残り一週間なので再掲します。イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。5月14日(月)まで。10年以上続く4-5月の恒例企画。今年も新柄&新型あり。

ニコラス・モスの予約会、

残り一週間となりましたので、ここで再掲します。
お忘れなく。

———————————————————————————

今年も例年通りの開催です。

期間は、4月12日(木)から5月14日(月)の一ヶ月間です。
続きを読む →


イベント「シャツを作ろう!」オプションフェア。有料オプション3つが無料に。5/3(木・祝)~5/28(月)の約4週間です。レディスも対象です。

「シャツを作ろう!」恒例、年2回の「オプションフェア」です。

(ファクトリーからもらった案内状ですが、英語が違ってます。恥ずかしいですね。chooseではなくてchoiceですし、3 free optionsじゃもともとただのオプションみたいでしょ。うーん、私なら、You Can Choice Your Favorite 3 options without extra charge. とでも書くでしょう)

期間は、GW後半の5月3日(木・祝)から始まって、5月28日(月)の約4週です。
今回は対象品番の限定がありません。すべての生地(チャイナ・エコノミーを含む)が対象となります。
レディスも対象(ワンピースを除く)です。

毎回、どんなオプションがあるの、と聞かれるので、
資料を掲示します。内部資料なのでわかりにくいかもしれませんし、
また、当店で受けていないものは、抹消線をつけていますので、ご了承ください。

と、まあ、たくさんのオプションがあります。
金額的にいうと、最大で5,500円分のお得額となります。

統計を取ったわけではないのですが、ご注文の多いオプションとしては、
ネーム刺繍、貝ボタン、釦ホール&釦付け糸の色指定、クレリック、スプリットヨーク、あたりでしょうか。

それから、首周り46cm以上または裄丈90cm以上、は通常2,000円の割増が掛かりますが、それもひとつのオプションなので、無料になります。
なので体の大きい人や腕の長い方には、いいチャンスであります。

なお、ご来店にあたりまして、
初めての方には、試着見本を着用していただきますので、試着のしやすい格好でお越しください。
また、リピータの方、過去のデータを検索するのに多少お時間をいただきますので、ご来店のちょっと前でいいですから、電話一本いただけると事前にご用意ができるので、助かります。ご協力ください。

このオプションフェアに向けて、新しい生地も入ってきました。
リネン関係やトーマス・メイソンなど、増えました。

約4週間の長いイベントです。是非期間中にご用命ください。

 

 


イベント案内。アイルランドのハンドメイド陶器「ニコラス・モスNicholas Mosse」共同購入オーダー会、今年も開催。4月12日(木)から5月14日(月)まで。10年以上続く4-5月の恒例企画。今年も新柄&新型あり。

今年も例年通りの開催です。

期間は、4月12日(木)から5月14日(月)の一ヶ月間です。

アイルランドのハンドメイドポタリー「ニコラス・モスNicholas Mosse」。
スポンジウェアの技法を用いた陶器では世界のトップブランドの地位を確立し、
欧米には熱心なコレクターも多数います。

そのニコラス・モスの全商品が、一個一枚から好きなだけ買うことができる、
日本で唯一の機会です。

ニックは今年も元気です。恒例の私とのツーショット。

—————————————

期間中は、1月にアイルランドからスーツケースに詰めて運んできた
最新サンプルをはじめ、多数の私物サンプルを店頭に用意します。
マグカップ一個から、お皿一枚から、ご注文いただけます。

現地では、私たちの注文がこの時期に入ることは分かっているので、
生産スペースを空けて待っていてくれます。
なので、注文が届いたらすぐに生産に掛かることができ、
6月中旬の到着を予定しています。

年に一度の機会です。現品販売の予定はありませんので、
ご興味ある方、ぜひこの期間にお越し下さい。

—————————————


最後に例年のお願いです。
ご予約につきましては、例年通り、ご来店いただくことを原則としております。
ただし、例外的にすでに「ニコラス・モス」製品をお持ちの方、
あるいは、どこかで実際に現品をご覧になったことのある方、に限りまして、
ご来店を伴わずにメールだけでのお申し込みを受け付けることができる場合があります。
ぜひお問い合わせください。


