入荷速報。アイルランドのスタジオ・ドネコールから、膝掛けにも肩掛けにも、絶妙サイズのスロー(ブランケット)。アイルランドらしい配色のチェック柄、手織りです。

アイルランドの北西部、ドネガル県・キルカーに小さなファクトリーを構える
スタジオ・ドネゴールStudio Donegal。

12fwstdonegallabel

何年もアイルランドに通い続けていると、毎年商品も見せてもらって、
一緒にランチしたりパブ行ったりしているツーカーの仲なんだけど、
でもなぜか商売には至ってない、という顔馴染みのところがいくつもあります。
このスタジオ・ドネゴールもそのひとつで、
よく知ってる間柄なのになんか不思議と縁がなかったんですね。

12fwstdonegaldonegalsunset1

で、今年仕入れたのが、このスローです。
ブランケットのようなモノをあちらではスローThrowと言います。

ありそでない、のです。

まずこの大きさ。幅110㎝、という手織りの機械でないとできない、半端な幅に、
長さ155㎝(フリンジ含む)というほぼ正方形に近い長さ。

12fwstdonegal2 12fwstdonegal1_2

これが膝掛けにも肩掛けにもいい、絶妙サイズ。
ちなみに写真のひざ掛けは、縦方向に二つ折り、
そして、肩掛けは横長方向に二つ折り、と、
折り方を変えています。

で、次が糸。これは同じ敷地内にあるドネガル・ヤーン社(フィッシャーマンのマフラーの記事を参照のこと)のメリノウール糸が使われているのでしょう、
見た目のツイーディな分厚さ硬さの予想を見事に裏切る、軽さ柔らかさ、なんです。

12fwstdonegaldonegalsunset1_2 12fwstdonegaldonegalsunset2
↑Donegal Sunset

この糸を手織りでゆっくりと織り上げますから、二つ折り、三つ折りに畳んでもごわつかないし、
肌触りもふんわりとしていてまったくチクつかないのです。

そして、色合い。従来の土臭いカラーリングではなく、カントリーでナチュラルなのに、
とても楽しくカラフル、な配色になっています。

12fwstdonegalshannonpeach1 12fwstdonegalshannonpeach2
↑Shannon Peach

そして、忘れちゃいけない、ドネガルツイードらしい様々なカラーネップが
うまい具合に飛んでいます。

女性の方から、会社で使えるいい膝掛けが欲しい、という声を聞いていたので、
これはひとつの答えになったかな、と思っています。

12fwstdonegalgalwaydawn1 12fwstdonegalgalwaydawn2
↑Galway Dawn

もちろん、リビングでソファに掛けてもいいし、
当然身体にまとっていただいてもちょうどいい大きさです。

\26,250。


入荷速報。フィンランドのダウン、ヨーツェンの レディス2種。

ヨーツェンJoutsenのレディスは、ふたつのモデルを取り上げました。

フィンランドを代表するデザイナー数名と提携し、
北欧らしいスッキリとしたデザインのコートを提案しています。

☆ジェニーJenny \87,885

12fwjoutsenjennyfi_3 12fwjoutsenjennybrn1_2

シェイプのきいたボディに、
キルティングのステッチの入れ方が、格子状でなくて、
トーナメント表のようにカギカギになっているのが特徴的です。
なので、我々、こいつを「ジェニーはご機嫌ななめ」と呼んでいます。

12fwjoutsenjennybrn12 12fwjoutsenjennybrn13
着丈約77cm。フードは外せます。
シェル(表生地)はメンズのアークティックと共通です。
カラーは3色採用です。

12fwjoutsenjennychalk2 12fwjoutsenjennychalk1_2
↑Chalk(グレーがかった白)

12fwjoutsenjennynvy2 12fwjoutsenjennynvy1
↑Navy

12fwjoutsenjennybrn2 12fwjoutsenjennybrn1_3
↑Brown

☆テアThea \131,880

12fwjoutsentheafi 12fwjoutsentheablue1
こちらのシェルは、光沢のあるレディス専用の素材です。
ファーも付きますので、リッチ感があります。

こちらもキルティングのステッチは、間隔を狭くしたり広くしたりと変則的です。
ボディのシェイプ感とうまく連動しています。
12fwjoutsentheablue12

ファーは、ラクーン(アライグマ)の毛をグレーに染めたものです。
もちろん、ファーだけもフードごとも、取り外し可能です。
着丈約88cm。2色あります。

12fwjoutsentheanvy2 12fwjoutsentheanvy1_3
↑Navy

12fwjoutsentheablue2_2 12fwjoutsentheablue1_2
↑Blue


入荷速報。フィンランドから、世界最北のダウンウェア、ヨーツェン。メンズはArctic。

(2012.12.26.追記あり)

