帰国してます。

1月海外出張のその二、アイルランドとイングランド、から、
2週間前と全くおんなじ飛行機で土曜日朝に帰国しました。

やってきたことは、というとですね、
★ダブリンでの大展示会「SHOW CASE 」で、いろいろと発注…
私がこの大展示会に通い始めた10年ほど前は、出展者のほとんどはアイルランド国内の業者ばかりでしたが、
近頃のアイルランドの景気の良さを反映してか、
イングランド、スコットランド、アメリカ、の製品を売り込む参加者が増えて、
よりインターナショナルになってきました。
成果は、従来の取引先10数社に加えて、シャツジャケットやフェルト帽子などの新しいところも発掘ができ、
概ね満足な仕入れができています。
そして、ニコラス・モスとは、開店20周年の限定商品の打ち合わせがバッチリとできました。
夏には、世界で当店だけの柄が入ったボウルをお見せできることでしょう。
クレオにも、2年振りの新作となる、ショールカラーのショートジャケットをハンドニットで発注。
お楽しみに。

★紳士服地の産地を見学…
またまたわずか1ユーロの飛行機で未明のダブリンから英国マンチェスターに渡り、
そこから列車で毛織物の産地西ヨークシャー地方へ。
紳士服地の産地として名高いハダースフィールドを拠点に、
テイラー&ロッヂ、スコフィールド&スミス、エドウィン・ウッドハウス、の3社と、
古い織物工場をリストアして最近オープンした、リーズ市の産業博物館、を、
一日で駆けめぐりました。
英国の服地は何がどう違っていて、どこがどういいのか、
はい、しっかりとこの目で勉強してきましたよ。
スーツやジャケットのお相手のときにご説明しますね。

今回は、往復とも名古屋発着でしたが、なぜか行きも帰りも超満員。
あらかじめ予約時に希望の席を指定していたから、まだ少しは助かったが、
でも、とても騒がしくて、やたらに疲れました。


入荷速報・「TEI*JOHJIMA」(レディス)

生地の都合で、「ボツになっちゃいそうです。」と言われていた2点の入荷です。

★コットンのショールカラージャケット
★コットン七分袖ショート丈コート。ココらしい遊びが盛りだくさん、です。

店頭にご用意できて、ホッとしてます。


入荷速報・レディスオリジナルシャツ

春らしい素材を使った「名脇役なシャツ」が入荷しました。

※100番手双糸・薄ピンクドビーストライプ
※100番手双糸・ラベンダー畳み織ストライプ
※80番手双糸・白ドビーストライプ
※80番手双糸・ブルーグレンチェック

の4種です。


今週から「週休二日制」です(2月中旬まで)。そしてまた「店主不在日」が…

今週から2月中旬までの5週間は、月&火が連休となります。
一般の方が長期に休む、GWもお盆も暮れ正月も、普通に仕事をしている我々ですので、
このくらいの週休二日制はどうか認めて下さい。
月曜日にだけにしか来られない方には、大変ご不便をお掛けしますが、
何卒ご承知下さい。

そして、また「店主不在日」です。今度は24~26日の3日間で、
この3日間は、誂え品の受注業務は休止します。
今回は、アイルランド・ダブリンとイングランド・西ヨークシャー地域(リーズ、ハダースフィールドなど)の
4泊6日の旅程でして、
ちゃんと土曜日(27日)の午後1時過ぎには店に戻っています。


入荷速報・レディス春物第1弾。

春物最初の入荷は、

「コントン・コントニュ」から
★無地コットンの七分袖ブラウス
★無地コットンの七分袖ワンピース、

「TEI*JOHJIMA」から
★コーティングコットンのブラックウォッチ柄ジャケット
★ナイロンのジャケット、

です。

少しずつ、店頭ディスプレイに登場します。


帰国しました。そして偶然にも……

一月海外出張のその一、フィレンツェより、土曜日朝に帰国しました。
何してきたの、を簡単に羅列しますと、

★メンズの展示会「ピッティ・イマジネ・ウォモ」の視察…
…この様子はきっと各メンズファッション誌が詳細にレポートするでしょうから、
あえて私がココで速報する必要はないと思われます。

★ピッティ宮殿「アオスタ夫人の間」で開催の
「ザ・ロンドン・カット/セヴィル・ロウ・ビスポーク・テイラーリング」という展覧会…
この初日のオープニング・レセプションに出席していた日本人は、私を含めてわずか二人。
ということでその様子を日本語でレポートできるのは今のところ世界で私一人です。
早めにまとめてこのweb上にてお伝えいたしますのでどうぞお待ち下さい。

★フィレンツェ名物のステーキ「ビスティカ」を、
一晩はネクタイのドレイク氏一行と、もう一晩はセーターのウィリアム・ロッキーの一行と、
しっかりと食してきました。

★そして、帰国の乗り継ぎでフランクフルト空港の売店で4.5ユーロも出して買った日本経済新聞・国際版、
機内で拡げると、何と自分の名前が目に飛び込んできたのです。
金曜夕刊で長いこと続いている連載コラム、中野香織さんの「モードの方程式」で、
アランセーターの話に、私の著書が紹介されているではありませんか!

記事の内容は、別頁を作りましたので、クリックして読んで下さい。

中野香織さんとはまだお会いしたことはないのですが、
私は、彼女は女性でありながら、すでに日本での紳士服飾史研究の第一人者だと思っていますし、
また、必ず確証をベースにして、しかもとても平易に書くその文章は、
メンズ・ファッションにはこういう楽しみがあるのだ、ということを
広く伝えてくれていて、
私自身が彼女の著作はほとんど読了しているファンでしたので、
彼女が私のアランセーターの本を読んでくれていて、
それだけでなく、その内容にも高い評価をしてくれていたことを知り、
飛行機の席で思わずバンザイしたい気持ちになったのです。
(客室乗務員さんに、思わず「新聞のココに書いてあるこの人ね、実は僕なんですよ!」
と、言いたい衝動に駆られました。)

という、とんでもない嬉しいオマケが最後に付いた、3泊5日のフィレンツェ行でした。


店主不在日のお知らせ(ちょいとフィレンツェまで行って来ます)

1月10日(水)~12日(金)の3日間は、店主不在日となります。
この期間中、メンズのスーツ、ジャケット、ドレスシャツ、シューズ、など、
バイオーダー商品の受注業務を休止いたしますので、
何卒ご了承下さい。

定休日を絡めて、3泊5日の強行日程で、
フィレンツェで開催される世界一のメンズウェアの展示会「ピッティ・ウォモ」を
丸二日かけて視察してまいります。
また、今回特別に”Savile Row Bespoke Tailoring”という大変興味深い展示もあり、
そちらもしっかりと視察してくる予定です。

実際に店を留守にするのはたったの3日間で、
13日の土曜日の午後1時頃には店に戻ってますので、
アレ、いつ行って来たの?、という感じだとは思いますが、
どうかよろしくお願いします。


あけましておめでとうございます

本日3日より新年の営業を始めています。

「倶樂部余話」[216]の方にも書きましたように、
今年は開店20周年、ということで、
一年を通していろいろな提案を継続しますので、
どうかお付き合い下さい。

そして、年が明けましたので、
秋冬物の価格を見直し(値下げ)いたしました。
弱気なモノ、強気なモノ、様々ですので、
ご来店の折りはもう一度プライスの確認をしてみて下さい。

本年もよろしくお願い申し上げます。