お知らせ。アイルランド・フェスティバルinふくろい。3月10日(日)11-15時。袋井市役所前にて。

アイルランドに20数回も行っている静岡県人としては、
アイルランドと静岡との交流に協力しないわけにはいかないでしょ、ということで、
先日袋井市役所に赴きまして、詳細を伺ってきました。

アイルランド・フェスティバルinふくろい。
3月10日(日)11-15時。袋井市役所前・総合センターにて。

今回は私が何かを出店するということではないのですが、
在日アイルランド大使もみえるので、
私も当日は13時ぐらいまで出席しています。

人が少ないと寂しいので、お近くの方でお時間のある方は、
ぜひ遊びに来てください。
セント・パトリックディに掛けた企画なので、
なるべく緑のモノを身にまとってお越しください。

えーと、なんで袋井でアイルランド?、という疑問にも触れておかないといけないですか。
今年のラグビーW杯、日本vsアイルランド戦がエコパスタジアムで催されること、
来年のオリンピックに当たり、アイルランドの選手団が袋井市でキャンプを張ること、
ということで、アイルランドとの交流を深めようという趣旨であります。


イベントの予告。シャツを作ろう!~いい生地だけを3,000円off!!。春の開催日程が決まりました。

年二回の企画、「シャツを作ろう!~いい生地だけを3,000円off!!」
開催日程が決まりました。

3月21日(木・祝)より4月15日(月)までの、
週末4回を含む約4週間です。
当店顧客につきましては、3月14日(木)より仮受付を始めます。

生地の種類や内容は昨年と同様ですが、
このイベント時期に合わせて、新しい生地も多数登場しますので、
新生地の内容が分かり次第、また、詳細をお知らせいたします。

取り急ぎ日程をお忘れなく、ご予定ください。


入荷速報。丸和ニットのニット生地ジャケット&パンツ、今年もやります。ブラックが新色に加わり3色展開に。

昨年も大好評。
「ホントはこんなのが欲しかったんだよね」
「これでいいんだよ」
「色違いで持ってたい」
と、予想以上の反響でした。

今年は新たに、ブラックが追加になり、ネイビー、グレー、と合わせ、3色展開に。サイズも、M,L,LLに更にXL(=LLL)が出来まして、ふくよか体型さんにも大丈夫です。

では、昨年のブログを以下に貼り付けて、変更事項だけを訂正しましょう。
2018年3月3日掲載記事
入荷速報。丸和ニットの新作は、春夏秋OKのニット生地ジャケット&パンツ。お得意のバランサーキュラー機と縫い代なしの突き合わせ縫い。シルエットも想像以上によく出来てます。

今までも何度か紹介してきた、和歌山は丸和ニットのジャケットです。
(ブランド名は、ビブレイン。紹介記事はこちらで)

新作は春夏秋対応のセットアップです。


上も下もLサイズを着ています。私だいぶお腹が出てきましたね。ウェスト86cmぐらいかな。

ポリエステル61%、キュプラ(ベンベルグ)30%、ナイロン9%。ネット洗い可。
色はネイビーとグレー、そしてブラック、の3色。(2019年版より)
ジャケット24,000円(税別)、パンツ16,000円(税別)。M, L,LL,XL(=LLL)の4サイズ(2019年版より)

(わかりやすく赤い線で示しました。縫い代なしで縫合しています。コレが裏側ですよ。)

生地は日本で4台しかない大変複雑な機械「バランサーキュラー」で編み織り上げた、丸和ニットだけが作れる特殊生地。伸縮するのに伸びっぱなしにはならない、という奇跡のような素材です。
それを縫い代のない突き合わせ縫合という特殊ミシンで組み立てています。

このことはもう皆さんよくご存知ですよね。
今回の新作は、シワになりにくく、水洗いもできて、トラベルの携行にも便利、
という利便性を重視したため、
天然素材に固執することなく、また上着の作りも身返しも背裏地もなしの簡略仕立て、で仕上げています。

想像以上に出来が良いのが、ワンタック入りのパンツ。

尻も太腿もあり、お腹も出ていて、足も短い、と、コンプレックスだらけの私が履いても、ご覧のとおり、悪くないでしょ。(Lサイズを履いてます)

ね。さすがに縫い代なし突き合わせ縫合はパンツでは出来ませんが、
裏地を付けず丁寧に、しかも水洗い対応可能で、仕立ててます。

今日展示サンプルが届いたので急いで写真をとって自分の言葉で解説を書きました。
実は丸和ニットのサイトにも動画入りで詳しい商品説明がありますので、
こちらの方も是非参考にご覧下さい。こちらです。

(先方サイトにはレデイス版も一緒に紹介されています。試着サンプルを用意しているのはメンズだけですが、レディスも取り寄せができます)

