入荷速報。英国製「エベレスト」のセーター、今年も到着。ほんとのシェットランドセーターってこんなに不思議な暖かさがあるんだ、と実感します。

エベレストが入荷したので、
さあ、解説を、と、昨年の記述を見てみたら、
これが、自分で言うのもなんですが、名文。
ホント、自分が書いたとは思えない…、

 

決して手抜きをするつもりはないのですが、

これ以上のことは書けないよ、と思いつつ、
写真を今年の展開カラーに差し替えて、
(あ、それから値段がちょっと下がりました(朗報!)
以下に、去年の原稿を転載します。
————————————————–

シェットランドセーターの最高峰、エベレストです。

今年も入荷しました。飽きずに毎年同じことを繰り返しお話しすることも大事でしょう。
手抜きせずに語ります。

英国の北方、北海に浮かぶシェットランド諸島のメインの島、
シェットランド本島で編まれているのがアンダーソン社の「エベレスト」です。

特産のシェットランドシープの子羊の産毛を使い、
古い手編み機(ハンドフレーム)で無縫製の筒編み(シームレス)で編まれています。

「エベレスト」の名称は、1953年エベレスト初登頂に成功した
エドモンド・ヒラリー英国隊が着用していたことに由来します。
もっともその当時の着方は、むしろ下着に近かったようですが。

①丸首プルオーバー \19,950
11fweverestcpo1 11fweverestcpo2
12fweverestcnpocol2_2 12fweverestcnpocol_2
Red、Mogit、Shaela、Navyの4色。

物事何が幸いするか、分からないものでして、
エベレストの場合、その下着っぽさが奏功したのですね。
無縫製の丸編み、胴や腕の密着するような細さ、
締め付け感のないシングルリブの衿回り、などなど、

60年間変えなかった(いや、たぶん変えられなかった?)化石のようなセーターが
現代の要求にぴったり合ってしまった、というファッションの世界では希有な例です。

②Vネックプルオーバー \19,950
11fweverestvpo1_2 11fweverestvpo2
12fweverestvnpocol2_2 12fweverestvnpocol
Lt Grey、Shaela、Navy、Charcoalの4色。

シェットランドウールというと、ひと頃は廉価品の代名詞のように扱われていましたが、
本物のシェットランドウールというのは不思議な暖かさがあるのです。

カシミアともメリノウールともジーロンラムズウールとも違う、
じわっと包まれるような発熱体のような柔らかい暖かさです。
(あ、これも今時の下着に似てるのかも…?)

③Vネックベスト \16,800
12fweverestvest_2
12fweverestvestcol2_2 12fweverestvestcol
Red、Mogit、Lt Grey、Shaela、Navy、Carcoalの6色。

一枚買った方が色違いやカタチ違いを求められたり、
自分が着て良かったので父親にも勧めてみたり、と
リピーターや高年齢の方の比率が高いのも特徴でしょう。

何年も同じものが売れ続ける理由がここにあります。


メ~テレ本「あなたは羊ですか、それとも狼ですか。」本日発売のムックに、アランセーターについて寄稿しました。東海3県で重点販売だそうです。

名古屋テレビ・開局50周年記念として本日発売です。

Sheepbook1 Sheepbook2

http://www.nagoyatv.com/50th/book.html

羊と狼をマジメに学問してます。
けっこう面白い読み物として仕上がっていて、よくできた企画です。

ここに、羊の実学として、アランセーターについて原稿を頼まれました。

掲載ページ、こんな感じです。
Sheepbook3

全国販売扱いだそうですが、
名古屋テレビということで、主に東海3県(愛知、三重。岐阜)の書店で
重点的に販売されるとのことです。

朝日新聞出版発行・発売 A4変形判 116ページ・オールカラー 840円(税込)
■ 9月28日全国発売 大手書店・一部コンビニで発売
■ メ~テレ運営のネットショップ「メ~コレ」でも発売
メ~コレ販売ページ http://www.mei-colle.com/goods/1346897722253/


