イベント。「シャツを作ろう!~オプションフェア」。5/3(水)~28(日)。有料オプションが3つまで無料になります。男女とも。

オーダーシャツのイベント、今度はオプションフェアです。
シャツオプションフェア2

「シャツを作ろう!~オプションフェア」5/3(水)–5/28(日)。
有料オプションを3つまで無料で選べます。
今回は生地の制約はありません。どの生地を選んでもいいので、
11000円~13,000円の一つ星定番や
リンクルフリー(ノーアイロン)もチョイスできます。
レディスも対象となります。

どんなオプションがあるのか、
過去にオプションフェアを利用して作った私のシャツを元にご案内しましょう。
(カッコ内は本来の有料の金額です)
IMG_7657
衿と袖にハンドステッチ(2,500円)、衿と袖の裏に別布使い(1,000円)、黒蝶貝釦(500円)、釦付糸色指定(500円)、スプリットヨーク(500円)、共布の脇ピース(1000円)。(金額の高いオプション3つ、4,500円分が無料になります)

IMG_7654
クレリック(1,000円)、白蝶貝(1,000円)、釦付糸色指定(500円)、釦穴かがり糸色指定(500円)、胸にネーム刺繍(500円)、スプリットヨーク(500円)、共布の脇ピース(1000円)。

IMG_7651
エポレット(肩章)(1,000円)、左右両方にフラップ付きプリーツポケット(2,000円)、マーブル釦(500円)、ダブルステッチ(1,000円)、背中のボックスプリーツ位置にハンガーループ有(500円)。

IMG_7653
下前立てと胸ポケットにストライプテープ使い(1,000円)。

IMG_7652
衿裏・台衿裏とカフス裏に別布使い(1,000円)、釦付糸にレインボーカラー指定(500円)、左袖口にシルバーのトカゲを刺繍(1,000円)。

IMG_7656
衿とカフスはギンガムチェック(1,000円)、共布のポケットチーフ製作(1,000円)、共布のカフリンクス製作(1,200円)。

IMG_7655
台衿釦の付け糸と穴、袖釦付糸と穴、だけレインボーカラー使用(1,000円)、袖釦と剣ボロ釦だけグレー釦指定(500円)、コバステッチをラベンダー色指定(500円)、左胸下に数字の刺繍(500円)、右肩に帆船の刺繍(1,000円)。

いろいろ作ったもんです。オプションフェアだからこの際サンプルの意味合いも含めて、と、無理やりいろいろ詰め込んだきらいもありますが…。

オーダー表を見ると有料オプションは30個以上あります。
あ、大事なこと、首46㎝、裄(腕)90cm、着丈86cm、のどれかを超えると、
サイズ割増2,000円が掛かるのですが、これも無料です。
ですから、体の大きい人、腕のとても長い人、は、ぜひこのフェアをご利用下さい。

工夫次第でいろいろ遊べるのがオプションフェアです。お待ちしてます。


入荷速報。今年も到着、ドイツ製の秀逸ニットタイ。締めるとキュキュと音がします、鳴き砂のようなウグイス張りのような…、ホントです。

もう説明不要かな、とも思うのですが、
この時期になると「指名買い」が入るニットタイ。
一度これを締めるともう他のニットタイができなくなる、と言ってくれる方も多く、
縮小するネクタイのマーケットにあって、ありがたい存在の、
ドイツ・アスコット社のニットタイ、シルク100%、11,000円です。

IMG_7642IMG_7644
ブラック、ネイビー、ブルー、ブルーグレー、サックス。


IMG_7646
IMG_7647
ライトグレー、ブラウン、レッド、フォレストグリーン、キウイグリーン。

IMG_7648IMG_7649
新色。メランジネイビー、メランジブルー、メランジサックス、メランジサンド。

IMG_7650
ポーターストライプも入荷しました。


入荷速報。カノコのポロシャツ。はっきり分かる他社との違いがありました。ノーマルとボタンダウンの2モデルあり。ファクトリエから。

この業界に入って30数年、カノコのポロシャツ、一体何社何ブランドの何十種を売ってきたんだろう。
その都度その都度、前言を忘れたふりして、このポロシャツが一番です、と言ってきたのだから、ある意味、私はホント大ウソつきですよね。
もちろんウソをつくつもりは全くなかったのですけれど…

ポロシャツ (2)

