シャツを作ろう!!~いい生地だけ20%off!!。9/8(木)~24(土)の3週末。レディスも同様です。

春の企画まで続けました「3,000円off」のキャンペーンが、この秋から「20%off」にリニュアルされました。
価格が上がるごとに値引き額が増えますので、実質的にはオトク度が増えたことになります。

対象生地を一覧で撮りました。

上段。左、カリビアンコットンシルバー100/2G 17,600円 (当店一番人気の一群です)。
中央、カリビアンコットンゴールド120/2G 19,800円~(国産生地の最高ランクです)。
右、トーマス・メイソン 22,000円~(伊製ですが英ブランド)。
下段。左、伊カンクリーニ 20,900円~(機能性素材も増えました)。
中央、その他インポート 17,600円~(伊のアルビニ、モンティ、レジューノ、など)。
右、リバティプリント22,000円(英リバティのライセンス品)。

これらがすべて20%offです。

期間は9/8(木)~24(土)の3週末。(9/25(日)は晴庭雨業)

秋冬はセーターやアウター、ジャケットが増えるので、
シャツの企画はこれが唯一になる可能性が高いです。
お忘れなくご活用ください。


PayPayで支払うと20%還元。9/1から10/31まで。お知らせするのを忘れてました。


お知らせするのを忘れてました。
静岡市の消費促進キャンペーンです。
PayPayで支払うと20%が戻ってきます。

ただし、というのが必ずありまして、
付与上限、1,000point/回、10,000point/期間、5,000point/月、
つまり、買物額、一回5,000円、期間中50,000円、ひと月25,000円、ということですね。
でポイントはお買い物の30日後に付与。
もうひとつ、静岡市の予算がなくなったら、10/31を待たずに終了の場合あり、
だそうです。

当店は目の前にセブンイレブンがあるので、
ご来店前に急いで5000円分チャージしてから5階に上がってきてください。


入荷速報。ゴルウェイ・ウールのアランセーター、ついに届きました。

5月のアイルランド出張から4ヶ月、
わずか4月でここまで実現できるとは正直、思ってませんでした。
苦労話や自慢話をあんまり売り言葉にはしたくないのですが、
しかし、涙が出るほど感慨ひとしおなんです。

ゴルウェイウールというアイルランド原種の羊による貴重なウールが今年初めて発売になる、
というアイルランドからの小さなニュースを見つけ、そこからいろんなつてを頼って連絡が取れて、
ゴルウェイウールのファームまで行って直談判。ブラットネイドBlatnaidに
「このウールを使ったアランセーターを仕掛けたいんだ」というプロジェクトに了解を得ました。


ゴルウェイウールは生産量がとても少ないので、誰もが買えるというものではありません。
そんな中、ゴルウェイウールを小さい単位で仕入れて販売する権利を持っている
アイリッシュファイバークラフターズのサンドラと、
糸の手配、セーターのデザイン、ニッターとのやり取り、など、諸々の打ち合わせ。
世界初、アイルランド原種のウールを使いアイルランドの編み手によるインディビジュアルなアランセーター、
これがようやく目の前に届きました。

ゴルウェイウールに使われるアイルランド原種の羊ゴルウェイシープは白い羊だけなので、
色はbainin(ゲール語でボィニィーン、そのまま、という意味です)だけです。
箱を開けた途端にウール独特のラノリンの香りが漂います。
見ると想像していた以上の浮き彫り模様が目に入ります。
持ってみて、びっくり。驚きました、軽いんです、えっ、と一瞬思いました。
「そうだった、GalwayWoolは2plyなんだ」
今まで、オモーリャにもアランレジェンドにもドネガルの3plyを使ってきましたから、
重量比として3分の2の軽さです。
でもどうです、写真を見ていただくと、この浮き彫り模様が、
今まで以上にくっきりと編み上がっていることがおわかりいただけることでしょう。
これがGalwayWoolの素晴らしいところなんです。膨らみと弾力性がものすごいんですよ。
だから2plyでも3ply以上に凹凸が鮮明に表現できるんですね。

