お知らせ。「冷やかし大会」が好評でしたので、今度は「ファン感謝ディ」です。1/4&5の2日間限り。

11月に初めて実施しました「冷やかし大会」。
ここのオフィスに移ってからずっとボックスに収納していた手持ちの在庫を
二日間に限ってすべて陳列いたしました。

こういう機会を待ってたんだよ、との声多く、今後も期間を限定して定期的に実施していくことにしました。

で、次回は、1/4&5、の2日間と決定いたしました。

新年の初売りに当たりますので、冷やかし、よりはもうちょっと「売り」に傾倒したく、名称を「ファン感謝ディ」とし、今度はすべての商品に当日販売価格の表示を付けます。黒い字で書いたり赤い字で書いたりします。

お馴染みのお客様にはお馴染みのイベント名「ファン感謝ディ」でして、
この呼称がどういう意味を含んでいるか、おわかりでしょう。
ご不明な方も、お越しいただければその答えは分かります。

今年は正月休みが長いので、4日5日ともなると少し退屈する頃だと思います。
ノンピリと静岡のまちなかへお出掛けください。


入荷再報。リズ・クリスティLiz Christy、モネのスカーフ。今年もやってるんですよ。

そう言えば今シーズンまだ紹介していなかった。ここで再び掲載します。

どうもリズはうちのこのブログを登録しているらしいので、
ずっと載せていないと、ジャック、私のスカーフはいつ出てくるのよ、とメッセージが入りそうなんですよね。
(社名と個人名の区別がつかず、私は現地でジャックと呼ばれてしまいます。
コテコテのニッポン人なんですけれど。

リズ・クリスティLiz Christy とは20年来の付き合いになります。

毎年1月、ダブリンのトレードショーでの2ショットはもう恒例になりました。
(写真は2019年1月撮影)

手染めで手織りのスカーフは世界に数多(あまた)ありますが、
リズの特徴は絵画のイメージを取り入れているところ。

大好きなモネの絵画からインスパイアされたカラーリングを綿100%の経糸(たていと)で表現して、
写真のように手織り機に組み込みます。スカーフの両端に出るフリンジに現れているのがこの経糸ですね。
リズはモネの絵画22種からインスパイアされたカラーリングのレシピを持っていて、
現在は長年人気の高い10種の絵画のカラーリングを数十メートルの単位で巻き付けて常備しています。


緯糸(よこいと)はブークレ(糸の輪)のあるウールの糸を、リズが自分で多色染めをします。
同系色だけで染めることもあれば、写真のようにコントラストの強い数色を染め分けることもあります。色のコントラストが強いほどスカーフはストライプ感が出てきます。
この緯糸の染色はとても少ない単位で頻繁に実施していて、もうリズの気分次第、という天性の感覚でイメージされていきますので、まさに無限の種類が出来上がります。
染め上がった緯糸はシャトルに巻き取って、手織り機にセットされます。

このように、リズのスカーフは、モネの経糸(綿100%)と手染めの緯糸(毛100%)の組み合わせで表現されます。

サイズは幅34cm x 長さ180cm (+フリンジ8cm x 2)。価格18,500円(税別)。

※経糸「睡蓮」 x 緯糸「ラベンター・ドリーム」

※経糸「睡蓮」 x 緯糸「ワイルド・ルピナス」

※経糸「ジャパニーズ・ブリッヂ」 x 緯糸「ヨルガオの花」

※経糸「モンジュロンの池」 x 緯糸「斑(まだら)の薔薇」

サイズは幅34cm x 長さ180cm (+フリンジ8cm x 2)。価格18,500円(税別)。
ウェブショップからお求めになれます。

(記事掲載時に手元にあるものを載せています。
リアルな在庫状況はウェブショップ内にてご確認ください)


入荷速報。アイルランド・オモーリャから、アランセーター少しだけ届きました。

今年度一回目の入荷がようやく到着です。

届いたのは、ブラックシルバー、オートミール、ネイビー、の3色で計6枚です。
バイニン(ナチュラル・ホワイト)をお待ちの方は、もうしばらくお待ち下さい。
次回の入荷に入っているはずです。

詳細な在庫状況は、オモーリャの在庫一覧表 をご覧ください。


初めての試み。11/16(土)&17(日)、すべての在庫を陳列して「冷やかし大会」です。二日間だけ「みせ」を作ります。

普段は出したり入れたりしている5階の接客ラウンジを二日間貸し切りまして、全部の在庫(注1 )を並べます。
で、冷やかし大歓迎の「みせ」を作ります。

(2017年秋冬の店内記録より)

