出来上がり紹介。靴、シャツ、礼服、ジャケット、トラウザーズ。

この2週間に仕上がってきたものです。

フルブローグ(ウィングチップ)は茶系で作る方も多いのですが、
なぜか黒で作る方が続きました。
スーツよりもジャケットスタイルに合わせたい、とのお考えなのでしょう。
中の革の色は、ダークパープルをチョイス。やってみるとそれほど派手じゃないです。


普段はシンプルな黒のプレーントゥや一文字ばかりのSさんですが、
珍しく遊びのある靴のオーダーです。
竪琴のようなフロントデザイン(アデレード)のセミブローグ(ストレートチップ)を中茶のスウェードで作りました。
革底に半革のヒール、ネーム入りのインソール、は、彼の矜持でしょう。


オフタイムのチェックのシャツを3枚同時に頼まれました。
左、伊製の英国ブランド「トーマス・メーソン」からオックスフォード織の紺ギンガムです。意外なことにこの大きさのギンガムはよそにはなかなかないんですよ。
中、国産カリビアンコットン100/2Gの綾織で、タッタソールの格子。黒と茶の2色構成は男性的で引き締まります。
右、国産の三子糸(3ply)使いのオックスフォードで、タッタソールチェックの中では基本のキな、赤と紺の2色もの。3枚とも同じ衿型、ボタン位置で、全く同じように見えますが、一箇所だけ違うのに気が付きますか。はい、カフの幅です。他の2枚がノーマルな7cm幅なのに対して、これの赤紺タッタソールだけは6cm幅。
なぜか、と言うと、他の2枚はウールタイやニットタイなどでタイドアップのスタイリングもあり得るのに対して、これは洗いざらしのシワ感を残した、もちょっとくだけたスタイリングのほうが適していると考えたからです。これ、発注主からは言われてないけど私が勝手に内緒でアレンジしました。許して、Yさん。




Sさんからブラックの略礼服のご注文。胸や肩はしっかりあるのに首が細い、という体型故に既製の服が合いにくいのです。
私が一番オススメしているカシミア5%入りの葛利毛織の生地で作りました。
フォーマルはいじれるところが少ないのですが、ちょっとだけ工夫をいれました。
まず「拝みボタン」。こうしておくとディナースーツの代用になります(その時は脇ポケットのフラップはしまってしまいましょう)。それと写真では見えませんが、組下(トラウザーズ)の持ち出しをなくし、普段は付けるベルトのステイループも付けませんでした。こうすると、ベルトレスのようにも見せられるからです(その際は上着のボタンを必ず留めてベルトループが見えないようにしてください)。


今年から始めた英FOX のフランネルで、ジャケットのオーダーです。
フラノといえばフォックス、と言われるだけあって、よそにはない、ほんとに不思議な色合いです。

拡大ルーペで見るとグレーの色しかないのに、
生地全体で見るとなんともアース感のあるや若い色合いになるんです。
多分、メランジ(杢(もく))のブレンド具合が絶妙なんでしょうね。
このオーダー、やり方も初体験で、他県にお住まいのAさんとテレビ電話で接客いたしました。お互い粘り強くやりまして、なんとか完成にこぎつけました。

で、ですね、このフラノをAさんにお勧めしているうちに、
私もこの生地が欲しくなっちゃいまして、一緒にトラウザーズを作ってしまいました。
どうせ作るなら、と、アルデックスから提案のあった最新モデルのスリムな型紙でやってみました。どうですか、ウェスト88cmには見えない、すっきりデザインでしょ。これがなかなかの履き心地、お気に入りで今日も履いてます。





 

 

 


出来上がり紹介。スーツとトラウザーズ。

スーツが2着出来上がりました。
どちらも、9月に紹介しました、バラけ生地の中から選んだモノです。
(紹介記事はこちらです)

