移動ショップ(And Woolへ)の日取りが決まりました。7/23(土)は金谷の茶畑の真ん中に集合してください。

恒例、島田市金谷湯日の「And Wool」への移動ショップ、
日程が決まりました。
7/23(土) 11:00~18:00,です。第6回目となります。

事前の案内によるとこんな内容で迎えくれるようです。

イベント内容としましては、
①ご縁があった福岡の毛糸屋さんの編み物キットや糸のフェア
②ワークショップ
③毎年行っている地域の方へ向けた活動報告会
④セーターのオーダー会
という感じです。
手芸好きな方からお店に普段来て下さる方に楽しんで頂けるようなフェア期間にしたいと準備を進めております。
新作でご案内出来るものとしては、1か月ほどで作製、お渡し可能な夏~秋に着られるコットン、リネン製品(ベストが4種類)、冬物はすこしローゲージのシンプルなセーター、ベスト、手編み製品も少し増えました。

とのこと。いつも以上に楽しませてくれるはずです。

そもそも、この移動ショップ、ってなんなの、ということです。
来ていただいたことのある方にはわかってもらえるのですが、
なかなか説明が難しい。
動機を言いますと、静岡県の店から近いところにとても魅力的な店があることを知り、
是非ここに当店の顧客をお連れしたかったわけです。
特に4年前に今の場所へ移って以来、レディスへの対応が弱くなってしまったので、
特に女性顧客の皆様に喜んでもらえる企画として思いつきました。
で、じゃあ当日は私を含めて店ごと客ごとAndWoolに移動しちゃおう、という感じで、
移動ショップ、と銘打った次第です。

じゃあ、AndWoolってどんな店なの、ということですが、これも実際来てみないとわかりにくい。
ということで、主宰の村松さんがわかり易い文章をブログに載せてくれていたので、
これをぜひお読みください。
【AND WOOL】で初めてお買い物していただく皆様へ
「私たちは、静岡県島田市の茶畑に囲まれた山間に、アトリエ兼ショップを構えている【AND WOOL:アンドウール】というニット専門ブランドです。私たちのブランドや製品についての「なぜ?」をご案内したいと思います。
・なぜファッションデザイナーがニットブランドを立ち上げたの?」という感じで続きます。読んで下さい。

ね、こんな店、ほかにないです。静岡県のこんな近くにこういう素晴らしい店があること、
これは嬉しいことです。

場所がちょっとわかりにくいので、よーく調べて来てください。地図とリンクしておきます。
AND WOOL
〒427-0113 静岡県島田市湯日1124-1
tel. 0547-54-4492fax. 0547-54-4493 営業時間:11:00 – 18:00 定休日: 日・月・火曜日

車がなくて行けないよ、という方には、金谷駅との間で私が送迎しますので、ご連絡ください。
09017434089

当日は静岡市では安倍川花火ですが、私も終日AndWoolに行きますので、当オフィスには不在です。

今回は、事前の来店アポは特に必要ありません。11:00~18:00の間でご自由にお越しください。
が、私、行くよ、っていう事前連絡は大歓迎です。嬉しいです。

私自身のオーダーしたセーター、2枚、紹介しておきます。どちらも愛用してます。

 


入荷速報。いよいよ発売開始です。NZ100+JN50=100周年を記念した別注生地が仕上がりました。本来はスーツ生地ですが、トラウザーズ単品やオーバーシャツ、レディスでもワンピースやドロップショルダーロングシャツに仕立てられます。

