入荷速報。ハーゲンダッツを最高においしく食べられるツール。真空チタン二重カップのSUS Gallaryから、アイスクリームカップホルダーと専用スプーンのセット(ステンレス製)、新発売。その名も「HappyIceCream」!!

真空二重チタンカップで、
新潟は燕の匠の技として評価の高いSUS Galleryから、
待望の新製品、
アイスクリームカップホルダー&スプーンのセット
「Happy Ice Cream」が発売になりました。

11fwhappyice1
ステンレスの二重構造になってまして、

11fwhappyice2_4 11fwhappyice4
ほら、ハーゲンダッツのカップがピッタンコにはまるサイズ。

いつまでもなかなか溶けないので、ゆっくりじっくりと最後のひとすくいまで
心ゆくまでアイスクリームを楽しめます。
(もちろん、他のアイスでもダイレクトにアイスを放り込んで同じ効果が味わえます)
11fwhappyice3 
スプーンもスゴイんです。
熟練の職人(といっても、70過ぎのおばあちゃんらしいです)が手磨きで仕上げた、
アイスクリーム専用に作られたスプーン。
角度、カーブ、口ばなれの良さ、すべてに配慮がなされています。
さすが、世界一の洋食器産地、これぞ燕の持てるワザ。

11fwhappyice5
で、カップとスプーンのセットで、\5,250。

スプーン単品売りもあって、一本\1,575(バニラ)、\1,995(他の4色)

5色展開。色名もアイス色です。
ベタな着色でなく、「陽極酸化」という酸化被膜の厚みを調整する技術で、
シャボン玉みたいな色出し、これも匠の技、です。
11fwhappyicecol_2
左から、Vanilla(バニラ)、Maccha(抹茶)、Caramel(キャラメル)、
Berry(ベリー)、Mint(ミント)。

スプーン単品売りのパッケージはこんな感じ。
11fwhappyicespoon

先日新聞で読んだのですが、ハーゲンダッツが一年で一番売れる月は12月なんですって。
だからこの時期の新発売なんだ、納得です。

ところで、このプロダクトのブランド名
「ハッピー・アイスクリーム!」と言います。

知ってる人は知っている。分かる人は分かる。
私はすぐにピンときたのですが…

私の中学時代、つまり私の場合1970年代の神奈川県ということですが、
その当時に流行っていた遊びが「ハッピー・アイスクリーム!」です。

会話の中で二人が偶然に同じ言葉を同時に発したときに
「ハッピー・アイスクリーム!!」と叫び、相手をトンとたたく、
というのが流行ったんです。
(そのうち、省略して「ハッピッ」になってました)

ネットで検索すると、地方によって、少しずつやり方は違っていたみたいですが、
当時は全国的に流行ってたみたいです。

とにかく、幸せのおまじない、みたいなもんでしょうか。

「二人で同時に」という、ダブルミーニングなブランド名なのですね。


詳細紹介。イタリア・ジエレGierreのカシミア100%スカーフ。

イタリアでネクタイのブランドとして知られるミラノのジエレ。
そこから拾い買いしたカシミアのスカーフです。

11fwgierreblue1 11fwgierreblue2_2
チエック柄ですが、柄は裾部分やサイド側など部分的にしか入っていないので、
コテコテしていません。

11fwgierreppl1 11fwgierreppl2_2
縦にふたつ織りしてマフラーとして巻いてもいいですし、
拡げてストール状にも使えます。

11fwgierregry1_2 11fwgierregry2
性別や季節を超えて工夫して使える汎用性がありそうだと思い仕入れました。
ネイビー系、パープル系、サンドグレー系。
サイズ40x180cm、イタリア製、\19,320。


詳細紹介。英国(スコットランド)ジョンストンJohnstonの極薄メリノウールのスカーフ。

カシミアのセーターでもよく知られている
英国スコットランド・ジョンストンJohnstonのスカーフです。

11fwjohnstongry1
11fwjohnstonnvy1_2
11fwjohnstonwine1

ご覧のように中央から4分割の色合いになっています。
縦糸と横糸に濃淡2色の糸を組み、
濃x濃・淡x淡・濃x淡(2ヶ所)の3つの明るさの違いを柄にしています。

11fwjohnstongry3 11fwjohnstonnvy3_2
これをきれいに畳んでもいいし、
クシャクシャとしてもいいのですが、
11fwjohnstonwine3
重ね重ねてミルフィーユのように3つの濃淡を取り混ぜて巻いて下さい。

