イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。4月12日(木)から5月14日(月)まで。10年以上続く4-5月の恒例企画。今年も新柄&新型あり。

今年も例年通りの開催です。

期間は、4月12日(木)から5月14日(月)の一ヶ月間です。

アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。
スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
日本で唯一の機会です。

ニックは今年も元気です。恒例の私とのツーショット。

—————————————

期間中は、1月にアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた
最新サンプルをはじめ、多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文が届いたらすぐに生産に掛かることができ、
6月中旬の到着を予定しています。

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

—————————————


最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。


入荷速報。ふぞろいのドーメルたち。一年落ちで評価替えにバラけた春夏物のスーツ生地、カードサンプルが届きました

古い付き合いの舶来服地切り売り卸が、シーズンごとに送ってくれる生地見本のカードサンプル。今回も約60種の色柄が届きました。

英国やイタリアのスーツ&ジャケット生地で、一年二年落ちで色柄揃えが欠け大きく評価落ちした、お買得生地ばかりのスペシャルコレクションで、スーツで59,000円~、ジャケットで44,000円~、というプライスです。

ご記憶でしょうか、数年前に皆さんにご紹介して大好評だった英の名門・ティラー&ロッヂのデッドストック。あれはあの当時の当コレクションの中から私がいち早く発見してすぐにほぼ全量買い占めたものだったのです。


今回の目玉は、ドーメルの英国製生地、春夏モノの11柄。
トロピカル・アマデウス230gの無地調ピンヘッド、紺とチャコール、など、
こりゃいける、の生地ばかりで、これでスーツ71,000円(税別)~、というのは、
かなりのオススメであります。
題して「ふぞろいのドーメルたち」。

オーダースーツは納期が一ヶ月掛かるので、暖かくなるのを待っているとついタイミングを逃しがちになります。
ちょっと去年のことを思い出して、
「そろそろ春夏のスーツを一着足してもいい頃だよな」と、
思ったことのある方、
はい、そういう方、ご連絡やご来店をお待ちしてます。


入荷速報。トラウザーズの生地見本、テックス・テックから最新版(2018SS)届きました。ウール系とコットン&リネン系がいろいろ。シルエットもちょっと変更になりました。

 

鎌倉シャツのトラウザーズなどのブランド、テックス・テックから、
最新の生地見本が届きました。

左2列がウール系で20,000円(税別)、
右の1列がコットン&リネン系で15,000円、
生地はイタリア製で、縫製は日本。北陸の工場だと聞いています。

以前より種類は少なくなっていますが、その分とてもうまく絞り込まれていて、
どれも安心できる無地の生地です。

今回からシルエツトが少し変更になりました。以前から「ヒップと腿がちょっと細すぎる。そっちに合わせてサイズを選ぶとウェストが少し浮く」という意見がありましたので、いい改良です。
従来よりも、ウェストがやや細くなり、それでいてヒップと腿はちょっと大きくなる、という変更ですので、嬉しいニュースでしょう。

このブランドに関しては、店では製品での在庫は持ちませんので、
生地見本から選んでいただいて該当サイズを取り寄せる形をとっています。
今回はシルエット変更のため既存データの流用ができませんので、
製品が届いてから股下のピンを打ちます。つまり、ご注文から、再来店の上、加工となり、日数をちょっといただくことになりますのでご理解ください。

 

 


催事案内。シャツを作ろう! 「いい生地だけを3,000円off」のあのイベント、3月24日(土)から始まります(4/14(土)までの3週間)。レディスも。今週末から仮受付を始めます。

オーダーシャツのイベントでは一番好評の「いい生地だけ3,000円off!!」。

いよいよ来週末から開催します。

期間は3月24日(土)~4月14日(土)、の3週間です。
開催始めの週末はちょっと混みそうなので、明日(3/16(金))のセント・パトリック・ディイブから仮受付を開始します。(ただし3/18(日)は店休日ですのでご留意ください)

対象生地はいつも通り定評のカリビアンコットンを始めとして、

トーマス・メイソン、カンクリーニなどのインポート生地を含む14,000円以上のドレスシャツ生地です。

気にしていただきたいのは、これもいつものことですが、麻の生地やニット素材が対象になることです。

夏にはこのイベントがないので、リネンシャツを作りたい、という方は
この機会にぜひお考えください。

レディスも対象です。
つまりワンピースも、です。

お待ちしてます。

 

 


営業日、店休日、営業時間、について。試行錯誤の末にたどり着いた結論は「ほぼ元どおり」となりました。

二転三転してすいません。最終決定は、「ほぼ元どおり」です。

店休日は火曜&水曜、営業時間は11:30~19:00、と、もとどおりに戻します。
ただし、それに加えて、日曜日は、第一と第三は店休にします。

水曜日は店休日ですが原則的に勤務日として外回りや出張にあてますので、アポイントがあれば極力対応します。

日曜日について。第一と第三は休みますが、第二、第四、第五、は営業します。日曜のお昼は1Fのラウンジ(セールスサテライト)が貸し切りになっていることが多いので、1F貸し切りの時間帯は直接5Fオフィスまでお越し下さい。

