出来上がりと取り寄せ。オーバーシャツ、スーツ、ジャケット、トラウザーズ。

シャツのイベントには、オーバーシャツも対象でした。


Aさんからはシャツ、オーバーシャツ、ジャケット、のご注文でした。
オーバーシャツは3着。私には少しブカブカと大きいのですが、
着た姿のほうがわかりやすいでしょうから、私着てみました。
紺のギンガムは伊トーマス・メイソンのシャツ生地。
黒はサテンのちょっと光沢あるシャツ素材です。
ベージュの生地はシャツの生地ではなくて、伊Solotex・麻混のジャケット素材です。
ですので、衿型もシャツっぽい衿でなくて、ジャケットの衿を付けました。


こちらはYさんのご注文。サファリっぽくやってみましょう、というご要望で、
胸、腰とも左右のポケットはフタ付きのボタン留めに、
更に肩にはエポレットを付けました。
生地は伊レジューノの綿66%リネン34%のブルーのチェック生地。
プリーツ付きのポケットが4つもあるのに、柄合わせは完璧にできてます。
さすが、というべきか。


スーツはFさんからのご注文。スペアパンツ付きの上下です。
伊ゼニアのダークグレーの生地ですが、全くの無地ではなくて、
糸自体がまだらの濃淡のある糸で織られています。
生地の表と裏で縞模様の出方が縦と横に変わるので、その事がよく分かります。


夏らしいジャケット。シアサッカーは伊のSolbiatiというところの綿100%の素材です。
フックベントにするのが、Aさんの流儀。


最後はオーダーではなくて取り寄せ品です。地方自治体職員のFさんからのご要望。
鎌倉シャツさんのトラウザーズTexTeq、夏物のダークグレーの無地、
今年から国産生地を使いまして、手頃な価格になりました。
シルエットは結構思い切っていて、浅めの股上に、細めの裾幅、と、美しいスタイルであります。

出来上がり紹介、は、仕上がった品々を随時紹介してます。
ご参考になればいいです。


出来上がり。イベント期間中に受けたオーダーシャツの仕上がりが続いています。

忙しくてずっとサボってた出来上がり紹介。
シャッが随分溜まってしまいました。
ちょっと長くなりますが、お付き合いください。


伊豆の高校の先生Yさんからの注文は、タイはほとんどしないけれど、裾入れの仕事用のシャツ、
というご要望。
左は、スイス・スポエリー社の登録商標「アイス・コットン」の綿100%の冷涼触感生地。
淡ブルー色の凹凸感ある素材で、ホリゾンタルカッタウェイの衿型。
第一ボタン位置を少しだけ上げて開き加減を調整しました。
右は、アイルランドのハードマン・ブランドの100%リネンのブルー色。今年の売れ筋です。
ボタンの色をライトグレーにしてみました。
サイズやディテールなどの作りは2枚とも全く同じですが、
素材が変わるとシャツの印象は大きく異なりますね。


東京にお家があり京都へ単身赴任中のTさん、
帰省の機会に静岡で途中下車してくれました。
左、ちょっとわかりにくいのですが、白ベースにブルーとグレーの細ストライプの柄、伊モンティの生地です。
超ロングセラーのセミワイドの衿型でクレリックにしてみました。
中、伊アルビニのブルーベースの穏やかなストライプ。Newセミワイドをボタンダウンにする、
という近頃増えてきた裏技テクです。
右、白ベースにグリーンとブルーの3色ストライプ。テニス界ではヨネックス・ストライプと呼ばれている、というのは嘘です。
こちらは従来型のボタンダウンです。カジュアル感が欲しかったので、カフを6cm巾にしてみました。


こちらも高校の先生、Iさん。
さらりとろりのファブリックがお好みで、今回も伊製の生地をチョイスしました。
左、アルビニの淡ブルー穏やかなストライプ。Newセミワイドの先だけ丸くしたラウンドチップ。
中、モンティ、細かい柄のグレンチェックなんです。遠目からは無地に見えますけれど。Newセミワイド。
右、アルビニ、強めのブルーストライプ。これもNewセミワイド。


