イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。4月25日(土)から5月17日(日)まで。10年以上続くGW時期の恒例企画。今年も新柄&新型あり。

アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。
スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
おそらく日本で唯一の機会です。

期間は4/25(土)から5/17(日)までです。(納品は7月上旬の予定です。)

15ss_nick_sample

新しい柄は「ローン」、芝生です。
芝生と言いながら、4色ありまして、紺、空、赤、緑、です。
15ss_nick_lawn_set12
コレ、よーく見ていただくとお判りでしょうが、
小さな柄を重ねながら全面に100回以上も押しています。
そしてその上からもう一度違う色の柄を押して立体感を付けている、という、
とても根気のいる仕事をしているのです。
15ss_nick_lawn_lightblue102

従来の柄とは趣が違う、大人っぽい柄ですが、
ご覧のとおり、従来の柄との相性はばっちりで、
手持ちの柄との組み合わせての使い方の幅が広がります。

今年は是非コレクションに加えていただきたいのが、このローンのシリーズです。

15ss_nick_lawn_red12_2 15ss_nick_lawn_green32

前述のように、ローン・シリーズは、従来柄よりも手間が掛かりますので、
すべてのシェイプ(カタチ)が作れるわけではなく、できるシェイプは限られます。
また価格も別体系となりますので、ご留意ください。

15ss_nick_lawn_darkblue32_2 15ss_nick_lawn_lightblue9_2

————————————————–
また、今年は柄のディスコン(中止)がなしで、
昨年までの柄はすべて継続しています。
これ、買い足しを検討するリピータにはほんとにうれしいことです。
—————————————————

新型の提案の中から注目はふたつ。

超横長のオリーブディッシュ。
オリーブの実とかアスパラガスでしょうか。
ソーセージも載るかも。
15ss_nick_olivedish12 15ss_nick_double_depper_set12_2
そして、ダブルディッパー。
ジャムとマーマレード、ケチャップとマヨネーズ、
福神漬とラッキョ、アイデア次第でどうぞ。

—————————————-

店頭の看板はこんな感じに作りました。
15ss_nick_pop

期間中は、1月にアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた
最新サンプルをはじめ、多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。
15ss_nick_cupbord1

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文が届いたらすぐに生産に掛かることができ、仕上がりは6月末、
到着は7月上旬を予定しています。

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

2015ss_nickjacksusie2
—————————————–
最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。


イベント予告。アイルランドの手作り陶器「ニコラス・モスNicholasMosse」の予約受注会、今年の日程が決まりました。4/25(土)~5/17(日)です。ぜひご予定ください。

毎年GW期に恒例の「ニコラス・モスNicholas Mosse」受注会、
今年の日程が決まりましたので、お知らせします。
4/25(土)~5/17(日)です。
15ss_nick_lawn1

詳細はまた後程ご案内できる予定です。

15ss_nick_lawn2

15ss_nick_cupbord1

取り急ぎお知らせします。


今年も予約注文を受け付けます。岡山・石田製帽の絶品・麦わら帽子。今年からはレディスもあります。

昨年に引き続き、石田製帽の麦わら帽子、
予約を受け付けています。
4月末に締め切って6月中旬のお渡しを予定しています。
13ssishidastrowhat2メンズ30,240円(税込)

昨年7月にNHK-BSの「イッピン」でここ石田製帽さん、大特集されまして、
問い合わせも多く入っているらしいです。
番組中で紹介された12万円の逸品にも注文がついたそうで、
私たちとの取り組みももしこの放送の後だったら実現しなかったかもしれません。

さて、今年は新たにレディスが加わりました。
石田さんがコレクションしている既成のレディス品番ではなくて、
当店のやるメンズの中折れ帽をレディスっぽくアレンジしてもらいました。
15ss_ishidahatw1
レディスは21,600円(税込)です。
15ss_ishidahatw2

15ss_ishidahatw4 15ss_ishidahatw5
メンズ同様、脱いでも持て余さない、楽ちん軽量仕様です。

15ss_ishidahatw3
マニラ麻は4色、リボンは5色あります。
お好みで指定してください。

メンズについては、昨年の記事、一昨年の記事を以下に転載しますので、
ご参照ください。

続きを読む →


【再掲します】イベント案内。「シャツを作ろう!」4月のオーダーシャツはすべて2,000円OFF。メンズもレディスも、綿も麻も、無地もチェックもストライプもプリントも、長袖も半袖も、裾出しも裾入れも、なんでも対象です。

期間折り返しに付き、再掲載します。
残り半月です。

—————
以下、再掲。

4月はオーダーシャツ強化月間、
「シャツを作ろう!」2,000円OFFのキャンペーンです。4/30まで。

15ss_shirt_event1_2

全部の品番が対象ですので、スタートプライスは1万円を切ります。

少しだけ生地を紹介します。
たとえば、
15ss_shirt_event2
国産の一番いいところ、カリビアンコットンのシリーズ、
15,000~17,000円、ドレスシャツの人気定番です。

