入荷速報。ガンジーセーター今年も到着しました。3年目も新色新柄あり。英チャネル・ジャンパーChannel Jumperより。

ガンジーセーターとアルダニーセーター、今年も届きました。

ブランドの紹介やここに至るまでの私との経緯なんかは
初年度に別項チャネル・ジャンパーChannel Jumperに書きましたので、
そちらを読んでいただくとして、商品紹介から入りましょう。
提げタグには諸島の紹介、セーターの歴史などが述べられています。

☆ガンジーセーターGuernsey jumper  22,000円(税込)。
展開サイズは、36″(=日本のSに相当)、38″(=同M)、40″(=同L)、42″(=同LL)の4つ。

伝統的なガンジーセーターをことさら現代風にアレンジすることなく、
なるべく忠実に再現しています。
ですから、前身頃と後身頃は同じで、暗がりでも船の上でもすぐ着られるのです。
古くは当然手編みでしたが、今はドイツ製のニッティングマシンを使用、
ついこないだ(2019年)最新のマシンを導入したばかりです。
クラシックなのはシルエットやデイテールはもちろんですが、
特筆すべきは、ピュアなブリティシュウールを100%使用していること。
なので、見た目よりもずっしりとして、天然のクズ糸もしっかりと含まれていて、
クラシックなセーターの雰囲気が大変良く現れています。

無地は昨年同様に3色。



ネイビー(編み柄がわかるように現物よりも少し明るく加工しています)


デニム




オートミール(ベージュグレィ)

前後ろが同じなので、不思議な着心地で肩線が経験のない位置に来ています
私が着ているのはすべて38″です。

マイクロストライプ・グレー。

マイクロストライプ・グレー。
スモークグレーのベースに細かいストライプとしてデニムカラーを編み込んでます。
なので肩線がグレー無地のアクセントとして現れます。



 

 

 

新柄はツートンです。青い森の色にハーベストという小麦の色を上半分だけに入れ込んでます。

マリンボーターは今年は3色展開。


一昨年からのネイビーベース、



昨年からのキナリベースに続いて、

 

 

 

 

みずみずしいブルーにスモークグレーのストライプが新登場です。

8柄で4サイズ、かなり複雑になるので、在庫の一覧表を作りました。
売れるたびに売り消して最新在庫に更新しますので、下の表をよく見ていてください。

  36″=S 38″-M 40″=L 42″=LL
無地ネイビー  
無地デニム      
無地オートミール    
極細縞グレー      
極細縞ツートンブルー    
マリン縞ネイビー    
マリン縞キナリ    
マリン縞ブルー      

☆アルダニーセーター Alderney Jumper 22,000円(税込)。
この工房がチャネル諸島のなかでもガンジー島やジャージー島でなく
アルダニー島にあるからこそ生まれたセーターがこれです。


バーガンディレッド

アルダニー島の資料室に残っていた古いセーターを再現したもので、
フロントに編み込まれた横向きのライオンは英王室の象徴です。

左側を向いて手を挙げている獅子、右に上がっているのがしっぽです。
わかりにくいのですが、絵で描くとこう、ラベルの真ん中の絵がそれです。

ここチャネル諸島が地理的には圧倒的にフランス本土に近いのに、
英国領、しかも英国王室直轄所有の天領であることの矜持、女王陛下への忠誠が編み込まれています。
後ろの柄はこう(現物の色よりも明るくしています)

余談ですが、WWⅡ当時フランスを押さえたナチスは沖合のチャネル諸島まで侵攻していて、
チャネル諸島は英国で唯一ナチスに占領された経験を持ちます。
2019年公開された映画『ガーンジー島の読書会の秘密The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Societyはその当時の様子が描かれていて、なかなか面白い映画でした。

