入荷速報。秋の第一弾。英国300年の老舗シルクウィーバーStephenWaltersに別注したオリジナル・ネクタイです。

秋冬物の第一弾。

倶樂部余話【289】にてちょっと触れました、
別注のネクタイが仕上がりました。

13fw_walterstie_meeting
打ち合わせは、こんな感じで山のようなサンプルからのピックアップから始まりました。
昨年の11月、場所は恵比寿のウェスティンホテルの一室でした。

相手は英国で300年の歴史を誇るStephen Walters
Stephenと書いてスティーブンと読むのが英国式。
ですので、カタカナでは、スティーブン・ウォルターズです。
創業の1720年は、日本では享保5年。八代将軍吉宗、享保の改革です。古すぎる…
現在の所在地は、イングランド東部のSudbury。絹織物のファクトリーが集まっている街です。
英国ネクタイ業界の黒子役で、名だたる著名ブランドのタイ生地を製造しています。
そこに当店も隅っこの隅っこですがちょっこし仲間入りされていただくことになったわけで、実に名誉なことであります。

13fw_walterstie14

★まずは細幅のヘリンボーン織りに中柄の小紋で4色。
13fw_walterstie11

①ミッドナイト(濃紺)のベースに、ペチュニア(アサガオ系の紫)とマリンブルーの差し色。

②グラファイト(炭グレー)に、ピート(泥炭)とマリンブルーの差し色。

③ハワード(秋の草原のグリーン)に、ワインレッドとマリンブルーの差し色。

④マッド(ぬかるみの淡い土の色)に、フィールド(芝の真緑)とマリンブルーの差し色。

13fw_walterstie121 13fw_walterstie122_2
柄は先方の有り型ですが、
配色は私たちが考え抜いて決めた、全くのオリジナルです。

ドレイクスにありそうな感じでしょ、でもないんですよ、今シーズンの提案の中に。
なので、どうしても欲しい色を4色に絞り切って、別注したのです。

★次はマイクロチェック。ほとんど無地ですが、
紺色が下に潜り込んでますので、独特の光沢感が醸されます。
13fw_walterstie21

⑤ブラックのワープ糸を、ネイビー(紺)の地に入れています。

⑥キウイ(オリーブグリーン系)のワープ糸を、ネイビー(紺)の地に。

⑦フレンチブルーのワープ糸を、ミッドナイト(濃紺)の地に。

⑧スチール(ライトグレー)のワープ糸を、ミッドナイト(濃紺)の地に。

13fw_walterstie221 13fw_walterstie222_3

縫製は、国内です。ドレイクスと同じとこで、
仕立てグレードや副素材もドレイクスに準じてます。

さらに、ループは先端をとじこんだ丁寧な仕様にし、
13fw_walterstie23_2

そして、当店の別注らしくというか、
お遊びに、どれもそれぞれ小剣には大剣とは違う色を組みましたので、
チラリズムも楽しめます。
13fw_walterstie13

タイ幅は80ミリ。ドレイクスの85ミリよりも少しだけ細めです。
長さは145センチ、これはドレイクスと同じ。

価格11,550円(税込)は、値打ちだと思いますよ。


イベント案内。「ジーンズを作ろう!」岡山県倉敷市児島のオーダージーンズ、8月だけ15%offにて承ります。

8月、夏物は終わりかけで、秋物にははまだ不十分、一年で一番売上げの小さな月です。
この時期に仕掛けられるイベントといったら、かき氷…ですが、
それ以外に考えられるのは、オーダージーンズしかありません。

Img_7005

逆の言い方をすると、ジーンズというのは季節感に乏しくて、
一年12ヶ月どこでも仕掛けられそうでいて実は仕掛けるタイミングがない、というアイテム、
前置き長いですね、
はい、そう、だから8月は「ジーンズを作ろう!」なのです。

Img_7002

8月に限り15%OFF、というシンプルな特典であります。

13ssdenimpic

ちなみに価格帯ですが、
定番の「14oz(オンス)ビンテージデニム」で通常価格\29,400が\24,990、

人気の「12oz色落ちしないストレッチデニム」やこれでもかの「18oz超ヘビーウェイト」で、
通常価格\32,550が\27,668、

幻の「13.5ozデッドストックセルビッチ」で、通常価格\36,750が\31,238、

といったところです。

納期は大体一ヶ月です。

Img_7006

じゃ引き続き、細かく解説を、と、普通のアイテムならそう行くのですが、
ジーンズについてだけはそいつをやりません。
どうしてかと言いますと、ジーンズは細分化すればするほど買う気が失せる、
という特殊性があるんですね。

