イベントのお知らせ。スーツの生地を選ぼう!!服地押さえよう会(男女とも)8月末まで

熔けてしまいそうに暑い毎日ですが、もう秋冬物のお話です。すいません。

昨年も好評でした「服地押さえよう会」を開催します。8月末までです。
早い時期に生地だけを買っておく、ということで、
生地代を通常の30%offにて提供いたします。
10fwkuclothes
今年は、英国モノ抜きで、国産の葛利毛織のみで展開します。
というのも、つまり、名前だけの「英国製」よりも、
知名度はなくてもクオリティ抜群の葛利さんの生地の方が
圧倒的に人気があった、という昨年の実績があるからなのです。

揃えた服地は、大別すると3種類で、
super120’s、super140’s、そしてシルク混です。
すべて旧式のションヘル織機によるスローな服地で、
全部で約50種類あります。

10fwsuit1_210fwkuaws120s   
①super120’s 

昨年も一番人気でした。タスマニアウールのsuper120
秋冬物でも薄手に属し、オールシーズン対応、といってもいいぐらいの服地で、
一年での出番が最も長い期間にわたる、働き者の服地です。

通常参考価格\37,800のところ30%offの\26,460が生地価格です。

生地代だけでは価格感が掴みにくいでしょうから、この生地代に仕立て代(シングルスーツ上下)をプラスした合計価格もご案内します。
クオリティ・ライン(アルデックス)で\83,160、第3ファクトリーM社のバジェット・ラインですと、\59,850、と、
これだけの品質の生地で5万円代のスーツ、が、実現できます
レディスは用尺によって変わりますが、おおよそ7万円台後半です。
(以下の②と③の価格表記も上記に倣って表記します。)

10fwsuit2 10fwkuaws140s
②super140’s
昨年の二番人気。
フラノのタッチなのですが、実際にはかなり軽いしそれほど分厚くもない、
つまり、見かけほど暑くないので、早い時期から着られる、暖冬でも着られる、
というメリットがあるのですね。
そしてsuper140’sの糸ですから、実にソフトでナチュラルにストレッチしてくれて
体に良くフィットするんです。

通常参考価格\49,350のところ30%offの\34,545が生地の価格です。
(クオリティ・ラインで\91,245、バジェット・ラインで\67,935、レディスはおおよそ8万円台前半)

10fwsuit3_3 10fwkuawsilkmix
③シルク混
シルクをミックスする、という狙いは様々でして、
光沢感を出したい、とか、起毛感を消したい、とか、タッチにシャリ感を持たせたい、とか、
いろんな効果を求めています。
葛利さんは以前から伝統的にシルク混の服地が得意でして、
けっこう特徴的な服地をいろいろと送ってくれました。

通常参考価格\37,800のところ30%offの\26,460が生地の価格です。
(クオリティ・ラインで\83,160、バジェット・ラインで\59,850、レディスおおよそ7万円台後半)

=======================

ほとんどの服地は現品限りですが、長さは様々ですので、生地によってはスリーピースやスペアパンツ付も承ることができます。

まだまだ暑いので、今は生地だけ押さえておいて下さい。
涼しくなってから縫製のオーダーをかけていただければ構いません。

但し、生地代だけは先行してご決済をお願いしておりますのでご理解下さい。


入荷速報。「フィル・メランジェ」の長袖TシャツDEANとDELUCA(レディスサイズ)

「フィル・メランジェ」から長袖Tシャツが届きました。

長袖タイプには男性よりも女性からの要望が多かったので、
今回は、レディスサイズ(サイズ1と2)のみの入荷です。

10ssfmdeandeluca1

クルーネックは「DEAN」、ちびVネックは「DELUCA」といいます。
ふたつ並べると、Dean & Deluca、あれっどこかで聞いたことがあるような…。

まずは「DEAN」。
10ssfmdean2_2 10ssfmdean3_2

入荷したのは、4色。
10ssfmdean1
上から時計回りに、LogwoodBlack、Melange、White、RealNavy。

続いて「DELUCA」。
10ssfmdeluca1 10ssfmdeluca3_2
ここのVネックは、リブ使いが通常と90度方向が違うので、
VのV字の部分がデレンとせずにちゃんときれいなV字を出してくれるのです。これがすこぶる好評なんです。
(何言ってんだか、分かるかなぁ?分かんないだろうなぁ。分かんなかったら店頭で聞いて下さい。)
入荷したのはLogwoodBlack、RealNavyの2色。
10ssfmdeluca2

素材は、フィル・メランジェの定番TシャツSunnyやVictorと同じ
ブラジル原産、トルファン育ちの超長綿「オーリンダコットン」。
これを特番手に紡績し、
吊り編み機で柔らかく編み上げたふんわりとろっとした仕上がりです。
半袖Tシャツですっかりおなじみ、の、あの素材です。

このクオリテイーを洗濯機でガンガン洗える、というのも女性にはうれしいところ。

10ssfmdean4
肩部分のステッチ(半袖のときとおんなじです)と左袖の「Fil Melange」ロゴが特徴、
といういたってシンプルなデザイン。

どちらも\8,925。


イベントのお知らせ。スーツを作ろう!!「ゴーゴー・フォーマル」キャンペーン、8月末まで

倶樂部余話【260】に書いたとおり、第3ファクトリーとしてM社の導入をスタートします。

それを記念して、それと閑散月ということもあり、
普段は値段のいじりようがない
「フォーマル」(黒の略礼服)を、税込\55,000で作りましょう、
というキャンペーンを実施します。(メンズのみ)