とここまでは誰でも書ける話。(でもないか…)
私がこのアルダニーセーターを見て、すぐに思い出したのが、このセーターです。

お腹に穴の空いた古いセーター。アラン諸島イニシマン島の資料館に保存してあるもので1918年に編まれたものと言われています。

詳しいことは私の書いた本にあるのですが、
紺色のシンプルなガンジーセーターが白い豪華な編み柄のアランセーターに昇華していく歴史の過渡期に、
このように上半分にだけ編み柄の入ったセーターが存在したのです。

今でもアラン諸島のイニシマンやイニシイアへ行くとこういうセーターを擦り切れるほどに着ているお年寄りをたまに見かけることができます。
「これこそが(産業化する以前の)島に伝わる真のアランセーターなんだよ」とイニシイアのパブであった小学校教師の一言が思い出されます。

これと同じようなセーターがアルダニー島にも存在していた、ということは大発見でした。
機械編みだとは言え、このアルダニーセーターの復刻版は、歴史的にも意味のあるセーターだと私は言いたいです。


       40″(=M)を着ています

色はバーガンディレッドだけに絞りました。
ライオン柄は前見頃だけに入っています。
ガンジーセーターと違って、前身頃と後身頃がちゃんと違っていまので、普通のセーターと同じ着心地です。
サイズ。ガンジーよりもシルエットに丸みがありますので、
40″表示でMサイズ相当、42″でLサイズ、という設定にします。

色とサイズの現在の在庫やお買い求めは、当店のwebshopでもご確認できます。

 


出来上がり紹介。シャツを作ろう!エコノミーサービスの仕上がり品、前半の分が到着しました。

エコノミーは納期が鈍行なので、8月初旬に受けたオーダーがようやくの到着です。
本日到着は全部で36枚、とても多いので、解説はやや大まかになります。すいません。
紹介はご注文順です。

Mさんの6枚口。白は同じもの2枚づつです。
ブルーの柄物はホリゾンタルカッタウェイ。
左下はドレスBD、右下のダブルカフスはNewセミワイドです。


上段。Kさん、2枚とも白のドビーストライプでNewセミワイドで。
下段はFさん。白もブルーもバスケット織りでNewセミワイドですが剣先を丸めたラウンドチップです。


会社のご同僚ふたり組。
上段、Aさん。左がタイスペースの空いたトラBD、右がタイスペース・ゼロのドレスBD,違いがわかりますか。
下段はMさん、しっかりした体格なので、大きめ衿の従来型セミワイドで白とブルー。


上段。Iさん、釦を変えたりカフの幅を変えたり着丈も変えたり、と全く趣の違う2枚ですが、実は衿型は同じNewセミワイドで、右のモノトーンストライプの方はそれをBDにしています。
下段はKさん。白の細かいヘリンボーンと白バスケット織り。どっちがどっちかわかるようにでしょうか、ポケットの有無が違います。


上司と部下の関係のお二人。
上段、部下のTさんは、シャンブレーの光沢あるブルー無地と白いカモフラージュ柄のドビージャカード。衿はホリゾンタルワイド。
下段は上司の方。白は細かいドビー織りの刷毛目のようなストライプ。ブルーはヘリンボーン織でシャンブレー効果もある素材でクレリックに。こちらも衿型はホリゾンワイドです。


Iさん4枚口。白系の3枚はホリゾンワイドのお仕事用、
OXのオレンジ・キャンディストライプはホリゾンカッタウェイで着丈も短く、の休日モードです。


Hさんの4枚。上段は白ベースに細かいブルーのマイクロギンガム、従来型のセミワイドで。
下段はお休みモードで、小さめ衿のニューセミワイドで着丈も短く。


別のIさんから4枚。上の白は半袖でノーマルなBD。
下のブルー長袖は、左がニューセミワイドBD、右はそれの剣先丸くしたニューセミラウンドBDです。


私、野沢のです。グリーン系2枚ですが、私の場合は好みというよりもサンプルとして使えるように、という観点で作ります。
左は通称フィナモレ型のナポリカッタウェイ。首の長い私にはどう映えるのかちょっと心配。
右はホリゾンワイドをBDにして、しかもプルオーバーにしました。体が固いのでプルオーバーの開口を大きくし、ボディもややゆったりにしました。

