謹賀新年。現店舗撤退につき閉店セール開催中です。1/15(月)まで。

明けましておめでとうございます。

すでに2日から営業しているのですが、
暮れにPCを入れ替えたり、元日にクルマをぶつけられたり、
なんだかんだ大忙しでブログでの挨拶もできないままでした。

お知らせしていますように、
1月で現店舗から撤退をしますので、
在庫一掃売り尽くしの閉店セールを開催しています。
商品販売は1/15(月)までの開催です。

その後21日(日)まで装飾品や備品などの形見分けの会をやり、それから撤去工事に入ります。

セール品を一つ一つ紹介できないので、ばばっと売り場の写真を撮りました。

ドーメルのジャケット生地、冬物も春物もあり、
16956円~19,980円(税込)。

メンズアウター。
Corby,OxfordBlue,Joutsen,Gloverall

メンズニット。
Aran Legend, Harley of Scotland, Jamieson’s, Hawick Knitwear, Aran Islands, Loch Garman

ネクタイ、カフス他
Fairfax, Elizabeth Parker

ベストやシャツは少々です

マフラー、スカーフ、帽子など
Cushendale, Macross, Cleo, BlackSheep, etc.

レデイスいろいろ
John Smedley, Joutsen,  edmund McNulty,  Jimmy Hourihan,  Liberty, Cushendale, Cleo, Harley of Scotland, Loch Garman, etc.

こういう機会なので、保管してあったサンプル類なども出しています。

写真には撮ってませんが、ベルトや傘(FOX)も処分価格です。

ちょっと手が回らない気味なので、混みあったときは掛け持ち接客となっていますが、
どうかご勘弁を。

1月は複雑な営業体制なので、営業カレンダーを載せておきます。

カレンダーはここにも載せています。


販売開始。7月にイベント紹介した、ソファ屋の考えたバッグ、心石(こころいし)。待望の新作が商品となって届きました。

7月のイベントの段階では、サンプルしかなかった新作がようやく販売開始になり、うちにも一本届きました。60,000円(税別)。

7月の記事はこちらです。

届いたのはこのブラウンのみですが、他に黒、キャメルもあります。

商品解説、こちらもご覧ください。


イベント少しだけ延長します。靴を作ろう!サマーキャンペーン、目標まであと9足だけ受け付けます。

本日までの「靴を作ろう!サマーキャンペーン」。
50足の目標まであと9足だけ足りません。
しゃくなんで、50足に達するまで9足だけ延長して受け付けることにします。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

「しまった、行きそびれてしまった」と思っていたあなた、まだ間に合いますよ。


展示イベント。ソファーメーカーが考えた、鞄。KOKOROISHI(こころいし)、見に来て下さい。7/23(日)まで。


有名なバッグブランドも、元々は馬具屋であったり、船旅用の大トランクだったり…。
で、ここはソファーです。
広島県福山市で創業48年のソファーメーカー「心石工芸」が提案する革鞄
KOKOROISHI(こころいし)です。

久しぶりに惚れ込める鞄に出会いました。
デビューの昨年から注目はしていましたが、ブランド2年目で完成度も高まり、価格も根本から見直すことで、ぜひ薦めたい鞄となりました。

社長の心石さんと話がトントンと進んで、ともかく7月にお客様にサンプルを見てもらおう。ということで、急遽展示会の開催が決まりました。
72,000円
80,000円
89,000円
皮革とウッドとの融合、空っぽでも自立する独自の構造、贅沢なライニング、女性でも持てる軽さ…。
60,000円
55,000円
90,000円

注文は後からいつでもいいので、ともかくこの期間中に、見るだけ見てご意見を聞かせて欲しいのです。
この惚れ込み、私の独りよがりではないと思うんですけど、
ちょっと舞い上がっているかもしれないので、冷静なご意見をぜひ。

7/23(日)までサンプルを置いています。


シュー・シャイン・サンデー(靴磨きの日曜日)は、次週、5月14日(日)に開催します。

毎月第2日曜日に実施しているシュー・シャイン・サンデー(靴磨きの日曜日)、
第4回目は次の日曜日、5月14日(日)に開催します。
IMG_7551
シューシャイナーの渡邉クンが終日詰めてお待ちしています。
一足1,000円より。レディスもあります。品物によってはお預かりする場合もあります。