上着はカーディガンのような、パンツはジャージのような、そんな楽チンな着心地ですが、
そこそこにはサマになるという、さすがのメイドインジャパンであります。


サンプル到着しました。これが自慢のガンジーセーターであります。

グラスゴー出張の成果、
英国Channel Jumper社から、
ご自慢のガンジーセーターの現物見本が届きました。

写真では、このブリティッシュウールのずっしりとした質感がなかなか伝わらないので、
是非体感していただきたいです。

初年度なので、原則的には、ご注文いただいた分だけの発注に留める予定です。
「所有したい」とのご希望のある方は、予めご注文を入れていただけるとありがたいです。


入荷速報。トラウザーズを愛でよう!2019年春夏モノのトラウザーズ・パンツの生地見本、揃いました。

今年のトラウザーズ類の生地見本が届きました。
トラウザーズは在庫を持たないので、取り寄せ、または、作る、という選択になります。

まず、取り寄せ、の、テックス・テック。鎌倉シャツさんの企画するトラウザーズで、イタリア製の生地を使って、石川県のファクトリーで縫製します。
価格はどれも20,000円(税別)+裾上げ代、となります。

ストレッチのトロピカル無地(左上)、
使いやすい極小千鳥格子柄(マイクロ・ハウンドトゥース)(左下)、
やや光沢感のある薄手の綾織り(右上)、
防シワ性、通気性、撥水性、がウリのスーパーソニック(右中)、
ウールなのにカジュアル感のあるホップサック(右下)、
など、選択肢が豊富なのが嬉しいです。
まだ仕上がっていないものもありますが、3月末までには全部揃う予定です。
ご注文から5日後ぐらいに届きます。

作る、の方では、興味ある生地が入ってきました。

なかなかいい色目でしょ。
それほど薄手ではなく、適度なハリもあり、白も透けにくいです。
伊ロロ・ピアーナの綿100%、26,000円です。
細身のシルエットは評判が良く、
また、佐賀県のエミネントでの縫製テクニックは、お尻は丸い、ということを実感させてくれます。
水洗い可能な仕様でもできます。
ただ、納期が一ヶ月ほど掛かりますので、ご注文はお早めに。

 


入荷速報。スーツとジャケットの生地見本(英国製とイタリア製)、お値打ちの「年落ちバラけ」モノです。

30年来のお付き合いをしている輸入服地卸のM社、
ここの三代目社長とは、偶然にも同じ小学校の同窓なんですが、
そんなこととはまったく関係なく、
半年ごとに、お値打ち生地を提案してきてくれます。
その春夏バージョンが届きました。

昨年モノ、一昨年モノで、色揃えがバラけてしまったものを、
評価替えしてマークダウンしたモノたちです。

その中から、特におススメの生地を写真撮りしました。

スーツ生地、左列6柄がドーメル(英国製)、中列と右列12柄がロロ・ピアーナ(伊製)、

参考価格71,000円(税別)(ML社のファクトリーでシングル上下の場合)です。

ジャケット生地、こちらはすべて英国のウッドハウスの生地、
と言えば、ご存知エアウールですね、その一群です。

参考価格51,000円(税別)(ML社のファクトリーでシングル上着の場合)です。

割と早めに品切れすることが多いので、生地だけ先に買っておいて、
あとからゆっくりオーダーする、という、二段構えもありです。


公聴会。モーン・テキスタイルMourne Textiles。秋冬のスカーフのご意見やご予約を受け付けます。

昨年から始めた北アイルランドのモーン・テキスタイルMourne Textiles。
ここと取り組めたことがどれほどの喜びだったかは、
去年書いたこのブランド紹介を読んでもらうと、わかっていただけることと思います。
ブランド紹介:モーン・テキスタイル Mourne Textiles

次の冬のカラーサンプルが届きました。
発注までにちょっと時間があるので、皆さんのご意見やご予約を集約する、
公聴会を開きます。3月いっぱい受け付けます。

☆新作は、ヘリンボーン柄。


元々は、1960年代に創業者ジャード・ヘイエディGerd Hay-Edieが、
アイルランドのファッションデザイナー、シーラ・マラリーSheila Mullallyのために作った生地のアーカイブで、
昨年やったマフラーと同じ組成の、メリノウール84%・カシミア8%・シルク8%。
アイルランド・ドネガル地方で作られたこの糸を、
ハタースリー・ルームHattersley Loomという英国製の古い手織機にかけて織られます。

サイズは、38 x 200cm。色は9色から選んでください。
予定価格16,500円(税別)です。

☆も一つ、始めるのが、モヘア混の大判ストール。
やはり1960年代にジャード・ヘイエディGerd Hay-Edieがデザインし、
ロンドンのリバティで販売されたものがベースです。

メリノウール63% モヘア32%。サイズは75 x 200cmと普通のマフラーの倍の幅になります。ブラック&ホワイト、ホワイト&ブラック、ライトグレー単色、の3柄からのチョイスとなります。予定価格29,500円(税別)。

☆もちろん、昨年からのマイクロチェック柄も継続します。全15色です。

メリノウール84%・カシミア8%・シルク8%。
アイルランド・ドネガル地方で作られたこの糸を、
ハタースリー・ルームHattersley Loomという英国製の古い手織機にかけて織られます。