——————–

オーダー商品の場合、いかにその人その人の事情や個性や好みや体型を配慮してアドバイスをするか、
が私の腕の見せ所でして、それぞれ皆さんに喜んでもらえるとありがたいです。

後半の分は10/1に到着予定です。

 


入荷速報。オーダーシャツの生地、秋冬モノの追加です。カジュアル系のものやダークなドレス生地など、なかなか興味深いです。イベントにギリギリ間に合いました。

新たに配信になった生地です。

まずカジュアル系から。


左上。オーガニックコットンを使った無地の起毛ビエラ。ビエラについては前回配信生地の記事をご参照ください。
左下。チェック柄が6つ。ネルシャツほど分厚くはないのですが、表面を引っかいて起毛させているのでウォーム感が出ています。
中の上。インディゴデニム系の4色。バイオブリーチとかバイオウォッシュとか、日本の生地お得意の加工処理が施されています。
中の中。伊アルビニ、リネン97%ポリウレタン3%と聞くと夏素材のようですが、これが欧州のウインターリネン、というやつ。チェックに入っている差し色が蛍光色っぽくてちょっと色気があります。
中の下。伊カンクリーニ。リサイクルコットンのレジメン的ストライプ。
右。リバティプリントの追加。ウイリアム・モリスのいちご泥棒などトラディショナルな柄が中心です。4柄目の動物園みたいなのが個人的には好きです。

次、ドレス系です。

左上。カリビアンコットン・シルバーラインにダークカラーの追加です。
綾織ツイル(上3つ)もオックスフォード(下3つ)も大変良く売れている売れ筋ラインですが、ここにブラック、ネイビー、ブラウンの濃色が登場です。
在宅のリモートワークが増えて来た影響でしょうか、ノータイで着る濃い色のドレスシャツの要望が増えていることに対応したものです。これ、新しい傾向として注目していきたいです。
左下。葉っぱ柄のドビージャカード。花の模様が入っていない分だけ男性にも着やすい柄ですね。ここでもダークカラーに注目です。
右上。新登場のアメリカン・シーアイランドコットンを使ったシリーズ。海島綿でもなくカリビアンコットンでもないアメリカンシーアイランドコットン、これは半端に説明すると誤解を招きそうなんで、いずれちゃんと解説しますが、ともかく、荒っぽく言うと、カリブ海由来の超高級綿の種を元に米国で栽培した超長綿糸です。
左側はその糸を使ったオックスフォード素材。右側はニット素材です。
右中。カリビアンコットンのプレミアムライン。国産生地最高峰の160番手双糸(160/2)ファプリック。
右下。リンクルフリーに高級バージョン登場。近頃細番手生地によく見かけるmade in Turkey,トルコの生地です。

———
どの生地も、オーバーシャツにも、レディスにも対応します。

昨日からスタートの「シャツを作ろう!」選べる特典(~10/10)に照準を合わせた配信です。
よその店は生地見本が届いたらファイルにまとめるだけですぐに公開できるのでしょうが、
うちの店だけは、独自の台紙に貼り付けるので、まず台紙の方を品切れ生地を取り除いて隙間を詰めて、そこに新しい生地を二つ折りにして両面テープで付ける、という作業が必要でして、
フェア前日に送りつけられても準備が大変なわけです。
間に合ってよかった。

 

 


出来上がり紹介。そろそろ秋を視野に入れた品々が仕上がってきました。

秋冬物の入荷が続々と予定されているので、その前に出来上がり紹介をしておきますね。

靴を作ろう!のキャンペーン終了間際に駆け込みで入ったご注文から。
まずKさんのサドルシューズ。

黒同士、スムースとスコッチの革違いでコンビにしました。
ウェルトはストームやスリットにはしないでおとなしめに、
リブはかかとへのダブル巻きで、少しだけずっしり感を出しました。
スコッチの型押しでベルトもお揃いで作りました。