催事案内。シャツを作ろう! 「いい生地だけを3,000円off」のあのイベント、3月24日(土)から始まります(4/14(土)までの3週間)。レディスも。今週末から仮受付を始めます。

オーダーシャツのイベントでは一番好評の「いい生地だけ3,000円off!!」。

いよいよ来週末から開催します。

期間は3月24日(土)~4月14日(土)、の3週間です。
開催始めの週末はちょっと混みそうなので、明日(3/16(金))のセント・パトリック・ディイブから仮受付を開始します。(ただし3/18(日)は店休日ですのでご留意ください)

対象生地はいつも通り定評のカリビアンコットンを始めとして、

トーマス・メイソン、カンクリーニなどのインポート生地を含む14,000円以上のドレスシャツ生地です。

気にしていただきたいのは、これもいつものことですが、麻の生地やニット素材が対象になることです。

夏にはこのイベントがないので、リネンシャツを作りたい、という方は
この機会にぜひお考えください。

レディスも対象です。
つまりワンピースも、です。

お待ちしてます。

 

 


営業日、店休日、営業時間、について。試行錯誤の末にたどり着いた結論は「ほぼ元どおり」となりました。

二転三転してすいません。最終決定は、「ほぼ元どおり」です。

店休日は火曜&水曜、営業時間は11:30~19:00、と、もとどおりに戻します。
ただし、それに加えて、日曜日は、第一と第三は店休にします。

水曜日は店休日ですが原則的に勤務日として外回りや出張にあてますので、アポイントがあれば極力対応します。

日曜日について。第一と第三は休みますが、第二、第四、第五、は営業します。日曜のお昼は1Fのラウンジ(セールスサテライト)が貸し切りになっていることが多いので、1F貸し切りの時間帯は直接5Fオフィスまでお越し下さい。

営業体制については、HPの「ご来店に際して」にも詳しく載せましたので、こちらもご参照下さい。

いろいろ試行錯誤しましたが、当分はこれで決まりとします。

営業日でのご来店のアポイントは不要ですが、ご予定がわかれば事前に準備ができるのでお知らせいただけるとありがたいです。

改めて、よろしくお願いいたします。

 


あした、3月4日(日)、やります。

営業カレンダーでは、お休みになっていますが、
アポが複数入ったので、終日営業することにします。

ただ、昼間は1Fのラウンジが貸し切りになっていますので、
1Fの受付で私を呼び出すか、または直接5Fのオフィスまでお越しください。

 


ウェブショップがスタートしました

コツコツと構築の準備を進めていたウェブショップですが、
ようやくここで公開に至る運びになりました。

HPの上の黒いメニューのところに、「ウェブショップ」というメニューが加わったのにお気づきでしょうか。

まずは、手持ちの在庫を載せましたので、新鮮味はあまりないですが、
アクセスが増えることが検索にかかりやすいことにつながりますので、
暇があったらどんどん見に来て欲しいのです。

今後も、このクリップボードの記事とウェブショップの記載を行ったり来たりリンクさせながら、構築を進めていきます。
商品の説明は従来よりもこのウェブショップに更にシフトしていくことになりますので、
ここがショップだと思って、よろしくご愛顧下さい。

ジャックノザワヤ・ウェブショップ
https://jacknozawaya.shop-pro.jp/

 


再開店の挨拶に代えて。倶樂部余話【352】店じゃない店

新拠点での新体制を始めて一週間が経ちました。新しいお店はどこなの、と聞かれるたびに、いや今度は店じゃないんです、と答えていたのですが、何人かの方が不安そうに見えまして、そういうことか、と意を得たようでした。

25坪の店舗を一坪の事務所に凝縮する作業は時間も労力もお金も掛かる大仕事で、恐らく私以外には誰にもできない芸当だったでしょう。もちろん自分で決断したことですし、必要に迫られての作業でしたが、まさに必要は発明の母、マザー・オブ・インベンションですね、いろんな新しいアイデアも次々に湧きました。