フィンランドから、ヨーツェン、入荷しました。

メンズは、アークティックArcticの一本勝負です。

何しろ、泣く子も黙る、と言ってもいいでしょう、
ヨーツェンのロングセラー・ド定番、アークティック、です。
Arctic=北極圏、と、その名にふさわしい、まさに、着る布団、であります。

ゆったり目のサイズ取り、長めの着丈、と、
スーツ、ジャケットの上からも着ることができます。

ラクーン(アライグマ)のファーそのものも、フード全体も取り外し可、です。

☆アークティックArctic \113,400

12fwjoutsenarcticfi_2 12fwjoutsenarctic1_2

変わらない定番ではありますが、
細部は毎年マイナーチェンジがありまして、

12fwjoutsenarctic2

内側のパイピングや織ラベルのデザイン、内ポケットの形状などが
昨年版とは異なっています。

12fwjoutsenarcticblk Black
また、シェル(表の生地)のサプライヤーが変わりました。
ブラックはほとんどおんなじですが、
12fwjoutsenarcticbrn Brown
ブラウンとネイビーは、昨年よりも少しだけ明るくなっています。
12fwjoutsenarcticnvy Navy

Arcticchalk
遅れていたCHALK(チョーク)極薄グレーも入荷しました。

サイズは、XS(日本のMに相当)とS(Lに相当)の2サイズです。
ネイビーだけM(日本のXLに相当)があります。

価格は、昨年のままの据え置き、としました。

なお、ヨーツェンの基本情報については、こちらの工場見学記もご覧ください。
なぜ私が「ダウンのクオリティは世界一」と謳うのか、
その訳がわかっていただけるかと思います。


入荷速報。英グローヴァオール、ダッフルコート到着しました。続いてレディス。

英グローヴァオールのダッフル、続いてレディスです。

☆913/FC \55,650

12fwgloverall913ltgrey2

バックチェックの軽量メルトンを使った、レディスでは定番的なモデルです。

12fwgloverall913nvy←ネイビー
12fwgloverall913ltgrey1_2←シルバーグレー
12fwgloverall913olive←オリーブ

の3色。
ボーイズサイズを基本にしているので、サイズ取りは結構コンパクトです。
英国製。

☆4336/52 \51,450

12fwgloverall4336522 12fwgloverall4336521

ちょっとメンズのモンティに似ています。実際に使っている生地はモンティと同じですね。
ただ着丈はうんと短くし、また、衿と袖口にはムートン調のボアを付けました。
フードは取り外しができます。キャメル色のみ。英国製。


入荷速報。英グローヴァオール、ダッフルコート到着しました。まずメンズの解説。

英国からグローヴァオール到着です。
1951年創業なので、今年は創業60周年の記念商品も出ています。
(なぜ去年じゃないのだ、とつっこまないで下さい。)

☆モンティMonty \61,950

12fwgloverallmontibeige2 12fwgloverallmontibeige32_2

モンティはモンゴメリーの愛称で、第二次世界大戦当時の英国陸軍総司令官モンゴメリーを指します。
ノルマンディー上陸作戦の立て役者で、人気者の英国軍人ですが、
相当の堅物で、かの宰相チャーチルも手を焼いたと言われています。
チャーチルとモンゴメリーの関係を現すこんなエピソードが知られています。
モンゴメリー「私は酒を飲まない、葉巻もやらない、良く寝る。だから100%健康だ。」
これを聞いたチャーチル「私は、よく飲むし、少ししか寝ない。次々に葉巻をふかす。これが200%健康でいられる理由だ。」

12fwgloverallphoto1

で、この真面目な総司令官が愛用していたのがダッフルコート。
ちなみに英国では、ダッフルコートの全てを総称して、モンゴメリーコートとかモンティコートと呼んだりもします。
そのくらい、英国内では、ジェネラル・モンティ=ダッフルコートというイメージが定着しているということなんでしょう。

12fwgloverallphoto2

で、この品番「モンティ」は英国海軍が外套着として採用していたダッフルコートをできるだけ当時のままに復刻したモデルです。

12fwgloverallphoto3_2

映画「第三の男」で英国軍のキャロウェイ少佐がカッコ良く着ていた、こいつです。

12fwgloverallmontibeige1 12fwgloverallmontinvy1

毛羽立たせてヘビーなメルトン生地(ウール90%ナイロン10%)。
麻ヒモに木の浮きの3つのトグル。
アジャストのドットボタンが付いた縦に2枚剥ぎのフード。
幅広のグログランテープでの各所の補強と足通しパーツ。
文句なしです。

で、着方、と言うか、サイズ取りについてですが、
これはややゆったり目に着て欲しいと願います。
古い英国海軍の写真を見ても、みんなゆったりと着てるでしょ。
ダッフルはもともとそんなにピタピタに着るもんじゃないぞ、
一番上のトグルが留められないほど小さく着るのはアウトだよ、ってのが私見であります。

