今年の営業は今日までです。

本年の営業は本日にて終了といたします。今年一年のご愛顧、誠にありがとうございました。

三日間のお休みをいただき、新年は3日(木)の10:30より営業いたします。

皆様、どうぞ良い年をお迎え下さい。


入荷速報。スマートケース、マイナーチェンジで再入荷です。

「スマートケース」には売り言葉がいくつかあります。

その1は、1950年代のキャビンアテンダント(エール・フランス)の鞄を再現した、というヒストリー。

その2は、その当時も今も、その製造は兵庫県豊岡であり、つまり日本の技術でなければできない特殊な鞄である、という、テクニック。

その3は、アタッシェケースよりもはるかに使いやすい、その利便性。

などなどが挙げられます。

そのスマートケースがマイナーチェンジ。従来はゴールド色だった金具の色がシルバー色に変わり、より精悍なイメージになりました。

その他の特徴である、仏・ピエール・フレイ社のファブリックを贅沢に使用した内装や、赤い糸のステッチ、などは従来どおりです。

頼んでおいた注文分が年末に届きました。牛革・黒、\50,400。

Smartcase
Smartcaseinside


入荷速報。ヨーツェンの最終弾(メンズ)

Barrow1 フィンランドから荷物が到着。お客様から取り寄せを頼まれていたモノなどと共に、一品番だけ遅れていたBarrowが入荷しました。

ダウンのもこもこ感を取り除いたビジネス対応型モデルです。シェルはバリスティックナイロン調の素材で、衿には黒のフェイクファーが付きます(取り外し可能)。

定番のArcticと比べると見掛けはダウンの量が少ないように見えますが、ところがどっこい、結構な量がしっかり詰まって入っていて、ボディはもちろん、袖や衿の中にもちゃんとダウンが充填されています。

Barrow2従来のヨーツェンのラインナップとはひと味違う、大人のビジネスマン仕様です。ブラックのみ、\136,500。


入荷速報。コントン・コントニュ(レディス)

コントンさんから、春物第一弾が入荷しました。

スタイルは3種。

★ウールのチュニック。素材が軽いので、裾のフレアが軽快な印象です。袖のデザインが独特ですね。ネイビーとブラックの2色。\22,050。

★シャツの顔したチュニック。私が着るとなぜか、「絵描きさんみたい」と言われます。肩から胸に入ったプリーツが絶妙で、男の子っぽいアイテムを女性らしく見せてます。ベージュとブラックの2色。\19,425。

★七分袖ワンピース。コットンのミニ裏毛ジャージ素材です。写真ではパンツの上に着てますが、膝丈ワンピースとして1枚で着用可能なデザインです。こういうふわっとしたシルエットのワンピースは、コントンさん、ホントにうまいと思います。杢グレーとブラックの2色。\18,900。
0712141_2
0712142_3
0712143


「シャツを作ろう!」12/14より「オプション・フェア」を実施します(男女とも)

年に二回実施しています、オーダーシャツの「オプション・フェア」、前回は5月のGWでした。秋冬はどの時期にやろうかとファクトリーと打ち合わせをしてきましたが、仕上がりが年明けになってしまう年末時期に、いつもより納期が掛かってしまうお詫びの意味も込めて、ココで実施しようということで決めました。

期間は、12月14日(金)から30日(日)、です。

Do1optionfair もうお馴染みのイベントですが、念のため、内容を。「オーダーシャツで、通常は有料となるオプションを無料でお付けします(最大5つまで)」という企てです。ハンドステッチ、クレリック、ダブルカフス、など、いろいろと知恵を絞って楽しいシャツを作りましょう。

どうしても、オプションフェアのときのシャツは、普段よりもコテコテ&コリコリのシャツをお薦めしがちなので、シンプルなドレスシャツよりも、むしろオフタイム(またはクールビズ時)にノータイで着る上質なカジュアルシャツ、を一枚お考えいただくことを提案したいと思っています。春のときに作っていただいたお客様のシャツの写真を何枚か参考までに載せておきます。

あ、このフェアのときは、レディスのご注文も多いです。女性の方もぜひ、ご来店下さい。

Sany0870
Sany0868
Sany0864

Sany0853


入荷速報。パジャマでおじゃま、です(メンズ)

クリスマスに間に合いました。

So
シャツメイカー「スキャッティ・オーク」社の最上級ブランド「コンブリオ」に注文を出しておいたパジャマが、やっと今日届きました。

ちょうど、いい大きさの透明のケースがありましたので、それに入れて写真を撮りました。2柄2色ずつの4種です。

生地は、100/2や120/2の上質な素材ですが、薄手のブロード織りだと冬場に着るには「ひゃっこい」ので、ツイル織りの肉厚感のある素材を選びました。

縫製は、スキャッティさんが抱えるいくつかの工場の中で、一番ハンドメイキングの部分が残っている、東京の小さな工場で、本縫い仕様で仕立てられています。なので、Made In Tokyoのラベルが付いているんですね。

仕様もクラシックに、上着のボタンには贅沢な貝ボタンを使い、パンツの方は紐で引き締めるタイプにして、ゴムを入れてません。お腹に圧迫するストレスがないので、きっといい夢が見られることでしょう。

サイズは、Mだけですが、デカパンものなので、ほとんどの方がこのワンサイズでOKです。

価格は、\19,950。


今日と明日は、27年目の「ジョン・レノンの日」です

開店以来20年連続で、自己満足的に続けていることですが、
ジョン・レノンの命日に当たる12月8日と9日(その瞬間が日本時間では9日でした)の二日間は、
毎年店頭に彼の写真を掲げ、店内に彼の音楽を流します。

ささやかな企てですが、ご来店の方で気が付かれましたら、是非声を掛けて下さい。