シャツを作ろう!!売れ線上質素材4種に限って15%OFF。3/1(金)より3/18(月)までの週末3回。カリビアンコットン、トーマス・メイソン、リネン、リバティ。

シャツを作ろう!!、3月のイベントは、例年と内容が少し変わります。

生地を売れ線の上質素材に絞り込みました。
上段左…おなじみのカリビアンコットンsilver (100/2G)。新加入の細ロンスト、ギンガムの新色も対象です。18,700円から15%offで15,895円。
上段右…カリビアンコットンgold (120/2G)。国産生地の最高峰。スビンコットンやアメリカン・シー・アイランドも含まれます。20,900円~の15%offで17765円~。
下段左…トーマス・メイソン。伊製英国調で欧州素材の第一人気。アリソデナサソな色柄多し。19800円~の15%offで16830円~。
下段中…リネンのコレクション。左側の人気定番素材ハードマン・リネン(17,600円)だけは10%offですが、右側のイタリア素材などは15%offです。
下段右…リバティプリント。ウイリアム・モリス、V&Aモノ、など各種あります。22,000円の15%offで18,700円。

8:2の法則のように、これらの生地群は全体の生地種類の2-3割に過ぎませんが、売上では7-8割の比率を占めます(夏のエコノミーサービスを除く)。それくらい人気の集中するコレクションです。

期間は3/1(金)より3/18(月)までの週末3回分。初日は混み合うので、事前の予約受付もいたします。

レディスも同様です。今回はワンピースも対象です。
メンズではオーバーシャツ(ジャケット衿もあり)も対象です。

シャツを作ろう!!、のこれからのことですが、オプションフェア、リンクルフリーフェア、エコノミーサービス、が予定されています。期間は未定です。
でも今回の「いい生地だけ割引」が一番人気なんです。
お見逃しなく。


古物商の許可が出ました。

標識が出来上がってきたので、本日より古物商としての活動が可能となりました。

長い道のりでした。
これがゴールのような気分ですが、ここからスタートなんです。
これから、仕入れや販売のルールを考えていかないといけません。
まずは私物、デッドストックの新中古品、父の遺品、あたりから品揃えを進めていきます。
まだまだ準備段階です。
あ、一応言っときますが、新たに古着屋を始めるようなつもりはありません。
新しい仕入れ商品として、ユーズド品を加えようということです。
今日から、当店のお客様であるあなたは、当店から買う人であるだけでなく、当店に売る人にもなったのです。
よろしくお願いします。


入荷速報。シャツを作ろう!! に、新しい生地がたくさん届きました。

今回は重要な素材が多いので、いつもより丁寧に紹介しましょう。



当店一番の売れ筋、カリビアンコットン・シルバーライン(100/2G)で、
長い事欠品が続いていた細ロンストとギンガムが復活しました。
これは嬉しいです。


毎年期待の大きいハードマン・リネン。
ハードマンは、北アイルランドにあり、元来は生粋のアイリッシュリネンの会社でしたが、
その種を南アフリカで大量栽培することに成功、
日本最大の麻専業商社である帝国繊維と組んで、高価値なのに安価なリネン生地を提供しています。
2024年春夏では、パステル調が消えて、アースっぽい色合いが増えている印象です。
ストライプやチェックも増えているのが嬉しいです。


トーマス・メーソンThomas Mason。もともと英国のシャツ生地屋さんでした。
伊アルビニ社に買収されてイタリア生産になりましたが、今でも英国的な色柄に特色があり、
いろいろあるインポートの生地の中でも、当店ではダントツの人気を誇っています。
無地の色はいつも「ありそでなさそ」な色を提案します(今回のグレーもそう!)し、
ストライプなどの柄物も、いかにも英国、という雰囲気を醸してくれます。


2万超の一群をまとめます。
左上、カリビアンコットン・ゴールドライン(120/2G)のツイル無地3色。
左下、伊レダのサマーウール100%。シャツもいいですが、オーバーシャツでジャケット的に作るのもいいです。
右列は、伊アルビニの生地。トーマス・メーソンの親会社ですが、こちらの方はいかにもイタリア的な雰囲気。無地のサテンなど色気があります。