100周年事業の一つとして取り組んできたダブルクロスの別注生地が一宮の葛利毛織から届きました。

生地データ : 毛82%絹18% 376g/m 紺ストライプ織柄・ダブルクロス。愛知県一宮市葛利毛織ションヘル織機にて織布。

これについては、3月にその抑えきれない気持ちから倶樂部余話【401】で先行して触れましたが、
その原稿をベースにここでもう一度、記することにします。


3月、百年企業の先輩である葛利毛織に当社の百周年を記念する生地を織ってもらいたい、と、一宮まで相談に伺いました。

旧式のションヘル織機8台が稼働するノコギリ屋根のファクトリーで、かつて私は聞いたものでした。どうして最新の織機に買い換えないで、ションヘルを使い続けたんですか、と。社長は、設備投資するお金がなかったんだよ、と答えました。照れ隠しだったかもしれませんが、半分は本当だったと思います。
そして多分ある時期から、売上を大きく伸ばすということと違う道を選んだのでしょう。売上を伸ばさずに会社を成長させ存続させる、という決断は実はなかなかできないものです。葛谷社長に戦略家野心家という一面はひとかけらも感じません、人のいいおじいさんそのもの。しかし苦しい時期もあったはずですし悔しい思いもたくさんしてきたことでしょう。ションヘルは、新幹線の時代にSL走らせているようなものですから、手間暇はかかるし高コストにもなりますが、問屋を通さない直販体制を築いて、大量廉価販売から逃れてきました。

いつしか、たとえ同じ糸を使っても葛利でなけりゃできない生地の風合いがある、という評価を受けます。そして1912年(大正元年)の創業から110年、ションヘルが音を立てているノコギリ屋根の木造ファクトリーと母屋の敷地一帯は国の登録有形文化財の指定を受け(2020年)、同じ年に葛谷社長は旭日単光章の褒章を授かりました。もちろん更に進化することも忘れません。後継者の長男は、スーツ生地の多様性に着目し、ロリータファッションの製作者たちとコラボして、尾州ロリィタを展開、ちょっとした業界の話題になりました。

そんな百年の歴史を紐解きながら楽しく進んだ商談では、葛利毛織ならでは、の自慢の生地をたくさん見せてもらいました。葛利とは過去3回(フィナンシャルストライプ、棋士の背広、万能紺無地ジャケット)の別注実績がありますが、4度目の今回は選考基準が少し違います。葛利と野澤屋の百周年にふさわしい歴史を感じられるスーツ生地であり、なおかつ、それこそロリータじゃないけれど現代のファッションにもちゃんと通用する織布、そして葛利でなければ織れない生地でなければなりません。

 決定した生地は、通称ダブルクロス。これ、説明が難しいのですが、建物に例えて言うと、一見平屋建てのように見えるけど実は地下室もある、みたいな織物でして、昔からよく知られるダブルクロスは、ドスキンとか縞コール、つまりモーニングの生地ですね。明治から大正にかけてはモーニングの需要が多く、丈夫で長持ちでしかも着心地がいい、という英国式のダブルクロスが重宝され、葛利毛織も創業当時はダブルクロスばかり織っていたというのです。しかしダフルクロスは大変手間がかかる、6000本で済むはずの経糸(たていと)を地下室の分を加えて9000本、しかも6000本は上に3000本は下にして仕込まねばなりません。旧式のションヘルでなきゃできない生地としていつしか葛利の得意技になっていました。

ただ昨今流行りのイタリア物のようにふわふわトロトロした生地ではないため、自信はあるのにアピールしづらいという面を持っていました。
もうこれしかないでしょ、と3時間の熱い商談に結論が出ました。アーカイブの中からロリータに通用するぐらいの現代性をも兼ね備えた色柄とウェイトをチョイス、最低単位(一反弱)の発注をいたしました。

まず見本反を急いで織ってもらい、手始めに縫製テストを兼ねてレディスのビッグショルダーシャツを作りました。4月に仕上がったのでこのサンプルは見ていただいた方も多いことでしょう。

そして本注文のその生地が予定よりも早く今月仕上がり、いよいよ受注開始となった次第です。


各アイテムの価格(税込)をご案内します。

(クロージング。ML,NY,ALは各縫製ファクトリー)
メンズ・スーツ・シングル上下  ML94,600円~、NY105,600円~、AL121,000円~。
同スリーピース  ML114,400円~、NY135,300円~、AL152,900円~。
メンズ・Sジャケット ML67,100円~、NY71,500円~、AL82,500円~。
  上記ダブルブレストの場合 追加3,300円~7,700円。
トラウザーズ単品 ML41,800円~、NY46,200円~、AL48,400円~。
  レディスはALで対応し、追加 スーツ+11,000円、ジャケット+7,700円。トラウザーズ+4,400円。