11fwjohnstongry2 11fwjohnstonnvy2_2 11fwjohnstonwine2
グレー系、ネイビー系、レッド系。50x210cm。\11,550。


詳細紹介。英国(スコットランド)ギルバート・ウィルソンのフェアアイル柄のニットマフラー、一工夫のアイデアが面白い。

インポート卸の展示会でたまたま見つけた、いわゆる拾い買いモノです。

数々のニットファクトリーがあるスコットランドはホーウイックの
ギルバート・ウィルソンの製品で、
マシンニットのフェアアイル柄で編んだウールのニットマフラーなんですが、
なんとループ状にしてしまった、というのがウリのミソであります。

11fwfairislescarf1 11fwfairislescarf2

こうすれば端っこがくるくる丸まってこないので、
薄手のまんまで巻けるというわけで、
今まで思いつきそうでいて誰もやらなかったうまいアイデアですね。

11fwfairislescarf32_2 11fwfairislescarf31 11fwfairislescarf33_2
二重巻き、三重巻き、にもトライして下さい。

23 x 210cm(全周)。3配色あり。\10,920。


詳細紹介。英ブラックシープBlack Sheepのニットキャップ。そして、アイルランドのフイッシャーマン・アウト・オブ・アイルランドFisherman out of Irelandで見つけたニットフード(なんちゃってパーカ)。

ニットキャップは今までもいろんなところから仕入れましたが、
モノと価格のバランスから一番お薦めできるのが、
このブラックシープのニットキャップです。
11fwbsknitcap1 11fwbsknitcap2
最初はちょっときつめかもしれませんが、このくらいがちょうどいいのです。
帽子の深さは折り返し部分の量で調節して下さい。
色は左写真の上から時計回りに、
ツイスト、ダークグレイ(=中茶)、ネイビー、モスグリーン、ブラックウォッチ(=緑)、の5色。
3,360円。
10fwblacksheepcap3

そして、メッケモノなのが、このニットフード。
11fwfishemanhood1
つまりパーカのフードだけ、であります。
マフラーのように首廻りに付けます。寒いときにはもちろんかぶれます。
パーカの重ね着だとモコモコしすぎて着膨れしちゃう、なんてときも、
なんちゃってパーカとして使えます。
11fwfishermanhood2_2 11fwfishermanhood3_2
メリノウール95%カシミア5%で、
ちゃんとリブ編みやドローストリングスも仕様として付いています。
ネイビー、チャコール、杢グレー、モカ、の4色。
7,980円。


入荷速報。英ブラックシープBlack Sheepのショールカラーニットジャケット、今年も入荷しました。

去年に引き続きの展開です。
英国ブラックシープのショールカラー(へちま衿)のリブ編みカーディガンジャケット。

11fwblacksheepgry3 11fwblacksheepnvy3

色は、明暗ふたつの無染色ウールをひねった糸で編んだ「ツイスト」と、
染めた紺色で編んだ「ネイビー」、の2色。
11fwblacksheepgry2 11fwblacksheepnvy2

一昔前なら「こんな丈の長いセーター、格好悪くて売れないでしょ」と
見向きもされなかったこのセーターですが、
この着丈がちょうどニットジャケットの丈になり、
革ボタンやへちま衿、というカントリーな雰囲気と相まって、
なかなかレトロでクラシックな感覚で人気なのであります。

11fwblacksheepgry1_2 11fwblacksheepnvy1_2
\33,600。


入荷速報。英ジェイミーソンズ(ジャミーソンJamieson’s)のフェアアイルセーター、遅れに遅れてようやく入荷しました。ベストやショールカラーなど。男女あり。

英国本島のはるか北方の北海、
ノルウェイとの中間に位置するシェットランド諸島にあるジェイミーソン社。

またの名を遅刻の常習犯。

11月に入んなかったらキャンセルだかんね、と言っていた、
そのリミット2週間前にやっとの到着です。
こんだけ遅れても、他に代わるものがないので、ちゃんと店頭に並ぶ、
というのは凄いところです。
ピッタリめフィッティングで着てもらいたいので、
今回は、38をMサイズ見当に、40をLサイズ見当に、と、2サイズで用意しました。