15ss_shirt_event3
年々注文が増えている、麻のコレクション。
右列のリネン&コットンの混紡モノはドレス向きにも適してます。
13,000円~。

15ss_shirt_event4_2
トーマス・メイソン、モンティ、アルビニ、などのインポート素材、
16,000円~。

15ss_shirt_rh
ロンドンのリングハート社から一着ずつ取寄せるスペシャルコレクション。
約750柄、いかにも英国、という生地ばかりが揃ってます。
23,000円~。

————————————-
リピーター参加の多いイベントですが、
始めてオーダーシャツを頼んでみる、というビギナーの人たちの
きっかけにしてもらいたいイベントでもあるのです。

初めての方は、採寸と見本の試着がありますので、
試着のしやすい恰好でご来店ください。
特にレディスは採寸に少し時間がかかりますので
時間に余裕を持ってお越しください。

————————————
全品2,000円OFFは、初めての企画です。
この機会にぜひ、一枚、いや二枚ぐらい、
生地種類は豊富ですので、欲しい生地が必ず見つかります、
お待ちしてます。


入荷速報。フィルメランジェ、新作TシャツのエルバートElbertは、夏のための裏毛素材に初挑戦。サドルショルダーの切り替えも面白い試みです。

フィルメランジェ、エルバートELBERT
14,040円(税込)。
OldMelangeとDeepNavyの2色

15ss_fm_elbert_mel1 15ss_fm_elbert_mel4
今までにも様々な裏毛素材を提案してきたフィルメランジェ、
裏毛モノというと、保温性のためという意味合いが大きいものでしたが、
今度は逆に、涼しい裏毛、という、夏向きの裏毛を作ってみました、
というのが、この素材です。
だから生地にコシもなくてフワフワ&ペラペラとしています。
裏毛はあったかい、という今までの常識を覆す、新提案です。

15ss_fm_elbert_mel2
デザインとして面白いのが、この切り替えです。
スコットランドのセーターによくあるサドルショルダーのように
肩と袖が一体化した切り替え、は、
無地モノなのに、当たり前すぎないアクセントを与えています。

15ss_fm_elbert_nvy1_2 15ss_fm_elbert_nvy3_2
ネイビーの方はロック糸が同色なので、グレーほど切り替えが目立ちません。

15ss_fm_elbert_mel3←Old Melange

15ss_fm_elbert_nvy2←Deep Navy

首、袖口、裾、は、ニットのようなリブ仕様なので、
ニットのようなカットソーのような、という不思議なデザインになっています。


入荷速報。フィルメランジェが提案するGジャン、マジソンMADISON。ハードなのに動きが良い、さすがの素材感。男女あり。

Gジャンであります。
フィルメランジェが仕掛けるGジャンと聞けば、興味が湧くところでしょう。

いうまでもなくデニム生地で仕立てるのが本来のGシャンですが、
それをカットソーでやってやろう、というのが、マジソンMadisonです。
15ss_fm_madison_nvy_m1_2
ある程度ハードな素材でないと雰囲気が出ないのですが、
ただハードだけだと今度は動きが悪い、
という矛盾する要素を兼ね備えるために選ばれた素材は、
かつてVINCENTというトレーナーをやった時のガワ素材、
はい、フランスパンのようなパリッとした素材感、とお勧めした、
あのクズ入りコットンです。

オーガニックコットンの糸にクズ(カス)を混ぜて、
目を詰められるだけ詰めて吊り編み機で編み下げる、という、
度詰めなコットンは、
ハードなのに動きが良い、という最適素材でありました。

NAVY MELANGEとWHITE MELANGEの2色
36,720円(税込)。

15ss_fm_madison_nvy1 15ss_fm_madison_nvy3

15ss_fm_madison_nvy2

15ss_fm_madison_wht1 15ss_fm_madison_wht3

15ss_fm_madison_wht_m1_2 15ss_fm_madison_wht2
私には袖がちょっと長いのでカフスを折り返しました。
決してプレスリーを気取ってるわけじゃありません。

レディスもあります。

15ss_fm_madison_nvy_w1_2 15ss_fm_madison_wht_w1_2


入荷速報。ナイジェル・ケーボンがアラビアのロレンスからインスパイアした、砂漠色したリネンのストライプベスト。背中がニット、がミソ。

ナイジェル・ケーボンでは、半年ごとにテーマを決めてコレクションを提案をします。
2015年春夏は「アラビアのロレンス」。
英国人の英雄の一人ですね。
中東に強引な国境線が引かれる遠因ともなった人物ですので、
ある意味タイムリーなテーマとも言えます。

15ss_nigel_linenst_vest_col

で、そのアラビアのロレンスから連想されて企画されたのがこの砂漠色のベスト。
英国的にはウェストコート、フランス流にジレ、と言います。

★メンズ 31,320円(税込)

