入荷速報。スペイン、サガ・イバニェスのレザー(メンズ)

スペインのサガ・イバニェスから、レザーアウターが届きました。

こことの付き合いも長いものになりました。
クオリティが良くて、同時にデザインも格好良くて、
メンズもレディスも同じコンセプトでコレクションがあり、
そして会社の態度もしっかりしている、
というと、
なかなかありそうでないレザーウェアのカンパニーなのであります。

まずは、メンズです。

★洗いをかけ、アタリも付けたラムスキンレザーです。
09fwibanesm21 09fwibanesm22
でも、ごわつかずに、とてもしなやかな風合いです。
ファスナーとポケットがアクセントになったライダーズ風。
衿のニット部分は取り外しができます。

チャコール(上写真)とベージュ(下写真)の2色。
裏地の柄が全然違う、というのも面白いところです。

09fwibanesm31 09fwibanesm32
ポケットの数を数えてみました。内ポケット3個を含めて、全部で11個ありました。
袖ポケットは左右で位置と形状が異なっています。

円高メリットがあったので、昨年よりも換算レートはかなり下がりました。\118,650。

★袖と背中をリブ編みのニットで構成したものです。衿もニットです。
革は上質なラムスキンで、さすがイバニェスのクオリティは品が高いです。

デザインは結構ワイルドなんですが、
ニットを部分的に使うことでかなり優しいイメージに仕上がっています。
色は、写真のブラックだけです。
09fwibanesm11 09fwibanesm12
ニット使いをすることで皮革の量を抑えたので、
価格も当然かわいくなりまして、\85,050です。

続いて、レディスです。
 


入荷速報。スペイン、サガ・イバニェスのレザー(レディス)

上の記事から続きます。
サガ・イバニェスのレディスです。

レディスは2スタイル。
まずはヒップ丈。洗っているのに柔らか仕上げのラムスキン。
09fwibanesw1_4 09fwibanesw22_2
ベージュとチャコールの2色です。
細めのベルト、隠さないで見え見えのファスナー、シャツの衿、エポレット(肩章)と、
うまく今らしさが取り入れられています。
09fwibanesw13 09fwibanesw14
ベルトのDカンにはレザーのアクセサリーのオマケ付き。
腰ベルトと袖口はシャーリング(ゴム入り)が入っていて、
これが女性ものらしい優しい印象を作っています。
\112,350。

続いては、ロング丈。
こちらもラムスキンでも洗っていますが、
上のものよりもエレガントさのある革です。、
09fwibanesw31 09fwibanesw42
衿のエッジ、袖口、裾をシャーリングして、レザーのロング丈コートというアイテムの印象を和らげてます。
裾はお好みで絞ってもらうことで、よりバルーン調のシルエットを作れます。
ウェストのシェイプのところのちょうどいい位置にハンドウォーマーがあります。
ファスナーはあえて隠さず、むき出しのアクセントにしているのは今年のトレンドといえます。

09fwibanesw33
裏がかわいい小花柄というのもチラリ見せでうまい配置です。

重たそう、に見えるでしょうか。いえいえ、そもそも重たかったら仕入れてません。
革というのを忘れてしまうぐらい軽いです。

ブラックとダークブラウンの2色。\129,150。


入荷速報。ジョン・スメドレーのカーディガン(メンズ)

ジョン・スメドレー、秋冬のメリノウール24ゲージのシリーズ、
メンズで遅れていた1スタイルが、ようやく入荷しました。

★カーディガンですが、衿付きでレザーボタンなので、
極薄のニット・ジャケットといった方がいいかもしれません。
09fwsmedleym6 09fwsmedleym5
普通のVカーディガンだとどうしても「老け」アイテムになってしまうので、
ジャケット風の方が見映えがいいはず、との思いでこのモデルをチョイスしました。
ボタンを幾つ外すかで、Vゾーンの開きを調整できるので、応用度が高いです。
長めの着丈、ボディやアーム回りは細身の出来です。\39,900。

左から、Deep Purple(リッチー・ブラックモアのタマホームじゃありません、単に色の名前です。モデル着用もこの色です。)
Mid Night(黒に近い濃紺です)
Star Anis (中華食材の八角のことですね。未入荷なので色見本として別品を参考に並べました)


入荷速報。インコテックスのパンツ(レディス)

