出来上がり紹介。スーツ、ジャケット、トラウザーズ、シャツ、ソックス、etc.。

前回から2ヶ月経ちましたので、このあたりで、出来上がり紹介、です。

スーツ、Iさんからのご注文です。

葛利の夏定番、ウール100%のトロピカルでチャコール無地。那須夢工房の制作です。
会社勤務を終えて、気分一新、新たなお仕事に就いた、Iさん。
会合の機会が増えるようで、新しいスーツが大活躍しそうですね。

Mさん、オールシーズン対応の葛利の紺無地。柔らかいイメージにしたいのでアウトポケットで対応しました。45度の綾織で、サージだとわかります。



ジャケット&トラウザーズ、Aさん。
ジャケットは、英ハリソンズ、春夏用ウール&リネンのIndigoという名の素材。
天然藍というわけではなくて、藍染っぽい色合いと素材感が特徴なのでこの名があるようです。
wool80%・linen20%のブレンドなので、麻っぽさはあまりなくてもちろんシワ感も少なく通気性もあり、使いやすい素材です。
トラウザーズは、今シーズンキャンペーンを張りました、英ハリソンズのSeaShell。例のシワにならない麻、のパンツです。一番濃い紺を選びました。
今回、青系の濃淡で上下を構成しました。小柄なAさんなので、コントラストを最小限に抑えるコーディネートは良いチョイスです。ちなみに、上はアルデックス、下は那須夢工房、と、上下で違うファクトリーを使いました。


もう一着、ジャケット&トラウザーズで、Yさん。
上は、伊カノニコのウール・メッシュ。当店でも20年近く扱い続けている「麻に見えるウール」素材で、このグレージュ(グレーがかったベージュ)は今年発売になったばかりの新色。スラントのチェンジポケットはYさんのシンボルディテール、貝釦も涼し気ですね。
下は、やはりキャンペーン素材の英ハリソンズのSeaShell、シワにならないリネンで、新色のメランジカラー、グリーンががった苔のような地衣類ライケンlichen、絶妙ないい色で、ジャケットには使いづらいですがトラウザーズなら使いやすい色としてお勧めしました。こちらは上下ともアルデックスで仕立てています。

ということで、キャンペーンを張りましたSeaShellの単品トラウザーズの仕上がりが続きます。

これ、私・野沢のです。ダークグレーのメランジ。グレーのトラウザーズは何本持っててもいいので、この色にしました。通気性を確保したいので、普段よりもやや太めに仕立てました。

これはIさんの明るめの紺色。ワンタック、という選択もいいですね。

Nさんはセピアグレー。深煎りのコーヒー豆、という感じの色合いです。

紺無地サージのジャケットを作ってくれたMさん、SeaShellの提案にも乗ってもらいました。
私のグレーよりもずっと明るいライトグレーです。少し青緑掛かってます。
下の紺無地は残布で作ったジャケットの組下です。


ということで、キャンペーンのSeaShellのトラウザーズが6本ありましたね。
バンチから色を抜いて重ねてみました。この6色です。

私もヘビーローテーションで使用中です。重たさがかえって生地のハリコシになってくれて、
とても涼しく快適に履いてます。もちろん、シワは全く付きません。驚きです。

シャツです。

いい生地だけ15%offのキャンペーン期間中のご注文。
左はレディスIさん、カリビアンコットンsilver100/2G、グリーンのギンガム。
スタンドカラーに星型のボタン。東京からのリモートオーダーです。
右の2枚は、Yご夫妻。ハードマンの南ア産アイリッシュリネンでピンクメランジ。
麻のピンクはこのくらい濃い色の方がいいですね。


Tさんも15%offキャンペーンで。2枚口はどちらもカリビアンコットンsilver100/2Gです。
左の濃紺ギンガムの方は休日用で、NewセミBDの衿、32&11mmの前立、短い着丈、チャコール色のボタン、と、遊びっ気たっぷりに。右の白ツイル無地はとってもオーソドックスに、白蝶貝がきれいですね。実は衿型はどちらも同じニューセミワイド。BDにするかしないか、でずいぶん見た目が変わります。ちなみに背中の仕様も、BDだとセンターboxプリーツに変更しています。

Mさんはカリビアンコットンgold120G/2にリネンを混ぜたハケ目ブルーの夏素材。ホリゾンタルワイド。いかり肩の補正入りです。


ここからはオプションフェア適用。レディス、Iさん。
生地は上のMさんと同じシリーズのカリビアンコットンgold120G/2に
リネンを混ぜた夏素材のブルーギンガム。
無料になった3つのオプションは、サイズ割増、別布クレリック、白蝶貝。


Iさんの2枚口。
左はタブカラー・ルーブ留。スナップボタン留も選べますが、よりクラシックなループタブを選びました。
右はピンホール。シルバーのピンは本来は有料ですが、オプションフェアで無料に。


レディスの2枚口。Yさんのリペアです、だから2枚ともクレリック。
リペアのときは希望の衿型を指示できます。
左はホリゾンタルワイド。右はセミワイドです。


シャツのイベントと併催してソックスのご注文も受けました。
ドレスの方は、定評の継続品番、クラシックリンキングのコットンリブホーズ、と、下は小さめサイズのご注文。これはなかなか売ってないので、こういう機会に押さえていただく、大正解です。
カジュアルは、アーガイルの新作と、リネンボーターの新品番。
アーガイルはとても気に入ったので、久しぶりに販売用として多めに仕入れました。別稿にて詳しく紹介しています。

ということで今日はこのあたりで。

ご用命いただき、誠にありがとうございました。
どうぞ末永くご愛用ください。



 

 