ぜひご予定下さい。


イベント。ファクトリエのバッグを特集します。2/10(金)~26(日)。革も帆布も、男も女も、オンもオフも。

ファクトリエと組む最初のイベントは、バッグの特集です。
帆布ミニボストン黒帆布ミニボストン32,000円

過去のデータから2月のカバンの動きが良いこと、
またカバンがショールーミング化に最も適したアイテムと思われること、などが理由です。
革鞄ラージ横トート茶レザー横型トート46,000円
期間は、2/10(金)~26(日)の土日3回を含む13日間(火水休業)です。
メイドインジャパンの心意気、たっぷりご堪能ください。
帆布ビジネストート紺帆布ビジネストート26,000円
革も帆布も、男も女も、オンもオフも、
一度見ておいてくれれば、後はWEBでもわかるので、
革鞄レディストート赤レザーレディストート38,000円
どうぞ期間中に足を運んでください。

帆布ワンショルダーグレー帆布ボディバッグ12,800円

革鞄縦トート紺レザー縦型トート42,000円

紹介写真以外の品番もいろいろ入荷します。

革鞄ボディバッグ黒レザーボディバッグ22,000円

お待ちしてます。

(ファクトリエ商品の購入にはメールアドレスなどの登録が必要となります)

2/9訂正…期間が当初予定より1週間延長になりましたので、終了日を訂正しました。


入荷速報。TO&FROのレインコートと折り畳み傘、入荷しました。生地も作りも少し改良です。

長らく欠品中でした、レインコート、再入荷しました。
17,500円(税別)

この薄くて軽い防水素材、
宇宙工学や精密機械工場などの産業用にも使われるほどのすんごい生地で、
レインコートや傘に使うにはもったいないんじゃないの、との声もあったそうです。
それぐらい素晴らしい素材で、ちょっとだけリニュアルされまして、
ストライプの線がより強く出るように改良したそうです。
詳しくは2月に初めて載せた記事をご覧ください。

それから今回初入荷したのが同じ生地を使った傘です。9,500円(税別)。
img_7208
作りが当初モデルからだいぶ改良されました。
実は最初のモデルですと傘の大きさもちょっと小さくて、骨も6本と頼りなく、
男が持つには華奢すぎないか、と、仕入れを手控えていたのです。
それが今回すべて改良されて、
より大きくなり、骨も8本に、また芯のストッパーなどもより良いパーツに変わりました。大きな声では言えませんが、ファーストモデルを仕掛けなくて正解でした。
プラステックのフレームは風が吹くと、すぐにおちょこになるけど簡単に元に戻る、という、柳の枝のような構造で、修理も可能です。
詳しくはTO&FROのサイトのこちらをご覧ください。

TO&FROは初めてのお店ができたそうです。
羽田空港の国際線ターミナルですって。
トラベルがテーマのブランドですから、適所じゃないでしょうか。


再入荷情報。キプリスのベビーカーフ・シリーズの財布類と名刺入れ。手頃な価格ですが、革質も技術も最高レベルの当店推奨品です。

しばらく欠品していました、定番品の再入荷です。
価格が手頃すぎるのが唯一の欠点(?)ですが、
長年にわたる当店推奨品です。

素材は、素仕上げのベビーカーフ。生後3ヶ月位の仔牛の革です。
これを極限まで漉いて使い、
菊寄せ、風琴マチ、など、ニッポンの職人技で仕上げています。
使うごとに色艶が増してきて、味わいが増します。

以下の3型は、革は皆同じで、色は、クロ、チャ、グリーン、ワインの4色展開です。(色によっては取り寄せとなります)

二つ折り財布(BOX小銭付札入)
IMG_6851IMG_6852
ボックス型(ジャパラ式)の小銭入れがこの向きに付いている、というのが
二つ折財布の最適条件、という結論にたどり着くまでに、
私もいろいろと無駄な買い物をしてきました。
二つ折財布をお探しなら、これを買っておけば間違いないです。
13,000円(税別)