ちょっと遅くなりましたが、
今シーズンのインコテックスのパンツ、レディス分が入荷しました。
今回は、5ポケットのコレクション(チンクエ・タスケ)です。
09fwincotexw3 09fwincotexw1 09fwincotexw2
素材はストレッチコーデュロイ(綿97%、ポリウレタン3%)。
スタイル名「BIANCA」。
置き撮りするとフレアがかかっているように見えますが、
人間の足が入るときれいなストレートラインが出ます。
写真のカーキのみ。ルーマニア製。\28,350。

えっ、これだけなの?とお思いの方、いますよね、きっと。
はい、実は同型でインディゴデニムも発注していたのですが、
ボツになり、入荷しませんでした。ゴメンナサイ。


入荷速報。スープレルースのトッパーカーディガン(レディス)

スープレ・ルースから、遅れていたカーディガンが届きました。
とても日本のカットソーものとは思えない、素晴らしい仕上がりです。

09fwsupleluz9
極細のカシミア糸を吊り編み機でゆっくりと編み上げた(いや、編み下げた、かな?)天竺は、
空気をまとっているような着心地で、
「天女の羽衣」ってこんなかなぁ、と感じます。
マフラーのような衿の付き方が非常に上手で、
羽織るとすっきりきれいなシルエットになります。

ロロなんとか、とか、クチなんとか、とかの
イタリアのラグジュアリーカシミアブランドの
何十万円のカシミアものと見まごうほどの美しさであります。
価格50,400円は、なんでこの価格?というほどの破格だと思います。
色は写真の「ナチュラル」のみ。


「チノパンを作ろう!!」始めました。

当店の「作ろう!!」<誂(あつら)え>の分野に、
またひとつ新たなカテゴリーが加わりました。

チノパンです。

素材と価格は、40/2高密度コットンギャバジンの国産素材で\19,950、
イタリア「beste」のスーピマコットンのツイル素材で\24,150、など…。

Orderpants1_2Orderpants2
スタイルはノータックだけですが、
サイズはウエスト65cmから107cmまでと幅広く対応でき、
裾幅を詰めるとか股上を浅くする、なんていう微調整もOK。
納期は約3週間です。

オプションとして、カーゴポケットや尾錠、パイピングやネーム刺繍、など、
チラッと遊べる要素がふんだんに用意されています。

Orderpants3Orderpants4
試着ゲージを兼ねた見本が10本、ようやく到着し、いよいよ受注開始となりました。

Orderpants5

このチノパンオーダーを始めてくれたのは、オーダーシャツのドゥワンソーイングです。
意欲的にオーダーの分野を拡げつつあるこの会社は、まずシャツジャケットのオーダーを春に開始し、次にこの秋チノパンをスタートさせました。
実は当初はチノパンの方もシャツジャケットと同時に春に始める計画でした。生地揃えの中に真冬用の分厚い生地が入っていないのはこのためです。ご理解下さい。


ご案内。ウールトラウザーズの展開でtexteqと業務提携しました。

当店のウールトラウザーズといえば、
ずっとインコテックスの一本槍で来たのですが、
今後は選択肢が増えます。

始めたのは、texteqのトラウザーズ。

ここのウリは、「英国やイタリアの上質なスーツ素材を使い、
フルハンドメイドの立体縫製、という最高技術を駆使して、
日本の会社が経営する中国の工房で仕立てる」
というもの。
とても手のこんだ素晴らしい仕上がりのトラウザーズです。
それでいて価格はすべて\21.000、というのも、くすぐられます。

09fwtexteq1

ウェブサイトをご覧いただければ分かるように、
ここの本業は、首都圏のショッピングビルではすっかりお馴染みの「鎌倉シャツ」(メーカーズシャツ鎌倉)です。
こちらの創業オーナーはVAN関係の繋がりで以前から良く存じていたのですが、
その古い縁から、このたびの取引開始となりました。

09fwtexteq2

入荷速報ではなくて、業務提携、としたのは次のような意味合いからです。

鎌倉シャツさんの直営店3店舗とウェブショップで販売しているtexteqのトラウザーズを
当店で取り寄せて販売できるようになった、ということなのです。

だから店は各柄一本ずつの在庫しか置いていません。
カタチはどれも同じノータックのデザインですから、
柄を選びサイズを決めて股下にピンを打つ、
それからすぐに取り寄せて裾上げをして、一週間後にお渡し、
というウルトラC(古っ!)をやり遂げます、ということなのです。