入荷速報。ハリソン自信の新作。6ダイヤのアーガイル。スーピマコットンのインターシャ、4色。少量販売します。

新作入荷しました。
あんまりいいので、販売用の在庫を少しだけ用意しました。

     FDベージュ      SDグリーン       VDブルー       XEチャコール

ハリソンからのメッセージをそのままコピペいたします。 

上質感溢れるスーピマメランジのアーガイルソックス

ハリソンの代名詞とも言えるアーガイルソックスの決定版。
足の甲まで続くこだわりの6ダイヤ柄。甲浅ローファーを履いた時のアクセントになります。
高級スーピマコットンのメランジカラーが上質感に溢れています。

イタリア・サンジャコモ社製の希少なインターシャ編機X-machineを駆使し、
時間をかけて丁寧に編み上げました。
この編機を使用することで、本格的なダイヤ柄や高品質な仕上がりを実現しています。

足元のオシャレに欠かせないハリソンのアーガイルソックス。
トラディショナルなデザインと上質な素材は、アイビーやトラッド好きの方にはうってつけです。

アーガイルソックスはハリソンの歴史を作ってきました。
ハリソンは1966年のブランド発売開始から現在に至るまで、毎年春夏と秋冬の年2回、
アーガイルソックスの新作を発売し続けています。
・1966年 ジャカード編みアーガイルソックスの発売開始
・1978年 インターシャ編みダイヤ柄ソックス(ステッチなし)の発売開始
・1984年 現行タイプのインターシャ編みアーガイルソックス(ステッチあり)の発売開始

※インターシャ編みとは、象眼細工のようなはめ込み模様を作る柄編みのことで、ニットの最高峰。
「寄せ木細工を施す」というイタリア語のインターシアーレ(intarsiare)に由来しています。
●価格 ¥1,870 (本体 ¥1,700)
●サイズ 25-27cm
●品質 コットン・ナイロン・ポリウレタン
●素材 スーピマメランジ
●編機 96本インターシャ
●重量 約65g
●厚み 厚手
●着圧 中(適度なフィット性)
●用途 カジュアル
●製造 日本製 (made in Japan)
●品番 No.624280

各色とも在庫はわずかです。
webShopでは販売しませんので、
ご希望の方はまずメールでお申し込みください。
info@savilerowclub.com

または、問い合わせフォームより

以下はコピペにご利用ください。
FDベージュ      SDグリーン       VDブルー       XEチャコール



 





月例エッセイ「倶樂部余話」を更新し、同時にメルマガを配信しました。

本日、月例エッセイ「倶樂部余話」を更新しました。第427話「セカンドライフ」。
こちらからお読みください。
https://www.savilerowclub.com/yowa/archives/1028

同時に、5月のメルマガを登録リストに従って配信いたしました。
今回も画像添付があり、届いていない方もいるのでは、と、心配です。
もし、いつも届くのに今日は来ないよ、という方がいらしたら、お手数ですが、当方までご連絡ください。

メルマガには、会員限定情報も含まれています。口外は謹んでください。
メルマガ配信希望の方は、こちらから、所定事項ご記載の上、お申し込みください。


靴を作ろう!!キャンペーンは残り一週間となりました。5月からは大幅値上げとなりますから、是非4月中に「駆け込んで」ください。

大事なことなので、リマインドです。

オットうっかりしてたぞ、と思った方、是非4月中にご注文を。
遠方の方で、メールでも頼めるぞ、との自信のある方に限り、メールでも受け付けます。

具体的なご案内はこちらでご確認ください。

値上げ前の緊急前倒し企画。靴を作ろう!!~開始20周年キャンペーン~398で作る特別な一ヶ月~30%OFF(改定価格比)。4/30(火)まで。



お待ちしてます。


シャツを作ろう!! 2024年Summerの新しい生地が届きました。

シャツを作ろう!! 2024年Summerの新しい生地が届きました。

☆左列上段…綿100%でとっても涼しいシャツ。ありそでないんです。カラミ織り、というスカスカだけどシャリッとしている生地。ただし透けますので要対策です。
☆左列2段目…オーガニックコットン使いの夏用ストライプ柄。
☆左列3段目…【ガスボイルパナマストレッチ】ストレッチ性と上品な地艶の特徴がある清涼素材(C62%P38%)、と資料にはあります。評価は未知数、どうでしょうね。
☆左列下…シアサッカーのチェック柄、しかもストレッチ。

☆中列上…夏向きにコットンリネンのインディゴ染めのダンガリー。無地とヘリンボーン、それぞれ、バイオブリーチとバイオウォッシュ。
☆中列中…コットン・レーヨンの⼤きな花柄。全体図はこうです。


☆中列下…トランプの4柄♡♤◇♧のジャカード織り。でも大統領にはなっちゃダメ。全体図あり。

☆右列上…伊Redaのスーツ生地を転用したサマーウールのシャツ。未体験ゾーンの快適さ、らしいです。
☆右列下…リバティプリント。今回、絵柄の解説がありますので、転記します。上から。
【FIONA DEVAUX】3つのブルージェムストーンが輝く宝⽯の花柄。ファベルジェのガーデン・コレクションを彷彿とさせます。
【PERIWINKLE】リバティのアーカイブからインスピレーション。モノクロの葉とストライプの花、デルフト陶器の⼿描きスタイルです。
【INDIGO MORRIS】モリスの名作「ハニーサックル」を基に複雑なボタニカル柄が蔓や花をモノクロームでよりドラマチックに昇華されています。
【FRUIT PUNCH】1964年のリバティのマートン⼯場で制作されたデザインは、夏のフルーツや植物をカラフルに描いたポップなプリントです。
全体図はこうです。


今シーズンのシャツ生地の提案はこれにて終了、みたいです。

あとはイベントですね。
5月にリンクルフリー・フェア (5/2-20)、
7月にエコノミーサービス (7/4-22)、
が予定されています。