(シャツファクトリー。Do-1 Sewing製)
メンズ・オーバーシャツ(シャツジャケットも)  46,200円~
レディス・ドロップショルダーシャツ 41,800円~
レディス・ワンピース 62,700円~。

色は紺の一色のみです。
写真によって色が違うように見えていますが、すべて同じ色の生地です。
紺は近寄ったり引いたりで、デジカメが勝手に明度調整をするので、リアルな色が出にくいのですが、
いわゆるよくある普通の紺色です。シルク入りなので少しだけ光沢感が出てます。
376gと数値だけ見ると重ためですが、実際には重たさは感じません。
むしろミルド(起毛)させていないことで、真冬っぽさが消えて、秋口から晩春まで幅広く着用が可能です。

現在の当社の体力から言って、こういうスーツ生地の別注ができるのもこれが最後になるかもしれないと覚悟してます。
野澤屋100周年の記念祝賀服地、どうかよろしくお願いいたします。



出来上がり紹介。続きます。

出来上がり紹介を続けます。
この紹介を参考にされている方が想定以上に多いようなので、
も少し緊張感を持ってお伝えしたほうがいいのかな、などと思うこともあります。


まずこれらはハリソンのソックスとホーズ(長靴下)。
ご注文いただいた分だけの入荷なので、まぁある意味出来上がり紹介ですよね。
上左にあるコットンの5ダイヤ・アーガイルのインターシャは全季節対応の濃いめの色柄。
右下のストライプものはリネン混の夏向き素材。
この2つは私もちゃっかり相乗りしました。


十数年ぶりにご来店のOさん。何年経っても、どんなに体型が変わっても、
やっぱりⅠ型(No.1モデル)が欲しい、ということで、フロントダーツなしのボックスシルエット。
激ヤセで着れなくなったブレザーのメタルボタンを外してこちらに付け直しました。
生地は合着のカルゼ。起毛のないテンマンス素材で、上下の同素材色違いです。


Mさんからはシャツや靴のオーダーはありましたが、スーツのオーダーは初めて。
パットの厚さやボタン位置の修正など、細かいご要望にも対応し、仕上げました。
フルステッチのオプションも久しぶりでした。
生地はバラケから選んでいただき、伊カノニコの杢なダークグレー。防シワ加工のハイテククールウールです。


Aさんからもスーツの初オーダー。これもバラケからカノニコの明るめネイビーのストライプ。
紺の色合いというのは、引いて撮るのと寄って撮るのとで、ずいぶん変わるのですが、
2つはおんなじスーツです。
少々難しいご体型なので、寸法入れに腐心しましたが、
最初のフィッティングで修正なしの一発OKをいただき、安心しました。


Sさんのジャケット。皺にならない麻、としておすすめしています、
英ハリソンズのSeaShellのオリーブグレーです。今日アルテックスから届きました。
生地入れが遅れて納期がかかってしまいました。ごめんなさい。


これは鎌倉シャツの綿パン。Fさんからの取り寄せ要望で、ようやく到着です。
普通の紺よりも明るめの色合いで、そして水洗い可、ということで、
これは持ってていいぞ、ということで、私も自分のサイズを取寄中ですが、いつになることやら。


最後は靴です。
Hさんは24cmの4Eという難しいサイズ。祝儀用に一足なにか欲しい、、ということで、
迷わず勧めたのが、当店20周年モデルとして宮城興業にも別注型として保存してもらっている
サイドゴアエラステックの短靴モデル。革底にせずタフスタッズの底をつけました。


