入荷速報。英シェトランド島のジェイミーソンズJamieson’sからようやく到着しましたフェアアイルセーター。インフィニティ(infinity=無限大)と名付けました。

今年もダメかな、と半ば諦めていたジェイミーソンズJamieson’sが届きました。
(Jamieson’sのブランドについてはこちらをご参照ください)

今回のフェアアイルセーター、これをインフィニティ=無限大と名付けた理由を語るのはちょっと後回しにして、
まず商品から見ていただきましょう。

☆まず丸首プルオーバーが3色。29,700円(税込)。


※スチールグレー


私、38″を着ました。パツパツで小さすぎです。
36″(レディス向け),38″,40″,42″,44″,の5サイズ展開。

※ミックスネイビー

私、40″を着ました。隙間なくピッタリ、ジャストフィットです。
38″,40″,42″,44″,の4サイズ展開。

※水苔グリーン

私、42″を着ました。適度なゆとりがあり、私の好みではこのサイズを選ぶでしょう。
38″,40″,42″,の3サイズ展開。

☆1色だけカーディガンにしました。35,200円(税込)。
※リンドウブルー


私、44”を着てます。ダボッとしてます。
斜めに立っているのは、肩のトップのところにある7番目の柄の赤の部分を見せたかったからです。
38″,40″,42″,44″,の4サイズ展開。

ここでサイズについて申し上げます。こうなってます。
提げ札の表記サイズ・36″(インチ)=当店のサイズ感覚はレディスM (衿ラベル表示サイズはS)
提げ札・38″=当店・メンズS (衿ラベルはM)
提げ札・40″=当店・メンズM (衿ラベル・L)
提げ札・42″=当店・メンズL (衿ラベル・XL)
提げ札・44インチ=当店・メンズLL (衿ラベル・XXL)

つまり、Jamieson’sは日本人を相当小さい人種と考えているようなのですが、
この余計なおせっかいがとても紛らわしいので、まず衿のラベルサイズ表記は無視して、
今後もサイズを言うときはインチサイズで言うことを原則にします。
「Mを買ったつもりなのに品物にはLと表記されている」という事態が今後も起きますが、
こういうことなのでご理解ください。

さぁて、インフィニティ、無限大、の説明です。
今回の商品の写真を見て、ん、こいつは今までのフェアアイルセーターとなんだか違うぞ、変だぞ、と、
気が付かれた方、相当鋭い人です。キーワードはリピートです。
アランセーターと同じく、フェアアイルでも一つの模様をステッチ、
そのステッチをいくつか合わせた柄の組み合わせをパターン、と呼びます。
アランのパターンは縦向きでひとつだけですが、フェアアイルの場合、パターンは横向きです。小さいと数センチのこともありますし、大きいと30センチ以上にもなったり、と様々で、
そのパターンを何度も繰り返していきます。その繰り返しをリピートといいます。
これは壁紙と同じでして、リピート10cm,とかリピート30cmとかと称します。

白い紙の幅がひとつのパターンです。
左はリピート10cmを5回と少し、繰り返しています。
右はリピート30cmととても大きいので、2回目の繰り返しが半分過ぎたあたりの途中で終わってます。
あ、セーターは下から上に向かって編まれます、念の為。

ところが今回のセーターは、8-10cmの異なる7つのパターンがひとつづつ現れていて、
リピートをしないで違うパターンが延々と続くのです。
7つ目のパターンは44”サイズぐらい大きくならないと中心のステッチが現れてきませんが、
多分48”ぐらい大きなサイズなら7つ目も完全に見えてくるんでしょうね。
この7つのパターンは構成も似ていて同じような配色を使っているので、
ガチャガチャに見えずに落ち着いた統一感を醸しています。パターンは全部違うのに派手ではないんです。
むしろリピート30cmぐらいの大きなパターンのもののほうがよほど派手なガチャガチャに見えるほどです。
同じパターンをリピートするのではなく、異なるパターンが次々と無限に現れてくることから、
これを無限大、インフィニティと称することにした、というわけです。

このインフィニティのサンプルを私が初めて見たのは10年以上も前のことです。
しかしそのサンプルは、リピートのないことを強調したかったあまりか、
とても色使いの派手なクレージーなものに見えました。
多くのバイヤーの目にも売れそうもないものに映ったはずです。
色を変えるとどうなるか、までの興味には至らなかったのでしょう。
しかし、いつか一度はやってみたい、と私の記憶の中に常にこのセーターがありまして、
今回、コロナで社長のPeterと会うことができず、
でもJack(私のことです)の頼みなら何でも力になるよ、と言ってくれたのを幸いに、
この色違いを画像で送ってもらい、
今回のようなカラーリングが存在することを知った次第。
多分日本でこれをやっているのは当店だけのはず。
なんていうと来年どっかが真似るかもしれませんけれど。
静岡の小さな店がやるから面白いんで、大きなお店が真似してもつまんないと思いますよ。

納期が遅れたので、来年の展開に回そうかな、とも思ったのですが、
どう仕上がったのか、私自身が早く見たかったので、遅いのを承知で引き取りました。
サイズ切れが起きる可能性が高いので、最新の在庫状況はwebShopにてご確認ください。