左、Iさんのご同僚、初オーダーのMさん。カリビアンコットンsilverの中でも超ロングセラーの
濃いめブルーのマイクロヘリンボーン。
初めてのオーダーらしい、ベストな選択だと思います。
右、自動車販売のSさんから、ホリディ用のシャツを、というご要望。
リネン混の大ギンガム・ネイビーで、ホリゾンタルカッタウェイの衿、
着丈もいつもより短くして、裾に白いピースを施しました。

なぜか高校の先生が続きます。こちらはTさん。
左は白のオックスフォード無地、中はライトグレーのマイクロヘリンボーン、
どちらもカリビアンコットンsilverの100/2G,衿型もNewセミワイドで二枚とも同じです。
右は、南ア産アイリッシュリネンのフラックスを国内紡績した
ご存知ハードマンのシャンブレーブルーのリネン100%。
これはホリゾンタルカッタウェイの衿型で、着丈も短くして、出しても入れても、の兼用できる裾にしました。


左はNさんのリバティプリント。「涅槃(ねはん)」を描いた男性的な配色のプリント柄です。
右は、カーディーラーのKさん。強めのストライプが好きなKさんらしい選択です。


Fさんの2枚、どちらも遠目には無地に見えますが、どちらもストライプなんです。
左、五線譜似の白いドビーストライプ。うっすらと縦模様が出てきます。Newセミワイド。
右もブルーベースのストライプ。伝統的なホリゾンタルワイドのクレリック。


浜松のOさんは、ほぼ定期的にご注文でして、
リンクルフリーのツイル織り白無地でセミワイド衿。いつもどおり「同じもの2枚で」のご発注です。


会社経営者のAさんからのご注文。
左は伊のTessSICのシーアイランドコットンの白ベースストライプ。
完全なドレス仕様でスチュワートレギュラーという普通のレギュラーよりも少し開きのある安定感のある衿。
右はオフタイム仕様というか、伊モンティのブルーの濃淡だけで組んだチェック柄。
ホリゾンタルカッタウェイの衿型、着丈も裾出ししてもいいように短くしています。


古くからの顧客Oさんが甥子さんNさんの結婚祝いにシャツを作ってあげる、ということで、
2枚とも、カリビアンコットンsilverの100/2G生地、ブルーのマイクロヘリンボーンとピンクのオックスフォード。
さて、2枚の違いを探してください。
衿型(Newセミワイドvsドレスボタンダウン)は誰でもわかりますね。
前立て(表前立て32mm巾は同じですが、コバから6mmステッチとより中央にステッチを寄せた11mmステッチの違い)。
背中(写真じゃわかんないかな)。サイドタックvsセンダーボックス・ハンガーループ付き)
カフ巾。同じ大丸型ですが、7cm巾vs6cm巾の違い。
ボタン付け糸。ビンクの方だけ、ピンクの色糸にしています。
最後、写真ではわからないとこで、ネーム刺繍の位置。左の袖上腕部vs左のカフ。
衿型によって着る場面が少し異なるだろうと想像してそれぞれに相応しいアレンジをしました。

ここからはレディス。



金融機関にお勤めのOさんから3枚口。
左、朝のインディゴ色ですが、皺になりにくい加工を施した機能素材です。
レギュラー衿、生地に合わせてネイビーのボタンです。
中、スイスのアイスコットンは冷涼触感素材。薄いブルーでセミワイドの衿。
右、待ち望んでいたオックスフォード素材のギンガム、サックスブルーを選びました。
台衿とカフの裏に小花柄を施しています。そして、ボタン付け糸もサックスに。
前立もこれだけ表前立てでちょっとメンズっぽくしました。


転職活動中のKさん。
面接が増えるなかなぁ、とリンクルフリーの白無地。
衿もおとなしくショートレギュラー。着丈もインを前提にやや長めに、
と、全体的にとってもおとなしく仕立てました。
その代わり無料で付けられるオプションで白蝶貝とポケットチーフ。
これでさらに気持ちが引き締まりますね。
頑張れ就活。


最後は本日到着のTさんの2枚。
左、アイスコットン(冷涼触感素材)の白ピケ。ショートラウンドの衿にしたのは
一番上のボタンまで留める場合を考慮してのこと。
右は、麻混のマドラス調のパープルなチェック。ボタンもパープルにして生地となじませました。
開けることが前提の衿でホリゾンタルワイドです。