長財布(風琴マチ束入)
IMG_6855
菊寄せを駆使して縫われているため、
角が柔らかく自然に曲がるので、上衣の内ポケットに入れても全く響かない、というのがうれしいです。
お札を入れる部分のマチが外側に向いているのがお分かりでしょうか。
これが風琴マチです。風琴というのはアコーディオンことなので、
英語で言うと、アコーディオン・プリーツ、とでも言えばいいのでしょうか。
これだとお札100枚が楽々入り、しかも出しやすいのです。
長財布のことを和装の世界では「束入れ(たばいれ)」と言いますね。
落語の人情話『芝浜』の革財布はきっとこういうモノだったんでしょう。
だから、うちの店では、この財布のことを通称、芝浜の財布、と呼びます。
16,000円(税別)

名刺入れ(風琴マチ)
IMG_6853 IMG_6854
風琴マチの威力が生きるのは、束入れよりもむしろ名刺入れかもしれません。
お札100枚は入れることがない人でも、名刺100枚はすぐに溜まりますから。
名刺入れは初対面の人の前で出す機会が多く、第一印象が最重要な場面で登場するアイテム。
スマートに出し入れできる名刺入れを持つことは大切です。
私は長女の就職祝いにこれを選びました。
8,000円(税別)

———————————————
以下、キプリスのサイトに革の説明がありましたので、コピーしておきます。
ご参考までに。

Rainier Calf (レーニアカーフ)
米ワシントン州にあるカスケード山脈最高峰の山マウントレーニアと同じようカーフの最高峰という意味が込められたシリーズです。
カーフ素材の中でも最高の皮質を持った生後3ヶ月位の仔牛の革を使用しています。
この素材は一級職人でないと取り扱いが難しく、縫製をしている途中にも傷がついてしまうほどです。
傷が付きやすいということは、使い込むほどにアジが出てくるということでもあります。
また、菊寄せなどの職人技が出来るのも、漉き(革を薄くする工程)がしっかりと行われているためです。
熟練された職人は新聞紙の厚さ(0.04mm)を半分(0.02mm)に漉ける技術を持ちます。
表面に加工を施さない素上げで仕上げているため、仔牛の革のキメの細かさ、素上げの風合い、また使い込む程に増すサラッとしたソフトな感触をお楽しみ頂ける商品です。


イベント案内。最終クォーター期間入りにて再掲載します。「靴を作ろう!」サマーキャンペーン。一年一足、靴を作るなら夏。当店夏の最大イベント、7月31日(日)までです。

二か月にわたるロングランイベントも、
第4コーナーを回って、いよいよ最終クォーター、
残り2週間となりましたので、
ここで念押しの再掲載です。

ウィンドーにも靴を並べてみました。

IMG_6778

以下、記事を再掲します。
—————————————————

私がこの数年ずっと訴えているのが、
「一年一足、靴を作るなら夏」であります。

ぜひこれを習慣づけていただきたい、と。

どうして?、と言われると困るのです。
なぜって、夏に売り上げが減ってしまうという、当店の事情だから、なのですが、
だからこそ、本来は値引きなんかする必要のないオーダー靴を
こうやって販売強化キャンペーンに掛けるわけですから、
お客様にとってもメリット充分ではないか、と思うのです。

2016

特典は3つ。(メンズのみ、価格は税別)

①期間中の靴のオーダー(短靴40,000円、ブーツ43,500円)は、
5000円引き、
またはシューツリー(7,000円相当)のオマケ付き。

②靴のリペア料金を15%offにて承ります。
たとえばオールソール交換は11,050円より。
他社の品でも承ります(靴の状態によってはお断りする場合があります)。

③同時にレザーケア用品をお求めの場合には8%offで提供します。

7月末までのロングキャンペーンです。

オーダー靴については、
当店のサイト
また、ファクトリーのサイト、もご覧ください。

12年前から始めたオーダー靴、お作りした靴は1000足になりました。
1000足やれば、経験値にも自信が付きます。

昨年のキャンペーンでは46足のご注文がありました。
今年の目標は60足。週に7足というペースですから、
何ともあなたの両足が必要なのであります。

夏の当店は半分は靴屋さんです。

初めての方もリピーターの方も、
ぜひぜひ当キャンペーンの仲間入りを。

ご用命をお待ちしております。