Img_7010
オーダージーンズを注文される方に、動機を伺うと、
一番多いのは、
「ジーンズ買おうと思ってお店に行くと、
なんだか細かく分かれすぎていて何を選んだらいいのか分からない。」
という声。

更に続けて「何も変わったものでなくて当たり前のモノでいいので、と、
試しにLevi’sの505を出してもらったら、
コレが昔のと全然変わっちゃってんだよね。
こうなったんじゃ、もう昔取った杵柄も役に立たないし…」

Img_7007
そうなんです。

当店でもいろんなアイテムのオーダーをやっていますが、
その中でも、オーダージーンズは一番贅沢かもしれません。
何もわざわざ作らなくても、既製品がたくさんあるじゃないの、というモノですから。

なのにそこそこにオーダーが入るのは、
上記のような方が意外にも多いということなんでしょう。

Img_7009

15%offのキャンペーン期間は8月31日(土)までです。

暑い中ですが、どうぞこの機会にご来店下さい。

さらに詳しく把握されたい方は、こちらのリンクをご覧ください。


期間折り返しにつき再掲します。「靴を作ろう!」サマーキャンペーン。オーダーシューズはすべて5,000円OFF(製造は宮城興業) リペアやケア用品も特典。さらに初注文者にはおまけ進呈。8/18(日)まで。

期間折り返しにつき、再掲します。

靴を作るなら夏、です。

以下転載です————-

倶樂部余話【297】を受けて、
今年も「靴を作ろう!」 サマーキャンペーンの実施です。

13ssordershoespop_2

期間は8月18日(日)まで。

①期間中のオーダー靴(通常時価格\37,800~、ブーツは2,100円増)は、すべて5,000円OFFにて承ります。
さらに初注文の方に限り、クリームとブラシを進呈します。

②靴のリペア(修理)を規定価格の20%OFFで受けます。例えばオールソール交換は10,920円~となります。
他社の靴も受け付けます。(程度によってお断りする場合もあります)

③上記の①か②と同時にレザーケア用品をお求めの場合、10%OFFで提供します。

メンズのみ。納期約一ヶ月です。

靴を作るなら、夏のセヴィルロウ倶樂部で。
ご用命をお待ちしております。


入荷速報。富士山世界文化遺産登録記念、「富士山ボウル」販売開始します。アイルランドのニコラス・モス・ポタリーに制作を依頼した世界で当店だけの富士山グッズです。

5月に先行予約を受け付けました、
ニコラス・モスの「富士山ボウル」が到着しました。
(予約募集時の記事はこちら)

Mtfujibowl1

冠雪の富士山、ミカン、お茶の葉、駿河湾の波、のデザインは、
2007年当初のオリジナルデザインと同じですが、

Mtfujibowl2

今回は、内側のヘリにも富士山を押しました。

Mtfujibowl3

なので、2013年版のサイン入り。

Mtfujibowl4

大きめのお茶碗サイズ。何にでも使いやすい、ベストセラーの大きさです。

価格は3,776円(税込)の標高プライス。

作った数は72個ですが、予約段階でかなり注文が埋まりましたので、
公開販売の数量が当初予定よりも少なくなっています。

早期の完売必至が見込まれますので、どうかお早めにご用命ください。


ニコラス・モスの陶器、入荷しました。ご予約の方への引き渡しを本日より始めます。大変お待たせしました。

ニコラス・モスの陶器が
アイルランドから届きました。
Img_6940_2
いつものように「割れ物注意」がベタベタです。
Img_6941Img_6942
アイルランドの、どローカルな新聞紙に包まれた厳重な梱包。

皆様からのご注文分、すべて揃いまして、
引き渡しの用意ができました。

お待たせしました。本日から引き渡しOKです。

遠方の方、送りの方、については、それぞれ別個にその方法などについてご相談いたします。


入荷速報。岡山の石田製帽からマニラ麻の中折れハット、入荷しました。わずか60グラム、クシャッとつぶせて脱いでも持て余しません。

夏の帽子、というと、すぐに浮かぶのはパナマハットでしょう。
ま、近ごろだと、セメント屋さんちの元総理のちぴっこギャングスタイルが
似合うか似合わないか、賛否両論です。
ただ、日本でパナマは果たしてベストなのか、というとちょっと疑問です。
カビも怖いし、それと結構かたいし重い。
本来がドレスアップのときの帽子なので、クールビズのように状態でかぶると、
それこそギャングに見えかねません。
それから、脱いだときに意外に持て余す。
これ大事なことで、帽子は被っているときのことばかりでなく、
脱いだときに持て余さないということ、とても重要な要素なのです。

