入荷速報。グレンオーヴァーGLENOVERが復活。まずは春のコート2モデルとシューティングジャケットを。

旧知のファッションディレクター赤峰幸生さんから
「実はね、グレンオーヴァーを復活させるという計画があるんですよ」
と電話で知らされたのは去年の夏のことでした。
それがやっとカタチになって商品が店に並びました。
IMG_7590
果たしてどのくらいの人がその名を記憶しているのか分かりませんが、
私にとっては懐かしいブランドです。
80年代後半、メンズトラッド業界を席巻したブランドとして、
当時は当社でも年間ン千万円の売り上げがあり、第一位の仕入先でした。

まさか20数年を経て、また『グレンオーヴァー』を扱うことになることになるとは、感慨ひとしおです。

と、まあノスタルジーに浸るのはこのくらいにして、商品紹介です。
先週、赤峰さんに直接お会いしてみっちり説明を受けてきました。

☆オフィサーズトレンチコート 98,000円(税別)
カテキュウとネトルの2色。
IMG_7593
赤峰さんの所有するアーカイブから掘り起こしたクラシックなトレンチコート。
オフィサー(officer=将校)用なのでエポレットやDリング、ガンショルダーなど武器装着のためのパーツは省かれています。
本来の軍服らしい着方を推奨したいとのことから、長めの着丈、ゆったりめのシルエットに仕上げ、
全季節対応を目的に袖にも身頃にも裏地は付けていません。IMG_7594
赤峰さんがどうしてもと譲らなかったのがこの素材と染料。
この綿生地、遠州浜松にある旧式のシャトル織機を使って、
ギザ88エジプト綿の強撚糸をゆっくりと二重高密度織り、にしたグレンオーヴァーのオリジナル素材。
産業革命初期の英国綿織物のイメージから、グラスゴーコットンと名付けました。
染めは天然染料で、赤褐色の方はカテキュウ染め。(アカシアの一種)、防腐剤としての効能もあるので古くから軍服を始めテントや幌にも使われてきた染料です。

カーキ色の方はネトル染め(イラクサ)。ハーブとしても使われるイラクサは防虫効果があり古くから英国陸軍服に使われてきました。「ブリティッシュカーキ」という言葉はここから生まれたのです。
IMG_7596
つまり、ただ、この色が売れそうだから、とか、カッコいいから、いうことではなく、意味を持つ染料と色出しだということです。
(この辺のくだり、久々に赤峰節炸裂、という感じでした。こんなに学者風に服を語れる人はこの人をおいてほかにいないのです。)
赤峰さん自身の着用シーンはこちらをご覧ください。

☆シューティングジャケット 78,000円(税別)
カテキュウとネトルの2色。
IMG_7598
トレンチコートと同じグラスゴーコットンを使って裏なしのジャケットです。
IMG_7601
背中両サイドのアクションプリーツや立ち襟もできるスロートタブなどなど、
こういうものを作らせると昔からやっはりグレンオーヴァーはうまかったよなぁ、と思い出します。
IMG_7600IMG_7602

☆マウンテンジャケットコート 88,000円(税別)
オフホワイトとネイビーの2色展開。
IMG_7603
アーカイブにのっとったクラシックな服だけでなく、
新しい素材で新しい服を作り出すこともグレンオーヴァーの得意技でした。
IMG_7606
ロングコートなのにフード付きでスポーティ、というナイロンコート、
赤峰さんのオリジナルなアイデアでした。
IMG_7605
このナイロン、この手の生地作りでは名の知れた、福井は丸岡の第一織物によるもので、
DICROS D.N.A.という素材。ダウンウェアのシェルとしても使われることが多く、防水性の高い高密度織物なのに動きの大変いい生地として定評のある素材。
IMG_7607IMG_7608
これを表裏の二枚合わせで使っていますので、全季節対応のレインコートとして重宝です。

このコート、「卒業」のダスティン・ホフマンが着ていたマウンテンパーカーをコートの着丈に長くしたアイデアなんだそうな。
こちらのリンクをご覧ください。

————————————–
亡くなった父がもう昔から赤峰さんのことを大変買っていたのです。たぶん70年代半ばごろ、WAY OUTの時からの縁で、そのころの赤峰さんまだ20代後半だったはずです。つまり40年来のお付き合いということになりますね。
赤峰幸生さんの会社インコントロのサイトはこちら


イベント。「シャツを作ろう!」いい生地だけを3,000円OFF!! 3/24(金)~4/17(月)。男も女も、オンビジネスもオフタイムも、コットンもリネンも。レディスではワンピースのオーダーも開始します。

春の恒例、シャツを作ろう! 3,000円off、の開催が迫りました。
今年は3月24日(金)から4月17日(月)までです。
DoVIPpop
レディスではワンピースのオーダーも対象になります。

オーダーシャツのイベントでは最も人気のある催事です。
ぜひこの機会にご注文をご検討下さい。

(期日前のご注文にもご応対いたしますが、生地の予約確保はできませんのでご了承ください。)


