ようこそ「ジャックノザワヤ」へ


当店は、19879月に、静岡市の中心街、紺屋町(こうやまち)に「英國氣質の洋服屋/セヴィルロウ倶樂部」として開店しました。

1922
年創業の野澤屋グループの流れをくむ()ジャック野澤屋の4店舗目の店として、「背広」の語源ともいわれるロンドンの小さな通りの名「セヴィルロウ(Savile Row)」の名を冠した店名が示すように、開店の当初は、カスタムメイドのスーツを中心とした紳士服店でしたが、次第にオフタイムのウェア、婦人服、靴や鞄、とその品揃えの幅を増やしてまいりました。今は、「誂える」と「揃える」を店の両輪としております。

2009
1月に20年来なじんできました場所から同じ町内を100mほど移って、より落ち着いた場所で店を構えることができました。
2016
年1月に店の名前を、当社の最初の店名である「ジャックノザワヤ(JACK NOZAWAYA)」に戻し、再び社名と店名を合致させました。

そして、2018年2月より、店舗を持たない販売体制という新しい試みに挑戦すべく、
再び約100mほど移動して新しい拠点にて新しい体制での営業を始めました。
今までとはまた違った販売手法をお楽しみいただけるのではないかと期待しています。
ようこそ「ジャックノザワヤ」へ。

店主 野沢 弥一郎