でもウインドゥもボディも陳列棚もない、つまり「みせ」ることができない場所ですから、これを私は店とは呼びたくなかったのです。じゃあなんて言ったらいいの、無店舗とは違うんだし、とお客様はさらに困惑した顔をします。うーん、店は英語でshopか、shopには店舗という意味以外にも(職人やアーティストなどの)仕事場という意味(workshop)もあるし、ここは不本意だけど、目くじら立てず、便宜上やっぱり店と呼ぶことは避けられないことだろうなぁ、ということで、観念して、ショップという意味で店と呼ぶことにいたしましょう。はい。

ただこのショップ、実はまだ完成してはいないのです。まず営業日、店休日がまだ未確定なので、不定休という宙ぶらりん状態であります。これは、2月中には固められる予定です。そしてもう一つ、いわゆるリアルショップの方はなんとか恰好がつきましたが、ウェブショップのほうがまだ全く手付かずで今は依然アランセーターしかカタチになっていない状態です。リアルとウェブの2つのエンジンが揃ってのショップであるはずなんですが、片肺飛行でのスタートとなっています。おいおいウェブの方に掲載商品を増やして、チャントしたカタチに持っていかないといけません。

まあ、ともかくもお客様をお受けできる体裁は整いました。どんな感じなの、と様子を見に来ていただくだけでも、新しいショップに一度お越しください。(弥)

IMG_8458

IMG_8459


なんとか準備ができました。明日から新拠点で再開します。

なんとか準備ができました。

詳しくはまた後程ご案内しますが、
予定通り、明日から新拠点で営業を再開します。

まずは、オーダーの部門、
スーツ、ジャケット、シャツ、セーター、シューズ、など、
に絞ってリスタートします。

特にアポイント制にするつもりはありませんが、
予めわかっていると事前の準備ができるので、
分かる範囲でかまわないのでご連絡をいただけるとありがたいです。

外は只今皆既月食の真っ最中、という珍しい夜です。

取り急ぎご案内まで。

(HPを変更している時間が取れませんでした。おいおい直しますので、お許し下さい)


これからしばらくのこと

1月15日(月)で、商品を販売する業務は一旦終了いたしました。

今日(1/16)と明日(1/17)は定休日ですが、いろんな溜まった作業をしたり、
出たり入ったり、なんだかんだしています。

そして18日(木)から21日(日)の4日間は、公開片付け日、というか、形見分けの日、というか、
片付けを進めながら、商品以外のものの装飾品・絵画や備品をご希望の方にお譲りする日と設定しています。
ですのでこの4日間は売る商品はないのですが、店は開けています。いろんなものがありますよ。
また、ダウンのヨーツェンの予約やオーダーセーターの受注、WEBでのアランセーターのご注文受付、などもやっています。ヨーツェンの受注締め切りは21日までなのでお忘れなく。
店内はガチャガチャの状態ですが、まだ撤去工事にはかかっていませんので、21日までは自由にご来店いただけます。

そして、21日(日)の営業が終了したら、その日の夜に私は羽田からアイルランドに飛び、帰国は25日(木)の夜遅くです。
翌26日(金)から引っ越しと撤去工事に入りまして、それが31日(水)まで。

つまり、お客様が来ることのできない期間は、1/22(月)から1/31(水)の10日間、ということになります。

で、新しい拠点での再スタートが、2/1(木)午前11時、の予定です。
新拠点の場所は以下の通り。(地図の貼り付け方を忘れてしまいました)

現店舗から走って1分。メインストリート(呉服町通り)、葵タワー(セブンイレブン)の向かい側です。

(セールス・サテライト)
静岡市葵区紺屋町8-12 金清軒ビル1F LINK内
(オフィス)
静岡市葵区紺屋町8-13 内野ビル5F

2か所は隣同士のビルですので、私は1階と5階を行ったり来たりしますが、
お客様は1階のLINKにいらして下さい。

実はいろんな事情でまだ営業日や営業時間が確定しませんが、
とりあえず、2月の1日(木)から5日(火)までは無休で19時までは営業します。
新拠点では、とりあえず、スーツ、ジャケット、靴、セーター、のオーダーに絞ってスタートし、徐々に扱い品をもとに戻していこうと考えています。

カレンダーにすると、こうなりますので、また貼り付けておきます。