左上、吸水速乾性の高いクールマックス(ポリ100%)にリンクルフリー機能を施した素材。
左下、タイプライタークロス。いわゆる高密度綿布のこと。タイプライターのインクリボンの素材だとか、タイプライターの文字が打てるほど紙のような密度のある素材、とか、諸説あります。
右上、ポロシャツのようなカノコ素材。ガス焼き処理で艶があり、撥水加工もしていまして、ファクトリーではイチオシの素材のようです。
右下、シワになりにくい加工しているストライプ生地。
(この高機能素材の一群は、正直、私にもよくわからないところがあって、多分こちらからお薦めする機会は少ないと思われます)

新しい生地がこれだけ一気に入荷することはあまりないことなので、こちらもアワアワしてます。
これから例の台紙にパタパタと貼り付けます。

 


その6は、復興支援特別受注会。To&Froのレインコート。三代目にしてついに完成。極薄防水素材なら世界一のカジレーネ(石川県かほく市)から。その名も、ハイパフォーマンス・ウォータープルーフコート。2/26(月)まで受付。

今回、能登半島震災の復興支援のため、特別受注会を企画しました。メイド・イン・石川県、です。
ご来店、または、メールにて、お申し込みください。2/26(月)で締め切ります。商品は一ヶ月以内にご用意いたします。以下、9月に載せた記事を再構成して、ご紹介します。


3回目の紹介にて、ついに完成形を見ました。最高最強のレインコート、
もはや雨の日だけに限定しないので、レインコートと呼ぶのもふさわしくないかも、です。
価格は36,300円。色はカーキ、ベージュ、ブラック、の3色展開。
サイズはS-M,M-L,L-XL,の3展開です。S-Mは女性対応と考えています。

最初に紹介したのは、2016年。この記事でした。
入荷速報。TO&FROのレインコート。私の知る限りでこんなにパーフェクトな雨合羽はありません。なにしろ世界一の素材ですから。男女兼用。
まだ、携帯用のトラベルキットのひとつとしての位置づけでした。

次がこのモッズコート。2022年。
入荷速報。To&Froモッズコート。全季節&全天候型のスゴいコートが出現。化繊分野では私が全幅の信頼を置いているカジレーネの作品です。
これでも私にはまだ不満がありました。クロしかない。裾の後ろ下がりがきつすぎる。ダブルジップじゃない(下から開かない)。などなど。

そして今回。満を持しての紹介と相成りました。
以前のものと区別するために付いた名前が、これまた長い。
ハイパフォーマンス・ウォータープルーフコート high-performance waterproof coat


カーキのM-Lを着ています。いろいろ着たり背負ったりすることもあるだろうから、私にはこれで適度なゆとりです。


ベージュはL-XLを着ました。背中のドローコードを絞りました。
私にはやっぱり一回り大きいです。


収納袋に入れました。新聞紙とCDは大きさ把握の意味だけです。

今回、春の展開として仕入れを考えていましたが、
せっかくなら、発注の前に広く呼びかけて、復興支援の役に立てよう、と考えました。

土砂降りで着ててもそのままコンビニ、バス、電車、室内、入れます。雨粒は落ちてます。
しまうの簡単です。干さなくてもいいし、シワもつかないし、軽いです。
ムレません。自転車も乗れます。晴れた日に着てもかっこいいです。
レインコートを着るのにためらう理由はもうなくなりました。だからこれは必携なんです。
売上収益の一部は石川県への復興支援金とします。
是非この機会に奮ってご参加ください。ご来店またはメールにて受け付けます。

で、商品説明ですが、その素材開発と縫製技術の素晴らしさについては何度も語っていますし、
その最終完成版ということで、くどくど述べません。
その代わりに、先方webからの説明を転載します。
以下は転載です。

TO&FROレインコートシリーズの最上位モデル

耐水圧20,000mmHg、透湿度20,000g/㎡・24H 登山ウェア並みの撥水・防水・透湿性なのはもちろんフードはボリュームがあり、マウンテンパーカーのようなツバも特徴です。アジャスターで絞れる仕様で、これまでになかったウエストのドローコードで着方のアレンジも出来るようになりました。RAINCOATやWATERPROOF MODS COATよりも横幅をゆったりとさせたパターンにし、前裾から後ろの裾までの角度も上記2コートよりも緩やかにし、より街着としても使いやすくなりました。


ウエストのドローコードで着方にアレンジを!