こちらはKさんから。ブライドルレザーのダレスバッグを新調したらおそろいの靴が欲しくなった、
という、嬉しい動機で久々の再来店です。
バーガンディブラウンのキップレザー、竪琴状のアデレード型モデルをベースにウイングチップに変更して、
かっこいいフルブローグに仕上げました。

ご注文いただきました皆様、ご用命いただきありがとうございました。
どうぞ末永くご愛用ください。



出来上がり紹介。いろいろ仕上がってきました。まずはシャツから。

一ヶ月サボっていた、出来上がり紹介です。この辺でやっとかないとまた後回しになっちゃうので、
一気に進めます。

まずはシャツの仕上がりを原則到着順に。

リンクルフリー・フェアでAさんからリモートでのご注文。
ブルー無地のシャンブレーツイルは長袖でニューセミワイド。
半袖はネイビーのロンストでワイドカラー。従来からずっとある衿型ですが、近頃またご注文が増えてきた衿型です。
数日後にもう一枚半袖の追加注文があり、色違いでブルーのロンスト。この衿はニューセミワイドをボタンダウンにしたもの。となると当然バックはセンターボックスプリーツに変更しています。
どれもターンバック付きの小さめの胸ポケット、これAさん流儀でしょうか。


Oさんも、リンクルフリー・フェアの利用で白ツイルで同じもの3枚口。
従来からのやや大きめ衿のセミワイドです。
スプリットヨーク入れ+白蝶貝がOさんの流儀。


Jさんは女性ですが、いつもメンズ仕立でのご注文です。
高い台衿のスタンドカラーダブルボタン。おなじみハードマンのアイリッシュリネンの白で、同じもの2枚口。


Yさんの5枚。衿はすべてニューセミワイド。
左2枚は、オックスフォードのタッタソールチェック2色。定番のようですが毎年少しずつ色合いが違っていてこれも今年の新色です。この2枚は奥様からのサプライズブレゼントでした。
それを知らずに、しかもこれが仕上がる前にご本人がご来店したので、
慌ててこのチェック柄の生地見本を隠して、選んでもらったのが右側の3柄。
これは使えるはず、と私からのおすすめで、オックスフォード生地のベージュとオリーブ。珍しいでしょ。
右端もオックスフォードのギンガムでブルー。
タッタソールとかぶらず、しかも、無駄にならないように、と、この3枚に誘導したようなカタチになりました。


ここからはオプションフェア。いろんなシャツが一気に仕上がってきました。
左上、Mさんのネイビー無地は、高密度ピンオックスの生地。フィナモレ風ナポリカッタウェイ。黒蝶貝、スプリットヨーク、白い脇ピース、の3オプション入り。

上中はNさんから、近頃人気集中の伊トーマス・メイソン、ブロードの濃いブルー無地。いわゆるアリソデナサソです。衿型はクラシックなホリゾンタルワイドの衿先裏にスナップの隠しボタンを付けて、スナップダウンにしました。裄丈91cmと腕の長いNさんは、それだけでビッグサイズのオプションがかかるのですが、フェアでそれが無料、
ついでに白蝶貝と共布の脇ピースも無料オプションのおまけ付き。

上の右はKさん。単身赴任ばかりで富山県から山口県にお引越し。藤枝の本宅に戻られた限られた時間に立ち寄ってくれて嬉しい限りです。白ベースに濃いブルーのストライプ、この衿は、従来からあるワイド衿をボタンダウンにしたもの。
ボタン付け糸、白蝶貝、スプリットヨーク、が無料のオプションです。

下段はレディス。左2つはOさん。意外にもハードマンのアイリッシュリネンにこの普通のブルーは今までなかったんです。是非ゲットしといて、ということで強力にプッシュしました。もう一枚はシアサッカーなのですが、グレーにまえますけれど、実はオリーブグリーンです。
右のパープルカリビアンコットンはCさんのリペアで、クレリックに変身です。意外なことにレディスのリペア依頼これが初めてでした。
そのCさんからはこのご注文も。オックスフォードギンガムのネイビーです。