営業体制については、HPの「ご来店に際して」にも詳しく載せましたので、こちらもご参照下さい。

いろいろ試行錯誤しましたが、当分はこれで決まりとします。

営業日でのご来店のアポイントは不要ですが、ご予定がわかれば事前に準備ができるのでお知らせいただけるとありがたいです。

改めて、よろしくお願いいたします。

 


入荷速報。丸和ニットの新作は、春夏秋OKのニット生地ジャケット&パンツ。お得意のバランサーキュラー機と縫い代なしの突き合わせ縫い。シルエットも想像以上によく出来てます。

今までも何度か紹介してきた、和歌山は丸和ニットのジャケットです。
(ブランド名は、ビブレイン。紹介記事はこちらで)

新作は春夏秋対応のセットアップです。


上も下もLサイズを着ています。私だいぶお腹が出てきましたね。ウェスト86cmぐらいかな。

ポリエステル61%、キュプラ(ベンベルグ)30%、ナイロン9%。ネット洗い可。
色はネイビーとグレーの2色。
ジャケット24,000円(税別)、パンツ16,000円(税別)。M, L,LLの3サイズ。

(わかりやすく赤い線で示しました。縫い代なしで縫合しています。コレが裏側ですよ。)

生地は日本で4台しかない大変複雑な機械「バランサーキュラー」で編み織り上げた、丸和ニットだけが作れる特殊生地。伸縮するのに伸びっぱなしにはならない、という奇跡のような素材です。
それを縫い代のない突き合わせ縫合という特殊ミシンで組み立てています。

このことはもう皆さんよくご存知ですよね。
今回の新作は、シワになりにくく、水洗いもできて、トラベルの携行にも便利、
という利便性を重視したため、
天然素材に固執することなく、また上着の作りも身返しも背裏地もなしの簡略仕立て、で仕上げています。

想像以上に出来が良いのが、ワンタック入りのパンツ。

尻も太腿もあり、お腹も出ていて、足も短い、と、コンプレックスだらけの私が履いても、ご覧のとおり、悪くないでしょ。(Lサイズを履いてます)

ね。さすがに縫い代なし突き合わせ縫合はパンツでは出来ませんが、
裏地を付けず丁寧に、しかも水洗い対応可能で、仕立ててます。

今日展示サンプルが届いたので急いで写真をとって自分の言葉で解説を書きました。
実は丸和ニットのサイトにも動画入りで詳しい商品説明がありますので、
こちらの方も是非参考にご覧下さい。こちらです。

(先方サイトにはレデイス版も一緒に紹介されています。試着サンプルを用意しているのはメンズだけですが、レディスも取り寄せができます)

上着はカーディガンのような、パンツはジャージのような、そんな楽チンな着心地ですが、
そこそこにはサマになるという、さすがのメイドインジャパンであります。


あした、3月4日(日)、やります。

営業カレンダーでは、お休みになっていますが、
アポが複数入ったので、終日営業することにします。

ただ、昼間は1Fのラウンジが貸し切りになっていますので、
1Fの受付で私を呼び出すか、または直接5Fのオフィスまでお越しください。

 


在庫再掲。オックスフォードブルーのワックスドコットンジャケットとナイロンキルティング。春先に着るのに最適なので再登場。

英国バーミンガムに自社工場を持つオックスフォード・ブルーOxford Blue、
通年の定番としている2 アイテム、春先に着るのにちょうどいいので、
再掲します。

☆Balmoral Wax Jacket 34,000円(税別)
w20_navy_grande
いい意味で、適当にちょうどいい、のがこれです。
裏地も一枚貼ってあるだけで中綿もないし、過度な装飾もありません。フードもなしです。
ワックスド6オンスという薄手のワックスドコットンで、べとつきも匂いもほとんど気にならない程度のワックス度合いです。
スーツ、ジャケットが隠れる着丈ですので、通勤着としても使えます。
balmoralnavy balmoralbrown
ネイビー、ブラウン、グリーン。
S(=日本のMに相当)、M(=同L)、L(=同LL)

☆Highgate Quilting Jacket 18,500円(税別)
w34_navy_grande
ポリエステル生地の中綿キルティングです。
直線的な野暮ったいシルエットではなく、しっかりウェストシェイプの効いたうまいシルエットで、これで2万円でお釣りがくる価格は魅力です。
ネイビー(M,L)。

 