ふうっ、皆さん、イベントに乗っていただいてのご注文、ありがとうございました。


ニコラス・モス、到着してました。

5月に注文を受けた分が届いてしばらく経ちまして、ほぼ引き渡しが済みました。
到着後すぐに記事掲載しようとも考えたのですが、
店で売るものだと勘違いされてしまうといけないので、ちょっと間を置くことにしました。
つまりここに載せた写真の商品は、すでに手元にはなく、全てお客様の先へお納めしたものであります。
でも、こういう品々が入ったんですよ、ということを見ていただくことは今後の参考になるかと思い、
ここで掲載することにいたします。

box 1.

 

3つの箱に入ってきまして、
仕分けの都合上、ひとつずつ開梱して中身を確認してはまた閉じるということをいたしますので、
箱ごとのご紹介となります。

Box2.


Box3.

と、全部で103個。もちろんひとつも破損はありませんでした。

ご注文いただきましたお客様、ありがとうございました。

次回は10月を予定しています。
(ケルト市は10/30(土)の開催を検討中とのことです。
首都圏のお客様にはそこでお会いして注文を受けられることを期待しています)

お楽しみに。

 


月例エッセイ「倶樂部余話」を更新しました。メルマガ配信も。

月例エッセイ「倶樂部余話」を更新しました。第392話「靴について思うこと」
こちらからどうぞ。お読みいただけると嬉しいです。

また、6/1に登録の方へ向けて月例通信のメルマガを配信いたしました。
もしご登録の方で届いてない方がいらしたらこちらまでご連絡ください。

メルマガは原則として毎月月初に、時には号外も、配信しています。
購読ご希望の方はこちらから所定事項を記載の上お申し込みください。


靴を作ろう!partⅡ(6月度) ~今年も閑散期のサマーキャンペーンです。①オーダーシューズ、一律5,500円off ②靴リペア料金 15%off。開催期限は6月いっぱいです。

6月は靴です。

靴を作ろう!part2は、4本立て、です。

その1.オーダーシューズ 一律5,500円off。
例年通りのキャンペーンです。通常価格41,800円が36,300円に。
近ごろ引き合いの多いブーツの場合には+4,400円となります。
また、今回から、5月発売の新型ローファーも選択肢モデルに加えました。同様に36,300円です。

靴は夏に作るもの、というのが当店ではもう定着してますが、さて今年は何を手持ちに加えましょうか。
ぜひこの夏も一足、靴を作ろう!

その2.靴リペア料金 15%off.
いい靴は直して履くもの。
オールソールの交換は、当店で作った靴の場合14,300円が15%offで12,155円です。
作った工場で作ったのと同じ工法でのリペアですからパーフェクトなリペアが保証されます。
他社の靴も承ります。グッドイヤーでなくてもあらかたの靴は大丈夫です。ぜひお持ち込みください。

その3,その4,は別項で。

 


靴を作ろう!partⅡ(6月度) ~③裸足のような心地良さ St.Relax (男女あり) トランクショー(期間限定オーダー会)の開催です。6/5(土)~6/20(日)。

宮城興業が当社と付き合うずっと前から展開している、一番古いオウンブランド、
コンフォートシューズの類に属する靴ですが、St.Relaxと言います。
今までも、一部の方のご要望を受けて、非公式にお取り寄せ対応で販売していたのですが、
今回は宮城興業から許可を得て、
トランクショーとして、期間限定で、フルレンジのご紹介が実現しました。

男女ともかなりのモデルがあり、価格は大体2万円台です。
もちろんメイド・イン・宮城興業in山形県、です。

メンズの一例

レディスの一例


サイズ確認の試し履きを兼ねてのサンプルが多数届きます。
特別に隣の部屋を借りましたので、期間中は常時展示しています。
アポ入れが望ましいですが、アポ無しでも大丈夫です。

こういう靴もあっていいよね。

トランクショーはサンプルを借りる都合から、期間が限られています。
6/5(土)から20(日)までですのでご注意ください。

その4.は、初めてのレディス専用品です。