昨年やりました30 x 200cm 予定価格16,500円(税別)に加えて、
その倍幅の75 x 200cm、29,500円(税別)、も受付可能です。

このブログ記事から選べないこともないですが、
できれば、この色見本は実際に直接見ていただきたいです。

たくさんのご意見を集約したいのです。ぜひご参加ください。

 


入荷速報。リズ・クリスティLiz Christyの手染め手織り「モネのスカーフ」、アイルランドから持ち帰りました。

リズ・クリスティLiz Christy とは20年来の付き合いになります。

毎年1月、ダブリンのトレードショーでの2ショットはもう恒例になりました。
(写真は2019年1月撮影)

手染めで手織りのスカーフは世界に数多(あまた)ありますが、
リズの特徴は絵画のイメージを取り入れているところ。

大好きなモネの絵画からインスパイアされたカラーリングを綿100%の経糸(たていと)で表現して、
写真のように手織り機に組み込みます。スカーフの両端に出るフリンジに現れているのがこの経糸ですね。
リズはモネの絵画22種からインスパイアされたカラーリングのレシピを持っていて、
現在は長年人気の高い10種の絵画のカラーリングを数十メートルの単位で巻き付けて常備しています。


緯糸(よこいと)はブークレ(糸の輪)のあるウールの糸を、リズが自分で多色染めをします。
同系色だけで染めることもあれば、写真のようにコントラストの強い数色を染め分けることもあります。色のコントラストが強いほどスカーフはストライプ感が出てきます。
この緯糸の染色はとても少ない単位で頻繁に実施していて、もうリズの気分次第、という天性の感覚でイメージされていきますので、まさに無限の種類が出来上がります。
染め上がった緯糸はシャトルに巻き取って、手織り機にセットされます。

このように、リズのスカーフは、モネの経糸(綿100%)と手染めの緯糸(毛100%)の組み合わせで表現されます。

サイズは幅34cm x 長さ180cm (+フリンジ8cm x 2)。価格18,500円(税別)。

※経糸「睡蓮」 x 緯糸「ラベンター・ドリーム」

※経糸「睡蓮」 x 緯糸「ワイルド・ルピナス」

※経糸「ジャパニーズ・ブリッヂ」 x 緯糸「ヨルガオの花」

※経糸「モンジュロンの池」 x 緯糸「ダーク・タペストリー」

※経糸「モンジュロンの池」 x 緯糸「斑(まだら)の薔薇」

サイズは幅34cm x 長さ180cm (+フリンジ8cm x 2)。価格18,500円(税別)。
ウェブショップからお求めになれます。

(記事掲載時に手元にあるものを載せています。
リアルな在庫状況はウェブショップ内にてご確認ください)


お知らせ。2/10(日)18時からの「世界遺産」(TBS系)は必見です。

次週の「世界遺産」は、「アイルランドの巨大遺跡の謎 ~ ボイン川沿いの遺跡群」。6000年前の遺跡ニューグレンジの内部撮影が特別に許された貴重な映像です。ぜひご覧ください。2月10日18時より。
https://www.tbs.co.jp/heritage/next/

我がアランセーターの師、故バドレイグ・オシォコン氏は、このニューグレンジの巨石に彫られた模様こそがアランセーターの柄のルーツだと、説いていました。
アランセーターの旅はここから始まるのだと。

そして、この番組制作にあたっては、私の有能なるダブリンの友人、アイルランド公認ツアーガイドの山下直子がいい仕事をしました。
http://naokoguide.com/blog-entry-2863.html

ぜひぜひ番組をご覧ください。


スーツを作ろう!~フロンティアを那須夢工房で、お彼岸までの特別価格で

赤いバンチの英国生地ハリソンズで一番の売れ筋「フロンティア」が
3年ぶりにリニュアルされましたので、それを記念しての特別企画です。

平織り300グラム、英国では春夏物の中では一番厚手という位置づけのようですが、いい意味で季節感の演出がないので、真冬と真夏以外のどんなときにも使える重宝さから、
「困ったときのフロンティア」として今までも何十人に何十着お薦めしてきたことか、
今回のリニュアル後は90種の色柄が揃いました。特に茶系が増えたようです。

最初はちょっとコシの強い生地ですが、それがかえって型崩れしないメリットになり、2~3泊の出張にもしわがつきにくく、
だんだんに着る人の体型に馴染んでくる素材ですので、
この特性を活かせる工場はどこよりもプレス工程に手間をかける那須夢工房をあてがうのが最適と判断し、フロンティアと那須を組んだ企画としました。

で、暖かくなる前の早期受注を促進するため、お彼岸(3/21)までの特別価格を設定します。

通常98,000円(税別)のところ約20%offの79,000円にて承ります。(価格はシングルスーツ上下の場合)
自分で言うのもなんですが、生地と縫製のクオリティを考えるとかなりのお値打ち価格だと自負できます。

冬物じゃなくて、春から秋、いつでも使えるようなスーツが一着あるといいんだよ、という方、ぜひこの企画に乗ってください。