在庫状況は、ウェブショップをご覧ください。


パンツのオーダー、始めます。製造はパンツ・スラックスの専業エミネント、洗いのチノパンもOK。慣らし運転のモニター募集します。

できそうでできなかったこと、これができるようになりました。
嬉しいです。
ボトムスの専業という日本でも珍しい会社エミネント、その長崎は松浦の工場で仕掛ける、パンツ、スラックス、トラウザーズのパターンオーダーが始まりました。

トラウザーズのオーダーは今までもできました。が、それはスーツのファクトリーの組下の製造ラインを利用するものでしたので、基本的にはドレストラウザーズで、ウール素材が中心でした。
膝の裏地を付けないで、また洗濯機での水洗いもできるというような、つまり市販の綿パンと同じようなコットンパンツをオーダーで、ということはそのやり方ではかなわなかったのでした。

オーダージーンズからの応用も考えられました。もちろんジーンズの工場でも綿パンは作れますが、しかし当然ながらジーンズのパターンを使うので、つまりそれは平面的な二次元の縫製になるわけで、エミネントが自慢しているようなお尻周りの微妙なクセ取り(クセ付け)による立体的な三次元の仕上がりは期待できなかったのです。

オーダーではなく既製品を一本ずつ取り寄せる、という体制を取っているテックステックスのボトムスはどうでしようか。ウールのトラウザーズは良かったのですが、コットン素材には難がありました。水洗いの表示に✕印があるのです。実際その表記を無視して水洗いをしたお客様から「すごく縮んだ」という苦情が相次ぎました。綿パンなのに水洗いのギャランティーができない、というのは大きなマイナス要素でした。

これらの不満要素をすべて解決してくれたのが、今回導入したエミネントのオーダーパンツなんです。
その生地のバリエーションには、ウールのトロピカルからコットンのピケ素材まで幅広いのですが、
例えば、ウールのドレストラウザーズは、もちろん膝裏付きで立体的なクセ付けをした美しいシルエットのトラウザーズを作り、
かたや、洗いの綿パンを頼めば、水洗いをしてややくたびれたイメージのリラックスをしたパンツを作る、
と、素材によって、仕上げの表情を変化させることを知り尽くしているというのがすごいのです。

価格帯は定番のストレッチのチノパンが24,000円から。納期は4~5週間と、ちょっと長めです。ウェストサイズは69cmから113cmまで(ただし104cm以上は別途オプション加算)。

そして、です。このシステム、始めたばかりでまだ不慣れですので、これも慣らし運転をしたいのです。先着10名の方、慣らし運転のモニターとして3,000円のリダクションをいたします。クリップボード(ブログ)を見た、と言って下さい。


ナス夢工房のオーダー、ジャケットに加え、スーツとトラウザーズも受注可能となりました。

昨秋冬の開店30周年記念のネイビー・ジャケットは、ご注文が40着を超える大ヒット商品となりました。(今でもご注文可能です)

このジャケットから扱いを開始した栃木県の「ナス夢工房」でしたが、
噂に違わぬ素晴らしい技術を持ったファクトリーで、
このジャケットを手に入れた40数人の方は、予想以上の満足を感じられたことでしょう。

いろんな事情から上着(=ジャケット)だけの取り扱いだったのですが、
この春から組下(=スーツ、トラウザーズ)のオーダーも可能になりました。

上着と同様、このファクトリーの高い技術を余すことなく表現できるようにと自らが開発したナス夢工房のオリジナルブランド「テーラーグリフ」のパターンを使用します。

英国と日本とイタリアを融合させたコンテンポラリーなスタイリングで、
上着も組下も細身のシルエットとなります。細身だけど動きやすい、というのは、ナス夢工房の技術が物を言うところです。

今日ようやくその試着サンプルとして5本のトラウザーズが届きました。
この5本は、それ自身ゲージサンプルとともに生地サンプルを兼ねていて、
サージの無地の5色、上から、ライトグレー、ダークグレー、チャコールグレー、ネイビー、ミッドナイトネイビー、
国産生地(尾州産)で、スーツ70,000円、ジャケット45,000円、トラウザーズ25,000円(いずれも税別)、という値頃価格で承れます。


タイミングよく、葛利毛織から、春夏モノの生地サンプルが届きました。
約100柄が一冊にまとまったバンチでしたが、
例によって、私が3つのパタパタシートに編集し直しました。
左、★(星ひとつ)の無地とチェック柄。中央、★(星ひとつ)のストライプ柄、
右、★★(星ふたつ)の生地。に分かれています。

この葛利の★生地を使って、ナス夢工房でオーダーすると、スーツ85,000円、ジャケット56,000円、トラウザーズ36,000円(いずれも税別)、です。

それでですね、今日からオーダー開始、となるのですが、
まだ不慣れなんで、慣らし運転をしたいのです。
この慣らし運転に付き合っていただけるモニターを10名募ります。先着順。
慣らし運転中は、スーツで10,000円、ジャケットで6,500円、トラウザーズだと3,500円、をリダクションいたします。

ぜひモニターにご協力下さい。