イベント案内(詳細版)。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。4月18日(木)から5月20日(月)まで。10年以上続く4-5月の恒例企画。

今年も例年通りの開催です。

期間は、4月18日(木)から5月20日(月)の一ヶ月間です。

アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。
スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
日本で唯一の機会です。

ニックは今年も元気です。恒例の私とのツーショット。そして三好大使と直子さんと。

—————————————

期間中は、1月にアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた
最新サンプルをはじめ、多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文が届いたらすぐに生産に掛かることができ、
6月中旬の到着を予定しています。

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

商品のほとんどの画像は、ニコラス・モスの本国サイトでご覧いただけます。
https://nicholasmosse.com/
から、Patternsから行くと、色柄別に作れるカタチが一覧で、
また、Shapesから行くと、カタチ別に作れる色柄を一覧で、
というようにソートされますので、大変わかりやすいです。

また、価格表とカタチ&色柄の対応一覧表は、
メール添付で頒布できます。(ExcelまたはPDFで)
事前に予習したい方は、お申し出ください。
—————————————
最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。

(写真はすべて2019年1月の展示会のものです。原稿は昨年掲載記事を元に加筆訂正して掲載しています)


掲載記事紹介。メンズプレシャスにオモーリャのアランセーター。

なんか久々に商品貸出の依頼を受けました。
しかも春に、です。

本日発売のメンズプレシャス(2019Spring)です。

アランセーターは、今までいろんな紹介をされましたが、
エキゾチック、という評価を頂戴したのは初めてです。
一冊ごと全体が「世界名品図鑑」という体裁でまとめられていて、
面白い編集です。


本日メールマガジンを配信いたしました。

本日(2019年4月1日)16時42分頃に、メールマガジン配信ご登録の方々に宛てて、
BCCにて、月例のメールマガジンを一斉配信いたしました。

この記事をお読みの方の中で、メルマガ登録をしたはずなのに今日のメルマガが届いていない、という方がいらっしゃいましたら、
お手数ですが、当方までご連絡いただきたく、お願いいたします。
こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

また、この機会に、メールマガジンの購読をご希望の方は、
同様に問い合わせフォームよりお申し込みください。
(お名前、メールアドレスのほか、お誕生日、ご住所、電話番号のご記入をお願いいたします)


春の恒例イベント、ニコラス・モス・ポタリーの注文会です。4/18(木)から5/20(月)まで。たくさんの人も少しの人も、どうぞご予定ください。

アイルランドを代表するハンドメイドポタリー、
ニコラス・モスNicholas Mosse Potteryの注文会、
今年もGW期にかけての開催です。
(写真は今年1月の展示会風景です)

期間は、4/18(木)から5/20(月)まで。

ご来店が原則ですが、
過去にこの陶器のご購入実績のある方に限り、
メールでのご注文も受け付けます。


今年は、たまたまブースにニックが外出中でしたので、代わりに
三好真理駐愛日本大使と私の臨時秘書役ツアーガイドの山下直子さんとのスリーショットです。


スコットランドから、タータンのキルトやネクタイ、サンプル到着です。

これも1月の海外展示会で初取引となった、タータン専業の会社、
ストラスモアStrathmore、手持ちのタータンは400パターン近くあるという、
タータンの専業です。

ここから最初のサンプルが到着しました。

さて、ここから本オーダーまでどういう形でつなげようか、
実はまだ決めてないのです。
できれば、以前のように、キルトスカートのご希望を集約して、
個々のご注文に答えられるようにしたいのですが、
今年はまだトライアル、の段階です。

で、ちょっとでも興味のある方のリアクションを期待しています。
ぜひご来店お問い合わせ、お願いいたします。

参考価格帯です。
キルトスカート、レギュラーで、21,000円、ミニで16,000円、
ネクタイは4,500円とお土産価格です。


英国からリネンのシャツのサンプルが届きました。男女とも、なかなかいい出来です。

1月の海外展示会でサンプルオーダーをしていたリネンのシャツがようやく届きました。
あんまり遅いんで、シカトされたかと半ば諦めていたのですが、
なんの前触れもなく、いきなり届きました。英国らしい、というか…

英国のオックスフォード・シャツ・カンパニー、という会社です。
オックスフォードは会社の立地場所のことで、特段オックスフォード生地が得意、というわけではありません、念の為。
ついでに、生地はほとんどがトルコ製で、縫製はポルトガル、ということで、
英国製でもない、のです。これも念の為。

で、このリネンのシャツ、なかなかいい出来なんです。
細身っていってるけど、英国人のいう細身だから、ダボダボかもしれないなぁ、と、チョット疑っていたのですが、そんなこともなく、かなり出来たシルエット、ただ袖丈はやっぱり長いですけれど。

色はこのくらいあるみたいで、
現在の在庫状況は問い合わせ中です。

価格はメンズもレディスも10,000円から12,000円ぐらいになる予定です。

これから皆さんの意見や要望を集約して、4月末ぐらいに注文をまとめて出そうと思っています。


はじめてのところなので、ちゃんとした予約会、という形はとりませんが、
どうか一枚だけでも話に乗っていただけると嬉しいです。
ご意見ご要望を頂戴した方のご購入は、袖丈詰めを無料で承ります。

ご興味のある方、是非お越しください。見てみるだけでも、ね。

 


新着速報。シャツを作ろう!~夏向きの生地が追加になりました。すべて3,000円offイベントの対象です。間に合ったゼ…

オーダーシャツの生地に追加がありました。
いっぺんに撮りましたので、左上から解説します。価格は写真の表示をご覧ください。

左列は、リネンものです。
上から、伊レジューノのリネン33%混、
中段、国産カリビアンコットンでこれもリネン33%混、
下段、リネン専業のハードマン社製、リネン100% の無地が7色揃いました。

中列は、欧州素材。
最上段、トーマス・メイソンのストライプ、
二列目は、カンクリーニ。
三列目は、アルビニ。
ここまでは、伊製でコットン100%。
最下段は、珍しい素材で、伊レダ製のSuper120’sウール100%。
サマーウールでトロリとしている大人向きの素材です。

右列。
最上段。機能性素材に追加。綿100%でナチュラルストレッチ&イージーケア。ストライプ柄があるのが嬉しいです。
二段目。伊アルビニの生地ですが、これ、ニット素材なんです。ポロシャツと一緒。これをシャツ仕様で仕立てます。
三段目。おなじみリバティプリントに久々新柄追加です。
最下段。ありそでなかったシアサッカーの無地、白と紺。(これだけ3,000円offから除外品番です)

これ、全部、3,000円offイベントの対象品です。
昨日からのイベントなので、なんとか滑り込みセーフ、ってところです。

ついでに、先日初登場した機能性素材(汗染み軽減、防汚加工、透け軽減)について、当初はイベント除外でしたが、紹介キャンペーンということで、急遽対象品番に含むことになりました。