入荷速報。アラン・レジェンド、アイルランドから到着しました。ちょっと変わったベストもあります。

昨日の夕方いきなり届いた大きな荷物。アラン・レジェンドでした。

開けるとこれら。

アラン編みのハンドニット。襟付きカーデイガンと前開きベスト、
それぞれオートミールとネイビー。
欠品の補充です。
在庫一覧表をご覧ください。

で、手前にちょっと変わったベストが。

アラン編みなのに、フェアアイルみたいな多色モノ。

ベストなのにパーカーのようなフード付き。

色は2種類。ネイビーベースとオートミールベース。



サイズは38と40。私が着ているのが40。38は女性でも可。

価格。ハンドニットで、色もカタチも凝ったので、43,000円(税別)となりました。


入荷速報。スコットランドからセーター、ハーレィHarley of Scotlandが到着。お得意のVoeTrueShetland、薄手の1プライと厚手の4プライリブ。サイズも豊富にユニセックスで。

英ハーレィHarley of Scotlandから荷物が到着です。

すでにご存知の方も多いと思うので、
まず商品ラインナップから紹介します。

☆Voe True Shetland・ノーシーム丸首プルオーバー・1プライ・プレーン編み

左から、grey(といっても茶色です)、fawn(小鹿)、silver(オートミール)。
新価格16,800円(税別)。
5サイズ。36″(レディス)、38″(S),40″(M),42″(L),44″(XL)、です。

☆Voe True Shetland・ノーシーム丸首プルオーバー・4プライ・リブ(あぜ)編み

左がFAWN。右がSILVER。
新価格19,800円(税別)。
5サイズ。36″(レディス)、38″(S),40″(M),42″(L),44″(XL)、です。

昨年との変更点は以下のとおり。
*まず価格。値下げしました。
*リブものにSILVERを加えました。
*レディスからビッグマンまで、5サイズの展開。

以下は去年の記事のおさらいです。昨年の原稿をいじりながら進めます。

当店のハーレィと言えば、一番大切に売っているのが、
Voe True Shetland という特別なウールを、
縫い目のない一体型の編み方でふんわりと編んだ丸首セーター。
で、去年出た新色がSILVER。

silverと言う色名ですが、アランセーターでいうところのオートミールです。
従来のfawn(小鹿)がベージュとすると、silverはも少しグレーに寄っています。
展開の3色を並べるとこのようになります。

左から、grey(といっても茶色です)、fawn(小鹿)、silver(オートミール)。
もちろんすべて無染色の糸です。

そして昨年初登場のリブ編みです。

同じ糸を使っても全く雰囲気が変わります。
そして4プライのリブ編みですと当然ですが、肉感が出るので少し厚手になります。暖かさも増します。

首廻りの緩い感じはそのままです。
2年目なので、fawnに加えてsilverも展開です。

最後に、一昨年も書きました、Voe True Shetlandの詳しいお話、
大切なことは何度でも載せます。お急ぎでない方は、もちょっとお付き合いください。

以下一昨年記事からの転載です———————-
続きを読む →


入荷速報。英オックスフォード・ブルーOxford Blueのレディス・コート。定番展開のNewEnglandが今年も入荷しました。

オックスフォード・ブルーOxford Blueの「ニューイングランド」という名のコートです。
これも何年も続けている、レディスの定番アウターとなりました。

ポリエステル素材で、Aライン、バックの3重のボックスプリーツが特徴的です。
23,000円(税別)。
サイズ10のワンサイズ展開。
取外し可能なフードが付きます。
ただ私はフードがない方が美しいと思うので、フード無しで写真撮りしています。

4色あり。
ダークブラウン

ダークベージュ

ネイビー

フォレストグリーン

——————————————–
到着時には背のギャザーにバッチリと仕付け糸が入っているので、
それを外してプレスを掛けて自然なドレープが出るようにしています。が、

思わずアイロンをカーペットに落としてしまった……ドスン、ジュッ…、しまった!