09fwtexteq3

今シーズンはフラノ、サキソニーの無地、千鳥格子、グレンチェックの柄物、など、
5柄で開始しています。
私もすでに一本履いていますが、
フルハンド、って履き心地、違います、やっぱり。


入荷速報。新登場・ダイヤモンド・ギーザーのシャツ(メンズ)

新登場、ダイヤモンド・ギーザーです。
この5月とある合同展で意気投合し、この秋から始めることにしました。

英国服への造詣は大変深いのですが、
それをそのまま出すのではなく、時代の服としてうまく表現した上で提案がなされています。

今シーズンはシャツを発注しました。

【グレンチェック】
09fwgeezer1

素材はトーマス・メイソン。
英国製最高級シャツ生地としてつとに名の知られたトーマス・メイソンであります。
イタリアのアルビニに買収されてイタリア生産となった後も、
変わらずにブリティッシュ・テイストな素晴らしいシャツ生地を作るところで、
当店でも一番お気に入りのシャツファブリックのブランドなのです。

【ロンスト】
09fwgeezer209fwgeezer3

普通ここまでいい生地だとあんまり遊びは付けないのですが、
この生地で遊びをやってしまったのがこのシャツです。

台衿裏、下前立て、カフス裏、剣ポロ、ポケット玉縁、裾の脇ピース、と、
考えられる箇所すべてに別柄を施しています。

【タッタソール】
09fwgeezer409fwgeezer5

柄は全く定番柄なのですが、細身のシルエット、短めの丈、で、「今」のスタイルになっています。

【ギンガムチェック】
09fwgeezer6_209fwgeezer7

今回は写真の4柄が入荷。衿型は全てボタンダウン。生地イタリア製、縫製は日本。\24,150。


入荷速報。コサエルズのベスト(メンズ)

このブランドも当店新登場です。コサエルズといいます。

あるインポーターさんの展示会で見掛けたのですが、ここ自体は国内モノで、
今風にいうと、ドメ・ブラ(ドメスティック・ブランド)のひとつです。

ミリタリーやワーク、カントリー、などのカテゴリーを得意としているところのようですが、
第一に、Cosael’s=こさえる=拵(こしら)える、というブランドネームが妙に気に入りました。

今回の入荷はベストです。
09fwcosaelbv1_209fwcosaelbv2

ワークな感じがとても良く出ていて、
それでいてジジ臭く重たすぎない、という仕上がりです。

きっとそのポイントは、素材なんでしょう。
ウール100%のライトツイードのように見えますが、
実は綿40%ポリエステル35%アクリル25%という複雑な三つの素材ミックスでして、
恐らくこれ、本来はレディス向けの生地ではないかと思われます。

09fwcosaelbv3
衿のカタチ、ポケットのデザイン、背中の見え方、カントリープリントの裏地、
なかなか上手です。

サイズは、今のドメ・ブラらしく、やっぱりけっこう小さめです。
モカとベージュの2色。中国製、\24,150。


入荷速報。フィル・メランジェのサイクリング・ジャケット

フィル・メランジェから、新入荷のGERRYです。\35,700。

09fwflmgerry1
サイクリングがモチーフになっているので、
左袖にチケットポケットが付いていたり、
脇ポケットのジッパーが下から開くようになっていたり、
という一工夫したデイテールになっています。

あ、ジッパーはririのプラスティック・ジッパーを使っています。
国産に固執するフィル・メランジェなのに、ジッパーだけはなぜかいつもririなんですよね。

衿裏にはカシミア混のコーデュロイを施し、
衿は立てても寝かしてもどちらにも対応できるようになっています。

裏地は袖にもボディにも付いていません。

後ろから撮るとこんな感じ。
09fwflmgerry2
色は、左:North Sea Blue(深海の深緑、かな?)、右:Scottish Tweed(嵐が丘のヒースの丘、かな?)。
どちらも多くの色を混ぜている深みのあるナチュラルな色合いです。

コットンがお得意のフィル・メランジェにしては、
珍しくウール100%モノで、
チロリアンジャケットのように
ニットの編み地をボイルして、フェルト化させています。

思わず、フリースみたい、と言ってしまうそうになりますが、
もともと「フリース」という単語は羊毛を刈り取ったウール原料のことを指す言葉で、
近頃よく言うところの化学素材のフリースは、
まるでフェルトウールのように暖かな起毛素材、ということから名付けられたのですから、
ウールがそもそもの元祖フリースなわけです。