明日(3/17)はセント・パトリック・デーSt. Patrick’s Day。店の旗も変わります。

3月17日は、アイルランドの祝祭日、セント・パトリック・デーSt.Patrick’s Day。
ダブリン、ニューヨークを始め、世界中のアイリッシュたちがこの日を祝い、
ミドリを見にまとってのパレードもよく知られています。
Irish flag
当店もささやかながら、この日を祝います。
店の旗もアイルランド国旗に変わります。(~3/20)

もし明日から週末にかけて、街でミドリを身に付けている人を見かけたら、
きっとその人はこの日のことを知っている人。
そっと「Happy St.Patrick’s Day!」と声をかけてみましょう。
何かhappyなことが起こるかもしれません。
(単におかしな人と思われる危険もありますので責任は持ちませんが…)


イベント。英国ダッフルコートの老舗グローヴァオールGLOVERALLの予約会(特典付き)、男女とも。3/11(土)~26(日)。

ダッフルコートといえば、の、英国グローヴァオールGLOVERALL。
秋の入荷への予約会を始めます。15%offの特典付き。

受付期間は、3月11日(土)~26日(日)です。

男女ともおすすめモデルを一つずつ挙げておきます。

☆メンズでは、昨年復活した往年の名品キングストン。
img_7126-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_7134-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bccamel
厚手なのに軽量の100%ウールのヘリンボーン織、
スーツやジャケットの上からスッと着られるように袖裏地が付き、
3枚剥ぎの立体的なフード、袖へのダブルステッチなど、
凝ったディテールは当時のままに、
腕周り胴回りなど今では大きすぎるかつてのシルエットは今らしくすっきりとちゃんと修正されています。
(ただ、キツキツにはしてません、あくまでもゆったり目ですので、ご心配なく)。
img_7125-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_7135-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcgrey
しかも競合他社では15万円以上が相場というところを、
アンダー10万円で、というのが立派。
ダッフルコートの本家本元、グローヴァオールでなければこの決断はできなかったでしょう。
img_7127-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_7132-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcnavy
3色の展開。やはりネイビーの人気が根強いです。
ウール100%・英国製・標準価格96,000円(税別)

☆レディスは大人っぽいシルエットのモデル。
大人の女性らしい、やや長めの着丈で、
しかも適度にうまいウェストシェイプ、と好評です。
img_7128img_7131silver
img_7129img_7130cranberry
全部で11色あり、一度配色になったSKYブルーも復活しています。
style433FC、ウール80%ナイロン20%、英国製・標準価格68,000円(税別)。

もちろん、上記以外の品番も受け付けます。
ご来店での受付を前提としますが、過去に実績のあるお客様についてはご相談に応じますので、お問い合わせください。

 


入荷速報。ジーンズといえば、の岡山は児島で作ったファクトリエのオリジナルジーンズ(12ozセルビッチ)とチノパン。

製造は岡山・児島のジャパンブルー社。桃太郎でもよく知られたデニムファクトリーです。
生地は12オンスのセルビッチ(赤耳)。よくあるジーンズが13か14オンスですので、やや薄手、になりますが、頼りなさはないです。
ジーンズ定番 (2)
シルエットは極めてベーシックなライン。
ジーンズ定番
ファクトリエの代表山田さんがモデルです。
ジーンズ定番 (4)
実用性を考えて、ジッパーフロントになっています。
ジーンズ定番 (3)
16,000円(税別)

で、ほぼ同じシルエットでチノパンもあります。12,000円(税別)。
チノパンベージュ

ベージュと、

チノパンベージュ (2)

ネイビー、の2色展開。

チノパンネイビー


入荷速報。やっぱり革のベルトは固定サイズがいいよね。

革ベルトはシンプルであればあるほどいい。
で、フリーサイズものが多い中ですが、やっぱり固定サイズものの方が余計なパーツがなくて、さらにシンプルですので、
固定サイズもののベルトをやりたい、ということでファクトリエがそれを可能にしてくれました。

☆28mmカーフドレスベルト 、10,000円(税別)
ベルトドレスブラックベルトドレスブラウン
ブラックとブラウン。サイズ75~95cmの5㎝刻み。

☆カジュアルベルト・ブライドルレザー33mm 12,000円(税別)
ベルトブライドルブラックベルトブライドルブラウンベルトブライドルネイビー
ブラック、ブラウン、ネイビー。サイズ75~95cmの5㎝刻み。

☆カジュアル・メッシュベルト 15,000円(税別)
ベルトメッシュブラックベルトメッシュブラウン
ブラックとブラウン。サイズ75~95cmの5㎝刻み。

(展示はサンプル一本ずつで、サイズ違いは取り寄せとなります)