入荷速報。アイルランド・ゴルウェイから今年の分のアランセーターが到着。

アラン諸島への玄関口、ゴルウェイのオモーリャO’Mailleから、
今年の分のアランセーターが10数枚、到着しました。

編み手は、アラン諸島のイニシマン島の編み手を含め、
どれも熟練ニッターの傑作ぞろいです。

12fwomaille

左はネップカラーも美しいドネガル・インディゴDonegal Indigo、

右(上2枚)は、今年からのニューカラー、オートミールOatmeal。
これは白は苦手、という方への最適推奨色として今年から強力プッシュです。

すでに当店webのアランセーターのところには、実測データ付きで在庫を掲載しています。
\49,350。

在庫リストはこちらをご覧ください。


生地情報。ツイード生地、しっかり揃いました。スコットランドのハリスツイードとアイルランド・マギーのドネガルツイード。競い合いです。

ツイードの生地見本が届きました。

☆ハリスツイード(スコットランド)

12fwharristw1_2 12fwharristw4_2

ちかごろブランドの露出頻度が過多じゃないかと思えるほど、
有名ブランドになってしまった感のある、
ハリスツイードです。

12fwharristw2 12fwharristw3
軽量400gのスーパーファインsuperfineと、
ちょっとだけ重ため480gのフェザーウェイトFeatherWeight
(重たいほうが「羽根の軽さ」という名称というのが、ややこしいのですが)
の2種があります。

☆ドネガル・ツイード(アイルランド・マギー社製)

12fwmageetw3

ツイードはこうでなきゃ、という人に、
ここまでとてつもなくヘビーなツイードが提供できるのは、
ドネガル(ドニゴール)・ツイードしかありません。

12fwmageetw2 12fwmageetw1

390gの軽量級から始まって、
420g, 450g, 490g(ラムズウール), 550g(ラムズウール),
さらに610g, そしてこれでもか!の660gまで、
実に7種類のウェイトを揃えました。
アイルランドらしい自然な草花の色合いが微妙なネップとして織り込まれています。

さて、オーダーで作った場合の参考価格。ハリスもドネガルも同価格で、
ジャケット\51,450~、
コート\76,650~、
です。


入荷速報。今年も到着。秋のお約束、カムコのネルシャツ、入荷です。男女あり。

今年も入荷しました。
カムコCAMCOのネルシャツ、綿100%インド製、
価格は変わらずの\8,190。

秋口はアウターっぽく羽織りモノとして、
冬には、厚手のウォームシャツとして、
春には、また羽織りで、
と、重宝な使い道たっぷりの一枚、
手ごろな価格ですので、複数の柄を持って楽しんで欲しいです。

メンズ。
サイズは、S, M, Lの3サイズ。

12fwcamcomenred1 12fwcamcomenred2
赤系。
ここの生地の織り方の特徴は、生地の表と裏で色の出方が反対になること。
だから、表側は縦の方が強く出るので、
遠目からは縦のストライプっぽい見え方のなるのです。
この縦目のほうが強いチェックというのが、
一目で「カムコだ」とわかる特徴になっています。

12fwcamcomenblue1 12fwcamcomenblue2
青系。
新柄です。ブルーとグレーの男性的でシンプルな配色。
使い込んだ時のブルーの色の泣き方が楽しみになりますね。

12fwcamcomenbw1 12fwcamcomenbw2
ブラックウォッチ。
伝統的なスコティッシュタータンのひとつ、ブラックウォッチ・チェックです。
紺とグリーンのダークな色合いが名脇役となってくれるはずです。

続いてレディス。
ただしボタン合わせはメンズ仕様です。

12fwcamcowomenblue1 12fwcamcowomenblue2
青系。
ディズニーっぽい原色4色使い。縦目強調ならではの色合いです。

12fwcamcowomendg1 12fwcamcowomendg2
グリーン系。
アクセントカラーとして近頃とても有効なケリーグリーンをメインカラーに配置しました。

