新着速報。オーダーシャツ、生地の追加とレディスの新しいスタイル提案。

たった今届いたばかりの生地の追加です。

左、リバティプリントにもリネン100%が追加です。
おなじみの定番「イチゴ泥棒」もリネン生地になると表情が変わりますね。
中央下は、アイスコットン3色。ひんやりタッチの素材です。
右上、イタリアの生地で、ストライプ2色と手刺し風のプロックチェック2色。
右下は、伊製のジャカード柄。ペイズリー、花、葉っぱ、スカル。

そして、レディスに新スタイル。オーバーサイズロング丈、です。
追加料金+5,500円(税別)にて承ります。


久しぶりに出来上がり紹介です。

2月3月は次冬の発注に気を取られていて、しばらく出来上がり紹介をサボってました。

ジャケット。FOXのフランネル、一番人気のミディアムグレー。少し藻のような緑がかった色合いです。
三島のSさんはラガーマン。胸板がとても分厚くて、肩から胸の動きがいつも窮屈になりがちです。
それを解消するような既製服を買うと今度は胴回りがブカブカになります。
こういうドロップの大きい人、割と多いんですね。
ご覧のようにゆとりはあまりなくてピッタリと仕上げていますが、これでも腕や肩の動きは妨げられていません。
アルデックスの仕立てはうまいですね。


次のジャケットは、英ハリソンズの新素材、SeaShell(貝殻)。
リネンとテトロンの混紡ですが、どうです、リネン100%にしか見えないでしょ。
それでいて、ほとんどシワにはならないというイージーケアです。
ウェイト感もしっかりとあって、体格のガッチリしたNさんにはふわふわした素材よりもやや重ためのほうが似合うでしょう。

靴が一足仕上がってます。ローファーです。私のです。
これ、次の靴のイベントの目玉なので、ここでの詳細は差し控えます。お楽しみに。

ついでにヌメ革のサンダル。これも私のです。これも靴のイベントの目玉なので、詳細はナイショです。

シャツの仕上がりが多いですね。

まずレディスから。ミセス・K さんから2枚のご注文。
一枚は3,000円off,もう一枚はオプション3つ無料、のご利用。
前者(左)はボタンの色を遊んだ以外はシンプルに、
後者(右)は、クレリック、白蝶貝ボタン、トカゲの刺繍、をオプションに選択です。

リンクルフリーウェアに合わせて、気の早い半袖の注文は、
私の高校大学のテニス部の先輩Kさんから。
リモートでの注文でしたが、うまくできました。

カーディラーのKさんはストライプシャツがお好みです。定番のカリビアンコットン。
共地のカフリンクスをオプションにしました。

さてさて、今年から可能になったデタッチャブル・カラー(取り外し衿)の第一号は、浜松のIさんです。
まずブルーのオックス無地でデタッチャブルのシャツ(+1,000円)を作り、
さらに追加で白い付け衿(+3,000円)を作りました。
カラーを付けずにスタンドカラーで着ることもできるので、3waysで着られるわけですね。

Iさんからは同時にオフホワイトの綿パンのご注文もいただきました。
伊Niamiのストレッチコットン、昨年のオリーブ色についで色違いの二本めです。
透け防止のため、膝の裏側にも裏地を付けました。

シャツを作ろう!!選べる特典、3,000円offかオプション3つ無料。は、
明日より公式スタート。5/24(月)までです。
奮ってご参加ください。









イベント4連報の①。シャツを作ろう!~選べる特典。いい生地だけを3,000円off!! or すべての生地でオプション3つ無料。レディスも。4/16(金)~5/24(月)。

DMができたので少し早いですが、お知らせします。

オーダーシャツの催事の中で、最も人気の高いイベントです。
年2回の開催で、この春版は前回の秋版とほぼ同じ内容ですが、
春版のほうがお客様が多い、というのが今までの傾向です。

まず、期間の確認です。
4/16(金)から5/24(月)までの、GWを挟んだほぼ5週間です。
が、準備がすでに整っているので、前倒しして本日から受け付けます。

内容です。どちらかを選んでください。レディスも同じです。

※「上級の生地(原則的に15,000円以上の生地)に限り、3,000円off!!」…おなじみのカリビアンコットンや、
トーマス・メイソンを始めとするインポート素材、麻の生地、リバティ・プリント、ニット素材、など、
これらは3,000円引きで承ります。
または
※「どの生地でもオプション3つまで無料に」…ネーム刺繍、クレリック、ハンドステッチ、ダブルカフス、貝ボタン、など、3つまで無料です。
(ただし、新たな仕様オプションとして加わった、デタッチャブル、本前立て、背中だけニット、と、共布マスクは対象外です)
※どちらかの選択です。併用はできません。