で、今度はファクトリエのカノコポロであります。
製造は、ニッポンのカットソーを代表する産地、東京都墨田区で、
長い歴史を持つ精巧(株)(現在の工場は千葉の九十九里にあります)。
数々の著名ブランドのポロシャツを手掛けてきた豊富な経験から、
綿(わた)、糸、編み生地、デザイン、縫製、とすべてにベストなポロシャツを作りました。
ポロシャツ (3)
二つだけ例を挙げます。と、ポロシャツを裏返しにしまして、
まず各パーツを剥ぎあわせるロックミシンですが、よく見ると3種類の異なるロックミシンを使っていることが分かります。
胴の脇は動きやすいように浅目に、
袖の付けには、強度を重視して深いかがりを入れ、
裾にはダブルステッチ付きを、と
使い分けています。
ポロシャツ2
それと肩線を見ますと、ここにはグログランの綿テープを施して補強しています。
カノコBD (2)
自宅の洋服棚にはそれこそ10何枚のカノコポロがありまして、
ラコステ、ラルフローレン、アイゾッド、ユニクロ、無印、ブルックスB、フレッドペリー、………、
今朝、全部のポロシャツを改めて時間をかけてひっくり返してみてみました。
で、その調査結果ですが、
3種のロックミシンと肩線のグログラン綿テープの補強、この二つを両方ともやっているブランドは一つもなかったのです。

カノコBD (3)
それだけでもこのポロシャツが他社のものとはちょっと違うぞ、って感じていただけるのではないかと思います。
ポロシャツ
リブ衿&ちょうちん袖のノーマルタイプ(8,500円)と、
クールビズにも使いやすい、ボタンダウン衿&切り袖(9,000円)の2タイプ。
白、黒、紺、サックスブルー、の4色。
カノコBD

 


入荷速報。無地のTシャツ、ファクトリエから。能書きは後回しにしても、ともかく一番のTシャツでしょう。

プリントのない無地のTシャツっていうのは、
こういう時の解説が最も難しいアイテムの一つです。
ホントは「ともかく最高のTシャツですから着てみて下さい」の一言でいいのかもしれないのに、
素材は、デザインは、カタチは、などなど、くどくどと能書き垂れられると、
軽い気持ちで買おうと思ったのに、何だか頭でっかちな解説でかえって買う気が失せちゃうなぁ、となってしまう、
そういう意味で、説明の難しい商品なんですね。
Tシャツ
でも、店としてはそれを承知で、でも言っとかなきゃいけないことはあるわけでして、
なるべく短く書きますので、まあ、以下、軽ーく読み進めていただければ、と思います。
Tシャツ丸
※綿(わた)はオーガニックコットン。それも米ニューメキシコ州「アルバレス・ファーム」で、シーアイランドコットン(海島綿)に由来する種から栽培された超長綿。
Tシャツ丸ポケ付
※その綿(わた)を大正紡績(オーガニックコットンの世界的第一人者、近藤健一氏が所属)が国内で糸(二本撚糸)にします。
TシャツV
※その糸を、愛知県一宮市の今枝メリヤスが生地にします。
吊り編み機同様に自然な重力の力だけで編み下げられる小口径の編み機で
ゆっりゆっくりたっぷりの空気を含みながら編まれていきます。
Tシャツ裏
※首は伸びにくく、ボディもねじれにくく、そしてデザインはかっこよく、と配慮されて組み立てられます。
特にボディ脇の縫製はロックミシンではなく袋状に本縫いされていまして、こんな仕様はなかなかお目にかかりません。
ファクトリエからの供給です。

なるべく短く書いたつもりですが、それでもやっぱり頭でっかちに聞こえるでしょうね。
ま、ともかくいいTシャツであります。
半袖丸首(ポケットなし6,000円とポケット付6,300円があり)と
半袖Vネック(ポケットなし6,400円)。
長袖丸首7,200円もあります。
色は、白、黒、紺、グレー。

Tシャツ杢グレー丸
と、書いているところに、新品番ができたという連絡が入りました。
杢糸の感じをより強く横方向に出したプレミアム杢、で、
半袖丸首6,000円と半袖Vネック6,400円。
この脇縫製は袋縫いではなくフラットロックだということです。
Tシャツ杢グレーV

 


イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。4月14日(金)から5月14日(日)まで。10年以上続くGW時期の恒例企画。今年も新柄&新型あり。

今年も例年通りの開催です。
ニコラス・モス店頭看板用
アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。
スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
日本で唯一の機会です。

期間は4/14(金)から5/14(日)までです。(納品は6月中旬の予定です。)

IMG_7385IMG_7386

IMG_7377
2017年の新シェイプは、まずエブリディボウル。
昨年発表のエブリディプレートも好評でしたが、
このエブリディボウルはさらに便利な一枚で、
ほとんどの柄で対応できます。
IMG_7365
直径19㎝で深さが4㎝と浅めのボウル。
料理をどんと入れることもできるし、
一人ずつの取分け用にも、と、マルチな使い道の想像が膨らみます。
まさに待ってましたの一枚で、価格も6,804円(税込)~と、
従前の同等なサイズよりもかなり抑えています。

も一つのおニューは小さな角皿(17x12cm)と大きな角皿(31x17cm)。
IMG_7363
中サイズ(24x14cm)は前からあったので、
これで3サイズが揃いまして、
IMG_7364
こうなります。小さい角皿は4,644円(税込)~です。使えます。

新パターンの紹介。
まずチェス・チェック。これは昨年発売のローン(芝)柄をツートンで格子状に押したもので、よーく見るとものすごい手間がかかっているのが分かります。
IMG_7357IMG_7359
IMG_7366IMG_7361
ご覧の4配色があります。
カタチは3種類だけ、エブリディボウル、エブリデイプレート、トールマグ。