12fwcamcowomenbw1 12fwcamcowomenbw2
ブラックウォッチ。
これは、メンズと同じ柄です。


本日創刊のムック「PONZO静岡」。特集「愛すべき静岡のバカ100人」にめでたく(?)私が載りました。

本日創刊です。
静岡県の書店には平積みされているはずです。
Ponzo

バカ100人のうち、創刊号はまず15人、
その5人目、さしずめバカ5号、といったところでしょうか、
私、載りました。
Ponzo_2

ご関心の向きはどうぞ書店にてお求めください。\1,260。

取り寄せ等の場合のデータは以下の通りです。

  • PONZO (インプレスムック) [ムック]
  • ムック: 127ページ
  • 出版社: マイルスタッフ(インプレス) (2012/9/26)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4844375172
  • ISBN-13: 978-4844375173
  • 発売日: 2012/9/26
  • 価格:\1,260(税込)

  • 入荷速報。アイルランドからケープ専業のジミー・ホウリハン、おなじみの自信作が到着。

    もう一体何年連続の付き合いになるのか、
    ケープやマントの専業、アイルランド・ダブリンのジミー・ホウリハンJimmy Hourihanです。

    誰でも簡単に真似できそうで、実は微妙なバランスが難しくてどこも真似ができない、
    というのが、ここのロングセラー定番なんです。

    ☆ベルト付きケープジャケットALCON \43,575
    12fwjhalcongrape1 12fwjhalconglape2
    ↑グレープ(Grape)

    ここ何年か好評のデザイン「アルコンALCON」ですが、今年は素材を変えてみました。
    ウール65%カシミア20%ポリエステル15%のふんわりした無地です。
    12fwjhalconpansy 12fwjhalcondarkolivegreen_3
    パンジー(Pansy)        ダークオリーブグリーン(DarkOliveGreen)

    ベルト付き、前開きボタン留め、スタンドカラー、なのに袖のないケープ状、という、
    カッコの付け方が人気の秘訣なんでしょうね。
    5色やってみました。
    12fwjhalconmagnolia_2 12fwjhalconblack1_4
    マグノリア(Magnolia)           ブラック(Black)

    ☆一枚布のケープNo.9132 \34,860
    12fwjhcapepurplenavy1 12fwjhcapepurplenavy2_2
    ↑パープルネイビー(PurpleNavy)

    付き合い始めた当初から売り続けている超ロングセラー品番です。
    肩に掛けた大きさが日本人に絶妙にぴったりくる、という根本的理由のほか、
    畳んでタンスの中に収納できるとか、膝掛けとしても転用できるとか、
    そんなことも人気の陰にはあるのでしょう。

    12fwjhcapefuchsiapurple1 12fwjhcaperaisin
    フクシャパープル(FuchsiaPurple) レーズン(Raisin)

    ウール75%(うちラムズウール25%)カシミア25%ですが、
    その感触に多くの方が、これカシミア100?との感想を漏らします。
    表と裏では仕上げ方が異なっていて、
    その摩擦力の作用で肩に掛けた布が滑り落ちにくくなっているのです。

    12fwjhcapeforestgreen_2 12fwjhcapeblack1_3
    フォレストグリーン’ForestGreen) ブラック(Black)


    5色も発注しました。

    何年もやってますので2枚目という方がいていいんじゃないか、との思いです。


    入荷速報。ナイジェル・ケーボンが現代に蘇らせた百年前のジャケット。

    多分その経緯を聞かなければ発注しなかったかもしれない、というジャケットです。

    12fwnigel1910fourpocketjk1 12fwnigel1910fourpocketjk2

    付けられた名前が、1910 four pockets jacket。
    文字通り、1910年代の英国古着が元になっています。
    ポケットのカタチ、衿の大きさ、肩のつくり、など、
    確かにウイリアム・モリスの時代の写真に男たちが良く着ているジャケットにも似ています。