納期はほぼ3週間弱です。週末のご注文は3週後の週末にお渡し(お届け)できるというサイクルです。
岡山の国内工場ですので、早いです。もちろんうまいです。

余談。このところ、遠方の方と、リモート接客をする機会が何回かありました。
なんとか成功しましたので、もし過去に制作実績のある方の中で、ご希望があれば、
やってみることができます。
iPhoneのfacetime,facebookのmessenger,LINE,で、テレビ電話が可能です。
でもいきなりかけてこないでね、あくまで打ち合わせある程度済ましてからのことですから。


オーダーシャツ、新しくなったこと、など、ここで紹介しておきます。

オーダーシャツでは、生地の追加だけでなくて、
時々できることが増えたり、改良がされたり、
なかなか活発に案内が来ます。
このところでの変更点などをご案内します。

まず最初。デタッチャブル・カラーです。(+1,100円)

取り外しのできる衿ということですね。
英国の倹約主義が生んだアイデア、衿だけの取り換えができる仕様で、
当店でも30年くらい前に英国のハケットで買ったものを店に置いたことがありましたね。
スペア衿として、別に衿だけ作ること、もちろん可能です。3,300円です。
スペア衿は白無地だけでなく、いろんな色や柄が選べます。

次、本前立て。クラシック・プラケット・フロントclassic placket front。

こういう前立てです。
覚えている人も多いでしょう、ナイジェル・ケーボンのオックスのシャツなんかがこういう仕様でしたね。シャツの裾がトラウザーズの中でごろつかないように、という工夫です。3,300円の追加オプションです。

もひとつ、背中だけニット生地にする仕様。

アルビニのニット生地を背中だけに使います。
つまり背中だけポロシャツみたいに伸びるわけ。5,500円の追加オプションです。


最後は、オーバーシャツ。
2,200円の追加で、ジャケット代わりとして作れますよ、と、
ファクトリーもかなり力が入っているのが、オーバーシャツです。
まず、仕様変更です。

これ、気になっていたところなので、改良されてよかったです。
で、衿型も追加です。

つまり、よりジャケットっぽくできます。
更に、オーバーシャツ専用対応の生地というのができました。

はい、シャツ生地ではなくて、もうスーツやジャケットの生地のコレクションですね。
そして、マル秘テクですけれど、当店扱いのスーツやジャケット生地からも、オーバーシャツを仕立てることもできるようになりました。



だから、ジャケット生地としてご紹介した、ベンタイルやシアサッカー、
ハリソンズのSeaShellなんかもオーバーシャツのオーダーができるんです。

さあ、今シーズンはどんなシャツを作りましょうか。


 


オーダーシャツの生地、追加です。

春夏対応の新しい生地が追加になりました。主なモノを紹介します。

左列から、
※リバティプリント、7柄が追加です。
2列目上から、
※ハードマンリネンの綿麻のチェック。
※インディアンマドラスチェックでこれも綿麻。
※インディゴ染めのバイオブリーチとバイオフォッシュ。
中央の列で、
※伊アルビニのリネン100%無地、8色。
※3種のストライプ柄を合体したクレイジーストライプ、2色。出来上がりの写真を添えました。
その次の列、
※トーマス・メイソン。三子糸(3ply)のオックスフォード2色。と、麻29%の清涼素材、2色。
※スイスのアイスコットン。凸凹織りで、ヒンヤリ感あり。
最後は右端列、
※カリビアンコットン・シルバー。100/2G。定番のツイル無地素材のリニュアル。
※カリビアンコットン・ゴールド。120/2G。トリコロールカラーのストライプ、3色。

いつもよりも高解像度で撮っていますので、画像拡大で価格なども読み取れることと思います。




 


期間折り返しにつき再掲します。イベント。シャツを作ろう!~リンクルフリー・フェア。形態安定加工の約40柄を2,000円offで。レディスも。2/19(金)~3/21(日)。


オーダーシャツのイベントでは初めての企画で、
リンクルフリー・フェア、です。
リンクルは皺(しわ)のこと、フリーは「なし」の意味で、
リンクルフリーは、シワなし、でして、
形態安定加工を施した、俗っぽく言うと、ノーアイロンのことです。

すべて日本製で綿100%の約40柄。
12,000円または14,000円(税別)。
ここから2,000円offになります。
仕上がりまでは約2週間です。
期間は、2/19(金)から3/21(日)までのほぼ一ヶ月間、
と、ロングランです。

このリンクルフリー生地、発売当初は、
芯地が固くて熱に弱い、通気性が悪い、など、課題も多かったのですが、
改良が加わって、クリーニングもOKになり、着心地も一般のシャツ生地と変わらないように向上しました。
形態安定のシャツ生地はポリ混紡が多い中で、綿100%というのは割と少ないんです。
ワードローブの中に2.3枚ぐらい持っていると便利です。アイロン好きの私でもそう実感します。

この機会に是非。

初めての方はサイズ見本を試着しやすい服装でご来店ください。
リピートの方には、過去のデータを準備しますので、ご来店前にご一報いただけますと助かります。