色はキャメルとネイビーの2色あります。英国製。

☆60周年記念モデル(3512/AC) \67,200

12fwgloverallac3 12fwgloverallac1_2

一枚の布で表裏の色や柄が異なるモノをダブルフェイスを呼びます。
ダッフルコートの場合、基本的に裏地を貼らないので、
このダブルフェイスの裏側が無地なのかチエックなのか、というのは見栄えに大きく影響します。
フード裏に見えるバックチェックがあんまり派手すぎたり明るすぎたりすると、
紺やチャコールといったダークカラーのダッフルも
何だか学童着のように妙にお坊ちゃんぽくなりすぎてしまうきらいがあるのです。

12fwgloverallac2

で、このダッフルのバックチェック、
これが60周年のオリジナルアニバーサリーチェック、であります。
派手すぎず、ブルーが程良く聞いた大人らしいチェックです。
ウール75%ナイロン25%、英国製。ネイビーのみ。


入荷速報。当店に再々復帰、三度目の登場「グレンフェル」。トレンチコート、グレンフェルクロス……、うーん、ブランドストーリーたっぷりの英国モノ。男女あり。

五年振りの復活。五年前も五年振りの復活、と言っていたので、何だか五年周期の三度目の出番となったのが、グレンフェルGrenfellです。
バーバリーやアクアスキュータムと並び賞されるほどのブランドストーリーを持ちながら、あまりにも紆余曲折がありすぎました。
ま、ともかく、いろんな事情がありましたが、再び、自信を持って薦められる英国製のコートを展開できるようになったことは、喜びであります。

☆ケンジントンKensington2  \131,250。

12fwgrenfellkensingtonnvy1 12fwgrenfellkensingtonnvy2

メンズの定番トレンチコートです。
納品時には、ボタンというボタンが全部留められてあったのですが、これがすごかった、
全てのボタンに全て役割がある、ということがよく分かりました。

12fwgrenfellkensingtonnvy31 12fwgrenfellkensingtonnvy32

スタイリングはかなり現代風にリモデルされていて、
腕廻りや胴回り、かなりすっきりとしています。

12fwgrenfellkensingtonbeige1 12fwgrenfellkensingtonbeige2

黒に近い濃紺と玉虫ベージュの2色。38”(M相当)と40”(L相当)あり。

☆ハイブリーHighbury2  \99,750。

12fwgrenfellhighbury1 12fwgrenfellhighbury2

グレンフェルを世に知らしめた伝説の「グレンフェル・クロス」を忠実に現代に復刻しました。

12fwgrenfellhighbury5

薄手で軽くてソフトなのに、防水性抜群という高密度コットンです。
レインコートとしても使える全季節全天候型コートです。

12fwgrenfellhighbury3 12fwgrenfellhighbury4
ネイビーのみ。38”(M相当)と40”(L相当)あり。

☆オーバルOval \110,250。

12fwgrenfelloval2 12fwgrenfelloval22

レディスのトレンチコート。大人のドレスコートを意識して着丈の長いモデルを採用しました。
シルエットもスタイリッシュに出来上がっていますので、
スカートでもパンツでもいけます。

12fwgrenfelloval11_2 12fwgrenfelloval12
濃紺のみ。

☆サドバリーSudbury \130,200。

12fwgrenfellsudbury3 12fwgrenfellsudbury4

レディスの乗馬コート。ハイウェストで脚通しまで付いています。
値は張りますがイチ押しです。できればジョッパーブーツで合わせたい。

12fwgrenfellsudbury1 12fwgrenfellsudbury12
淡ベージュのみ。

紆余曲折のグレンフェル。
五年前に一旦復活しながらも成功しなかった、その理由は、企画力と営業力の不足でありました。
現代にマッチしたデザインと素材、英国と日本とのエージェント契約の明瞭性、これが改善されているので今度は大丈夫でしょう。

さてさて、五年前の復活の時に書いた原稿が残っていました。
当時かなり調べて書いたものなので、自分で言うのもなんですが、
今でも充分に読み応えがあります。
ここに転載しますから、どうぞご参照下さい。

続きを読む →


入荷速報。英ベッグの超薄カシミア100%スカーフ「キショーン」。5年振りの再登場です。

2006年から2年続けて展開した、スコットランドはベッグBeggのキショーンKishorn。
私たちとしてはずっと長く続けてやりたかったのですが、
中間の代理店の変更やらがあって、仕入れができずにいました。

それが5年振りに復活となりました。

12fwkishorn2 12fwkishornweight

代わりがなかなかない商品なので、これはホントに嬉しい再登場なのです。

12fwkishornfmn 12fwkishornblackcurrent_2

ふんわり柔らかく巻けてとても暖かい、そして畳むとポケットに入るぐらいにちっちゃくなる。
見た目も軽いので、秋も春も初夏だって使えます。
ハカリに載せると、はい、82グラムでした。