Formalclothes

服地は、夏、冬、合い着、と数種類を葛利さんに用意してもらいましたが、
どの生地を使っても、価格は\55,000で統一します。

55という価格に掛けて、「ゴーゴー・フォーマル」キャンペーン、と名付けました。
Dinnersiut
フォーマル服は不要不急のもので、備えあれば…の保険のような品ですので、
分割10回払い無金利、のお支払いも大歓迎で受付いたします。
Windsor
ぼちぼちフォーマルをちゃんと用意しておかないといけないよなぁ、と思っていた方、
好機到来です。

是非この機会にご用命下さい。


イベントのお知らせ。靴を作ろう!!「ブーツを作ろう」キャンペーン、8月末まで

大河ドラマ「龍馬伝」の冒頭タイトルバックで、坂本龍馬の履いているブーツが映りますね。
私には、紐がチラッと見えるような気がするのですが、
長崎のある靴屋さんが調べたところでは、
龍馬が実際に履いていたのはサイドゴアブーツであったらしいです。

また、福澤諭吉は、慶應三年に著した「西洋衣食住」で、
沓(くつ)シウーズ、として、やはりサイドゴアブーツをイラストとして紹介しています。

10ssshoes1_2 2

また、諭吉自身が乗馬服姿でレースアップのブーツを履いている写真も残っています。

文明開化の時代には靴と言えばブーツのことでした。
フィッティングの技術が向上するにつれて、だんだんと短靴になっていくのですが、
それだけフィット感についてはブーツの方が短靴よりもはるかに長けているということが言えるでしょう。

と、また前置きが長くなってしまいました。

8月のイベントは、「ブーツを作ろう!」です。

8月末までのブーツのご注文に限り、\6,300off、といたします。
つまり、通常\39,900のところ\33,600で承ります。

納期が一カ月ですから仕上がりは9月、はい、もう秋です。
この秋冬はブーツを一足持ちたいものです。
Myes21 Myes34 Mycs121
Mymd06 Mymd07
チャッカーブーツ、ジョッパーブーツ、カントリーブーツ、エンジニアブーツ、デザートブーツ、
ブーツもいろいろありますが、
私も福翁先生に倣って、サイドゴアブーツを作ってみました。革は黒のヌバックです。
My574es26nu10yaichiro
こんな感じです。秋が来るのが楽しみであります。

なお、このキャンペーンと「はじめの一足」キャンペーンの併用はできませんのでご了承下さい。


「サマー・リダクション」季節の値下げです。22日(木)より

めでたく梅雨も明けまして、夏空全開の静岡紺屋町なう、です。

春夏物の在庫はそんなにないのですが、梅雨明けしたので、
メンズレディスともに、22日(木)より価格の見直し(値下げ)をします。

また、冬物の「南半球コーナー」も更に価格を突き詰めます。
南半球を突き詰めると、今が真っ暗厳寒の南極に行き当たりますから、
これを「南極バー」と名付けてみました。
(懐かしいです、南極バー…。ペンギンの絵の「ガリガリ君」みたいなアイス…、
と言っても知らない人も多いかなぁ?)

8月は、最閑散月にして、本決算月、と、私たちが一番弱気になってしまう月です。
攻められるとすぐに押されちゃいます。
どうぞ私たちをいたぶるのを楽しみに期待して(?)ご来店下さい。

Red Labelの方の表示価格も直しました。


期間延長のお知らせ。靴を作ろう!!「はじめの一足」キャンペーン、8月15日(日)まで延長します。

本日までとしていました「靴を作ろう!!・はじめの一足」キャンペーンですが、
目標まであと5足、というところですので、期間延長します。
お盆休みに帰省される方もいらっしゃるので、8月15日(日)まで、としました。

あと5足、って、もしかしたら、自分のこと呼ばれてるのかなぁ、と、ピンと来られた方、
そう、私たちが待ってるのは、あなたです…。


仕上がり品のご紹介。リネンのシャツジャケット

Mさんからの注文は爽やかなブルーの麻シャツ生地でできたシャツジャケット。
Dobclinen2
通気性のあるふんわりした生地で、半袖のボロシャツの上から快適に羽織れるように、袖の裏地は二の腕までしか付けていません。
シワシワになっちゃってもそれが味になってくれるジャケットですね。
どうぞご愛用下さい。


仕上がり品のご紹介、ジーンズを作ろう!!

オーダージーンズの仕上がり品をご紹介します。

Be0310051 Be0310052
まずTさんのブラックデニム。
ステッチも全部ブラックにしてスッキリと見せました。
両脇線のリベットだけ星形にしまして、コインポケットにイニシャル入れ。
ベルト裏にはグレーベースのチェック生地を貼りました。

Be032011 
お次は、Sさん。もう3本目のベテランですので、
スーピマコットン12ozの薄手で縦ムラのある生地で作りました。
初夏向きにピッタリ目で履いてもらえることでしょう。

Be0330041_2 Be0330042

3本目は、しっかり体格のGさん。セルビッチ付きのビンテージデニムです。
左右のポケットステッチを変えてみたり、リベットを2種類使ってみたり、
ベルト裏にピンクのギンガムを貼ってみたり、と、
いろいろ遊んでもらいました。

Be0340041 Be0340042
最後は、Aさんの3本目のご注文。生地はこれもセルビッチ付きのビンテージデニム。
チェック生地をベルト裏だけでなく裾口裏にも施してみました。
サックスブルーのステッチ、右の尻ポケットにはネーム刺繍入りです。