入荷速報。英オックスフォード・ブルーOxford Blueから、タッタソールチェックのシャツ。洗いざらしでざっくりと。

英国バーミンガムにファクトリーを持つオックスフォード・ブルーOxford Blueから一年ぶりに荷物が届きました。

新作はタッタソールチェックのシャツ。
コットン100%のやや肉厚感のあるツイル素材。

襟裏、袖口、脇ピーズ、にシャンブレーのアクセントつき。


英国物なのでシルエットはややゆったり目ですが、
胴回りや腕周りは割とスッキリしています。
私がSサイズを着ました。

仕上げがやや硬いイメージだったので、日本到着後に一度水洗いをしています。
価格は7,400円(税別)と手頃です。
3種類です。4色使いなので何色と呼びにくいのですが、私の方で勝手に色名を付けました。
A.レッド系
B.グリーン系
C.ブルー系

サイズ構成は、S,M,L、の3サイズ。
Sが日本のMとLの中間、というところ。
以下同様に、MはLとLLの間、LはLLと3Lの中間、です。
先方からサイズスペックをもらっていますので簡単に表にしました。

cm ①首周り ②裄丈 ③着丈 ④肩幅 ⑤胸回り ⑥胴回り
41 86 75 44 110 105
43 88 76 45 114 109
45 90 77 46 118 113

各サイズ1-2枚ずつしか仕入れていないので、サイズ切れの際はご容赦ください。

 


新着情報。トラウザーズを頼もう!!今シーズン(18FW)のトピックス4題。

毎シーズン、つまり半年ごとに、トラウザーズを一本ずつ手持ち在庫に加えていく、というのを理想にしたい、というのが私からの提案です。

で、今シーズンのトピックを4題。

1. tex teqのトラウザーズを取り寄せる

今シーズンの生地リストが届きました。

左列はストレッチコーデュロイ。白、ダークグレー、黒、というちょっと変わった色揃えです。
ウールものは、イタリア、英国の生地がほとんどですが、
右下にメルわニットのバランサーキュラーがあるのが気になるところです。
それから、今シーズンから、ノータックの他に、
ワンタックとツータックのモデルが登場していること。
全モデル国内縫製で、価格は20,000円(税別)です。

2.エミネントで作るパターンオーダー

ボトムス専業の佐賀県のファクトリーで作るトラウザーズ。
こちらも新しい生地が加わっています。

左列。コーディロイは5色(28,000円)、ストレッチデニム(綿・レーヨン・ポリ)(26,000円)。
右列。厚手の綿パン。起毛ツイル(26,000円)など新素材、新色が加わりました。
裏地なし、水洗い可、というパンツがオーダーできるのが一番のメリット。
なんとか改善してほしいのが、4週間強という納期なんですが、現状致し方ないところです。

3.スーツの組下ラインを活用して3つのファクトリーで作るトラウザーズ

スーツを頼めるところには、当然ですが、単品のトラウザーズもオーダーできます。
今シーズン届いた新しい生地がこれ。

ハリソンズのグループ入りしている英国ブランド・ポーター&ハーディングから、
コーデュロイとモールスキンです。各12色。なかなかカラフルですよね。
トラウザーズのオーダーは、38,000円~。
ジャケット(59,000円~)、ウェストコート(ベスト)(27,000円~)、も、もちろんできます。

4. ファクトリエで頼む

ファクトリエにはエミネントで作ったかっこいいチノパンがありますので、
これを譲ってもらうことができます。
(今シーズンからシステムが変更になり、当店からお譲りする場合には、原則としてご来店の方に限ってのご案内となります)

厚手のストレッチチノで、
シルエットは以前よりも改良されてピタピタになりすぎないようになりました。
15,000円。

----------------------------------

と、選択肢はいろいろです。

価格、期間、わがまま度、など、優先順位で、どれが適しているのか、
一緒に考えましょう。


シャツを作ろう! 「いい生地だけを3,000円off」のあのイベント、 9月22日(土)から始まります(10/8(月)までの週末3回)。レディスも。

オーダーシャツのイベントでは一番好評の「いい生地だけ3,000円off!!」。

期間は、9月22日(土)から10月8日(月)までの2週間強(週末3回)です。

このイベントで一番注文が入るのが、国産生地の最高峰に属するカリビアンコットンの定番シリーズ

15,000円が12,000円になります、ので、かなり魅力的です。

トーマス・メイソンなどのインポート素材も3,000円offです。

更に、ファクトリーもこのイベントに合わせて、秋の新しい生地を追加してきました。
新着生地の一覧です。
タッタソールチェックやマルチストライプが増えました。

レディスも対象です。つまりワンピースも3,000円off、です。リバティプリントも対象となります。

混雑を避けるために事前の仮受付を承ります。
仮受付は9/15(土)より始めます。

いいシャツを作りたい、という方に向けたビジネス・クラスのイベントです。

 


