イベント4連報の①。シャツを作ろう!~選べる特典。いい生地だけを3,000円off!! or すべての生地でオプション3つ無料。レディスも。4/16(金)~5/24(月)。

DMができたので少し早いですが、お知らせします。

オーダーシャツの催事の中で、最も人気の高いイベントです。
年2回の開催で、この春版は前回の秋版とほぼ同じ内容ですが、
春版のほうがお客様が多い、というのが今までの傾向です。

まず、期間の確認です。
4/16(金)から5/24(月)までの、GWを挟んだほぼ5週間です。
が、準備がすでに整っているので、前倒しして本日から受け付けます。

内容です。どちらかを選んでください。レディスも同じです。

※「上級の生地(原則的に15,000円以上の生地)に限り、3,000円off!!」…おなじみのカリビアンコットンや、
トーマス・メイソンを始めとするインポート素材、麻の生地、リバティ・プリント、ニット素材、など、
これらは3,000円引きで承ります。
または
※「どの生地でもオプション3つまで無料に」…ネーム刺繍、クレリック、ハンドステッチ、ダブルカフス、貝ボタン、など、3つまで無料です。
(ただし、新たな仕様オプションとして加わった、デタッチャブル、本前立て、背中だけニット、と、共布マスクは対象外です)
※どちらかの選択です。併用はできません。

納期はほぼ3週間弱です。週末のご注文は3週後の週末にお渡し(お届け)できるというサイクルです。
岡山の国内工場ですので、早いです。もちろんうまいです。

余談。このところ、遠方の方と、リモート接客をする機会が何回かありました。
なんとか成功しましたので、もし過去に制作実績のある方の中で、ご希望があれば、
やってみることができます。
iPhoneのfacetime,facebookのmessenger,LINE,で、テレビ電話が可能です。
でもいきなりかけてこないでね、あくまで打ち合わせある程度済ましてからのことですから。


イベント4連報の②。オーバーシャツを作ろう!~選べる特典。いい生地だけを3,000円off!! or すべての生地でオプション3つ無料。4/16(金)~5/24(月)。

なんだい、シャツとおんなじじゃないか、って思ってません。
まあそのとおりなんです。
シャツのイベントの中にはオーバーシャツも含まれているんですけど、
なんか埋もれてしまうので、別項で取り上げた次第です。

オーバーシャツも基本的には価格も納期もシャツと同じです。
ただポケットのオプションを入れないとサマにならないんで、実質追加オプションが必要になります。
それから、レディスはできません。

内容です。シャツと同じで、どちらかを選んでください。

※「上級の生地(原則的に15,000円以上の生地)に限り、3,000円off!!」…おなじみのカリビアンコットンや、
トーマス・メイソンを始めとするインポート素材、麻の生地、リバティ・プリント、ニット素材、など、
これらは3,000円引きで承ります。
または
※「どの生地でもオプション3つまで無料に」…フラップポケット、左右ポケット、ナットボタン、貝ボタン、ネーム刺繍、など、3つまで無料です。

どちらかの選択です。併用はできません。どちらか安く上がるかを判断してこちらで決めることもあります。
概して、オーバーシャツに関しては、3,000円offよりもオプション3つ無料を選んだほうがメリットがあるように思います。


イベント4連報の③。ネクタイを作ろう!~全品2,000円off!! です。4/16(金)~5/24(月)。

ネクタイのオーダーも2,000円offです。



なんでネクタイまで、と、思われるでしょうが、
今年からオーダーネクタイを全面的に変更したのですが、
このファクトリーと当店との間を取り持って、物流や支払いなどを代わって引き受けてくれているのが、
他ならぬオーダーシャツのドゥワンソーイングなんです。
そういう関係で、オーダーシャツのイベントに絡めて、
ネクタイの方もキャンペーンしましょ、ということで便乗します。

参考価格は、ドメスティック13,000円より、インポート17,000円より。(税別、別途各種オプションあり)
ここから2000円offです。納期はシャツよりも少し長くて4週弱です。




イベント4連報の④。ソックス、ホーズを頼んでおこう! 4/16(金)~5/24(月)。

ハリソンのソックス、ホーズの注文取りまとめ、
年に二回ぐらい、シャツのイベント時期に合わせてやりましょうね、
って言う、お約束でした。
春夏物はこの時期に取りまとめます。

最新カタログも届きまして、定番、トレンド、いろいろお選びできます。

シャツのオーダーのときに、忘れずにご注文の足跡を残してください。
今回はレディスも受け付けます。


月例エッセイ「倶樂部余話」を更新しました。メルマガ配信も。


月例エッセイ「倶樂部余話」を更新しました。第390話「朝ごはんは食べましたか」
こちらからどうぞ。お読みいただけると嬉しいです。

また、本日、登録の方へ向けて月例通信のメルマガを配信いたしました。
もしご登録の方で届いてない方がいらしたらこちらまでご連絡ください。

メルマガは原則として毎月月初に、時には号外も、配信しています。
購読ご希望の方はこちらから所定事項を記載の上お申し込みください。


アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年は4月からロングランでの開催です。4月1日(木)から5月17日(月)まで。10年以上続く春の恒例企画。マグカップひとつからお気軽に。

今年は今までよりも長い期間の開催です。

期間は、4月1日(木)から5月17日(月)までの一ヶ月間です。
東京での春のケルト市がなくなったので、静岡オフィスだけでの開催です。

アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。

スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
日本で唯一の機会です。

恒例のニックと私とのツーショット。今年はまだ会えていないので昨年の時の写真です。

—————————————

期間中は、私が毎年少しずつアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた数々のサンプルをはじめ、
多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。

昨年度との違い。
内容はほとんど変わりないのですが、クローバーの一部のシェイプが生産休止となりました。
また、現地出し値の変更、為替の円安、運賃アップ、など、やむを得ない要因により、
価格が平均3.9%値上がりとなっています。

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
5月後半に生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文がまとまったらすぐに生産に掛かることができ、
6月上旬の到着を予定しています。

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

商品のほとんどの画像は、ニコラス・モスの本国サイトでご覧いただけます。
https://nicholasmosse.com/
から、Patternsから行くと、色柄別に作れるカタチが一覧で、
また、Shapesから行くと、カタチ別に作れる色柄を一覧で、
というようにソートされますので、大変わかりやすいです。

また、価格表とカタチ&色柄の対応一覧表は、
メール添付で頒布できます。(ExcelまたはPDFで)
事前に予習したい方は、お申し出ください。
—————————————
最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。

特に今回は、春に予定していました東京での「ケルト市」の開催がなくなりましたので、
今までに「ケルト市」の場でご注文いただいていましたお客様には、ご不便をおかけすることになります。
極力便宜を図るようにいたしますので、どうかご連絡ください。

(写真は主に2020年1月の展示会のものです。原稿は一昨年掲載記事を元に加筆訂正して掲載しています)