 

何がどのくらいあるのか、この目で見たいんだよ、という方、多いはずです、ぜひこの2日間にお越しください。
(事前のメールや電話での取り置きもいたしますが、当日のご来店が条件となります)

またスーツ生地、ジャケット生地など価格応談の放出品ありです。


このスペースを商品で埋めます

「みせ」を諦めてまもなく2年、「並べたい」という思いは常にありましたが、
商品いっぱいの今なら「みせ」られる、堂々の「冷やかし大会」です。
「冷やかし大歓迎」ですので、アポは不要です。どんどんいらしてください。


今度は2階ではなく5階です

場所がまだはっきりわからない、という方、
こちら「ご来店に際して」を参考にしてください。

今何があるのかよくわからない方、
商品内容の事前の予習は、webshopをご一覧ください。

 

(注1 ) アランセーターは全品を持ち込みません。見たいよ、という方はご来店前日までにご希望の品番をメールにてご連絡ください。
在庫リストはこちら(オモーリャアランレジェンド)から。

(注2 ) スーツ、ジャケット、シャツ、靴のオーダーは、リピートの方のご注文のみ承ります。採寸見本をしまってしまうためです。
また混雑状況によっては、後日に再来店をお願いする場合もありますので、ご了承ください。


入荷速報。ケン・コレクション・クラシック。19年秋冬の新作。スイングトップにトレーナー、アーガイルにネルシャツ、などなど。

ケン・コレクション・クラシック。

ケンは、石津謙介氏のこと。なんでこれをわざわざ言うのか、というと…

☆スイングトップ  39,800円(税別)

ベージュ、グリーン、ネイビー、ブラック。

ドッグイヤーのスイングトップ、生地はシェラ・マウンパのロクヨン、
と言って、わかってくれる人がどれだけいるんだろう。

ドッグイヤーはyearじゃなくて、ear=耳のこと。襟の形が犬の垂れた耳のように見えることから。
スイングトップは、ゴルファーの着るジャンパーのことですが、
これが石津先生が名付けた造語であることはつとに有名な話。
英バラクータのG9モデルが原型と言われています。
生地の組成は、綿60%ナイロン40%。かつて米シェラ・デザインのマウンテン・パーカーで使われていた防水素材で
その生地マークが大きな数字で「60/40」と書かれていたことから、ロクヨン・クロスと呼ばれていました。

もうこれだけでケン・コレらしい一品、ということでしょう、
このブランドにしては「珍しく」アイリッシュセッターの犬の刺繍がどこにもない、のであります。

ベージュとネイビーはわかるのですが、グリーンとブラックはちょっとめずらしいかも。サイズは、M,L,LL。私の着用はMです。

☆トレーナー地のカーディガン 18,000円(税別)

グレーとネイビー。

スウェットシャツをトレーナーと名付けたのも石津先生でした。
そのトレーナーの裏毛素材でカーディガンを作りました。
和歌山の吊り編み生地なので空気をいっぱい含んだ膨らみのある柔らかい仕上がりです。

リブがないので、襟なしVのニットジャケット、とも言えます。
季節を問わず使えるので重宝しそうです。
サイズは、M,L,LL。私の着用はMです。

☆アーガイル柄入りジップカーディガン 36,000円(税別)

今ケン・コレを担っているのは東京ボントンというアパレル企業なんですが、
ここはもともと墨田区でシニア向けのニット、カット、シャツなどの製品を得意にしている会社。
そんな「墨田ニット」お得意のジップカーディガンです。

10ゲージですからそれほど厚手ではないです。
胸のアーガイル模様はインターシャ編みで入れられています。
ジッパーをどこまで開けるか閉めるか、襟を立てるか寝かすか、で、表情がさまざまに変化する、
それでジップカーデの魅力でしょう。
サイズは、M,L,LL。私の着用はMです。

☆無地コーデュロイと綿ネル・チェックのシャツ 13,000円(税別)

細畝のコーデュロイ、綿100%。グレーとネイビー。
起毛の綿ネルは、グレーベースとネイビーベース。

サイズは、M,L,LL。

☆綿ネル・柄プリントのシャツ 15,000円(税別)

パッチワーク調の複雑な柄です。
ネイビー&グレー・ベースの柄とレッド&ブラウン・ベースの柄の2柄。
サイズは、M,L,LL。
サイズ表です。
決してぶかぶかのサイズ取りではないです。