先に届いたのがSさんのスーツ。



伊ゼニアのミディアムプルーグレーのヘリンボーンストライプ。
グレー系と言えますが、かなり青みがかった色合いです。
Sさんは必ず本切羽のオプションを加えます。

数日遅れて届いたのが、Kさんののスーツ、こちらはスリーピースです。

伊ロロピアーナのダークグレーストライプ。
生地価格がかなり手頃なところに下がっていたので、
この機会にスリーピースを、というご希望でした。

そして、Aさんのトラウザーズ、2本。

こちらはオーダー品ではなくて、
鎌倉シャツのオリジナル「TexTeq」からの取り寄せです。
(商品紹介はこちらです)
伊カノニコの薄手なキャバリーツイル、色違い2色ともご購入です。
昨年もあった生地ですが、昨年はノータック、今年はワンタック、です。

——————
ご用命ありがとうございました。


入荷速報。遅くなりました、テックステックTexTeqのウールトラウザーズ、最新情報です。

ようやく生地の見本が届きました。

左、伊カノニコのライトフラノで杢の無地、3色(ダークグレー、チャコーヘルグレー、ブルー・グレー)。ノータックで。44~52.
右、同じく伊カノニコのライトウェイトのキャバリーツイル、2色(チャコールとネイビー)。去年と同じ生地ですが今年はワンタックで展開。44~52.

どちらも価格は昨年からの新価格で、13,800円(税別)とかなりお手頃に。
品番数を絞った代わりに絶対に品切れを起こさせません、とは鎌倉シャツの担当者の弁です。

取り寄せの商品となりますので、それなりの日数を見てご注文ください。


入荷速報。ハリスツイード(英スコットランド)、新しい生地見本が届きました。

もう多くを語ることもないでしょう。
ハリスツイード、今年の生地見本が到着です。


柄物と、



無地。

ジャケットで作るのが一般的ですが、
トラウザーズと合わせて上下で作ったり、
ベストも一緒に上中でオーダーしたり、
いろんな組み合わせで頼む方も多いです。

参考価格。ジャケットで66,000円より。


今週の出来上がり。夏らしいシャツ色々とトラウザーズ。

今週の出来上がり紹介です。


左は、レディス。伊モンティのリネンで、パステルグリーン。
ラウンド衿のクレリックです。クレリックの素材は、こちらで指定せずにファクトリーおまかせにしましたが、これが奏功しまして、
いい感じのリネン素材の白を付けてくれました。
Kさんの注文はレディスにもかかわらず、いつも胸ポケット付きですね。

右二枚はIさんからの注文ですが、二枚の趣きが全く違います。
白は、リンクルフリー(ノーアイロン)の無地で一番ポピュラーはNewセミワイドの衿。
ポケットの下に数字3つのネームがアイボリー糸で入っていますね。

黄色の方は、細かいギンガムチェックで、フィナモレ調のナポリカッタウェイの衿。数字のネームはポケット下に同色で、更にポケットには赤いバラの刺繍。カフスもミラノ調ダブルカフス。色付きのボタン、と、オプションフォアらしく遊びまくってます。


左2枚は、スイスはスポリー社のアイスコットン。ひんやり触感がウリのガーゼっぽい夏素材です。ふんわりソフトなタッチのシャツが好みのIさんらしい選択です。

右は、レディス。Oさんは華奢な女性ですが、メンズっぽい素材が好みのようです。伊モンティのシアサッカー素材。マリンな配色ですね。こういう素材には、表前立てが似合います。


ウールトラウザーズ、色違いで3本まとめてのご注文。
葛利毛織のトラウザーズ向き素材で、毛100% ですが、ヨコ方向にナチュラルストレッチが施されています。
通称トロ、いわゆるトロピカルで、杢のグレー。ミディアム、ダーク、チャコール、の3色揃い踏みですが、どれも少し青みを帯びた、夏物らしい杢色です。
Yさんからのご用命で、仕立てはアルデックス。組下は外注に出す縫製工場が多い中、ここは数年前に内製化に戻しています。臨機応変な対応が可能になっています。ステイループ、Vスリット、など細かいディテール指示にも対応しています。
トラウザーズ単品のオーダーは、要尺を食うので少し割高感があるのは否めませんが、クセ取りなどはやはりオーダーならではのアドバンテージがありますね。

 

皆様、ご注文ありがとうございました。末永くご愛用ください。


入荷速報。ビブレイン(丸和ニット)からバランサーキュラー®︎の[360°]ジャケット&パンツ。夏の新作はソロテックス®︎使い。「これでいい」が最大賛辞、リピーター続出アイテムです。