15ss_nigel_linenst_vest_m1 15ss_nigel_linenst_vest_m2
前身頃は、綿72%、麻28%の布帛生地。
面白いのは、後ろ身頃がニットだということ。麻60%、綿40%。
15ss_nigel_linenst_vest_m3_2
背中側がむにゅっと伸びるので、ピタッとした着心地が味わえます。
これ、他所にないミソなポイントです。

★レディスもあります。
ポケットのカタチやボタンの数がメンズとは異なります。
30,240円(税込)

15ss_nigel_linenst_vest_w1 15ss_nigel_linenst_vest_w2

15ss_nigel_linenst_vest_w31 15ss_nigel_linenst_vest_w32_2

————————————————
ちなみに英国陸軍トーマス・エドワード・ローレンス少尉が
実際にこの類のベストを着用していたのかどうかは、
こちらでは定かではありませんので、念のため。


入荷速報。ナイジェル・ケーボン、ブリティッシュアーミー・ユーティリティシャツ。コットンローンの爽快素材。

ナイジェル・ケーボンから、
ブリティッシュ・アーミー・ユーティリティシャツ、20,520円(税込)。

15ss_nigel_utilityshirt1
ポプリンよりもさらに薄手のローンと呼ばれる素材、
この薄い生地を洗いを掛けて起毛して、着やすい中古感を作っています。

15ss_nigel_utilityshirt_grn1
夏のシャツというと、リネンが代表的ですが、
このコットンのローンは、シワ感や色出し感がリネンとは全く違うので、
手持ちのシャツとはカブることのないコレクションになるはずです。

15ss_nigel_utilityshirt_grn2
左腕のアーミーシュな刺繍は、糸を浮かせて刺しているので
次第に糸切れを起こしてアンティーク感を醸し出します。

15ss_nigel_utilityshirt_grn3
もともとは生地を無駄なく使うためのアイデアだったのですが、
生地の耳をうまく配してアクセントにしています。
15ss_nigel_utilityshirt_grn4
サファリシャツのように、長袖をロールアップしてホールドできるように
二の腕の裏にストラップが隠してあります。

15ss_nigel_utilityshirt_yl1 15ss_nigel_utilityshirt_yl2
↑イエロー
生地がやや透けるので、左右共に胸ポケットがある、というのは、
見栄えとしても助かりますね。

15ss_nigel_utilityshirt_wht1 15ss_nigel_utilityshirt_wht3
15ss_nigel_utilityshirt_wht2
↑ホワイト
カフス裏の耳使いが一番よくわかります。

15ss_nigel_utilityshirt_grn1_3 15ss_nigel_utilityshirt_grn5
↑グリーン

15ss_nigel_utilityshirt_bl1 15ss_nigel_utilityshirt_bl2
↑サックス

デザインベースは、英国陸軍の軍服シャツ、
ステッチやボタンにはそういうイメージがふんだんです。

インドや香港、シンガポールなど、英国植民地での夏、というコロニアルムードでしょうか。


イベント案内。「シャツを作ろう!」4月のオーダーシャツはすべて2,000円OFF。メンズもレディスも、綿も麻も、無地もチェックもストライプもプリントも、長袖も半袖も、裾出しも裾入れも、なんでも対象です。

4月はオーダーシャツ強化月間、
「シャツを作ろう!」2,000円OFFのキャンペーンです。4/30まで。

15ss_shirt_event1_2

全部の品番が対象ですので、スタートプライスは1万円を切ります。

少しだけ生地を紹介します。
たとえば、
15ss_shirt_event2
国産の一番いいところ、カリビアンコットンのシリーズ、
15,000~17,000円、ドレスシャツの人気定番です。

15ss_shirt_event3
年々注文が増えている、麻のコレクション。
右列のリネン&コットンの混紡モノはドレス向きにも適してます。
13,000円~。

15ss_shirt_event4_2
トーマス・メイソン、モンティ、アルビニ、などのインポート素材、
16,000円~。

15ss_shirt_rh
ロンドンのリングハート社から一着ずつ取寄せるスペシャルコレクション。
約750柄、いかにも英国、という生地ばかりが揃ってます。
23,000円~。

————————————-
リピーター参加の多いイベントですが、
始めてオーダーシャツを頼んでみる、というビギナーの人たちの
きっかけにしてもらいたいイベントでもあるのです。

初めての方は、採寸と見本の試着がありますので、
試着のしやすい恰好でご来店ください。
特にレディスは採寸に少し時間がかかりますので
時間に余裕を持ってお越しください。

————————————
全品2,000円OFFは、初めての企画です。
この機会にぜひ、一枚、いや二枚ぐらい、
生地種類は豊富ですので、欲しい生地が必ず見つかります、
お待ちしてます。