ビンテージなアランセーター、売ります。

資料として非売品扱いとして保管していた
Galway Bay Products 「Aran Islands」の
1970年代に編まれたビンテージなアランセーター数枚を販売に供します。

こちらから、ご覧いただけます。

どうぞお確かめください。

合わせて、数枚の在庫があったカシミアで編んだアランセーターも出しています。

貴重で高価なものなので、価格付けはたいへん悩みましたが、
根拠のひとつは、気仙沼ニッティングさんのアラン柄ハンドニットカーデイガンが14万円を付けていること。
それに対してそれより高く評価できるか低く見るか、を基準として考えました。

当然ですが、すべて一点物ばかりです。

ご来店お待ちしてます。

 


予告。ビンテージなアランセーター販売します。webでの公開は9月8日(土)11時の予定。ショップでの現品販売は同日11時半。ご期待ください。

資料として非売品扱いとして保管していた
Galway Bay Products 「Aran Islands」の
1970年代に編まれたビンテージなアランセーター数枚を販売に供します。

合わせて、数枚の在庫があったカシミアで編んだアランセーターも出します。

現在寸法を測り直したり、写真を調整したり、準備中です。

発売開始は9月8日(土)。
webでの公開は11時。店での販売は開店時間の11時半です。(予定)

ご期待ください。


入荷速報。アイルランドから、ジョナサン・リチャードJonathan Richard。おなじみの一枚仕立てのシャツジャケットとおそろいのカーブドキャップ。今年も新色、少し軽めの生地のネイビーです。

このシャツジャケット、一体いつから何回続けて売り続けてるんだろう、と、このブログ内を検索してみたら、
2007年から今年まで12年の間に9回の仕入れをしていました。

形は同じ(マイナーチェンジはしています)で、生地もドネガルツイードというのも同じですが、
毎回色柄は変えていて、同じ色柄を選んだことは一度もありません。

で、9回目の今年、チョイスした生地は、従前よりも軽量な新しい織りです。
今まで見たことのない初めての生地で、黒に近い濃紺のベースにインディゴブルーのかけ合わせ。

無地に見えますが、よーく見るとヘリンベーン織りが施されています。
アイリッシュのドネガルツイードですが、ネップがないこと、やや軽量なこと、ややミルドしていて起毛感があること、などが従来にない特徴です。

形はもう言うまでもないほどおなじみの従来型です。胴回りから背中にかけて切り替えのない一枚の生地で作られているのが最大の売りです。

XS(=日本のMに相当)、S(=同L)、M(=同XL)、の3サイズ。
46,000円(税別)、と今年は税込み五万を切る価格に設定しました。

今回もお揃いの帽子を用意しました。これも数回やっている定評のモデルで、
curved country capと言います。

小さめのカーブ(湾曲)したツバが特徴で、後頭部も十分な深さを取っています。

上から見ると、先端が小さいので、三角おにぎりのように見えます。
M(=約59cm)とL(=約62cm)の2サイズ。11,500円(税別)。

私が着ているサイズは、ジャケットがXS、帽子がMです。

服がXSとかSなのに、帽子がMとかLとか、
オーダーするときにいつもジョナサン・リチャードのテリー女史は(ホントにそれでいいの?)と不思議な顔をするのですが、
はい、そうなんです、アジア人は欧州人と比べて、体は小さいのに頭は大きいんですよ。


入荷速報。ハリスツイードも準備ができました。なので、9月のジャケットキャンペーンの対象生地に追加します。

ジャケットを作ろう!!のキャンペーンを昨日からやっていますが、
例年好評のハリスツイードもいつもより早くセットできまして、
受注可能となりました。

毎年変わらない定番の品番に加えて、
今年も新しい柄が加わっています。

ハリスツイード自体のブランドとしてはやや食傷気味の感は否めませんが、
やっぱり安定した生地のバリエーションと価格は魅力です。
仕立て上がり参考価格、ジャケット62,000円~、ベスト26,000円~、と手頃なんですね。

ですので、ジャケットを作ろう!~帽子も一緒に3,500円で、
のキャンペーンの対象生地に加えます。