なんだかんだで今年で4年目になります。
ビブレイン(丸和ニット)のジャケット&パンツのセットアップ、
2020年夏の新作が仕上がりました。


☆ジャケット30,000円(税別)


☆パンツ20,000円(税別)

これほど長く続くとは自分でも意外なんですが、
皆さんの感想で一番聞くのが、
「うん、コレでいいんだよね」という声。
コレ「が」いい、じゃなくて、コレ「で」いい、のですが、
これはこの商品の最大賛辞ではないかと感じています。
その証拠に、そう言いながら、色違いをもう一着、とか、パンツをもう一本追加、とか、リピートオーダーが入るわけです。

多分その秘密が、丸和ニットだけが持つバランサーキュラー®︎というマシンにあります。一言でいうと、編み(ニット=knit)の中に織り(ウィーブ=weave)を入れたウィービング・ニットともいうべき生地で、丸編みの生地なのにナイロンのタテ糸が1920本も入っている大変特殊な生地ができるのです。これが、伸びすぎない、伸びっぱなしにならない、伸びてもちゃんと戻る、という、他社の編み生地にはない優れた特徴を出しているわけです。
丸和ニットの製品の素材組成を見ると、必ずナイロンが8%か9%含まれていますが、この8-9%こそが1920本のタテ糸のことなんですね。

今回の新作は、帝人が強力に推しているソロテックスを使っています。
ソロテックスはこういう化学繊維です。

詳しく知りたい人はソロテックスで検索してみればいいですが、
実はソロテックスを使った同類の商品は他所にもあるのです。
でもバランサーキュラーは丸和ニットだけが持つ世界で唯一のマシンですから、丸和ニットだけのソロテックス生地が出来上がるということなんですね。
ソロテックス 54%ポリエステル 38%ナイロン 8 %のこの特別な生地を
丸和ニットでは、自信を込めて[360°]という全方位を意味する名前を付けました。

さて、商品です。今回はフルカラーフルサイズで送ってもらったので、
いろいろと試着しました。
ちなみに、私は身長164cm,体重71kg,胸囲96cm,スラックスのウェスト86cmと近頃増えました。腕は短くてシャツ裄丈78cm。
モデルになるには全くふさわしくない体格ですが、私しかいないので勘弁してください。

☆グレー
上着はM。
ストレッチなので着れるには着れますが、私にはパンパンできついです。


パンツはLを履きました。ちょうどいいです。

☆ネイビー
上着はLです。私にはこのサイズですね。

パンツはLLです。楽ですが、緊張感がなくなります。

☆ブラック
上着はLL。でかいなぁ、と感じます。

パンツはMです。きついですがなんとか履けました。

上下別売りですが、上下セットでお求めの方に限り、
ランドリーバッグにもなる収納袋がおまけに付きます。

私の変な体格だけじゃサイズ選びに悩むでしょうから、
サイズ表記を載せておきます。

<ジャケット> 4サイズです。
【Msize】着丈 69cm 肩幅 43cm 身幅 99cm 袖丈 59.5cm

【Lsize】着丈 70.5cm 肩幅 45cm 身幅 103cm 袖丈 61cm

【LLsize】着丈 72cm 肩幅 47cm 身幅 107cm 袖丈 62.5cm

【XLsize】着丈 73.5cm 肩幅 49cm 身幅 111cm 袖丈 64cm

<パンツ> 4サイズです。
【Msize】ウエスト 78cm 股上 25.5cm 股下 73cm 裾周り 36cm もも周り 32.5cm ヒップ 104cm

【Lsize】ウエスト 82cm 股上 26cm 股下 74cm 裾周り 38cm もも周り 33.5cm ヒップ 108cm

【LLsize】ウエスト 86cm 股上 26.5cm 股下 75cm 裾周り 40cm もも周り 34.5cm ヒップ 112cm

【XLsize】ウエスト 92cm 股上 27.3cm 股下 76cm 裾周り 43cm もも周り 36cm ヒップ 118cm

 

みんな持っててみんないい、の、強力プッシュな夏アイテムであります。

webショップからも注文ができるようにしています。
こちらからどうぞ。