入荷速報。スコットランドのハーレィHarley of Scotlandから今年もVoeTrueShetlandのセーターが到着。今年は4plyリブを3色展開で。

今シーズンの入荷のどんじりは、ハーレィHarley of Scotlandです。
当初から11月になるよ、と言われていたので、まぁ予定通りです。

今年は、おなじみVoe True Shetlandのシリーズから、
4plyリブ編みの丸首セーターをピックアップしました。
22,500円(税別)。36”(レディス)、38”(メンズS),40”(メンズM),42”(メンズL),44”(メンズXL)、の5サイズ。

過去記事を遡ってみたら、このVoe True Shetlandの糸は、
ハーレィから6年前から連続で展開、
その前にはエベレストで仕入れていた時代もありますから、
一体もう何年続けて売り続けているのか、
この糸への私の惚れ込み具合がわかっていただけることでしょう。
展開色は無染色の数色しかないし、カタチも丸首プルオーバー(シームレスニッティング)のひとつだけ、という制約の中で、
毎年どうやって発注しようか、とても悩むのですが、
その結果が2020年の4plyリブであります。
薄手の1plyプレーンが顧客にはほぼ行き渡り、
そのヒアリングから、次は少し厚手が欲しい、という声が多く、そこからの結論です。
4plyリブも3回目のリピートですので、もう語る必要もないのでしょうが、
そうも言ってられないので、1色ずつ解説です。

☆SILVER(オートミール)


(40”を着ています)
Voeの色展開では一番新しい色で、アランセーターのオートミールともよく似た色です。近年では一番人気のカラーです。

☆FAWN(小鹿)

(42″を着ています)

子鹿のバンビですからまぁベージュ系と言ったらいいでしょうか。
Voeの中では最も古くからある伝統的な色で、多分統計的には一番数が出ている色でしょう。やっぱりこの色は欠かせません。

☆MOORIT(ムーリット=赤味の中茶)

(44″を着ています)

昨年から仕入れ始めた色です。mooritは英語じゃなくて多分シェトランドの言葉でしょう、だからある意味この色こそ最もシェトランドらしい色とも言えます。
やや赤みがかった茶色で、よく観察すると数色が混ざって茶色を作り出している事がわかります。
プレーンな編み立てだとややベタな色合いになってしまうので、リブ編みにこそ適した色だと思います。

ひとつ触れておかないといけないのは、価格です。
現地での出し値が30%以上上がってしまいまして、
今回の入荷からやむなく価格改定となりました。
言い訳めいてますが、このクオリティで今までが安価すぎたきらいがあるので、ようやくVoeTrueも正当な価値を評価されてきた、ということでしょう。
皮肉な話ですが、私がずっとVoeTrueはいいよいいよ、と言い続けてきたので、
日本でも発注が増えたようで、それがHarleyを強気にさせたのかもしれませんね。

色によってサイズの有る無しがありますので、
色サイズの在庫状況はwebShopにてご確認ください。
そのままご購入へも進めますので是非。

あ、やむなくモデルになっている私の体型、書いておきます。
身長164cm体重73kg胸囲96cm胴囲(スラックスのサイズ)85cm,腕は短くてシャツの裄丈で78cmです。
なので最適サイズは40”、ちょっとゆったり目で42″です。

それと老婆心ながら。
今回リブ編みを取り上げていますが、リブ編みだからといって、体に密着させて伸ばして着るようなレディスセーターのような着方は想定していません。
リブ編みを採用したのは、1plyにない厚みが欲しかったからで、大きさや着方は1plyも4plyも同じです。

続きを読む →


入荷速報。アイルランドからアラン・レジェンドの衿付きカーディガン、到着。あんまり遅いんでヒヤヒヤしました。

アランのカーディガンの補充です。
欠けていた色サイズがこれで埋まりました。

入荷したのは、オートミール4枚、ブラック・シルバー5枚、ネイビー1枚、の計10枚。通し番号で言うと、No.973からNo.982です。
珍しく女性合わせが一枚紛れ込んでいました。
先程在庫表に載せました。御覧ください。

ふつうなら一週間から10日ほどで届く郵便貨物が今回は2週間ちょい掛かりまして、
どっか行っちゃったんじゃないか、と、ヒヤヒヤしました。


入荷速報。アイルランド・ゴルウェイのオモーリャからアランセーター13枚到着。思いがけず?の秀作揃いに驚いています。

オモーリャから13枚のアランセーターが届きました。

バイニン(キナリ)とオートミール(ライトグレー)が多いです。

これが、思いがけずの秀作揃いなんです。
すごい編み手が勢揃いしていまして、
13枚中9枚が、インディビジュアル、つまり、定型でない編み手独自のオリジナル柄、
袖付けも、定型のサドルショルダーはもちろん、セットインありラグランあり、と、バラエティに富んでます。

検品して計測して写真撮ってPCにかかりっきりで、先程ようやくweb上に在庫をアップしました。
こちらからどうぞご覧ください。

まだ発注量の全量ではないので、11月にはもう少し追加が入る予定です。
ただ、アイルランドは今日からまた6週間のロックダウンに入りますので、
その影響がどうなるか、ちょっと不安です。
アランレジェンドのカーディガンは、すでにアイルランドを出荷済みなので、
まもなく届くことでしょう。
ケルト市で受注したニコラス・モスは、今日ロックダウン前にギリギリセーフで出荷された模様。
あと心配なのはハーレィ。スコットランドもロックダウンみたいなんですよね。

 


入荷超速報。いろいろ届き過ぎて、とにかくご案内します。

今週になって、いきなりいろいろ届きまして、てんてんこ舞です。
詳細なご案内がいつになるのか見当がつかないので、
画像もなしでとにかく超速報です。

マッキントッシュ・レインウェア社(アイルランド)Mackintosh Rainwear Ireland…乗馬マックの色とサイズの追加です。

モーン・テキスタイル(北アイルランド)Mourne Textiles…手織りのマフラー(シルク・カシミア・ウール)、新柄新色多数。

ヨーツェン(フィンランド)Joutsen…ダウンウェア。男女とも新作。

チャネル・ジャンパー(英国チャネル諸島)Channel Jumper…ガンジーセーターの新色新柄と追加。

クッシェンデール(アイルランド)Cushendale Woollen mills…独自チェック柄のピクニック・ブランケット。アイリッシュウールを原毛から製品まで一箇所で完成。

これから追々紹介していきます。
店頭ではすでに販売開始していますので、待ちきれない方はご来店を。