Sさんは宮城デンのVチップ、前回と同じモデルで、色違いでバーガンディ(赤茶)のご注文です。
前回同様に、スリットウェルトのダブル巻き、ソールはタフソール、です。


キャンペーンの最終日7/31にHさんから入ったオーダー、
外羽根のホールピーススタイル、革は英国製のスウェード(スーパーバック)に、
キャップトゥだけエナメル、というコンビ仕様です。

Dウィズで甲も薄いので、甲ベロ(タン)にスポンジを入れ、
ヒールも5mmアップ、さらにピッチドヒールで、シュッとさせてます。

9/2に届いたのがこれ。

わかんないですよね。ジョン・スメドレーです。
すべて秋冬モノのメリノウール、メンズとレディスも入ってます。
4月に顧客に呼びかけて、集めた注文の分だけの入荷です。
一般販売は予定がありませんが、品番によっては取り寄せも可能ですので、
ご希望の方はお問い合わせください。
これらの入荷分は本日見えたY子さんですべて引き渡しが完了しました。


この帽子は、ご主人のジャケット生地の余りで、奥様がご注文の中折れハット。
生地はスコットランド・ロバットミルによるポーター&ハーディングのハーツイストです。




 

秋に長く着られる素材で、ブルーのジャケットを、というご要望はMさん。
オススメした素材は、英W.Billのフェニックスです。
秋冬のジャケット生地ですが、生地の厚さがスーツと同程度なので、かなり早い時期から着られること、
そして、W.Billはスーツ生地よりもジャケット生地のほうが得意で、他社にはないいい色柄があること、
なんかがおすすめした理由ですかね。
この色も寒色のブルーですが、杢調で彩度をかなり下げているので夏っぽさを打ち消しています。


チャコールグレーのスーツ。Fさんから。
葛利毛織のロングセラー、super140’sフランネル、です。
フランネルなのに軽量で動きやすく、ツヤ感もある、という、
過去十数年にわたり、多くの方にお勧めしてきました。
冬よ来い、早く来い。

今回はここまで。えっ、シャツはないのか、って、
はい、エコノミーサービスの前半の分がまもなく届きますよ。

 

 


イベントは明日から。シャツを作ろう!~選べる特典、3000円off または 3つのオプション無料。9/18(土)~10/10(日)。レディスも同様。



明日から始まります。ですのでリマインド。

内容としては、春と同じです。
いい生地(概ね14,000円以上)に限っては3,000円のoff,または、
すべての生地を対象に有料オプションを3つ無料に、
このどちらかを選べます。もうよくお分かりですよね。

注意いただきたいのは期間です。春に比べて開催期間がとっても短くなっています。
涼しくなってきてその気になったらもう終わってた、なんてことにならないように、
3週間後の10/10が締め切りですので、ご注意ください。

8月のエコノミー・サービスが終わったばかりで、その仕上がり日(9/23と10/1)が期間中に重なります。
今度はエコノミーとは正反対に、いい生地の贅沢なシャツを一枚だけ作る、という発想がいいかもしれません。
あるいは、オフシーンのシャツを主眼に考えてもいいでしょう。
一番のおすすめは、秋冬にも着られるオーバーシャツ。これも3,000円offですから、コスパ高し、です。




(改訂)入荷速報。新登場、あのロンドン「コーディングスCORDINGS」のモールスキンのトラウザーズです。チノも有。すべてワンウォッシュしました。

コーディングスCORDINGSは、1839年創業で180余年の歴史を誇る、
ロンドン・ピカデリーにあるブリティッシュ・カントリーウェアの専門店。
私も何度も行って、いつも冷やかしばかりでしたが、憧れの店であります。