GalwayWoolもIFCも、ラベルやタグの制作ノウハウを持っていなかったので、
これらは日本サイドで用意してアイルランドへ送りました。

さて、届きましたけれど、これから検品、計測、写真撮り、と、まだまだやらなきゃいけないことがありまして、
すぐには販売できません。
先に届いたオモーリャと同時公開が望ましいことなので、
9月1日(木)午前中に同時公開することにします。

価格は決めました。118,800円(税込)です。
GalwayWoolが貴重で少量なため高価であること、
関わる人(ウール提供者、コーディネーター、ニッターなど)すべてが持続可能な適正な利益を得ること、
から、はじき出した価格です。
そのため、オモーリャよりも高くなりましたが、そのような理由から決めたプライスですので、
ご理解を頂けましたら幸いです。

追記9/1
公開しました。こちらからご覧ください。




 

 


シャツ生地、届きました。200枚の紹介です。

明日からの「エコノミーサービス」の準備が整いました。

届いた生地を簡単にご紹介します。5つのカテゴリーに分けました。


まず最初は、スワッチ、つまり小さな生地見本の一群です。
実際の生地はファクトリーに用意されています。
売れ筋の集約ですね。現物の生地を見なくてもまあ分かるでしょう、という人気の色柄をまとめています。
生地を選ぶのがもう面倒、時間を掛けたくない、という方には、ここから選んでいただければ間違いないです。


今回から、巻物スタイルではなくて、畳んだ生地を袋詰した状態で見ていただきます。
200枚の袋を外して撮影するのはさすがに大変でしたので、ビニール越しに見ていただくことでご容赦ください。
ここは、ブルーの生地ばかりを集めた一群です。
ブルー系は一番出るところなので、そのカテゴリーだけを一つにまとめました。



上段は無地を集めています。下2段はストライプを集めています。
ドレスで着るかカジュアルで着るか、で、選択眼がだいぶ異なってくるところですね。


チェックを集めています。難易度の最も高いところかもしれません。
でも実際に生地を広げて色柄が見られるというのはこのイベントならでは、のメリットでして、
ちいさな生地スワッチだけだと選ぶのに躊躇するような色柄も、
広げて合わせてみると意外な発見があるものです。


白の一群です。わかんないですよね、ごめんなさい。
これらのほとんどがドビー織りのストライプでして、無地のようで無地じゃない、というものばかりです。
同じもののように見えますが、すべて異なる柄です。
白の色合い、生地の薄さ、柔らかさ、など、一枚ずつ違いますから、根気よく選んでください。
もちろん、候補に取り上げた生地は私がどんどん袋から出しますから、遠慮なく多めに取って行ってください。

てな感じです。

もう一度概要を。
シャツを作ろう!!~エコノミーサービス
期間:7/28(木)から8/15(月)まで。
(火曜水曜は休業ですが、8/2(火)、8/9(火)、8/10(水)、8/16(火)、8/17(水)昼、は、予約制で受付可能です)
価格: どの生地でも2枚で19,360円(税込)。男女同価格。別途有料オプションあり。
納期:8/8(月)までのご注文分は9/16(金)。それ以降の方は9/27(火)。

今年の生地の内容はとてもいいです。お待ちしてます。



 


ニコラス・モスが届きました。

先月に皆様からご注文を集めました、アイルランドのハンドメイド陶器、ニコラス・モスの商品が届きました。

いつもどおり、ガッチリしたボックスで厳重な梱包、

地元の新聞紙に包まれているのもいつも通りです。

中身の写真は?

今回もすべての入荷品がご注文品ばかりなので、仕分けに夢中で、
それぞれの写真撮りまでには至りませんでした。ごめんなさい。

ご注文いただきたました方々には、個別にご案内しておりますので、
ご対処よろしくお願いいたします。