これまでのコートと同じく、サムホール、ロンパース仕様、縫い目のシームテープなどの機能はもちろん搭載し、これまでになかったウエストのドローコードで着方のアレンジも出来るようになりました。これまでになかったS-Mサイズをつくり、3サイズ展開に。小柄な女性も着用しやすくなりました。

従来のレインコートよりも寄り街着に最適に


RAINCOATやWATERPROOF MODS COATよりも横幅をゆったりとさせたパターンにし、前裾から後ろの裾までの角度も上記2コートよりも緩やかにし、より街着としても使いやすく変更しました。ゆったりシルエットで体のラインもわかりにくいデザインです。フロントはダブルジップで、普段使いもしやすい仕様。

パッカブル仕様で、フードには深さも調整できるアジャスター付き

フードはボリュームがあり、マウンテンパーカーのようなツバも特徴。フードは深さも調節できるアジャスターも付き、コードでも絞れる仕様になりました。また、収納ポーチ付きのパッカブル仕様で持ち運びも簡単です。
パッカブル仕様で、フードには深さも調整できるアジャスター付き

登山ウェア並みの撥水・防水・透湿性の生地

ナイロン100%でありながらコート時のような滑らかな質感や高級感のある見た目の生地で、耐水圧20,000mmHg、透湿度20,000g/㎡・24H 登山ウェア並みの撥水・防水・透湿性を誇ります。超撥水で、急な雨の日でもしっかりと水をはじいてくれます。

お取り扱い上の注意

汚れが気になる際は、濡れタオルなどで汚れを拭き取ってください。
洗濯機のご使用はお避けください。
摩擦による色落ち、色移りの可能性がございます。
生地に透湿機能の加工をしているため、一度に大量の水を吸うと生地表面が凹凸になることがありますが、乾燥すれば戻ります。

 




 


次冬の予約会、第2弾の2月。その5は、ダッフルコートの代表選手、英グローヴァオールGloverall。モデルを絞って、この指とまれ。予約特典10%off。2/26(月)締切。

今年も予約受付を始めます。
英グローヴァオールGloverallのダッフルコート。
2つの品番に絞って募集します。

☆ヘリンボーン100%wool

ネイビーとチャコール。34″(メンズXS-S)~42″(LL-3L)。JPY157,300(税込)。予約は10%off。
商品解説は、前回入荷のときの記事をご参照ください。
これ以上のダッフルはない、という最上級モデル。重たいのはコリゴリという大人向けです。

☆バックチェック

※メンズ…写真の色柄を含めて全10種。34″(メンズXS-S)~42″(LL-3L)。JPY105,600(税込)。予約は10%off。
※レディス…全7種。28″(レディスXS)–36″(LL)、JPY86,900(税込)。予約は10%off。写真がなくてすいません。

店頭受付を原則としますが、例外的にメール等でも受け付けられる場合があります。お問い合わせください。

締切は2/26(月)です。

 


入荷速?報。葛利毛織・春夏モノの定番生地、揃え直しました。これからもしっかり売ります。

当店のスーツ生地、国産は尾張一宮の葛利毛織の一本勝負ですが、
その春夏物の定番生地を一覧できるようにスワッチを揃え直しました。

毛100%やキッドモヘア混紡、モヘヤ&シルク混、ポリ混紡の「夏井さんのスーツ」(懐かし!)、など、
全部で26柄。
価格帯は、JPY84,700(税込)~からJPY97,900~まで。
すべて、100年の歴史を持つ葛利毛織が持つ自慢の旧式ションヘル織機で織られた風合い豊かな生地です。
スワッチの断面が一部よれよれしているのは、素人の私がピンキングばさみでカットしたから。悪しからず。

今回、葛利毛織では、生地揃えの見直しと価格の変更があり、
春夏モノも秋冬モノも、当店おなじみのパタパタをすべて作り直しました。
こういう機会でないと、全てお見せすることもないので、
一覧で並べてみました。

結構あるもんでしょ。

なぜウチが国産生地は葛利の一本槍で、よその生地に浮気しないか、と言うと、
それだけココの生地に惚れ込んでいるからでして、
その理由として、それぞれのパタパタの一番上の価格表のところに、このように書いています。
それを紹介してこの記事の締めとしましょう。

葛利毛織(くずりけおり・愛知県一宮市)。尾州で100年続く最古参の毛織物ファクトリー。
昭和初期からずっと使い続けているションヘル織機は、とても低速で非効率ですが、
糸の張りも緩く手触りもソフトで、空気を多く含む自然なストレッチ感が保たれ、
最新の高速織機では出すことのできない、手織りに近いビンテージ生地の風合いがあります。