キエルキン、入りました。強力除菌&消臭、だそうです。安心して仕事できてます。

シェアオフィスのコワーキングスペースに、
キエルキン超音波式噴霧器が入りました。
強力除菌消臭、の効果が検証されています。

シェアオフィスのボスN社長の肝いりですぐに導入してくれたようです。
ありがたいです。

ちょっと安心して仕事できます。
来店の方も、安心安全です。


お知らせ。「ケルト市」(4/4(土)巣鴨)中止についてのご案内。

4/4(土)に巣鴨で開催を予定していました「ケルト市」は、時節柄、中止となりました。
もっと早くお知らせすべきだと考えていましたが、
主催者の正式な決定発表を待つ必要があり、お知らせが遅くなりました。申し訳ありません。

当日、販売や展示をする予定でした商品は、すべて、静岡のオフィスに用意がありますので、対応いたします。
また、ギネス・アパレルとリズ・クリスティのモネ・スカーフは、
webshopでお求めいただけます。
webshopは、4月末まで送料無料で対応しておりますので、ぜひご利用ください。
ニコラス・モスの陶器のご注文は4/5(日)まで受け付けています。
注文表をご希望の方は、こちらまでご連絡ください。すぐにメールでお送りします。

なお、4/4(土)は、巣鴨への移動がなくなりましたので、通常通り営業いたします。


お知らせ。3/20(金・祝)は臨時休業予定を取り消して、通常通り営業します。シャツを作ろう!3,000円offのイベントはこの日からスタートします。

お知らせです。

3/20(金・祝)は、私事祝儀のため臨時休業の予定でしたが、
時節柄小宴が延期となりましたので、通常通りに営業いたします。

翌21日(土)からのスタートと呼び掛けてかけていました、
シャツを作ろう!!~3,000円off、のイベントは、
一日早く20日(金祝)より受付を開始します。

シャツのイベントの他、ニコラス・モスの予約会、
ギネスのアパレル、ケン・コレクションのシャツ、
ミスティークのスーツ、
などなど、メニュー豊富です。

是非お出かけください。


月例エッセイを更新しました。倶樂部余話【377】「日本人のおなまえっ!」

月例エッセイを更新しました。倶樂部余話【377】「日本人のおなまえっ!」
お読みいただければ嬉しいです。
http://www.savilerowclub.com/yowa/

同時に今月のメルマガもご登録の皆様に本日配信しました。
少しデータ量が多いので、届かない方がいるかもしれません。
もし、いつもは届いてるのに、今日のはまだ届いてないよ、という方がいらしたら、
大変お手数ですが、こちらまでご連絡ください。
info@savilerowclub.com

またメルマガご購読ご希望の方は、こちらからお申し込みください。


イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年は早めの開催です。3月1日(日)から4月3日(金)まで。10年以上続く春の恒例企画。

今年は今までよりも早めの開催です。

期間は、3月1日(日)から4月3日(金)までの一ヶ月間です。

アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。

スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
日本で唯一の機会です。

ニックは今年も元気です。恒例の私とのツーショット。

—————————————

期間中は、1月にアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた
最新サンプルをはじめ、多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文が届いたらすぐに生産に掛かることができ、
4月下旬の到着を予定しています。

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

商品のほとんどの画像は、ニコラス・モスの本国サイトでご覧いただけます。
https://nicholasmosse.com/
から、Patternsから行くと、色柄別に作れるカタチが一覧で、
また、Shapesから行くと、カタチ別に作れる色柄を一覧で、
というようにソートされますので、大変わかりやすいです。

また、価格表とカタチ&色柄の対応一覧表は、
メール添付で頒布できます。(ExcelまたはPDFで)
事前に予習したい方は、お申し出ください。
—————————————
最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。

(写真は主に2020年1月の展示会のものです。原稿は昨年掲載記事を元に加筆訂正して掲載しています)


(期間延長)ブレクジット記念その2。スーツを作ろう!~英国ハリソンズのMYSTIQUEを20%offで。

(2月10日に一度掲載した記事ですが、期間を3月いっぱいに延長しましたので内容を一部訂正して再掲いたします)

思っていたよりも早く届きましたので、緊急追加企画、INDIGOとの相乗りです。
設定価格は画像をご参照ください。こちらもここから20%offにて承ります。

できたてほやほやの新バンチです。

英ハリソンズのミスティークは、春夏スーツ生地の超ロングセラー定番なんですが、
前回のリニュアル時にうっかりしていてバンチのゲットを怠ってしまったため、しばらく紹介ができずにいたのです。
で、待ちに待ったリニュアルでして、全71柄の登場です。うち20柄が新柄です。

チェック、ストライプ、無地、定番的な色柄はしっかり揃ってます。
紺から青にかけての無地は、さすが英国生地、こんだけあります。

インドや、ケニヤ、シンガポールなどの旧植民地を連想させる、
コロニアルカラー系も充実しています。

スーツ生地ですけれど、ジャケットにも向いている色柄も結構入ってます。
私、一番上のブルーのマイクロチェック、早速ジャケット用にリーチしました。

ミスティークという名前ですが、これは想像ですけど、
スコットランドあたりの湖の「神秘的」な色合い、をイメージしたように思います。写真からもそんな感じですね。
日本でいうと、十和田湖とか摩周湖とか、そんなところなんでしょうか。

素材説明。最上級メリノウールの2plyヤーンを700回転/meterの撚(よ)り(ツイスト)を掛けた強撚糸で、
ライトウェイト、ドライタッチ、耐久性、を備えた春夏スーツ生地。

 

 