当店のファンは必ず読んでください、この記事。

当店が移動ショップを行う「AndWool」の記事です。昨日の夕刊でした。
村松氏の活動はなかなか短い文章では書ききれないのですが、
さすがにうまくまとめてます。
ここと組めることは、大いに誇れます。

11月9日(土)の移動ショップ、ますます楽しみになってきました。
ぜひご予定ください。


(変更あり再掲) 入荷速報。フィンランドから届いたダウン、ヨーツェンJoutsen。レディス編です。

(商品の差し替えがありましたので、再編集しました)

フィンランドから届いたダウン、ヨーツェンJoutsen。
もうお馴染みですので、商品紹介から始めましょう。
今年はレディスから。かなりピンポイントに絞り込んだ品揃えとなりました。
(着用女性の身長は156cmです)

まずエストニアの新ファクトリーで作ったレギュラーコレクションから。

☆LUME – RED – S 99,750円(税別)

Sサイズですが、他の品番よりもゆったり目です。フード一体型。
着丈も93cmと膝くらいの丈です。

実際に見える色合いはトマトっぽくはなくて、このフィンランドの写真のほうが近いようです。

☆KIDE – SILVER – S ,   – BLUE – S      100,500円(税別)

SILVERとBLUE

BLUE

同じくSサイズをチョイスしていますが、コチラのほうが細身です。
着丈も88cmと短めです。

フードは外せそうで外せません。


SILVER(白っぽいですが白ではないです)

☆SUMU – SILVER – XXS  95,250円(税別)

シェイプをかけていないルースフィトのモデルで、
サイズ取り自体が大きめなので、XXSサイズを着てもこういう感じです。
着丈75cmでしかも前丈は少し差をつけて短くしています。
パンツでもスカートでも、がモデル写真からもお分かりでしょう。
こちらのフードは外せます。
色SILVERはKIDEと同じ色で、白っぽいですが白ではない色です。

———————————————————–

続いて、地球温暖化に対応した、ライトコレクション。日本の冬ならコレでも十分なんですよね。

☆VAULA – SILVER GREY – S  69,750円(税別)

ベルト付きですが、ベルトなしでもOkです。
ベルトループはないので自由な位置で締められます。意外とコレ大事なところ。
ファスナーがなくて、少しだけダブルブレスト気味にアシメにしたボタンで留めます。
フードが縦キルトになるデザインも面白いです。
着丈85cm。

☆LINDA – BLACK – M  77,250円

ロングセラー品番となりました、LINDAです。着丈96cm。
ダイヤモンド柄のキルティングが上は細かく、下は大きく、と、変化させています。
フードのてっぺんまでファスナーがつながっていて、シンプルなフードです。
小さめのサイズ取りなので、Mサイズを取りましたが、
うちのカミさんには少し大きいかも、という写りですね。

レディスは、以上の6種です。

ヨーツェンも最近は知名度が上がってきました。
百貨店や大手セレクトでも扱いが増えてきたからでしょうね。
価格の付け方はまちまちのようですが、
こちらで掴んでいる情報では、当店価格は概ね他所の25%offになっている見込みです。


ブランド紹介、工場探訪記はこちらへ

品切れなど在庫状況はwebshopでご確認ください。


入荷速報。フィンランドから届いたダウン、ヨーツェンJoutsen。メンズ編です。

ヨーツェンの2019年コレクション、メンズ編です。

新作は、ライトコレクションから。

☆PAASO  75,000円(税別)

DarkBlueとBlack。サイズはSとMの2サイズです。


ダークブルーはSサイズを試着しました。
フードも衿もない、シンプルなブルゾンタイプ。
それでいて、着丈はやや長めの安心丈。


ブラックは、ジャケットを着てMサイズを試着しました。
ビジネスにも使いやすい、というのが一番のウリです。

☆TAISTO – BLACK – S  109,500円(税別)


昨年からの継続です。かつての定番Arcticを継承したフル装備、北極圏仕様の一枚です。
ファー(アライグマ)だけもフード全体も外せます。それで表情はだいぶ変わりますよ。

☆ESKIMO – DarkBlue – S  96,000円(税別)

かつての名品を復刻させた限定生産のモデル。コットン混の素材がレトロ感を醸します。

ヨーツェンも最近は知名度が上がってきました。
百貨店や大手セレクトでも扱いが増えてきたからでしょうね。
価格の付け方はまちまちのようですが、
こちらで掴んでいる情報では、当店価格は概ね他所の25%offになっている見込みです。


ブランド紹介、工場探訪記はこちらへ

品切れなど在庫状況はwebshopをご覧ください。