、というか、そんな音です。
(口の悪い人なら、ピヨピヨサンダル、というかもしれません)

Img_6631
Img_6632
レッド、グリーン、パープル、マリン、ネイビー、ブラック。
角度によって微妙に色合いが変化します。

クールビズという管制下の中にあって、
ニットタイは夏に向けて最適なタイとしてのポジションを得たようです。
なので今年はちょっと早めからの仕入れとなりました。

Img_6633
すべてベースはネイビーで、
ラインが、ピンク、ホワイト、若草色。

価格は昨年と据え置きの11,880円(税込)です。
一本ずつの仕入れなので、色切れの際はご容赦下さい。


スーツ生地、掘り出し物が出ました。英ハダースフィールドの雄、テイラー&ロッヂの9ozミッドナイトブラック、シャドーマイクロストライプ柄、5着分確保しました。

輸入生地卸の営業Yクンから電話が入りまして、
「野沢さん、倉庫の整理をしていたら、すごい生地が出てきました。
春物のテイラー&ロッヂなんですが、
どっかの大手が生地押さえをしたままでそのままずっと眠っていたものみたいなんです。
デッドストックですので、処分の値段でお分けできますよ」

ティラー&ロッヂと言えば、英国ハダースフィールドの名門ミル(機織り工場)。
私も9年前に工場見学に訪れたことがあり、
英国生地のスピリットにいたく感動したところです。
(詳しくは、【倶樂部余話】 No.217 伊愛英、出張報告です (2007.2.7)をご覧下さい)

Taylorlodge
ミルはないのに名前だけ残っている生地ブランドが多い中で、
ティラー&ロッヂは、ハダースフィールドの街なか、川沿いの古いミルがそのまま未だに稼働していて、一貫生産を残している貴重なミル・ブランド。
他の英国生地ブランドとはその重みが違います。

生地のブランドだけで判断するのは軽率と言われるかもしれませんが、
でも、ティラー&ロッヂ、であれば話は別、早速一着分、自分用に取り寄せました。

こりゃいいわ…

Img_6627

分類としては春物に属するのでしょうが、
9オンス(270g)梳毛ウール100%ですので、
真冬以外はほとんどの季節でいけます。

色なんですが、見れば見るほど、黒か紺かが判断が難しい。
かなり青味のある黒なので、いわばミッドナイトブラック、とでも言いましょうか。

パターンは、無地ではなくて、細かいストライプの織り柄です。

つまり、紺無地でもなく、黒の略礼服でもなく、
しかも長いシーズンに使える、という、
多くの人のタンス在庫にはない、イケる生地ではないかと思い、
5着分程度の生地を早速押さえました。

Img_6625

さて、価格です。

シングルスーツ上下の場合の価格で、
バジェットラインの仕立てで、65,000円~、
クオリティラインで、79,000円~、です。(ともに税別)。

おとなしい色柄ですので、
ダブルブレストやスリーピース、スペアパンツ付き、も、おススメです。
(私もどう作ろうか思案中です)

おいしい話です、是非。