解説なしで、じっくりと見て下さい。

☆Vベスト・プルオーバー(かぶり) \21,840。
11fwjamiesonvvestso

11fwjamiesonvvestso11 11fwjamiesonvvestso12
11fwjamiesonvvestso21 11fwjamiesonvvestso22
11fwjamiesonvvestso31 11fwjamiesonvvestso32
11fwjamiesonvvestso41 11fwjamiesonvvestso42
11fwjamiesonvvestso51 11fwjamiesonvvestso52
11fwjamiesonvvestso61 11fwjamiesonvvestso62

☆Vベスト・前開き \23,730
11fwjamiesonvvestcd

11fwjamiesonvvestcd11 11fwjamiesonvvestcd12
11fwjamiesonvvestcd21 11fwjamiesonvvestcd22

☆ショールカラー(へちま衿) 2つボタン・プルオーバー(かぶり) \26,250
11fwjamiesonhn
11fwjamiesonhn11_2 11fwjamiesonhn12
11fwjamiesonhn21_2 11fwjamiesonhn22
11fwjamiesonhn31 11fwjamiesonhn32_2 

★レディス・Uネック・プルオーバー(かぶり)  \21,840。サイズ34”のみ
11fwjamiesonunest

11fwjamiesonuvest11 11fwjamiesonuvest12


詳細案内。「アランセーターのカーディガンはないのですか」との多くのお問い合わせにお応えできる、衿付きカーディガン(ランバージャケットlumberjacket)が揃いました。アイルランドのアテナ・デザインAthena Designsから、ボタン型とジップ型、3色、男女あり。

最初に言っておきます。
本来、アランセーターというのはプルオーバー(かぶり)なのです。
その発祥の由来からしても、
また独特の編み柄が最も美しく映えるという視覚的な理由からいっても、
アランセーターというのは本来はプルオーバーしかないのです。
(何をもって「本物のアランセーター」と呼ぶのか、という定義はこちらをご覧下さい)

ただ、そうは言っても、カーディガンはないの、というご要望は絶えません。
確かにニットジャケットとして着られる実用性は捨てがたい魅力です。
実際に、私だって、何枚も持っているアランセーターのうち、プルオーバーとカーディガン、
どっちを多く着ているか、と問われれば、後者であるわけですから。

ということで、待望の衿付きカーディガンの復活です。
恩人・故パドレイグ・オシォコン氏はこのカタチを
ランバージャケット(lumber=きこり)と呼んでいたので、
引き続きその呼び方を継承したいと思います。

11fwathenabainin1 11fwathenabainin2_2
商品の提供はアイルランド・コークのアテナ・デザインに頼みました。
ここは、亡きオシォコン氏とも古くから交遊があり、
優秀なニッター(編み手)をアイルランド国内に多く抱えています。

11fwathenabs1 11fwathenabs2
毛糸は、アイルランド・ドネガルのドネガル・ヤーン社からの供給ですが、
従前からのマシンニット/ハンドニット兼用の汎用糸ではなく、
近年復活を遂げたハンドニット専用のアイリッシュヤーンを供給してもらっています。
(オモーリャも同じ糸を使っています)

11fwathenazipbs 11fwathenazipbs2
伝統的はボタン型だけでなく、今回は近代的なフルジップ型も頼んでみました。
うまくできました。

11fwathenabs3_2 11fwathenabainin3_2 11fwathenaom3_2   
色は、未染色のブラックシープの毛にライトグレーをブレンドした「ブラック&シルバー」を中心に、バイニン(ナチュラルホワイト)と新色ライトグレーの3色です。(ジップ型はブラック&シルバーのみ)

11fwathenaom1 11fwathenaom2_2
サイズも幅広く、レディス向け34"からメンズLの44"まで揃えました。

価格です。これが39,900円なのであります。
えっ、プルオーバーが49,350円で、カーディガンが39,900円?
逆じゃないの? 間違ってない? と思われるかもしれません。
編み手の技量が劣るわけでもなく、使っている糸も同じですしね。

実は、この価格の差こそが、冒頭に触れた「本物のアランセーター」の度合の違いなのです。
どこまでインディビジュアル(一枚ずつが柄もサイズもバラバラに違う)なのかの差であります。
このランバージャケットの方は、どれも編み柄は同じですし、仕上がりサイズもほぼ均一なんです。
(もちろんハンドニットですから多少の個体差はありますが)