最近ではエリック・クラプトン氏が筆頭の大株主として経営を支援していることでも知られています。
まさか、あのコーディングスの商品を自分で売れることになるなんて、思ってもみませんでした。

2021FW、初年度のスタートはコットンのトラウザーズです。
発注した素材はモールスキン(3色)とチノクロス(1色)。

生地は当然というか必ずというか、英国ブリスベン・モスBRISBANE MOSS、からの素材です。
英国でモールスキン(モグラ肌、の意)といえば、ブリスベン・モス、このヘビーな素材以外にありえません。


モールスキンは3色、オリーブ、ネイビー、キャメル。27,500円。32″~38″。

オリーブは一番モールスキンらしい色と言えるでしょうか。
ロバットツイード(LOVAT tweed.Hartwistも)のジャケットと合わせたいですね。


ボタンフロント、ベルトレス、ブレィシス(サスペンダー)釦付、は、
ジッパー発明の前から続いてるんだぞ、のコーディングスの矜持みたいなもんでしょうか。

ネイビーは一番汎用性の高い色です。下半身のカラーリングを控えめにしたい人のための名脇役となります。

シルエットもクラシックで、股上深めでそれほどに細身ではありません。
でも裾幅20cmですから裾周りはスッキリ、です。
ウェスト仕上がりもサイズ表記と比べるとやや大きめです。

キャメル。赤みのあるらくだ色です。これはぜひセーターと合わせたいです。モグラ感が一番わかる色です。
チノだと寒そうだし、コーデュロイでは野暮ったいし、というときにこのキャメルは最適です。



ベルトレスですが左右にゴム入り(背中部分にあり表からは見えません)のアジャスターがあり、
6cmの調整が効きます。

さてここからが改訂版、記事の追加です。
洗濯表記がドライクリーニングのみになってるけど、これは洗いたいですよね。
でも縮みそうだよなぁ、ということが心配になりまして、
日本で一番コーディングスに詳しい富山の久保さんに電話をかけて相談しました。
彼はロンドンのコーディングスに勤務していた経験があり、帰国後も、長年に渡りブリスベン・モスのモールスキンの取り扱いを続けているので、彼の意見をぜひ聞いてみたかったのです。
で、相談の結果の私の結論です。全部一度洗ってから販売する、ということにしました。
これ以外の方法は考えられませんでした。
で、2日間かけてコインランドリーですべての商品を洗いまして、縮ませました。
当然風合いも変わりました。あたりが出ていい感じに古ぼけました。
タイトルの総合写真もワンウォッシュ後のものに入れ替えました。
サイズも測り直して、以下のサイズ表はワンウォッシュ後の実寸です。

サイズ表です。実際に私がメジャーを当てた実測値です。手書きですいません。
たとえば普通は32インチだと81cmが通例ですから
こいつがやや大きめの仕上がりだとお分かりいただけるでしょう。


続いてチノです。これもブリスベン・モスの素材です。24,200円。30″~36″。

チノはそれほど分厚くないので、オールシーズン対応、という前提です。
色は、カーキの1色です。
カーキ、と言ってもそれほどグリーンっぽくない、いわゆるチノパンによくある濃いめの色です。

上の1色がチノのカーキです。比較の意味でモールスキンの3色を下に敷きました。
特にモールスキンのキャメルと色の対比を見てください。

チノはベルトループ付きです。ボタンフロント、ブレイシス釦付はモールスキンと同じです。

—————————

サイズ切れが起きやすい商品なので、色、サイズ、別の詳細な在庫は
webShopに反映させます。
モールスキンチノに分けていますので、ご確認ください。

————————–

※通販時の裾上げについて。股下寸法をご指示いただけましたら加算なしで裾上げ(3つ巻ミシン縫い3cm幅)いたします。ただし裾上げ加工後の返品や交換には応じられませんのでご了承ください。
裾上げの目安です。参考までに。

まだもう少し縮むかも、ということで、ややクッションする程度に長めにピンを打ちました。