13ssishidastrowhat3

ということで、理想を求めて、次の候補になったのが、
ずっと麦わら帽子を作り続けている埼玉県のTというところです。最近は通販でもときどき見掛ける機会があります。
麦わら帽子、まあ、ここではかっこよくストローハット、といいましょう、
これは確かに日本の夏にぴったり合います。
T社のデザインは、もちろんカールおじさんのような野暮ったさはないのですが、
でもどうもピンと来ない、どうしても月亭可朝……、ごめん。

13ssishidastrowhat1

で、巡り巡って辿り着いたのが、岡山県笠岡市の石田製帽さんです。
ここも古くからのストローハットファクトリーですが、主力は婦人用の既成帽子。
5月に浜松の百貨店で催事販売に出店していたところを掴まえまして、
そこで受注生産で作ってくれるマニラ麻の紳士の中折れ帽子を発注、
待つこと3ヶ月、ようやく届きました。

13ssishidastrowhat2_2
いやぁ、待った甲斐がありました。
何しろ、軽い、柔らかい、涼しい、かっこいい。クシャと持てる。
ハカリに載せたら、たったの60グラム、卵一個分の重さしかありません。
予想以上の素晴らしさです。
ただちょっと値は張ります、25,200円です。でも本パナマ帽に比べればずっと手頃です。

13ssishidastrowhat4

理想の帽子ではありますが、ここのデメリットもありまして、
それは、納期と数です。今回もたった2個の注文で3ヶ月ですから、
もしサイズ違い色違いのご注文があっても、今年はもう夏に間に合わないことになります。
なので、この夏はほんとにご紹介できただけでも良しとしていただいて、
来年は春先に注文を受け付けて、夏の納品、というシステムを採れれば、と思っています。

13ssishidastrowhat5

今回の在庫は、Mサイズのみ、で、ストライプのリボンの色が、濃紺と黒、の2種です。


サマー・リダクション。季節の商品と一部の通年物の価格を見直し(値下げ)します。7月5日(金)より。

秋冬ほどの在庫はないのですが、
夏物の在庫は極力持ち越したくないので、7月に入ったのを契機にドンと値下げします。
併せて予想よりも動きの鈍い一部の通年物も赤札を付けました。

代表的なブランドは以下のとおり。値下げ率は、それぞれ、いろいろ、バラバラ、であります。

☆ ナイジェル・ケーボン 英
☆ インコテックス 伊
☆ フィルメランジェ 日
☆ ザノーネ 伊
☆ ウィーク 日
☆ ピーチブルーム 日
☆ スープレルース 日
☆ ブルードブレス 日
☆ その他、サイズゲージ見本に使っていたリネンやコットンのジャケット数着あり。

7月は当社の決算月、在庫資金還元にぜひご協力下さい。


イベントのお知らせ。「靴を作ろう!」サマーキャンペーン。オーダーシューズはすべて5,000円OFFにて承ります。(製造は宮城興業) リペアやケア用品にも特典あり。さらに初注文者に限りおまけ進呈。8/18(日)までのロングラン。

倶樂部余話【297】を受けて、
今年も「靴を作ろう!」 サマーキャンペーンの実施です。

13ssordershoespop_2

期間は8月18日(日)まで。

①期間中のオーダー靴(通常時価格\37,800~、ブーツは2,100円増)は、すべて5,000円OFFにて承ります。
さらに初注文の方に限り、クリームとブラシを進呈します。

②靴のリペア(修理)を規定価格の20%OFFで受けます。例えばオールソール交換は10,920円~となります。
他社の靴も受け付けます。(程度によってお断りする場合もあります)

③上記の①か②と同時にレザーケア用品をお求めの場合、10%OFFで提供します。

メンズのみ。納期約一ヶ月です。

靴を作るなら、夏のセヴィルロウ倶樂部で。
ご用命をお待ちしております。