安かろう……では決してありませんから、自信の3万円代です。


入荷案内。英グローヴァオールのダッフルコート、男女とも到着してます。

予定より少し遅れましたが、
今年も、グローヴァオールGLOVERALLのダッフルコート、到着してます。

メンズ
※Kingston ウールヘリンボーン (682-58) \92,400

昨年と同じモデルです。いいモノは繰り返して何年でもやります。
11fwgloverallm1_2
でも、解説は、横着して、昨年のモノをコピペします。すいません。

グローヴァオールのコレクションの中で、一番上のランクに属するKingstonです。
一番上のランクだと何が違うかというと、

・素材は、軽量のウール100%、ヘリンボーン織り(重たいポリ混ではありません)

・袖の裏地が付いているので、スーツやジャケットの上から着ても腕がすんなりと通ります。(袖裏が付かない他のモデルだと、ざっくりしたジャケットの上から着ると腕が引っ掛かります。

 ・フードが縦方向の3枚ハギなのでとても立体的に見えます。(他の品番のフードは前後の2枚ハギなのでペタンコに見えてしまいます。)

・インサイドのハギのパイピングの素材はコットンなので光らずに落ち着いています。(他はポリエステル)

・内ポケットが付いています(このモデルだけの仕様です)

などなど、「グローヴァオールのダッフルコート」と言っても、いろいろこれだけ違いがあるのです。

今回は、大人が着る2着目のダッフル、スーツスタイルにも着られるダッフル、として、
このモデルを採用しました。

サイズはどちらも34。これが英国で展開している最小サイズですが、
日本でいうと、平均的なMサイズに相当します。
11fwgloverallmink 11fwgloverallmnvy_3
インク(左)とネイビー(右)の2色。
よく似ているのですが、
ネイビーがホントに黒に近いぐらいの濃い紺であるのに対して、
インクはそれよりも明るめでヘリンボーンの杉綾模様が良く分かります。
大ざっぱに言うと、
オンタイム主体ならネイビーを、オフタイムが多いのならインクを、
お薦めします。

レディス
※913-FC \55,650
11fwgloverallw1
これも、昨年もやったカタチです。

サイズ10 着丈 約81cm。80%ウール 20%ポリアミド

キッズモデルの定番をベースに日本のレディス向きに修正したスタイルです。
ダブルフェイス裏側は伝統的なタータンチェックです。

11fwgloverallpl 11fwgloverallwpik 11fwgloverallwnvy
色は昨年よりもぐっとカラフルにしまして、
パープル、ピンク、ネイビーの3色です。


入荷速報。スペインのレザーブランド「サガ・イバニェス」Saga Ibanez。ステッチワークの美しいラムスキンのブルゾン、男女とも。

ここのレザーも、当店のお馴染みさんになりました。

スペインはザラコザのレザーウェア・ファクトリー、サガ・イバニェスSaga Ibanezです。
デザインのかっこよさとクオリティの高さの両方を兼ね備えている、という、
レザー屋さんにしてはまれなファクトリーでして、
しかもダイレクトな輸入取引なので、価格はかなり抑えることができています。

今年は革のチョイスを変えてみました。
ナチュラルな色むら感があり、グローブレザーのようなしっとり感もある、
薄手のラムスキンで、
冬だけでなく、春まで使える重宝レザーです。

★メンズ TODIDUAR \79,800
11fwibanesm1 11fwibanesm2
切り替えステッチ、ファスナー、ポケット、をうまいことつないだデザインで、
手が込んでいるのに、コテコテ感がなくスッキリとしています。
11fwibanesm3 裏地の柄は表の革の色によって異なります。
11fwibanesmbrn 11fwibanesblu_2 11fwibanesgry
タン、ネイビー、チャコールの3色。

★レディス MANORGA \79,800
11fwibanesw1 11fwibanesw2
こちらもディテールはいろいろ施されているのに、非常にすっきりとした印象のコート。
着丈約90cmは、パンツ、スカートいずれにもコーディネートしやすいバランスです。
ウェストの切り替え位置がお上手で、足長効果が高いこともうれしいですね。
ダークブラウンのみ。

レザーは、当店でも決して得意なアイテムではないのですが、
それなのに、何年も取引が続いている、というのは、
信頼の証拠とも言えるでしょうね。