今日届いた2枚がこちら。

東京の下町で頑張っているGさんのお店に問い合わせがあり、
静岡なら野沢さん、ということでこちらにご来店頂いたのがSさん、
よくよくお話してみると、40年以上前の呉服町のジャックノザワヤ(現サンドラッグ)、をご愛顧いただいていた方でした。
クレリックでミラノカフス。左のボールドストライプはナポリカッタウェイ(フィナモレ風)、右のロンストはラージラウンドカッタウェイ。

以上、オーダーシャツの出来上がり紹介でした。




 

 


お待たせしました。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、いよいよ開催です。6月30日(木)締切です。20年続くの恒例企画。マグカップひとつからお気軽に。

現地でニックといろいろ話し合ってから、ということで、開催を遅らせていました。
その成果を反映し、いよいよの開催です。

日本の取引先は現在当社のみとなったそうです。細くとも長く続ける、ということに深い意義を感じます。

期間は6月いっぱいです。皆様の注文を取りまとめ、オーダーします。7月末までには到着できる見込みです。

新柄のBLUE BLOOMS,青いチューリップです。サンプルも持ち帰りました。



最大の懸案となりました、値上げについてです。値上げになる要因ごとに解説します。
1. 現地出荷価格の値上がり。アイルランドのインフレは続いていまして、物価自体が上昇しています。どのアイテムも全て少しずつ値上げしていますが、これはやむを得ないことなので、適用せざるをえません。
2. 円安ユーロ高。いわゆる為替レートの上昇。1ユーロが140円に届こうかという事態です。為替の上昇率をそのまま価格に反映させるととても現実的とは思えない価格になってしまいまして、それでは皆さん注文してくれなくなってしまうだろう、と心配になります。ですので、この為替の変化分は当社で負担することに決めました。利益を削ることになりますが、注文が激減してしまうと、その分さらに価格に占める運賃部分が大きくなり、悪循環となりますので、ここは「ウチが泣く」ということにしました。
3. 運賃のアップ。原油高などで国際貨物の運賃も上がっています。ここはニックに頑張ってもらい、運送会社との交渉を約束してくれました。もし交渉がうまくいかなくても、その分は「ニックが泣く」という合意です。
ということで、1.要因の値上げだけはやむをえませんが、2.と3.については据え置きまたはそれ以下、ということで合意しました。今回の出張の大きな成果です。

年に一度の機会です。よそでは買えません。
現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

商品のほとんどの画像は、ニコラス・モスの本国サイトでご覧いただけます。
https://nicholasmosse.com/
から、Potteryから行くと、shape別に作れるpatternが一覧で、
また、Patternsから行くと、pattern別に作れるshapeを一覧で、
というようにソートされますので、大変わかりやすいです。

ご注意。日本円での表示も可能ですが、この価格はアイルランド国内の販売価格を単純に円換算したものですので、無視してください。また、サイトに掲載の商品の中には当社で扱わない商品も含まれています。すべてが注文可能なものではありません。
また、現在もこのサイトでは日本からの注文は受け付けておりませんので、日本から直接のお申し込みはできません。あくまでも商品を確認するツールとしてご利用ください。

また、価格表とカタチ&色柄の対応一覧表は、いつものように用意しています。
メール添付で頒布できます。(ExcelまたはPDFで)
事前に予習したい方や遠方の方は、お申し出ください。
価格一覧表だけはダウンロードできるようにしておきます。
2022 Price List JPY



夏の2ヶ月だけ一般公開されるニコラス・モスのプライベートガーデンKILFANE Garedenです。
20年ぶりに案内してもらいました。20年で苔むして、まさにモス・ガーデンです。
二人とも息が切れてます。
—————————————
最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。

特に今回、東京での「ケルト市」に出店しなかったので、
今までに「ケルト市」の場でご注文いただいていましたお客様には、ご不便をおかけすることになります。
極力便宜を図るようにいたしますので、どうかご連絡ください。