そして、新シリーズは、woodland range。
IMG_7374 IMG_7373
ハリネズミ、ウサギ、キツネ、で、
エブリディボウル、エブリデイプレート、トールマグの3種のみ。

もちろん、新しいものばかりでなく、
以前からの継続品番もシッカリ健在ですのでご安心を。
お手持ちのニコラス・モスにいろいろと足していけるのが
このブランドの長寿の秘訣ですから。
IMG_7384

ニックは今年も元気です。恒例の私とのツーショット。
IMG_7382
あ、そうそう、40周年記念の楕円プラッター(長径32㎝)、
40th_Anniversary_platter
これも受け付けます。23,652円(税込)。
—————————————

期間中は、1月にアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた
最新サンプルをはじめ、多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。
IMG_7632

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文が届いたらすぐに生産に掛かることができ、
6月中旬の到着を予定しています。
IMG_7633

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

—————————————–
最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。


4/7(金)の営業について

先日店の前では道路を封鎖して大掛かりなリハーサルが行われました。
IMG_1501
既に報道されていますように、
4/7(金)に、天皇皇后両陛下がスペイン国王夫妻を伴って、
向かいの浮月楼で昼食を採られることになっています。

そのリハーサルの日に刑事さんがみえました。
(ホントにドラマみたいに手帳を見せるんだね)
そして以下のように要請されました。

・旗はしまって下さい。(日本とスペインの友好行事に英国旗はまずいですよね)
・看板もしまって下さい。(通行の邪魔です)
・警備時間中のお店の人の出入りはしないでください。
・上から見ないでください。
・路上でお迎えお見送りに並んでください。
と、こんなところですかね。

ということで、4/7(金)のお昼、わずかな時間帯ですが、営業に制約があります。
天気がいいといいんだけど。


期間折り返しにつき再掲。イベント。「シャツを作ろう!」3,000円OFF!! 4/17(月)まで。男も女も、オンビジネスもオフタイムも、コットンもリネンも。レディスではワンピースのオーダーも開始します。

期間折り返しの時期になりましたので、再掲します。
以下転載です。

春の恒例、シャツを作ろう! 3,000円off、の開催が迫りました。
今年は3月24日(金)から4月17日(月)までです。
DoVIPpop
レディスではワンピースのオーダーも対象になります。

オーダーシャツのイベントでは最も人気のある催事です。
ぜひこの機会にご注文をご検討下さい。

(期日前のご注文にもご応対いたしますが、生地の予約確保はできませんのでご了承ください。)


入荷速報。久々の入荷です。ネクタイのふくさ。

かつては別注までして強力展開した(詳しくはこちら)
ネクタイのふくさ、
IMG_7618
成功した商品でずっと続けて展開したいという思いはあったのですが、
このふくさという商品、致命的な特色がありまして、
それは、ひとりにひとつあれば事が済む、ということ。
つまりある程度行き渡ってしまうと、その先がなかなか売れない商品なんですね。
IMG_7619
で、しばらくお休みしていたのですが、
前回の仕入から3年以上経ったので、
もうそろそろいいでしょ、ということで、久々の展開となりました。
別注の時にいろいろ知り合いができまして、この商品、なかなかにいろいろ手のかかったものなのですよ。
IMG_7620
企画は、ここかしこ。仏具、神具や伝統行事を楽しく今らしく、企画する有井姉妹の企画会社。
ネクタイ生地は、ネカド。京都西陣の古い絹織物。
縫製製造は、清原。近江の着物帯の会社。
営業販売は、奈良の中川政七商店。
と、4つの会社が関わっています。

桐箱に印刷されているのは、祝儀と不祝儀で入れ方が逆になるというルールを簡単なイラストで示したもの。
これ大事ですね。9,500円。

 


入荷情報。春夏用のホーズ&ソックス、ハリソンから。

春夏品番が入荷。
IMG_7621
まずはド定番、ごろつきのないクラシックリンキングのリブ編みホーズ(長靴下)。
スーピマ・シルケット・コットン。
ブラウン、チャコール、ネイビー、ブラック。1,500円。

IMG_7622
そのソックス(短靴下)版。ホントはホーズの方がお勧めなんですけど、
春夏はどうしても長いのが苦手という方もいて、短いのも用意。
チャコール、ネイビー、ブラック。1,200円。

IMG_7623
これもロングセラーの人気者。
ミニヘリンボーンの平編みホーズ。
エジプト綿シルケット。
ブラウン、チャコール、ネイビー、ブラック。1,400円。

IMG_7624
通年展開のアーガイルソックス。
6ダイヤのインターシャ編み、スーピマ・シルケット・コットン。
ベージュ、ライトグレー、ネイビー。1,400円。

IMG_7625
トップリネンの素材でカノコリブ編みのツートンソックス。
ベージュ、サックス、チャコール、
グレー、インディゴ。
1,300円。