入荷情報。とろふわなのにコシがある、こんなパーカー見たことない。HAAGからかぶりと前開きの2モデル、男女兼用です。

三重県の川越町(桑名と四日市の間)にあるスマイルコットン社が開発した
独特の糸からなるHAAGブランドのコレクションに
フェクトリエが別注を掛けたパーカーです。
パーカーPOオートミール
詳しい技術的なことはよくわからないのですが、
何でもわたの繊維をひねった糸を再びひねりを戻すことで
コットン本来のふんわり感を醸し出したものなんだそうで、
パーカーPOグレー
オーガニックコットンでも吊り編み機でもないのに、
このふわとろ感でしかもそれでいてしっかりとコシがある、
という生地を実現させています。
パーカー細腹
しかも縫製も手が込んでいます。
組み立ては4本針のフラットロックのようですが、
まず、前身頃と後ろ身頃の間に「細腹(さいばら)」のパーツがありまして、
これ、リバースウィーブでは見かける仕掛けですが、
このおかげで胴回りがすっきりとフィットするようになっています。
パーカーダーツステッチ
また、ラグランスリーブの肩の頂点のところから袖にかけて
途中で消えてしまう不思議なステッチが一本施されていまして、
これ肩廻りをすっきりと見せるためにダーツを取ったものなんですね。
これは私、初めて見ました。
パーカー前開きネイビー
プルオーバー(かぶり)と前全開の2モデルですが、
それぞれ生地の厚さが異なっていまして、
かぶりの方が厚手で、前開きの方が薄手、となっています。
これも理にかなった違いだと感心します。
(ちなみに前開きに使うジッパーはWALDESで、これも三重県ですね)
パーカー前開きオートミール
で、分かりやすく2モデルとも同じ価格にしています。
18,000円(税別)は決して安くないですが、
試着すれば分かってもらえるはずです。
パーカー前開きグレー
厚手のプルオーバーは、オートミール、杢グレー、ネイビー。
薄手の前開きは、オートミールと杢グレー。

サイズ構成は、XS,S,がレディス向き。
M.L.LL.がメンズ向きです。


入荷速報。これは上出来、365なウールトラウザーズ、万能なグレーの3色展開。スラックス一筋のエミネントからの自信作です。

今月は、俱樂部余話【341】を受けて、
季節感がなく365日使える、を隠しテーマにした品ぞろえを進めていますが、
まさに、365なドレスパンツの傑作が入荷しました。
ZW (3)
生地はまさに9オンスの綾織り、真夏はちょい暑く真冬はちょい寒いけど、
でも全季節に対応できる生地です。
ZW (2)
製造ファクトリーはエミネント。ここは作業ズボンから最高級スラックスまで、
とにかくパンツ(ボトムス) 一筋50年の会社。こんな会社は日本では珍しいです。
ZW
70年代深夜放送などラジオばかり聞いていた私の耳には
いまだに「ミィネ~ントッ!」っというCMメロディが浮かびます。
あの頃はホップサックのベルボトムが流行りで、
当時は盛んに宣伝してました。うわぁ懐かしい。
ZWライトグレー
入荷したのはファクトリエが別注したオリジナルモデルですが、
試着してみて、ちょっと驚き。
お尻のくせ取りがすごいです。何と立体的なこと。さすが専業。
ピタピタに細身ではないのですが、お尻がすっぽりきれいに収まりました。
ZW3cols
グレーだけで淡、中、濃、の3色ぞろえという徹底した絞込みも
うまいところ突いてます。
(グレー、ダークグレー、チャコールグレー、と呼び分けます)
ZW (4)
サイズは、S(76cm)、M(80cm)、L(84cm)、LL(88cm)。
18,000円(税別)。

ビジネスマン必需の一本でしょう。


入荷速報。久しぶりにスニーカー。ファクトリエとムーンスター(月星)のコラボ。

メイド・イン・ジャパンのスニーカーといえば、月星、今でいうところの、ムーンスターに尽きます。
スニーカーホワイト (2)
ブリヂストンの里、久留米が世界に誇るバルカナイズ製法のスニーカー、
スニーカーという言葉が生まれるずっと以前、ズックの時代からの伝統製法を貫いています。
スニーカーホワイト
ファクトリエ印のムーンスターは4色。
スニーカーオフホワイト
ホワイト(真っ白)、オフホワイト(ナチュラル)、ネイビー、ブラック。
スニーカーネイビー
23-28㎝の男女兼用。12,000円(税別)。
スニーカーブラック


入荷速報。全季節対応のステンカラーコート。ポリエステルで作る、という発想は不覚にも今まで思い付かなかった。

ステンコートネイビー
岡山の玉野縫製で作られています。
ステンコートネイビー (2)
ここ、前は野海さんといって、コートの縫製一筋の古いファクトリーです。
当社もかつてカシミアのコートなどで直接の取引がありました。
それが20何年して今度はファクトリエを介してまたご縁が持てるとは、
不思議なものです。
ステンコートネイビー (3)
メンズのステンカラーコートですが、形状安定加工を施したポリエステル100%です。
この発想は不覚にも今まで思いつかなかったです。
でも全く安っぽくない。かなりの細番手高密度で、実際、たぶん下手な綿素材よりもよほど高い生地でしょう、
このポリエステル素材で、全天候対応のコートになりました。
ステンコートブルー (3)
裏地はベンベルグ(キュプラ)100%で、透湿性もパーフェクトですね。
ステンコートブルー
細身のシルエット、短めの着丈、で、ドレスにもカジュアルにも対応します。
ステンコートブルー (2)
ブルーとネイビーの2色。46,000円(税別)。