カシミア100%、183(フリンジ含む) x 34cm、\25,935。
8色展開。

12fwkishorn1

左列上から、スノードロップ(オフホワイト)、シルバーグレー、オックスフォードグレー、ブラック、
右列上から、忘れな草(ライトブルー)、コバルト(ブライトブルー)、ブラックカラント(パープル系)、ネイビー


入荷速報。アイルランドからドネガルツイード調アラン編み調のニットマフラーとニット帽です。

アイルランド・ドネガルはキルカーの小さなニットファクトリー、
フィッシャーマン・アウトオブ・アイルランドの製品です。

この製品、見掛けと実際がかなり違う、その違いこそがウリなのです。

12fwfiagnewnatural1 12fwfiagnewnatural2
↑New Natural

その前にこんな話を。
言わずもがな、当店では本物のアランセーターを扱っているので、
ときどき「このアランセーターとお揃いのマフラーや帽子はないんですか」との問い合わせを受けます。
はい、やったことはあります。やりましたが、不評でした。
糸がごつくて硬く首や耳にチク付いて、快適ではないのです。
それでいてアランセーターと同じレベルの優秀な編み手に編ませれば
それなりの価格になってしまったのです。

12fwfiagraven1 12fwfiagraven2
↑Raven

12fwfiagstonewall1_2 12fwfiagstonewall2
↑Stonewall

そこでこいつの登場です。
まずこの糸が、ありそうでない、特徴的な糸です。
パッと見はアイルランドらしい典型的なネップ入りのドネガルツイードの糸に見えますが、
これが実はメリノウールでできている糸なのです。

12fwfiagsandstone1 12fwfiagsandstone2
↑SandStone

メリノウールっていうのはスメドレーなんかの薄手のセーターに使う糸ですから、
普通こんなボリューム感のあるネップ糸は難しいのですが、
そこが、同じキルカーにある紡績ファクトリー「ドネガル・ヤーン」社のうまいところ。
だから一見ごつそうなツイードに見えるのに、
首や耳に当たる感触は実に快適なのであります。

12fwfiagclay1 12fwfiagclay2
↑Clay

12fwfiagnavy1 12fwfiagnavy2
↑Navy

で、これを手編みでなく、機械編みで柄模様を入れ込んで編ませました。
ニットのマフラーとキャップですので、伸縮性があり、身体に密着してくれるのが嬉しいです。

12fwfiagautumn1 12fwfiagautumn2
↑Autumn

ケーブル編みのマフラー(180x22cm)7色、\5,985。

太うねリブ編みのキャップ5色、\4,935。

12fwfiagautumn3_2 12fwfiagnavy3


入荷速報。英「ジョンストン」のスカーフとマフラー、2種。

英スコットランドのジョンストンから、新作2種の到着です。

☆薄手の大判スカーフ

12fwjohnstonblue3 12fwjohnstongrey3

206(フリンジ含む) x 50cm。カシミア56%ウール44%、\14,700。

男性はタテ二つ折りでマフラーとして、女性は拡げたままストールとしても使えます。
全体を拡げるとこうなってまして、

12fwjohnstonblue1

12fwjohnstongrey1

タテに3配色、ヨコにも3配色で、9分割のブロックになっています。
ブルー系のグラデーションとグレー系のトーンオントーンの2つです。

☆レジメンタルストライプのリバーシブル

12fwjohnstonstblue2 12fwjohnstonstblue1
↑ブラックベースにブルーストライプ

188(フリンジ含む) x 30cm、ウール100%。\9,450。

ネクタイっぽい配色で、スクールマフラーの大人版、という印象もあります。

12fwjohnstonstred2 12fwjohnstonstred1
↑ネイビーベースにレッドストライプ

裏側は、無地っぽい同色系のおとなしいストライプですので、
ひねりを入れて表裏見せる巻き方、メービウス巻き、とでも言うのかな、なんかが有効です。

12fwjohnstonstyellow2 12fwjohnstonstyellow1
↑チャコールベースにイエローストライプ

黒、紺、チャコール、の3つを用意しました。


入荷しました。ヨーツェンのダウン、フィンランドからの長旅、成田で税関に引っかかり、一日遅れで到着。

フィンランドよりヨーツェン、昨日届きました。

成田で「ワシントン条約がらみの毛皮製品では」との嫌疑をかけられ、
足止めに遭いましたが、無事通関しました。

4箱ですが、中身はダウンなので、体積の割には軽くてトータル65kg。私とおんなじ重さ。
でも金額にすると、売価で約300万円分あります。

12fwjoutsenbox

昨晩、残業して検品も済ませ、
ご予約の方の分もご用意できました。
お申込みいただいている方には順次ご案内をお送りしますが、

取り急ぎ、速報まで。