    腰ポケットのドライワックスコットン貼りは、ナイジェルらしいご愛嬌でしょう。

    12fwnigel1910fourpocketjk4

    100年前のジャケット、デザインを再現することはしばしば見られることですが、
    これがすごいのは、素材まで100年前を再現してしまったこと。

    ごつくて硬くて重たくて、でも使うごとに出てくる渋すぎるほどの味わい、
    これを、まさに顕微鏡レベルまで解析して再現を目指してしまったのです。

    オリジナルは繊維屑が混じっていたので、その屑代わりにわざとナイロンを混ぜ込んだり、
    と、とにかく良くまあここまで、という半ば呆れてしまうほど。

    そうしてこの渋いチェック柄の生地が出来上がったのです。

    12fwnigel1910fourpocketjk3

    ウール92%、ナイロン7%、コットン1%。
    英国製のようですが日本製。\60,900。


    入荷速報。ナイジェル・ケーボンとエディ・バウアーがコラボしたダウンベストです。

    12fwnigeleddy_2

    エディ・バウアー社の貴重なアーカイブから掘り起こしたカナディアン・ベストです。

    12fwnigelcanadianvest1 12fwnigelcanadianvest4_2

    後ろの方がちょいと長い着丈、背面の獲物入れポケット、
    金銀コンビ色のリリのジッパー、
    取り外し可能のフードはコヨーテのファーを付け、スコティッシュツイード張り。

    12fwnigelcanadianvest2

    完成度も実用性も高い一枚、深いネイビーの色合いがまたいいです。カナダ製、\100,800。

    12fwnigelcanadianvest3_2

    こらピーター、そんなところにいると連れてかれちゃうぞ。


    入荷速報。ナイジェル・ケーボンがエディ・バウアーとコラボしたダウンパーカー、ゲッデス。

    米西海岸シアトルのエディ・バウアー。

    世界で初めてダウンウエアを開発したところとして知られていますが、
    ここが1920年に創業したときは実はテニスショップだった
    という話を聞いたときは驚きでした。
    品揃えはバドミントンにも及び、バドミントンのシャトルの扱いがありました。
    このシャトルに使われたのがガチョウの羽根。
    そこからダウンウェアのアイデアに繋がったというわけです。

    12fwnigeleddy

    さて、ナイジェル・ケーボンとエディ・バウアーのコラボレーション。
    登場するのは、US CLIP GEDDESという名のダウンパーカーです。

    12fwnigelgeddesparka1_2 12fwnigelgeddesparka2

    米軍アラスカ基地のパイロット、ジョン・ゲッデスがコクピットに持ち込んだ服がベースになったモデルで、
    この優れたベースを元に、さらにナイジェル・ケーボン流の正確な解析とリデザイン
    (ナイジェルお得意のUSクリップを付けちゃったり、ということです…)
    が施されたのが、この製品であります。

    12fwnigelgeddesparka3

    フィリングは、エディ・バウワーご自慢のカナディアン・グースダウン(ダウン85%フェザー15%)、
    シェルは、古典的防水素材のドライワックスドコットンに
    肩や袖の一部分、ポケットの縁取りはコットンキャンバス生地を補強。
    フードには本物のコヨーテのファーをエッジに施し、
    フードの裏貼りはスコティッシュツイード。

    12fwnigelgeddesparka4
    フードとマウスウォーマーを装備すると…。
    私の眼が見えますか。

    どうだ、って感じの一点。

    こんなの普通は、サンプルだけの参考商品扱いになるところだけれど、
    これを実際に商品化しちゃうところが、
    さすがアッパレのナイジェル・ケーボンなのですね。

    これなら\155,400も納得できます。カナダ製。