「シャツを作ろう!」~いい生地だけを3,000円offで。レディスも。3月21日(土)~4月13日(月)

春と秋、年2回の開催で、もうおなじみだと思いますが、
はい、この春も同様に実施します。
原則15,000円以上のシャツ生地に限って、3,000円offにて承ります。
期間は3月21日(土)~4月13日(月)の
週末4回を含む3週間強です。
(ファクトリー提供の上記POPには、3/20~、となっていますが、
たまたま当店は3/20が臨時休業となります)

当然ですが、15,000円(→12,000円)の生地に人気が集まりまして、
ここに、カリビアンコットン・シルバーライン(100/2綿糸のガス焼き)や、
ハードマンのアイリッシュリネン100% 、なんかが含まれます。

いい生地のシャツを作りたい、とご希望の方は、
ぜひこの期間中のご来店をご予定ください。


「ケルト市」に参加します。4/4(土)巣鴨にて。首都圏のお客様、お会いしましょう。

ケルト文化圏の音楽や食、手仕事を紹介するケルト市(けるといち)。

春のケルト市は4月の3日間、巣鴨にて開催いたします。

2020年4月3日(金)13:00〜18:00
4月4日(土)11:00〜18:00
4月5日(日)11:00〜18:00
巣鴨レソノサウンド(巣鴨駅徒歩3分)にて

ただし当店の参加は中日の土曜日、一日だけです。ご注意ください。

詳しくは公式サイトをご覧ください。
http://www.mplant.com/celticmarket

なかなか色んなものが集まります。

当店からは、
ニコラス・モスの陶器、
ギネスのTシャツやパーカー、
リズ・クリスティのスカーフ、

を予定しています。

時期的に、春夏物に絞りまして、冬物は次回の11月開催時に出品の予定です。

ただ、せっかくの機会だから、例えば、アランセーターや乗馬マックも見てみたい、
というようなリクエストがあれば予めお伝え下さい。(前々日までにお願いします)
スペースの都合でどこまでできるかわかりませんが、できる限りご希望にお答えできるように準備します。
ということで、カラダがひとつしかないため、4/4(土)の静岡オフィスは閉店します。
首都圏のお客様、久しぶりにお会いできるのを、楽しみにしています。

ブレクジット記念。ジャケットを作ろう!~英国ハリソンズのINDIGOを20%offで。

ついに今日にてブレクジットとなりました。
ですので、英国絡みのイベントをこじつけます。
2月いっぱいの英国生地の限定割引提案です。

対象はハリソンズのジャケット生地「INDIGO」です。

全25柄なので、おなじみの赤いバンチもこのようにとても薄いです。
メリノウール80%・リネン20%。230g(8oz)の春夏用の素材。
英国ウェスト・ヨークシャーのミルで織られています。

インディゴというから、藍染めの綿素材なのかと考えてしまいますが、
そうではなくて、ウールにリネンをブレンドして、
藍染めのような絣調の色合いを醸しているので、この名が付けられたようです。
ですので、藍染め的な色合いが多く入っています。

柄物もインディゴブルーを含んだチェックものなど数々、
無地の青系でもこれだけの色数があります。

藍青系以外にも、英国のジャケットらしい、渋めの色合いがあります。

リネン20%ですが、意外にも麻っぽいシャリ感はあまり感じません。
おそらく触感よりも藍染的なかすれた色合いを出す目的でブレンドされているのかな、と思います。

通常設定価格は、79,000円~92,000円(税別)ですが、
2月のご注文に限り20%offにて承ります。つまり63,200円~、となります。
納期は約5週間。生地をその都度英国から空輸するので、普通より1週間余計に掛かります。

春夏のきちんとしたジャケット、
多分、意外とタンスの中にないアイテムだと思います。
この機会に是非ご用命ください。

以下、お暇な方は。

さて、なんでこの時期に春夏のジャケットのキャンペーンなのか、
まだ寒いのに、早すぎるんじゃないの、という声も聞こえるので、
ここでちょっと説明です。
まず、ブレクジット記念。これは、もちろんこじつけです。他意はありません。
春夏のジャケットは、秋冬モノに比べれば売れる数は当然少ないのですが、
それでも、このくらいの薄さの春夏ジャケットは確実に需要があるはずなのです。
多分、「持ってないけど持っていたいと感じている服、なんですか?」とアンケートを取ったら、きっと上位に位置するアイテムでしょう。
なのに、それほど売れない。なんでだろう、と、考えると、
お客様からよく聞くのは、「いつ頼んでいいか、タイミングがわからない」という声。
まだまだ早いかな、まだ早くかな、と思っているうちに、暖かくなってきて、しかも出来上がりに5週間掛かりますから、
そろそろなにか考えようか、という頃にはすでに時期を逸してしまう、
じゃあもういいかな、と気合もしぼみ、そしてダラダラ暑いだけの夏に突入、
上着なんか見るのも嫌だ、となってしまう、毎年その繰り返し。
これは売る方にも責任があります。同じく「いつ売ったらいいのかわからない」、こちらもだんだんその気が失せてくるのですね、それじゃいけないのはわかっているのに。

タイミングを見計らうのが難しいのなら、
いっそ一番最初に持ってきちゃえばいいんじゃないか。
想像するのが難しいなら、
想像を躍起するインセンティブを付けようよ。

たまたま、昨年春に、ハリソンズからINDIGOという魅力的な生地を紹介され、
しかし昨年は提案するにはまさに機を逸してしまっていたので、
いよいよ今年、満を持して、というか、
2月の新企画として、提案することになりました。

決してブレクジットの思いつきではないので、
どうかひたむきに前向きにご検討いただければありがたいです。